【アナゴ】(6/15)羽田・かみや

外出自粛も解除され、都道府県を跨がないレジャーも問題ないことから休業を利用して平日釣行してきました。

先日、釣友がアナゴに行き、煮穴子の写真をアップしていたので、あー煮穴子食べたいということこの時期定番の夜アナゴと言う事で、羽田の「かみや」へ。
ちょっとロケハンしたので船宿に着いたのは17時過ぎで、受付札は12番。平日ですが前日の好調の知らせで集まったのでしょうか?

アナゴ船

この時は今日は最低5本の目標でした・・・


船に向かい空いていた左舷ミヨシから3番目に入って用意します。
その後に4名乗船して16名で少し早い17:45に出船して一路、木更津沖へ
羽田から木更津沖まで30分程で到着。すでに吉野屋のリレー船が展開している中アンカーを入れて船が安定したら、いざ戦闘開始です。

まずは置き竿用の仕掛けを入れて様子を見ます。水深20mで潮の流れも速くなく釣り易い感じで、早速トモで上がったようです。

置き竿をフォルダーに置いて小突き用の仕掛けを下ろしてトントンと小突きます。
しかし、小突き続けていてもなかなかアナゴのアタリは来ません。
うーん、昨日の好釣果は幻か?と思いたくなるほど船中でアナゴはポツポツです。

徐々に辺りは暗くなり、夜釣りの様子になります。
今までアナゴ釣りでは、暗くなる前に数本釣って、暗くなってから数本と言うパターンだったのですが、暗くなる前は空振りに終わりました。

アナゴ妖怪の方はこの様な状況でもポツポツと上げてはいるようですが、自分はさっぱりです時折餌をチェックしますが、喰われている様子は無く、うーんどうしたもんだが・・・

置き竿の方は船の上下で小突きになる状態をキープしていて、アナゴのアタリが出ると判るのですが、こちらもさっぱり。

船全体的にアタリが少ないので移動を繰り返しますが・・・

20時を過ぎて、上げ潮が効き始めたので好転するかと思ったのですが、アタリは遠く今日は、ダメかと諦めモードへ移行します。

まあ損失補填があるからと慰めますが、これだけ釣れてないと補填も回らない?カモという予感も・・・
この頃に置き竿に微かな変化が見られ、これはアタリかもと合わせましたが空振り。餌の先端をかじられただけでした。

20時半前から順番にアナゴの捌きが始まりましたが、空っぽの樽は回収されること無く順番が飛ばされます(泣)
捌きが一巡すると船長と助手が数合わせをしてます。
やはりストックの補填アナゴが足りないようで、何匹配りるか?になっているようです。(予定では一人5本が目安)

結局、3本のアナゴを給付して頂く事になりました。ありがたやー

6/15 アナゴ給付金

6/15 なんとかアナゴを食べることが出来ました。


21時半に沖上がりとなり、追い風に乗って22時前には桟橋に到着して終了となりました。

収支結果
 (収入の部)
   アナゴ 3匹(アナゴ給付金)
 (支出の部)
   乗船代 7500円
船宿:羽田 かみや
===船宿HPから転載===
アナゴ 26-45 cm 0-23 本
今夜は16名のお客様がいらっしゃり出航
昨夜は今季一番の平均値で一昨日も良かったし当然今夜も・・・(^^♪
と思ってたのはポイントに到着するまでで既に始めていた仲間船も『まだ数本程度…』との事
まあ開始直後は潮止まりの時間帯と重なってるから・・・と
内心で勝手な解釈してたしゃちょうでしたけど、いざ開始してみると昨夜までの食いが感じられずやはり数本程度(>_<) 早目にポイント移動しここでは何とか10本ちょっと釣れたものの昨夜までの雰囲気とはまるで違い一体どうしちゃったのか(*_*) 仲間船達も現状打破すべくあっちだこっちだ探ってみると パッとしないようで『こんなハズはない…』と信じてたしゃちょうは手堅く周辺を何ヶ所か探り返すも手応えはなく・・・(;_;) 上げ潮もそれなりに効き始めてるにも関わらず状況は変わらずで魚が捕食に動いてないのかそれとも民族大移動しちゃったのだろうとこの周辺を諦めて以前攻めてた周辺へと移動を決意! すると何本かは余計な釣れ方してひと息つけましたけど 釣れるのは潮先側ばかりで全体的には釣れず・・・(T_T) トップは大塚さんが23本まで伸ばしましたが20時過ぎまで9本だったから終盤で“大塚ラッシュ”炸裂しただけで船中総数の3分の1を大塚さんが釣り残る3分の2を15人で分散(>_<) そんな内容だったからオデコと1本の方々には今季初のストック規定数渡せず終いでした・・・(;_;) 明日ゆっくり休んで明後日はまたプラン練り直します!

