シンガポール航空A380を成田へ

シンガポール航空(SQ)はシンガポール・成田線のSQ637/638便にA380を投入することを発表しました。
4/27のシンガポール発SQ638便からB787-10からA380にシップチェンジとなって運航されます。(成田発は4/28から)
シンガポール/成田/ロス線のSQ11/12便は現在のB777-300ERでの運航となります。
 SQ638 SIN/NRT 23:55 8:00+1 Daily A380
SQ637 NRT/SIN 11:10 17:20 Daily A380

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 A380 9V-SKC

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 A380 9V-SKC

予定では10/26のサマースケジュールまでとなっていますが、7月からは機内をリニューアルしたA380Rを投入する予定で6席用意されている「スイート」では、シートとは別にフルフラットベッドが用意されている豪華な機内が自慢となっています。

SQは昨年末からシンガポール・羽田線を増便し毎日4便飛ばしており、訪日観光客の需要が多く羽田線にもA380の投入を希望していますが、羽田空港ではA380の旅客対応施設が未対応なことから実現していません。

湯田中【ラーメン】味処みかさ

長野から元成田エクスプレスの特急スノーモンキーに乗って湯田中駅にお昼に到着。宿の送迎車が車で時間があったので駅近くにある食堂に入ってお昼にしました。
みさかメニュー
メニューは、ラーメンやうどんの麺類の他定食と丼物がメインのお店で、写真メニューにはしっかり英語併記と言うより英語メニューがあります。

入店時は他にお一人様がカウンターに居るだけでしたが、小上がりの席に座ってメニューを眺めていると続々と訪日観光客が入店してきて、その後もお客さんが訪れて盛況になりました。
流石、外国人に人気のある志賀高原だけのことはあります。なんせ乗って来た特急では半数が訪日観光客でしたからね。

こちらの一押しなのか、メニューの真ん中にある「ベトコンラーメン」に惹かれて注文しました。
ソーズカツ丼にもいいなぁ~とちょっと迷いましたが(笑)

観光地ですが、全体的にリーズナブル価格なのも嬉しいですね。

10分ほどで到着したのがこちら

ベトコンラーメン(700円)

ベトコンラーメン(700円)

唐辛子&ガーリックと書いてあったのですが、ちょっと想像を超えていて揚げたニンニクが10個近くが野菜と挽肉を醤油鶏ガラスープで整えたものでした。
普通、すりニンニクを入れても1、2個なので・・・

麺は縮れ麺でスープと絡みますがスープが熱い!揚げたニンニンの油とかでスープが油膜状になっているので余計に熱く感じます。
あまり辛くは無かったので助かりました。

食べていくうちにニンニクとスープがとてもマッチしているのに気が付き、あーこれはウマいとどんどん食べてしまいます。

これだけニンニク食べたら臭うのは間違いありません。でも美味しい。
湯田中に来たら試して頂きたい?一品です。

もちろん、この後近くのコンビニでブレスケアを買いました。

<MAP>

TEL:0269-33-2321
住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏2994
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
定休日:火曜日
HP:なし
(訪問日)2019/1/5

懐かしシリーズ”C137と政府専用機”

C137と政府専用機ちょっと画質が悪い写真ですが、まだビックバードが出来てない旧羽田空港のターミナルから撮影したアメリカ空軍の要人輸送機C137が旧RWY22に到着した写真です。

バックには政府専用機が国旗を掲揚してRWY15(16Rじゃないですよ!)へタキシングしている姿があります。まだこの頃はデリバリされて間もない頃だったと思います。

この日は特に情報も無く偶々、羽田空港に撮影したらドイツ空軍のA310が出発していき興奮冷めやらぬ中、政府専用機がV1スポットにタキシングされて出発していくと思ったら、C137が降りてくると言うなかなかのVIPデーでした。

