旅行記をアップしました。

今月の台湾旅行記「台湾 飛・鉄・温 旅行記」を4travelにアップしました。
その1 https://4travel.jp/travelogue/11400327/
その2 https://4travel.jp/travelogue/11401586/

今回、台湾に28年ぶりに訪問して、当時はまだMRTも開業しておらず台北市内の移動はタクシーだったのでそれに比べて今はMRTが台北市内を走り、交通の便がよくなりましたし、ガイドブック頼りだった現地の情報がネットで充分手に入りますからね。
今回も、ネットの情報だけでガイドブックは一切見ませんでした。

最近、日本の鉄道ファンに台湾人気が上がってきていると言います。確かに台湾の鉄道は日本統治時代の影響を強く残っており、「懐かしい」風景が広がっていました。

台北駅の券売機。日本も昔はこんなボタン式でしたね。


台東駅で列車の組成入換を見てたら、操車係が機関士向かって日本と同じ連結合図をしているのにはちょっと感動しました。

食べ物も美味しいし、台湾まで飛行機で3時間。LCCも多く飛んでいるから気軽に行けそうだし、また行きたいですね。

???

昨日あたりからホームページの公開アドレスに件名が
「あなたの安全は危険にさらされています!」
「私はあなたのアカウントをハックしている」
「それはあなたの安全の問題です。」
「あなたのアカウントについて。」
「あなたのアカウントは亀裂です」
「あなたの安全は危険にさらされています!」
なと言うメールが立て続けに着信してますが、本文は同じ内容でした。


こんにちは!

おそらくあなたが推測したように、あなたのアカウント*****@*****.jpは、私があなたからそれをあなたに伝えたように、ハッキングされました。

私は国際的なハッカーグループの一員です。
2018年7月23日から2018年9月17日まで、あなたが訪問した成人のウェブサイトを通じて、作成したウイルスに感染しました。
これまでのところ、あなたのメッセージ、ソーシャルメディアアカウント、メッセンジャーにアクセスできます。
さらに、これらのデータを完全に減衰させました。

私たちはあなたの小さな秘密を知っています…ええ、あなたはそれらを持っています。 私たちはあなたの行為を見て、ポルノのウェブサイトに記録しました。 あなたの味はとても変わっています。

しかし、重要なことは、時にはあなたのウェブカメラであなたを録画し、あなたが見たものと録画を同期させることです!
私はあなたの友人、親戚、あなたの親密な人にこのビデオを表示することに興味がないと思う…

Bitcoinウォレットに$550を転送する: 1*fb*cVj*XS*oCjC*KtjR*Ha*r*h*7ZmDX
私はそれ以降、あなたの “データ”をすべて消去することを保証します:D

このメッセージを読むとタイマーが始まります。 あなたは上記の金額を支払うのに48時間を要します。

送金が完了すると、データは消去されます。
そうでない場合は、感染した瞬間に、録画されたすべてのメッセージとビデオが自動的にあなたのデバイス上にあるすべての連絡先に送信されます。

常にあなたのセキュリティについて考えるべきです。 このケースでは秘密を守るように教えてくれることを願っています。
自分を大事にして下さい。


もう突っ込みどころ満載で笑ってしまいます。もう件名から支離滅裂です。
翻訳サイトで日本語に変換してあちこちの踏み台メールサーバから送信しているようですね。

これを見て本当に送金する人が居るのかな?
こんなメールじゃね~
添削して送り返したいです。その代金としてBitcoin550$を送れと(笑)