【マダコ】(8/25)羽田・かみや

今年は東京湾はマダコの当たり年で開幕から、マダコ釣りとは思えない大釣りが連発していました。ただ初期の頃はかなり小型が混じっていたようですがこのところはタコが成長してたのか良くなってきているとの事で、では行くか!と釣行してきました。

好調だけあって週末は予約出船との事で、今回は羽田の「かみや」さんに予約を入れました。6時半に船宿に着きましたがほとんど最後でしたね。
桟橋で渋糸を借りて船乗り込み空いていた左舷胴の間に入り用意します。前日も6~27杯と言う釣果でしたから今日の目標は10杯と設定して7時半に出船となりました。

多摩川河口からまずは近場から探るとの事で、10分ほどで東扇島の東側から始まりました。
ミヨシ張出しでエギ仕掛けに常連が直ぐにマダコを上げましたが、潮が早くポイントから直ぐにずれてしまうので西へ移動となりました。

JFE製鉄工場の護岸から伸びる桟橋の橋脚回りを狙います。テンヤを小突いていると両隣でマダコが上がります。うーんタコは居る。自分に乗りが無いのでと焦ります。
何回か潮回りをした後、テンヤを投入して小突こうとしたら、根がかり?イヤこれはタコだ!と少し間を入れて「えい!」と大きくあわせると乗りました。慎重に手繰り寄せ、抜き上げると600g位の夏タコらしいサイズでした。

湾奥のマダコ船もこの辺りの橋脚を狙っています。東京湾のマダコと言うと第二海堡とか大貫沖あたりのイメージがあるのですが、JFE工場あたりで釣れるとは・・・

少しづつポイントを変えながらJFE工場脇で2時間ほど流してゲットしたのは3杯でした。でもその倍以上はバラしているんですよね。ノリが悪いのかまだ小さいのか?
でも3杯あれば十分おかずにはなります。

千葉側へ走り、アクアラインの海ほたる、アクアラインが地上に出る辺りで再開です。
根がかりする場所なので慎重に小突いているとガッシっと来ました。タコがテンヤに飛び乗った感じで合わせて手繰りますが、途中でテンション消失。あちゃー結構重かったのですが・・・
直ぐにテンヤを沈めてみると直ぐに乗りました。さっきのタコか分かりませんがタコ釣りでは良く有る有るでです。kgまではイカないけどまずまずの型です。

30分ほど流しましたが追加できず、今度は岸寄りの盤洲沖、アクアラインの橋脚周辺を狙います。
キスやアナゴ釣りでおなじみの場所ですがタコも釣れるとは。

ココでは1杯追加しましたが、ノリは遠くなりそれまで潮回りすれば誰かしら直ぐに釣ったのですが・・・
船長はこの場所を諦めて袖ヶ浦のLNG基地の岸壁周辺を流します。

ココもイイダコのポイントですが、昨日はココで結構上がったらしいのですが、船中で何杯出ただけで芳しくありません。船長もおかしいな~といいながら再び海ほたる沖へ移動します。