政府専用機ももうすぐ退役ですがもう一度位は勇姿を見ておきたいところです。

Windowsセキュリティシステムが破損しています

この画面が表示されても慌てないように

この画面が表示されても慌てないように

年末あたりからブラウジングしているとリダイレクト型のバナー広告から詐欺サイトへ遷移する事象が良く発生しています。

リダイレクトスクリプトを埋め込み広告として出稿したバナーが悪質業者とは知らずに配信業者が配信してしまい、バナー広告が表示されたとたん、画面が遷移されていきなり「Windowsセキュリティシステムが破損しています」と表示されるのです。

ある程度こういう事に慣れている?と直ぐに詐欺と判りますが、初心者の人はビックリするでしょうね。なんせこの画面に遷移する前に見ていたサイトは一般的なサイトで、危ないと言われる動画サイトでは無かったりします。

この画面が出たら何もせずにブラウザを閉じれば良いのですが、×から閉じれずタスクマネージャーを開いてタスクを終了させる必要があり、ちょっと面倒だったりします。

バナー広告配信会社はもう少しチェックを厳しくして欲しいし、サイト運営者はそういうバナー広告配信会社を使わないようにして欲しいものです。

Paris’S鶏めし弁当(大館駅花膳)

15日まで京王百貨店新宿店で行わていれる「元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会」に大館駅の駅弁「花膳」ブースで、定番の「鶏めし」に加え、昨年11月に日仏友好記念イベント「ジャポニスム2018」でフランスのパリ・リヨン駅にて販売した「Paris’S鶏めし弁当」の販売をしていると言うので買ってきました。

Paris'S鶏めし弁当(920円)

Paris’S鶏めし弁当(920円)


通常の鶏めし弁当に比べてご飯の上に乗っていずおかずが少し多いです。
銀杏とお麩の彩りが日本らしさを演出しています。

ご飯と鶏肉のあじつけ諸々は鶏めしと同じですから美味しいことは間違えありません。ただちょっと味付けが濃いのは冷めた駅弁が美味しく食べられられる為としては致し方ないところでしょうか。

花膳は大館の駅弁と世界に広めようと頑張っており、2016年には「モンドセレクション」に出品し、たり大館社屋を建て替えた際には1階の製造ラインがガラス越しに見学できるようにするなど元気がある駅弁屋さんでもあります。

この「Paris’S鶏めし弁当」は通常販売していないのでこの機会にどうぞ

渋温泉旅行記

サルより観光客のほうが多いスノーモンキーパーク

サルより観光客のほうが多いスノーモンキーパーク

先週の渋温泉&スノーモンキーの旅行記を4travelにアップしました。
その1
https://4travel.jp/travelogue/11440783
その2
https://4travel.jp/travelogue/11441933

話には聞いてましたが訪日観光客比率の高さにはビックリしました。
温泉に入るニホンザルを見ようと世界中から来るのですから驚きです。中には白レンズ抱えて数日間通うアマチュアカメラマンもいるのですから・・・

長野まで新幹線を使えば東京からの日帰りも可能ですが、渋温泉や湯田中温泉に宿泊する訪日観光客も多く街の案内看板にはちゃんと英語表記もあります。

もし、訪日観光客が居なくなったら山ノ内町の経済はどうなるんだろうなとちょっと心配するほどこの地域の観光は訪日観光客で成り立っていることが良く判りました。

長野県【渋温泉】外湯九湯めぐり

渋温泉の温泉街には9つの外湯があり、渋温泉に宿泊している旅行者も「1日町民」して、宿のフロントで外湯の「鍵」を借りて6時から22時までの間、9箇所の外湯を巡ることが出来ます。

さらに「祈願手ぬぐい」にスタンプを押しながら湯めぐりをして最後に温泉街を見下ろす「渋高薬師」へ参詣して印受すれば満願成就すると「九(苦)労を流し、厄除け、安産育児、不老長寿のご利益がある」いう、早い話スタンプラリーもあり早速巡ってきました。

大湯以外、どこも大人が2,3人入れば満員御礼になる程こじんまりした所ばかりです。
もちろん源泉掛け流しですが、源泉温度が高いので加水しないと入れないです。でも加水すると温度が下がってしまいますので程々にしないと折角の温泉が台無しになってしまいますので注意しましょう。
【一番湯 初湯】
渋温泉 外湯一番湯ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉 成分合計1210mg/kg PH4.8 (低張性高温泉)
板張り床の共同浴場らしい外湯です。