【RCTP/TPE/台北】2018/9/8撮影レポートその2

この撮影ポイントですが、いつも海外スポティングで参考にしているspotterguide.netに場所を紹介したら掲載されました。

CI/CAL/チャイナエアライン  A350-900 B-18910

CI/CAL/チャイナエアライン A350-900 B-18910

今回の撮影ターゲットだったCIのA350-900が上がっていきました。
上がりが遅かったので後追いです。

BR/EVA/エバー航空  A330-300 B-16332

BR/EVA/エバー航空 A330-300 B-16332

サンリオキャラクターカラーです。台湾の人はどれだけサンリオが好きなんでしょうね。

MM/APJ/ピーチアビエーション  A320 JA814P

MM/APJ/ピーチアビエーション A320 JA814P

ピーチのA320が出発です。朝はやく羽田到着した便の折返しで台湾からのお客さんを運んでいくのでしょう。

CI/CAL/チャイナエアライン  A330-300 B-18353

CI/CAL/チャイナエアライン A330-300 B-18353

少し太陽が出て明るくなってきました。このまま晴れてくれればなぁ~

PR/PAL/フィリピン航空  A321 RP-C9905

PR/PAL/フィリピン航空 A321 RP-C9905

BRとCIばかりなのでPRがなんか新鮮に見えます。

BR/EVA/エバー航空  B777-300ER B-16715

BR/EVA/エバー航空 B777-300ER B-16715

BRのスタラカラーです。ターミナルから出て行くのが見えたので早く来ないかなと待っていました。
結構、出発ラッシュだったのでかなり待ちました。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空  B777-300 B-HNK

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 B777-300 B-HNK

CXのSpirit of Hong Kongが上がりました。もう少し早く上がるかなと思っていたのですが、後追い気味になりました。

BR/EVA/エバー航空  A330-200 B-16312

BR/EVA/エバー航空 A330-200 B-16312

短距離便なので早く上がると管制塔バックで撮れます。

AK/AXM/エアアジア  A320 9M-AQV

AK/AXM/エアアジア A320 9M-AQV

エアーアジア本家のA320が上がりました。

BR/EVA/エバー航空  B777-300ER B-16719

BR/EVA/エバー航空 B777-300ER B-16719

長距離便だと上がりが遅いので結構木々が邪魔になります。


<その3へ> <飛行機の館へ

綺麗になった市川鬼高PA

外環道工事に伴い、京葉道路の市川鬼高PAが長いこと閉鎖されて工事基地となっていましたが、4月に外環道開通に先駆けて「京葉市川PA」としてリニューアルしました。

上下線にあったPAですが、リニューアルでは下り線のみに設置されました。下り線の方が利用率が高く、混雑する幕張PAの救済もあるのでしょうね。
個人的には上り線のほうが利用する可能性が高いのですけどね(笑)

まあ、スペース的に上下線に設置は無理だったのもあるでしょう。

そのうち利用してみようと思いつつ、時間が無くなかなか利用することが無かったのですがようやく先週末に入ってみました。

駐車スペースは3階で、コンビニのデイリーがあります。2階には「松屋」と休憩スペースとトレイとなっていますが、落ち着いた雰囲気になっていました。
びっくりしたのがトイレ。
広くてなんかホテルみたいでした。それに個室の使用状況もランプで判るようになっていました。

思わずトイレの写真も


うーん、最新鋭なPAと言ったところだしょうか?

それと「松屋」ですが、メニューですが通常メニューに加え「そば」がありました。
多分、松屋でそばがある店舗ってそうは無いような気がします。

東関道の酒々井PAにも松屋がありますが「そば」は無かったですね。
まあ、PAといえば「そば」と「うどん」は定番ですし。

市川PA、侮れないなぁ(笑)

【RCTP/TPE/台北】2018/9/8撮影レポートその1

今回、台湾遠征では当初は桃園と松山でそれぞれ1日づつと言う計画でしたがその後、台鉄撮影を組み入れたことで空港は1日だけとなり、スポッティングは半日づつに変更することになりました。

朝起きると、使用滑走路は23になっておりホテルのある05エンド側では出発機撮影がメインとなります。
部屋のカーテンを開けると05Lから離陸した機体が見えるので撮影してみましたが、ガラス越しと逆光と言う悪条件であまり良くありません。

ホテルで朝食を済まして、大園駅にあるレンタサイクルを借りて05側の撮影地である埔心池公園に向かいました。

CI/CAL/チャイナエアライン  A330-300 B-18360

CI/CAL/チャイナエアライン A330-300 B-18360

しかし23Lからの離陸機となると腹ばい気味で上がりが早い小型機となるとお手上げです。なのでロケハンしながら撮影できる場所を探しにまずは、有名ポイントの聯絡道へ行ってみましたが、事前の情報通り空港工事のトラック出入口となって近づくことが出来ませんでした。