14時を過ぎているのでココが最後のポイントです。
今日は幸運なことにテンヤを1つもロストしてません。このままロストなしで行けるかと思った矢先に根がかり。がっちり入ったようで船べりに固定して外すとなんとテンヤを無事に回収出来ました。
運が付いたのかこの後、連続してタコのノリをキャッチして2杯追加の計7杯で終了となりました。

マダコ釣果

マダコ釣果 7杯(400g~900g)


kgオーバーは出ませんでしたが、夏タコサイズを7杯なら十分な釣果です。

収支結果
 (収入の部)
   マダコ 7杯(400g~900g)
 (支出の部)
   乗船代 9500円
   テンヤ 800円
船宿:羽田 かみや

=========
船宿HPから転載

マダコ 1~30杯(船中228杯)
水 深:10m前後
大きさ:0・3~1・8kg
今日も前日までに事前予約締切となり予約の重複か4名余計のお客様で出航
昨日のポイントは潮が速そうな気がしたので別のポイントから!
最初のポイントでは2杯のみと出足悪くポイントチョイスが裏目に出たかと思いましたけど次のポイントではポツポツ乗りあってひと安心
バタバタと派手な乗り方はしないまでもあちこちで乗りが出て何とか全員GETする事が出来てトップはこの時点でダントツムードの20杯
昨日良かった周辺へと潮時を見計らって向かうも今日は昨日みたいな乗りがなく何杯か釣れたのみ・・・
更にポイントを変えると幾つかは乗りありましたけど ポイント形状的にミヨシ寄りの方々は乗せましたが全体的に回るまでの乗りなく今日は釣果に差が出ちゃいましたネ

【アナゴ】(6/22)羽田・かみや

GWに浦安からキスアナゴリレー船で出漁したものの、夕方に雷雨になりアナゴ釣りになる前に早上がりになってしまい、そのリベンジを考えていたのですが、ようやくその機会が訪れました。

浦安の船宿の方が便利ですが、万一の補填もある方が良い(最近は在庫僅少で補填できるとは限らないようです)という事で、羽田の「かみや」さんに乗船することにします。

途中でお弁当を仕入れて17時に船宿に到着すると乗船札は5番とやはり日曜なので空いているようです。
支度をして船着き場に向かいます。
前日の土曜日は2船出しで、0も多数出た様なので今日はどうなるか・・・

2本の仕掛けを用意をし、弁当で腹ごしらえも済んだ18時ちょい前に10名の乗客を載せて出船。方舷で5人なのでゆったり出来ますしなんせ割当も多い?筈なので土曜よりに日曜ですよね。
羽田空港を眺めながら木更津沖へ向かいます。

30分程で木更津の製鉄所沖に到着します。まだ日没前ですが雲が厚いので暗くなりつつある中、青イソメを縫い刺しにして投入です。

2本竿で小突くには同じ調子の竿が良いのですが、今日は1本は柔らかいがアタリが取りやすい竿と、先調子でビッシと合わせられる少し固めの竿での挑戦です。

やはり今季のアナゴも難しく、なかなかアタリが出ません。昨日は小ザメが多く上がったとの事でサメは勘弁と思いながら小突き続け15分位したところでようやくアタリが到来。「それ!」とアワセますがスっぽ抜け。
あちゃーやってしもうた・・・

周りが暗くなった19時頃に移動したポイントで小突いていると再びアタリがあり、ビッシとアワセるといい引きが継続して、ようやく1本目ゲットです。

その後、潮具合なのか風なのかポイントがずれるらしく小移動の間隔が短くなりますが、船中ではポツポツとアナゴは上がっている様子なので居ることは居るようです。

GWには大量に居たアカクラゲもかなり減っているのは助かりました。まあその分、子サメが多く立て続けに小ザメを釣り上げてます。
小ザメのアタリや引きがアナゴに似ているので区別がつかないのも痛いですなぁ。