【二番湯 笹の湯】
渋温泉 外湯二番湯ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉 成分合計1196mg/kg PH4.53(低張性高温泉)
無色透明のお湯でした。



【三番湯 綿の湯】
渋温泉 外湯三番湯ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉 成分合計1210mg/kg PH4.8(低張性高温泉)
綿のような湯の花が舞うとの事でしたが、あまり湯の花が無く無職透明の温泉でした。



【四番湯 竹の湯】
渋温泉 外湯四番湯ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉 成分合計1613mg/kg PH8(低張性高温泉)いい感じの温度だと思ったら水道の蛇口から加水されてました。

誰も入って無かったので前の人が締め忘れたのかな?



【五番湯 松の湯】
渋温泉 外湯五番湯ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉 成分合計1613mg/kg PH8(低張性高温泉)



【六番湯 目洗いの湯】
渋温泉 外湯六番湯ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉 成分合計1153mg/kg PH7.8(低張性高温泉)
大勢の人の眼病が治ったと言う言い伝えがある目に良い温泉ですが美人の湯とも言われ、宿泊客にも人気の外湯です。

木張り床が良い雰囲気です。


【七番湯 七操の湯】
渋温泉 外湯七番湯ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉 成分合計1153mg/kg PH7.8(低張性高温泉)
ちょっと狭めの浴槽でしたが湯の花が舞って温泉らしい外湯でした。



【八番湯 神明滝の湯】
渋温泉 外湯八番湯ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉 成分合計1234mg/kg PH6(低張性高温泉)
こちらも木張り床です。
婦人病に効能があるとされてます。



【九番湯 渋大湯】
渋温泉 外湯九番湯ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉 成分合計1271mg/kg PH5.7(低張性高温泉)
渋温泉では珍しい「にごり湯」です。
4人ぐらい入れる湯船が2つあり仕切り板で温度が変わるようになっています。温泉の蒸気を使った蒸し風呂もあります。

入浴券を購入すれば、大湯だけは外来者の入浴ができます。



なんとか9湯巡りを制覇することが出来ました。ちょっと忙しい入浴になってしまったのが残念なので次回はゆっくり入りたいものです。


もどる

長野県【渋温泉】御宿 炭乃湯

御宿 炭乃湯

御宿 炭乃湯

オススメ度:★★★★
泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉 低張性高温泉
《源泉温度》58℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》4.6 《成分合計》1210mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》無
入湯日:2019.1.5
HP:http://www.suminoyu.com/
住所:長野県下高井郡山ノ内町渋温泉2091

渋温泉の一番の奥にある宿でチェックインが13時からという温泉好きには嬉しい宿でもあります。

客室数も12と小規模なので浴場は少し小ぶりですが、最上階の6階にあるので渋温泉の街並みが眺められるので気分良く入れます。

大浴場(男湯)

大浴場(男湯)


温泉は渋温泉の混合ですが、若干黄緑色の温泉がかけ流しになっており、24時間いつでも温泉に入れるのが嬉しいですね。最近は安全の為深夜の入浴が出来ない宿も増えてますからね。

露天風呂は大人が3名入れるかどうかとちょっと狭いのが残念。
それと浴槽の男女入替もありません。

宿の前に足湯がありこちらは誰でも利用できます。

シャンプー・リンス・ボディソープは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設
<MAP>

鉄道:長野電鉄湯田中駅からバス10分(送迎車あり)
車:上信越道信州中野ICから車で20分


もどる

この状況は・・・

ソウルの南大門市場

あまりこのBLOGでは政治的な話は控えてきましたが、昨年末からの日韓情勢を見ているとお互いに不幸になるような気がしてなりません。

「断交」という言葉もこのところ頻繁に見ますが、それこそ簡単に言うような問題では無いのですけどもねぇ

もちろん日本も主張する事はしっかりしなけばなりませんが、どうもマスコミは険悪なムードを作ろうという意図があるのではと勘ぐってしまいます。
韓国だけに限らず、時の権力者がよく使う手ですからね・・・