近くで撮影できそうな所は無いかなと自転車を走らすと魚の養殖池の土手から撮影できそうな場所がありました。

BR/EVA/エバー航空  A321 B-16226

BR/EVA/エバー航空 A321 B-16226

丁度BRのA321が上がったので撮影するといい感じで撮影出来ます。
とりあえずこの場所で少し撮影してみることにします。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA312J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA312J

JALのB737が上がりました。台湾にJALが飛ぶというのも昔では考えられなかったですね。それにJAAの最小機材はB767でしたが、今ではJALのB737とは

BR/EVA/エバー航空  A330-200 B-16311

BR/EVA/エバー航空 A330-200 B-16311

BRで保有機数が少なくなったA330-200です。

CI/CAL/チャイナエアライン  A350-900 B-18908

CI/CAL/チャイナエアライン A350-900 B-18908

CIのA350は藍鵲號 (Urociss caerrulea)で台湾固有種「タイワンアオカササギ」のステッカーが貼られています。

B7/UIA/ユニー航空  A321 B-16209

B7/UIA/ユニー航空 A321 B-16209

日本には定期便未就航のBR子会社、ユニー航空のA321です。カラーリングはBRと同じなので一見見分けがつかないのとBRにウェットリースしているのでBR便名で飛ぶ時もあります。

CI/CAL/チャイナエアライン  A330-300 B-18358

CI/CAL/チャイナエアライン A330-300 B-18358

タイミングが良ければ第二ターミナルをバックに離陸するシーンが撮れます

BR/EVA/エバー航空  B777-300ER B-16733

BR/EVA/エバー航空 B777-300ER B-16733

長距離線だと上がりが遅く木々に邪魔されてしまうのが難点です。

IT/TTW/タイガーエア 台湾  A320 B-50008

IT/TTW/タイガーエア 台湾 A320 B-50008

台湾のLCC、タイガーエア 台湾ですが、本家のタイガーエアはスクートに合併しましたが、CI傘下で頑張ってます。

NX/AMU/マカオ航空  A320 B-MBB

NX/AMU/マカオ航空 A320 B-MBB

管制塔バックにマカオの321が上がりました。

うーん移動すべきか悩むなぁ。


<その2へ> <飛行機の館へ

【RJAA/NRT/成田】2018/9/7撮影レポートその3

この日は南西の風が強く吹いていたので着陸機は少し煽られていました。成田は横風用の滑走路が無いので横風が強く吹くと運航に影響が出るので横風用滑走路が欲しいものです。

NH/ANA/全日空 NH174 B777-300ER JA779A

NH/ANA/全日空 NH174 B777-300ER JA779A

ヒューストン行のNHは77Wと大型機材で運航してます。アメリカ中南部への利用者って多いのでしょうか?まあヒューストンはUAのハブ、と言うより旧コンチネンタル航空の本拠地ですからトランジットが多いのかも。

SK/SAS/スカンジナビア航空 SK984 A340-300 OY-KBD

SK/SAS/スカンジナビア航空 SK984 A340-300 OY-KBD

SKはA340です。もう欧州線でA340-300を飛ばしているのはSKとLXだけですね。中型エンジン4機なので大型エンジンを搭載した双発機の方が対地速度で負けるので、航空路が数珠繋ぎになるとロシアから煙たがれるとか?と言う話も聞きますが真相は?ですね。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 B787-10 9V-SCD