20時を過ぎてもバケツの中には1本のアナゴだけで、今日はこれでおしまい?かと焦り、アタリが有ってもスっぽ抜けがあり、悪いパターンです。

20時半頃からアナゴの裁きが始まり、出船前に桟橋の生簀にアナゴの姿が無かったので昨日使い果たしたら補填もナシかも・・・
21時ちょい前に次の裁きは自分かなと思っていると柔らかい竿にアタリ到来。ええい!と大きくアワセてサメじゃありませんようにと抜き上げると、アナゴでした。

2本入った樽が回収されて暫くすると、アナゴが帰って来ました。2本のアナゴが4本になっていました。
流石に規定数は用意出来なかった様ですが倍になったのは嬉しいかな。

残り時間も僅かになり、そろそろ終了かなと言う頃に再びアタリ。アワセが早かったようでスっぽ抜けで終了です。
直ぐに、沖上がりの時間を迎え30分程で船着き場に戻ります。

毎年、貧果が続くアナゴですが来シーズンに期待しつつ、今月開通した国道357号の西行き東京湾トンネルを通って23時に帰宅しました。

さて貴重なアナゴは煮穴子と白焼きかな。

この日の釣果

アナゴが食べられるだけでも幸せ?


収支結果
 (収入の部)
   アナゴ 4本(2本補填)
 (支出の部)
   乗船代 7500円
船宿:羽田 かみや

=========
船宿HPから転載
「夜アナゴ乗合 今夜は立ち回り悪く・・・」  
夜アナゴ 1~8本(船中36本)
水 深:17m前後
大きさ:28~42cm
船向き:北東
潮向き:上げ潮緩い
今夜は10名のお客様がいらっしゃり出航。近況攻め続けてるポイントからスタ-トし相変わらず小サメは釣れちゃう状況も何とかポツン状態で、いつも通りの開始30分で10本ちょっと・・・
しかしこの後のポイントチョイスをしくじった感じで入れたいポイントよりもちょっとズレてしまったり、昨日・一昨日攻めたようなポイントに近づいてしまったり
そんな下手な立ち回りをしちゃうと『だからあまり釣れないのでは…』と思う気持ちが逸り気味
それとも散々攻めてる周辺なのでそろそろ打ち止め近いのか上げ潮も今夜は釣りづらいほど効かなかったし・・・
何とか全員自力で釣る事は出来ましたけどちょっぴり後悔の念が残ったしゃちょう

=========

【アナゴ】(5/20)羽田・かみや

今年に入ってから船釣りに一度も出掛けていない異常な?状況が続いていました。

まあ、いろいろと撮影に出掛けていたからなのですが、梅雨に入れば余計に足が遠のくと言うことでこの時期恒例の「アナゴ」に出掛けることにしました。

でも今年もアナゴの釣果は余り良い状況とは言えません。

浦安出船の「うどん」サービスと羽田出船の「補填」サービスどちらにする悩んだ?末に、少しでもアナゴが食べれる確率が高い羽田へ出かけることにしました。

途中で弁当を買い込み羽田の船宿「かみや」さんに17時頃に到着し受付をすると9番目でした。
用意をして船に向かい、空いていていた右舷ミヨシから2番目に席を構えて準備します。

日曜日で空いているかなと思いましたが、今日は総勢15名となって定刻より早く17:50に出船し羽田空港を眺めながら多摩川を下ります。
今日はHPで「型狙いで行く」と宣言していたので、期待しつつ東京湾を木更津沖へ向かいます。