それに日韓だけでなく、世界中で沸々と湧き上がるナショナリズムの波が、第一次大戦後から第二次世界大戦前の状況に酷似していると言われており、思い当たる節が多くあります。

愚行を繰り返すことが無いように期待したいのですが、人間は過ちを繰り返す動物でもあるのが痛いところです。

【RJTT/HND/羽田】2019/1/1撮影レポート

伊丹からJL112で羽田に到着した後、久しぶりに国際線ターミナルで軽くスポッティングしてみました。
午後は順光になるんですがここからだとRWY34Lはちょっと遠いのでB737空ラスだと300mm(420mm)ではちょっと厳しいです。

FM/CSH/上海航空  A330-300 B-6097

FM/CSH/上海航空 A330-300 B-6097

上海航空は中国東方航空の子会社なんですよね。まあ同じ上海ベースですからね。

OZ/AAR/アシアナ航空  A330-300 HL8293

OZ/AAR/アシアナ航空 A330-300 HL8293

OZと言えば昨年、機内食騒動がありましたが、もう沈静化したんでしょうかね?

CI/CAL/チャイナエアライン  A330-300 B-18303

CI/CAL/チャイナエアライン A330-300 B-18303

時間的に国際線が立て続けに到着します。

CA/CAA/中国国際航空 A330-300 B-5906

CA/CAA/中国国際航空 A330-300 B-5906

お正月なので工事用車両もお休みです。

KE/KAL/大韓航空  B777-300 HL7534

KE/KAL/大韓航空 B777-300 HL7534

KEがソウルに向けて出発していきます。

BR/EVA/エバー航空  A330-300 B-16337

BR/EVA/エバー航空 A330-300 B-16337

エバーとJALのタキシング・ツーショットです。

NH/ANA/全日空  B787-9 JA872A

NH/ANA/全日空 B787-9 JA872A

ANAのドリームライナーがプッシュバックしたのでアップショットで狙ってみました。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空  A350-900 D-AIXA

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 A350-900 D-AIXA

ミュンヘン行のA350-900が出発します。

/BIZ/BIZ-Jet  Falcon 7X B-8202

BIZ/BIZ-Jet Falcon 7X B-8202

ビズジェットが国際線ターミナル前のスポットインしました。Nエリアじゃ無くてこっちに入ることもあるんですね。

MU/CES/中国東方航空  A330-300 B-6057

MU/CES/中国東方航空 A330-300 B-6057

MUの上海ディズニーランド塗装が到着。先日B-5976のディズニーランド塗装を撮ってますので2機目もゲットです。


伊丹編へ> <飛行機の館へ

スノーモンキーパーク

この週末は信州、渋温泉&地獄谷野猿公苑に行ってきました。
地獄谷野猿公苑
野猿公苑は前回2012年に訪れていますから6年ぶりですかね。でもその間に地獄谷の野猿公苑を取り巻く環境が一変、「スノーモンキーパーク」が日本でも有数な観光地となりました。
上林温泉から野猿公苑までの林道ですれ違うのは訪日客ばかり。
苑内も猿より訪日客の方が多いし・・・

長野から湯田中まで乗った長野電鉄の特急「スノーモンキー」ですが利用客の7割近くが訪日客で、元成田エクスプレスらしい働き?です。

街なかの食堂に入れば英語メニューが当然のようにテーブルに置いてあり、訪日客がラーメンを注文してます。

宿にチェックインすれば若女将が英語で説明してます。

もし、訪日客が居なくなったらこの街の経済はどうなんだろう?とちょっと心配するほどでした。

【RJOO/ITM/伊丹】2019/1/1撮影レポート

元旦に「定期便de初日の出フライト」で大阪トンボ帰りでは伊丹空港で少し時間があったので展望デッキで2019年の初スポティングをしてきました。

ただ、光線状態が今ひとつで、時間があればスカイパークへ行きたいところです。

XM/JLJ/ジェイエア  ERJ170 JA228J

XM/JLJ/ジェイエア ERJ170 JA228J

伊丹はJ AIRのERJが多く飛来します。将来、MRJが飛ぶのでしょうか?