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 B787-10 9V-SCD

ドリームライナーの最新鋭B787-10です。SQは新型機材の発注がうまいですよね。

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A350-900 OH-LWH

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A350-900 OH-LWH

AYも最新鋭のA350-900での運航になりました。
昔はサンタクロース塗装のMD11がありましたね。

MH/MAS/マレーシア航空 MH89 A380 9M-MND

MH/MAS/マレーシア航空 MH89 A380 9M-MND

MHはサーマーシーズン限定でA380を成田線に投入しています。
成田にA380だとキャパが大きい感じもしますが、習熟目的だから仕方ないのでしょう。

JL/JAL/日本航空 JL421 B787-8 JA841J

JL/JAL/日本航空 JL421 B787-8 JA841J

サッカーの応援スッテカーが貼られている787ですが、もうサッカー大会も終わったしそろそろ終了でしょうね。

JL/JAL/日本航空  B787-8 JA870J

JL/JAL/日本航空 B787-8 JA870J

ターミナルからさつえいすると、花時計とNARITAの文字が良く見えます。なのでタキシング中の787と絡めてみました。

3S/BOX/アエロロジック 3S590 B777-200F D-AALA

3S/BOX/アエロロジック 3S590 B777-200F D-AALA

そろそろ撤収する時間かなと思っていたらアエロロジックが離陸していきました。ドイツのカーゴキャリアも成田に来るようになったんですね。

HY/UZB/ウズベキスタン航空 HY528 B767-300ER UK67008

HY/UZB/ウズベキスタン航空 HY528 B767-300ER UK67008

中央アジアのウズベキスタン航空 が成田に乗り入れしていますが、昔、成田空港に乗り入れ希望しているキャリアが沢山あると運輸省が言ってましたが、LCC以外のナショナルフラッグ系のキャリアってあまり増えてないですけね。

TG/THA/タイ国際航空 TG643 A350-900 HS-THL

TG/THA/タイ国際航空 TG643 A350-900 HS-THL

TGの午前便と言うとTG641は昔からありましたが、今はTG643と2便あります。タイからの需要が多いと言うことなのでしょうね。

さてこのTGの上がりを撮影したところですが、そろそろこの後搭乗するBR197の出発時刻の2時間前と言うことでチェックインを済ましてラウンジへ行ってみようと言うことで、展望デッキを後にしました。

次回は台北編になります。


<台北その1へ> <飛行機の館へ

【RJAA/NRT/成田】2018/9/7撮影レポートその2

曇り空の平日ですが展望デッキにはスッポッターの姿がちらほら、まあ趣味の世界には平日も休日もありませんからね(笑)

PO/PAC/ポーラエアカーゴ PO213 B747-400F N454PA

PO/PAC/ポーラエアカーゴ PO213 B747-400F N454PA

ポーラカーゴの747が上がります。

TW/TWB/ティーウェイ航空 TW9235 B737-800 HL8300

TW/TWB/ティーウェイ航空 TW9235 B737-800 HL8300

グアムへのチャーター便です。オープンスカイで第三国キャリアによりチャーター便運航が可能になりました。

FX/FDX/フェデックス FX167 B777-200F N877FD

FX/FDX/フェデックス FX167 B777-200F N877FD

最近、フェデックスのMD11を見る機会がめっきり少なくなりました。でもまだ成田には飛んで来ているようなのでタイミングでしょうかね。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX501D B777-300 B-HNG

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX501 B777-300 B-HNG

ERで無いB777-300は短中距離用の定員が多い機材なので関西便救済でしょうかね。

JW/VNL/バニラエア  A320 JA12VA

JW/VNL/バニラエア A320 JA12VA

ピーチと合併となるとどういう社名になるのでしょうね?

JL/JAL/日本航空 JL413 B787-9 JA867J

JL/JAL/日本航空 JL413 B787-9 JA867J

ヘルシンキ行のJLが離陸します。意外と早く上がりました。

JW/VNL/バニラエア JW805 A320 JA02VA

JW/VNL/バニラエア JW805 A320 JA02VA

2号機の白バニラがRWY16へ向かいます。

AA/AAL/アメリカン航空 AA176 B777-200ER N781AN

AA/AAL/アメリカン航空 AA176 B777-200ER N781AN

アメリカキャリアの中ではこの便だけが午前中に上がるフライトです。

TG/THA/タイ国際航空 TG641 A330-300 HS-TEO

TG/THA/タイ国際航空 TG641 A330-300 HS-TEO

TGn成田線は良くシップチェンジされるのでいつもあれTGはこれだっけ?となってしまいます。

GA/GIA/ガルーダ・インドネシア航空 GA881 B777-300ER PK-GIC

GA/GIA/ガルーダ・インドネシア航空 GA881 B777-300ER PK-GIC

少しづつ天気が回復して日差しも復活してきました。そうなると展望デッキからRWY16の離陸機への光線状態は悪くなってきます。RWY34からの離陸ならまだ良いのですが・・・


