旅行記を4travelにアップしました。

今回の千歳基地航空祭へ旅行記を4travelにアップしました。

北海道&東日本パスで千歳基地航空祭へ(往路編)

北海道&東日本パスで千歳基地航空祭へ(復路編)

今回の旅で掛かった交通費用ですが、
 北海道&東日本パス 10850円
 本八戸タクシー 1650円(本八戸駅→八戸港)
 シルバーフェリー2等 4500円(八戸港→苫小牧港)
 道南バス 250円(フェリーターミナル→苫小牧駅) 
 北海道中央バス 420円(南千歳⇔千歳基地往復)
 北海道中央バス 250円(苫小牧駅→フェリーターミナル) 
 シルバーフェリー2等寝台A 6750円(苫小牧港→八戸港)
 南部バス 300円(フェリーターミナル→本八戸駅)
 新幹線 4880円(仙台→上野)
合計で29850円でした。

なんせこの時期は航空券が高くてLCCでも軽く1万超えでしたしホテルもかなり強気設定でしたからね。
オフシーズンならこの値段で往復飛行機で行けたのですが・・・

政府専用機をこんな間近で見られる最後のチャンスでしたから安いかな。

【RJCC/CTS/新千歳】2018/7/22撮影レポート

ブルーインパルスの飛行をターミナルビルの展望デッキから眺めた後、天気も超回復したのでスポッティングすることにします。

NH/ANA/全日空  B737-800 JA77AN

NH/ANA/全日空 B737-800 JA77AN

離陸再開1番機で上がったB777が旋回してきて一緒に写りました。

HD/ADO/エアドゥ  B737-700 JA07AN

HD/ADO/エアドゥ B737-700 JA07AN

ANAからリース機材のB737-700ですね。

KE/KAL/大韓航空  B777-300ER HL8274

KE/KAL/大韓航空 B777-300ER HL8274

KEの千歳にB777-300ERを飛ばすとは時代も代わりました。開設当時はB727だった記憶があります。

JH/FDA/フジドリームエアラインズ  ERJ175 JA03FJ

JH/FDA/フジドリームエアラインズ ERJ175 JA03FJ

羽田では撮影することが無いジドリームエアラインズです。流石、静岡ベースだけあってまるちゃんスペマですね。

DJ/WAJ/エアアジア・ジャパン  A320 JA01DJ

DJ/WAJ/エアアジア・ジャパン A320 JA01DJ

エアアジア・ジャパン1番機です。中部ベースで頑張っているようですが・・・

この後、JALやANAに混じって外航機が続いてやって来ます。

MU/CES/中国東方航空  A320 B-6872

MU/CES/中国東方航空 A320 B-6872

チャイナイースタンのA320が到着です。

BR/EVA/エバー航空  A330-300 B-16332

BR/EVA/エバー航空 A330-300 B-16332

サンリオキャラクターのスペマ機です。

7C/JJA/チェジュ航空  B737-800 HL8302

7C/JJA/チェジュ航空 B737-800 HL8302

HX/CRK/香港航空  A330-300 B-LNR

HX/CRK/香港航空 A330-300 B-LNR

香港航空も千歳に飛ぶとはホント、訪日客に北海道は人気なんですね。

KE/KAL/大韓航空  B777-300ER HL8209

KE/KAL/大韓航空 B777-300ER HL8209

さっき、ソウル行が出発したと思ったら直ぐにソウルからのKEが到着しました。

さて、指定席を取ってある快速エアポートに時間なのでそろそろ撤収して札幌に向かいましょうかね。


飛行機の館へ

第41回隅田川花火大会

昨日(7/28)に予定されていた隅田川花火大会は台風12号の接近で今日に順延となりましたが、無事に開催されました。

やはり隅田川花火大会は東京を代表する花火大会ですから規模も大きいですよね。
今年は100-400mmで撮影してみました。

第41回隅田川花火大会 第一会場

第41回隅田川花火大会 第一会場

第41回隅田川花火大会 第二会場

第41回隅田川花火大会 第二会場

第41回隅田川花火大会 第一会場

第41回隅田川花火大会 第一会場

第41回隅田川花火大会 第一会場

第41回隅田川花火大会 第一会場

花火だけ見ると大丈夫ですが微妙に手ブレしてます。
レリーズを持ってこなかったのが失敗かな。

第41回隅田川花火大会 第一会場・第二会場

第41回隅田川花火大会 第一会場・第二会場

最後に会場全体を広角で撮影して撤収です。

【2018/7/22】千歳基地航空祭へ③

そろそろ撤収する準備をしつつ、シグナスの勇姿を目に焼き付けます。
こんなに目の前で見られるのは最後の機会で、さながら「さよならパーティー」の様です。

この構図、よくテレビで見ますよね。

7月の訪欧が中止となりどこぞかの首相は残念だったでしょうね。

Aコンパトメントの写真はいずこ・・・

機内の様子は雑誌などで見たことがありますが、やはり専用機らしいコンフィグです。

スイスで改装中の新しい専用機はどんな内装になるのでしょうね。