NH/ANA/全日空  B737-500 JA8595

NH/ANA/全日空 B737-500 JA8595

ANA WINGSが運航するB737-500も伊丹ならでは被写体です。

JL/JAL/日本航空  B777-300 JA752J

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA752J

那覇までのロングフライトなので離陸がゆっくりでした。

NH/ANA/全日空  B737-500 JA300K

NH/ANA/全日空 B737-500 JA300K

キリが良い300番のスーパードルフィンが出発していきます。32Rの出発機は展望デッキから近いのでB3クラスでも300mmあれば充分撮影出来ます。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA347J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA347J

この位置だと順光で撮影できます。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA302J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA302J

去年の4/30に北九州から搭乗した302Jが伊丹空港に到着します。

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA601J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA601J

折返し搭乗予定となる601Jが羽田から到着しました。JALのB767-300に搭乗するのはかなり久しぶりです。最近はB737-800ばかりでしたからね。

JL/JAL/日本航空  B767-300 JA8980

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8980

ワンワールド塗装のB767-300が羽田に向かって離陸します。滑走路上の機体はちょっと光線状態が悪いのが残念です。夏なら良いのでしょうね。

NH/ANA/全日空  B737-800 JA66AN

NH/ANA/全日空 B737-800 JA66AN

32Lから上がるB737はちょっと300mm(35mm換算だと420mm)では遠いのでトリミングしてます。

XM/JLJ/ジェイエア  ERJ-170 JA220J

XM/JLJ/ジェイエア ERJ-170 JA220J

なんか機体後方の方が低いように見えるのは気のせい?

さて、そろそろ出発時刻が迫ってきたので保安検査場へ向かいましょう。


羽田編へ> <飛行機の館へ

2019/1/1 JL112 ITM/HND フライトレポート

NH411で神戸空港に到着した後、三宮から阪急電車とモノレールを乗り継いで伊丹空港に9時半前に到着しました。
まずはチェックインしようと出発ロビーに向かうと和服姿のスタッフが機内で配る飴を配っていました。
自分も頂き、正月らしい気分に浸りながら、搭乗券を発券します。
先得で購入していたので、羽田まで7150円と新幹線の半額と格安?です。午前中の便は安いのですが午後便だと帰省客が利用する時間なので少し高くなります。

搭乗するのは10:30発のJL112便なので少し時間があるので、展望デッキに上がって軽くスポッティングしてから保安検査場へ進みます。
伊丹空港に一昨年導入された最新型の保安検査「Smart Lane」に案内されて検査を受けましたが、うーん今までの検査装置の方が早いような・・・気がしました。

既に10時を過ぎているので、18番ゲートに向かうとJA601Aが搭乗を待っていました。
直ぐに優先搭乗が始まりましたが、いつもならステータス持ちの人が一般人より多いと比喩される大阪便ですが、今日はお正月とあってビジネス利用が少ないようで直ぐに優先搭乗が終わり、後方座席の一般搭乗となりました。
JALB767機内
最近、JALの国内線ではナロー機ばかりでワイドボディ機に乗るのは気分的に良いですね。
46Aの座席に座り出発を待ちます。

帰省客で満席ということでしたが、搭乗もスムーズに進み10:28にドアクローズし、10:31にはプッシュバックとなりました。

32Lまでタキシングし、騒音防止の為RWYエンドまで行かずW2から離陸を開始し10:46にエアボーンしました。

離陸後、左旋回して大阪市街地上空を横切って東に向かいます。
出発前にフライトタイムは45分と報告されていましたので、サインオフすると直ぐに機内サービスの準備が始まりました。

京都の町並みを見ながら、奈良~津~中部空港~浜松上空を通過して行くと富士山が見えてきました。
三保沖からの富士山三保沖から富士山がくっきり見えます。
空気が澄んでいるからか、かなり遠くの山まで見渡すことが出来ます。
駿河湾から富士山から浅間山や白根山などの甲信越の山まで見渡せます。