その3へ> <飛行機の館へ

台湾・台北【北投温泉】北投青磺名湯

オススメ度:★★★★★
泉質:ラジウム泉 高張性高温泉
《源泉温度》?℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》1~2 《成分合計》?mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:(大浴場)120NTD (湯屋・個室)400NTD(キャンペーンは350NTD)
入湯日:2018.9.10
HP:http://minenoyu.com/index.html
住所:112台北市北投區中央北路一段12號

北投青磺溫泉名湯の外観

北投青磺溫泉名湯の外観

台北駅からMRTで30分ほどの場所にある北投温泉は、日本の温泉地を思わせる雰囲気の場所で、北陸の名旅館「加賀屋」もあります。そんな温泉街から少し離れた場所にあるのが「北投青磺名湯」です。なんと24時間営業している地元民?向けの温泉でもあります。

北投温泉では青硫黄泉の他、源泉成分が異なる白硫黄泉、鉄硫黄泉があり多くのホテルでは白硫黄泉を使っており、青硫黄泉は公衆浴場などで使われています。

北投青磺名湯も公衆浴場で日本と同じく裸で入浴出来ます。大浴場は120NTDですがこちらには個室の湯屋が350NTD(1時間)があり、少し値段が張りますが、個室なのでゆっくり入浴することが出来ます。
ちなみに大浴場は「源泉掛け流し」とHPに記載があります。

フロントで料金を払いレシートを持って2階(大浴場は1階)に上がり受付で部屋を指定されます。午前中の早い時間に訪れたので空いており、208房を指定されました。

部屋に入り、浴槽に「熱青磺」「冷青磺」「自来水」の3つのバルブがあり、まあ文字の通りだろうと「熱青磺」「冷青磺」のバルブ開いて浴槽にドバドバと温泉を入れます。
「熱」は源泉からそのままで「冷」は源泉を冷ましてある温泉で上手く調整しながら入れることになります。

ちょっと「冷」だけにして「熱」と比べてみましたが、酸っぱさはほぼ同じなので加水では無いようです。
北投温泉の源泉は温度が高いので温度調節用に源泉を冷ましたのを用意してあるとは素晴らしいです。
大浴場は安いですが、こうやって自分好みの温度に出来ませんから温泉を楽しむなら湯屋の方を利用するのが良いでしょう。

適温、適量になったところで温泉につかります。若干灰色に近いようなにごり湯でこれが「青」の由来になっています。昔入浴した島原温泉に近い感じです。
個室なので自分のペースで出たり入ったりと入浴出来ます。

洗体用のカランは無く、シャワーだけになります。ただ脱衣スペースと洗い場が同じなので無いので洗体すると着替えの際に濡れるので注意が必要です。

<MAP>

鉄道:台北MRT淡水信義線北投駅から徒歩8分


もどる

【RJAA/NRT/成田】2018/9/7撮影レポートその1

この日台北へのフライトは14:20発のBR197なので、それまで第一ターミナルの展望デッキで撮影してお昼過ぎにそのままチェックインすればいいやと、8時過ぎに自宅を出発して10時前にデッキに到着しました。
でも予報通り曇り空です。まあドン曇りでは無いだけ良かったですけど・・・

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX501D B747-8F B-LJI

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX501D B747-8F B-LJI

キャセイのカーゴが丁度出発する所でした。Dなので24時間手配が掛かった貨物かな(笑)

XJ/TAX/タイ・エアアジア・X XJ601 A330-300 HS-XTF

XJ/TAX/タイ・エアアジア・X XJ601 A330-300 HS-XTF

友人が乗っているかな~と思いながら撮影したDMK行のエアアジアXです。今回台湾に行くかバンコクにするかで悩んだんですよね。

PO/PAC/ポーラエアカーゴ PO752 B747-400F N452PA

PO/PAC/ポーラエアカーゴ PO752 B747-400F N452PA

成田で見られるジャンボも殆どがカーゴになってしまいましたね。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX523 A330-300 B-HLU