多摩川から羽田空港を見る

多摩川から羽田空港を見る機会はなかなか無いですからね。


およそ30分で木更津の製鉄所沖に到着しアンカーが下ろされて船が安定したところで開始となります。
2本竿で交互にリズムよく?小突いてアナゴを誘い出します。

夕マズメのベストタイムですが、あまり活性は高くなのか?
かなり暫くしてから胴の間で良型のアナゴが上がり、気合が入ります。

その後、モゾモゾしたアタリが来ます。お、来た来たと合わせますがすっぽ抜け・・・やってもうた~

でもアナゴは居るわけだからと気を取り直して小突きますが、アタリは来ません。

時折餌チェックすると、針から垂らしていた部分のイソメが無くなっていたりとアナゴは居ます。
船中でもポツンポツンと上がってますが、サイズは良型よりめっそこサイズが多い感じです

ようやく1本目をゲットしたのは、ポイント移動した後で結構周りが暗くなってからです。それも木更津沖サイスのめそっこです。

うーんサイズが小さいけどオデコ脱出です。この時点ではまだ船中の半分位が0でしたからなんかホッとしました。

アタリが遠のくと小移動を繰り返しますが、なかなか次が来ません。

ようやく同サイズの2本目をゲットしたのは19時半でした。その後リールのトラブルでPEが切れてしまい仕掛け交換のロスが発生したり、付けていたケミホタルが古くてあまり明るくなかったので交換したりと釣行時間が短いアナゴ釣りには痛恨のミスがありました。

3本目は20時頃にアタリがあり、合わせたのですが仕掛けが軽いので直ぐに底に落としたらまた喰ったようで3本目ゲットです。

うーん、めそっこサイズかぁ~

アナゴ

この日の釣果は3本


残り1時間弱。もう1本は釣りたい所ですが、この後潮止まりの時間になるので余計厳しくなります。
20時半頃から船長が順番にアナゴを裁きはじめ、3本のアナゴが処理されて帰ってきました。

胴の間で立て続けに良型のアナゴが上がったのでラストスパートを掛けますが、ノーヒットのまま21:20の沖上がりの時間を迎えました。

アナゴ補填の2本を貰い、計5本となって22時に帰港となりました。
船中では残念ながら0の人も出たようなので、やはり今シーズンもアナゴは厳しいですね。

ちなみにアナゴの釣行記録を見ると、2008年に14本、2004年に9本、2003年に7本釣った後は5本以下の成績が並び、4回ほど0と言う記録があります。

でも、アナゴは美味しいので好きなので止められません。
持ち帰ったアナゴは、白焼きと煮穴子で直ぐに無くなってしまいました。

収支結果
 (収入の部)
   アナゴ 5本(2本補填)

 (支出の部)
   乗船代 7500円

船宿:羽田 かみや
===
船宿HPから転載
「夜アナゴ乗合 何とかノルマクリア」  

夜アナゴ 0~8本(船中51本)
水深:14~15m
大きさ:28~52cm
船向き:東
潮向き:上げ潮効かず

今夜は15名のお客様がいらっしゃり出航
朝の東風強風も夕方には弱まり久々のナギ海でした
昨夜の教訓を活かし今夜は迷う事なく“型重視”のポイントへ
今シーズンまだ攻めていないマニアックなポイントから始め
上げ潮は全然効かず逆に若干下げ潮っぽい感じで
東向きの上げ潮ならば本来左前へといく潮のはずが
どちらかというと右後ろ気味・・・

取り合えず1ヶ所目はお目当ての40cm級交え何本かだけ
狭いポイントなので小さく移動を試みるもやはり何本かだけで
デ-タノ-トを睨めっこして過去10年間のポイントを探し
近い所に実績データあったのでそっちへと移動

ここでは10本ちょっと釣れ幾らか光がさしたように思い
小移動してみましたけど今度は数本程度
今一度周辺をチャレンジするもやはり同様で喜びは一瞬に終わり
ならばとまたノ-トを頼りにポイントをチョイス
ここでは何本か釣れましたけどレギュラ-サイズ主体で
お目当てサイズは数本だけでしたが
今夜は余計じゃないけど何となく全体に釣れて
出船前に自身で掲げた船中50本のノルマは何とかクリアでした

開き直りが功を奏したとまでは言えませんけどネ…
===