駿河湾を横断して伊豆半島の南部から伊豆大島と進みます。
午前中に東京行の便に乗る機会なんて無いからこういう風景を昼間に見るとちょっと興奮しちゃいます。
大島上空
三原山の噴火口跡を上空から眺め、洲崎沖を通過し鴨川からILS RWY34Lアプローチコースに入ります。

富士山は見えることは見えるのですが、場所的に主翼が邪魔してよく見え無く、徐々に雲が出てきて見えづらくなってきました。
木更津の製鉄所を眺めながら東京湾を横断してRWY34Lに滑るように11:30にランディングしました。

タキシングして16番ゲートに11:35にスポットインして定刻到着となりました。

明るい時間に羽田行に搭乗するのも楽しいものですね。

2019/1/1 JL112の航跡 From FlightRader24

©FlightRader24

©FlightRader24

2019/1/1 NH411 HND/UKB 初日の出フライト

毎年1月1日に航空会社が機内から初日の出を見る特別フライトを行っていますが、結構良いお値段(最初の頃は安かったですけど)でそうそう乗れません。

でも、羽田空港に初日の出を見に行った時に日の出の時間に合わせて離陸する便に乗れば見られるんじゃない?と去年の9月に元旦のフライトを旅割75(片道9490円)で予約しておきました。

選んだフライトは羽田6:30発の神戸行NH411便です。日の出は6:50過ぎなので離陸後に日の出が見られる機体後方の26Aを座席指定で購入しておきました。

始発に乗って羽田空港に5:40に到着。自動チェックイン機で搭乗券を発券してもらい、ラウンジでジュースを飲んで67番ゲートに向かうと搭乗が始まるところでした。

SA*Gの威力?で早々に機内に入り、26Aに着席します。今日は満席とアナウンスがあり、遅れませんようにと祈りながらドアクローズを待つと、幸いなことに6:25に搭乗完了してドアクローズとなり、6:29にはプッシュバックが始まり定刻出発しました。
東側の空が明るくなる中RWY05に向けてタキシングします。

そうそう新しくなったANAのセーフティービデオはなかなかの出来きですネ。
RWY05へ日の出の方向には雲があり、これは地上からのご来光は厳しそうな感じです。

先行機が離陸していき、NH411も6:46にRWY05から離陸し直ぐに右旋回して雲の中に入ります。
そろそろ東京での日の出時刻です。
6:50頃、木更津沖の7000Ftで雲海から初日の出が拝めました。
ご来光想定していた場所から少しずれていたので機体後方からのご来光となってしまいましたが、雲海の中からの初日の出と言うなかなか幻想的?なご来光を拝めました。

でも窓が二重なので機内からの撮影は難しいですね。
機長からのアナウンスでFLTLvは220で間もなく富士山上空を通過するとのことでした。

厚木上空から山梨方向へ飛行して、7:00頃に富士山の上空を通過しました。
富士山上空できれば初日の出と富士山を絡めたかったのですが場所的に厳しかったですね。

今回、10分早く出る伊丹行のNH985便の方が時間的には良かったのですが、富士山もみたいなと山梨上空を通過するNH411を選んだのです。伊丹行だと海側を通るので日の出側のA席からは富士山は見えませんからね。

この後、南アルプス~名古屋北部~比叡山上空を通過してディセンドが始まり明石市上空で明石大橋を眺めながら神戸空港へ向かいます。
明石大橋播磨海岸を見ながらRWY09に7:44に着陸し、フライトタイムは58分でした。

4番ゲートには7:46にスポットイン。2019年ファースト・フライトが終了しました。
機内からの初日の出と言う目的が達成出来たのは良かったです。

来年の初日の出はどこで見ようかな

2019/1/1NH411の航跡 From FlightRader24

NH411 ©FlightRader24

©FlightRader24

新年あけましておめでとうございます。

1.1.2018 First Sunrise and ANA B787

1.1.2018 First Sunrise and ANA B787

今年もTRAVAIRを宜しくお願いいたします。