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX523 A330-300 B-HLU

台北経由のキャセイはワンワールドカラーのA330でした。

AY/FIN/フィンランド航空 AY72 A350-900 OH-LWE

AY/FIN/フィンランド航空 AY72 A350-900 OH-LWE

AYが成田線にA350-900を投入後初撮影です。A350も増えてきました。

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMC

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMC

LXは未だ成田線にはA340で運航しています。もうA340も珍しい機体になりつつあります。

NH/ANA/全日空 NH903 B787-9 JA898A

NH/ANA/全日空 NH903 B787-9 JA898A

まだB787-9には乗ったことが無いので乗りたいとはおもっているのですが・・・

AZ/AZA/アリタリア航空 AZ784 B777-200ER EI-ISA

AZ/AZA/アリタリア航空 AZ784 B777-200ER EI-ISA

離陸機が続く中、AZが降りてきました。

KL/KLM/KLMオランダ航空 KL862 B777-300ER PH-BVS

KL/KLM/KLMオランダ航空 KL862 B777-300ER PH-BVS

KLの新塗装ですね。あまり旧塗装と変わらないような感じです。

AF/AFR/エールフランス AF275 B777-300ER F-GZNU

AF/AFR/エールフランス AF275 B777-300ER F-GZNU

KLに続き、同胞のAFが離陸します。

さてまだまだ時間があるので撮影します


その2へ> <飛行機の館へ

最後も雨でした。

BR196はプレエコ座席へ


昨日のBR196で台北から帰国しました。

最終日も台北市内は朝から雨が降ったり止んだりの天気でした。
この週末、台湾北部、台北から基隆にかけて前線が停滞して局地的な豪雨が続き、土曜日は台北市内のあちこちで地下が冠水したことをTVニュースが伝えていました。
この雨のお陰で2時間半、カフェ店内で足止めされてしまいました。この前線のお陰なのか?台北の気温は25℃~30℃と夏の台湾にしては過ごしやすかったですね。

ただ、昨日の成田到着時も雨。最後まで雨に祟られたなぁ(笑)

まあ、今回は出発前から台北の天気予報を見ていると雨マークが付いていたので快晴は望めないと諦めていましたが、日曜日の東海岸は夕方から天気が悪くなりましたが、晴の中に撮影が出来たのはホント、良かったです。

さて、画像を整理して徐々にアップしていきましょう。

晴れた!

昨日は雨が降り出して2時間半待ってもやまず、小降りになったところで意を決してカフェを出て松山空港まで傘をさして移動しました。ソコソコ濡れましたが何とかMRTで台北駅前のホテルに戻りました。
昨日は雨は降り止まず台北市内や基隆ではあちこちで冠水したようです。

今日は、朝から台湾を鉄道で一周してきました。雨で途中で運転見合わせにならないか?と思いましたが、東海岸側は晴れており、台湾では有名な大麻里の俯瞰撮影地にも行くことが出来ました。

夕方に台東から高雄に向かう際は雨が降ったりしましたが、予定通り台湾新幹線で台北に向かってます。

旅も明日で終了です。
明日もアップグレードがあるかな(笑)

台鉄南回り線大麻里~知本間

雨に祟られる?夏休み

今日から台湾に来てますが予報どおり天気が良く無いです。

今日の午前中、桃園空港で撮影してたときはなんとかパラッと雨が降っただけでなんとか撮影できましたが、午後松山空港に移動してきたらゴロゴロと雷の音が聞こえ、嫌な予感がしたので撮影スポットで有名な空軍一号珈琲に移動したら降りだして大雨。

店内に非難して雨が止むのを待ってますがかれこれ1時間止む気配が有りません。

それにしても今年の夏休みは雨に祟られてます。7月の千歳もそうでしたし、その後に予定していた釣りも台風で中止になり今回も…

運が悪いです。

台湾に行ってきます

これからBR197に乗って台湾へ行ってきます。
台湾には1990年の5月に訪れて以来、トランジットで95年と97年、98年にも訪れていますが、空港から出て無いので28年振りです。

BR197便はA330-300(333)での運航でしたが、関西空港がクローズした関係で関空便が運休となりその振替客をさばく為、A330より座席数が多いB777-300ER(77W)にシップチェンジとなりました。

一昨日オンラインチェックインをした時には333でしたが、昨日再度確認したら77Wになってました。空いていた後方の70Aに変更しておいたのすが、プレミアムエコノミー区画の26Aに変更となってました。

さらに空港について午前中、展望デッキで撮影をして2時間前にチェックインすると、「本日は混み合っている関係でアップグレードさせて頂きます。」との事でビジネスクラスになりました。
やはり関空が運休しているのでスタンバイも発生しているようです。

これもSKのスタアラゴールドだからでしょう。それもBlogのお陰です。さて、そろそろ搭乗時刻なので行ってきますと書いたら使用機材到着遅れで遅れるようです。今日は乗り継ぎが無いから安心です。

ビジネスにアップグレードでした。

嵐が去った関空

関空夜景

冠水したエプロンには魚が泳いでいたとか


今回の台風21号で被害が大きいと言うか、大阪経済の活動被害と言うような関空の台風被害。

まさか台風で停泊中のタンカーが走錨して連絡橋に激突するなんて想定外と言われてますが、過去にも台風で停泊中の船舶が走錨して座礁したり沈没していたりしてます。

古くは青函連絡船は函館湾内や沖合で洞爺丸を始め5隻の船が台風で沈没し1100人以上の死者を出した洞爺丸台風がありました。

今回、激突したタンカーは前日から沖出ししてましたが避難判断が甘かったかと思いますが、空船だったのは幸いです。もし燃料を積んでいたら連絡橋が吹き飛んだでしょうね。

連絡橋が不通にお陰で関空はまさに絶海の孤島になってました。
昨日、片側の連絡橋を使ったバスと高速船での輸送が始まりましたが、なんと1日では輸送しきれなかったと言うのには驚きました。
渋滞とか色々な要因があったとは思いますが、台風の中あれだけの利用者が空港に居たのにも・・・

まあ「いままで」なら台風が過ぎ去れば、運航は再開されるし、国際線なんかは台風が過ぎ去った頃を見計らって時刻変更して運航することが多いので、空港まで行けばと思って早めに空港入りした人も多かったのでしょう。

ただ今回は「いままで」とは違いすぎました。
今年の台風は色々と教訓を残した筈です。でも人間で忘れるんですよね。
次に同じような台風が東京を直撃する時には羽田は水没し、東京湾では走錨する貨物船が湾岸地区に激突し、湾岸地区を走る地下鉄から浸水してストロー効果で都心部へ・・・なんてストーリーが簡単に出来きるだけに怖いです。

専門家は正しいとは限らない

台風で計画運休となった大阪環状線

昨日は、台風21号が関西地域を縦断して大きな被害をもたらしました。
関空では高潮による浸水に加え、ジェット燃料を輸送するタンカーが隣岸して空港沖合いで投錨したもの高潮と強風で走錨して漂流、連絡橋に衝突して橋桁がずれると言う被害が出て関空が孤立する事態になりました。走錨と言うと洞爺丸が沈没した時も台風、それも吹き返しの風でした。

そんな中、関西の放送局でコメンテーターとして出演した某防災専門家がJRの計画運休を批判し、台風21号が通過して被害の無い大阪環状線の運行を再開しろとか発言したそうです。

台風が通過した後の吹き返しの風の方がどれだけ危険なのか判って無いのでしょうかね。
素人のコメンテーターがコメントするなら切り捨てられるだけですが、防災の専門家が言うことなのでしょうかね?

自分はその放送を見てませんのでどういう趣旨で発言したのか真意は判りませんが、「専門家は正しいとは限らない」と言うことを具現化してくれたようです。
大抵、こういう異常事態の時って専門家の言うことはあてにならないですからね(笑)