やっぱりジャンボはでかい

シグナスの展示エリアから離脱して振り返るとジャンボが鎮座しています。すごいなぁ~
折角なので自衛隊としてはメイン機材になる?機体も撮影しておきましょう

F-2戦闘機


千歳基地は冷戦時代は北の防衛最前線として活躍していましたけど、冷戦後と言えどもまだまだ北の脅威は拭えませんからね。

F-4EJ改戦闘機

あまりミリタリー機のことは知らないのですが、こういうスペマ機体は珍しいのでしょうね。

さてお腹も減ったの何か食べたいのですが、物販ブースが判らず再びバスで南千歳駅前に戻ります。
丁度やって来た快速エアポートで新千歳空港へ向かいターミナルビル内のレストランで食事をして展望デッキに上がってみると、なんと天候がかなり回復していてブルーインパルスが飛行しているじゃないですか!

かなりトリミングしてます。

ターミナルビルからだと逆光ぎみになってしまうのが残念です。

展望デッキに居た人もブルーインパルスの飛行を眺めています。

編隊飛行中

てっきり今日は天候が悪く飛ばないかもと思ってましたが、ここまで回復するとは。

スモーク展開

快晴までといきませんが北海道の空にブルーインパルスがスモークで絵を描きます。

丸い円が5つ咲きました

航空祭会場から見られれば良かったのですが、ここまで天気が回復するとは。午前中の悪天候が悔やます。

まあ、会場で最後まで居たら帰りのバスに乗るまでかなり待ったことでしょうね。
航空祭が開催れることから、展示飛行がある時間帯は新千歳空港の離発着が中断されます。

離陸再開の1番機はANAでした。

展示飛行が終了したのでホールドしていた到着機はアプローチを再開し、出発待ちをしていた機体が次々と上がります。

基地では室屋選手のエアロバティックス飛行が行われクロージングとなります。
まだ時間があるのでこの後、デッキで撮影することにします。

(つづく)

【2018/7/22】千歳基地航空祭へ②

シグナス01が再び千歳基地へ戻って来ました。てっきり会場に近い36Lに降りるのかと思ってましたが、エアバンドから聞こえて来たのは36Rでした。

撮影しているバイパス陸橋上から近いRWYに降りてくれました。

フルストップでRWYエンドまでやって来ました。この後はタキシングして会場へ向かうようです。

RWY01Rを横断したあたりでコックピットの上に日の丸が掲げられました。

日の丸が凛々しくて感動です。

会場手前でシャットダウン。トーイングカーで展示位置へ移動していきました。

すでにシグナス02にはタラップがつけられてコックピット上のは日の丸が掲げられてました。

ごたいめーん

こうやてシグナスが2機が揃っている姿をこうやって拝める機会はそうはありません。

さて、自分も会場へ向かってみましょう。会場行バスの行列もかなり短くなっていて次から次にやってくる中央バスに乗り込んで会場へ向かいます。

バスから降りるとシグナスが

バスは制限区画内を走り会場へ向かい、バスを降りると展示機材が良く見えます。

会場入口で荷物検査を受けた後、エプロンへ。
展示されている自衛隊機は無視(笑)してシグナスの元へ

2機のジャンボを間近に

今回の展示では2機を間近で見られると言うのでわざわざやって来た訳です。

引退を記念する旗がなびきます。

流石に今回の目玉だけあってシグナスの周りには多くの人が集まっていています。

こういう構図はそうは撮れません

ランプエリアでB747をこうやって間近に見るのは初めてカモ。

カーゴドアが開いていて良く見えます。

シグナスが登場したのが1993年、もう25年も経つのですね

ランプエリアでこうやってシグナスを間近にみられて感動です。時間をかけてはるばる千歳まで行ってよかったです。
まあ、天気がアレでしたけど・・・
来年は77Wが展示されるのかな。

さて午後はブルーインパルスの展示飛行がありますが、この天気だとどうかな?
混雑する前に離脱しましょうかね。
(つづく)

【2018/7/22】千歳基地航空祭へ①

今年度でB747-400政府専用機(コールサイン、シグナス)が引退。所属の千歳基地航空祭では、F15戦闘機との編隊飛行が行われていて、一度は見てみたいと思っているうちに最後の年になってしまいこ今年こそはと思い出掛けてきました。

道中の様子は旅行記に譲り、まずは基地祭での様子を紹介したいと思います。南千歳駅には8時前に到着して、千歳基地を眺められる日の出バイパスに行ってみると既に多くのファンが集結していました。

日の出バイパスから会場を眺めるとこんな様子です。


折角、順光で撮影出来る場所ですが、天気は雨は降らないものの最悪でシーリングが低く、新千歳空港を離陸した飛行機を見る事が出来ません。
それに、東京の暑さとは大違いで寒い!22℃位でしょうか
ココで長い間居たら風邪を引きそうです。

航空祭は9時からですが、8時半過ぎに政府専用機ハンガー前に駐機していたシグナス01がプッシュバックを開始したので会場へ移動かと思ったのですが、しばらくランプ上でスタンバイしていましたが、再びハンガー前にトーイングされていきました。

9時にF15戦闘機の離陸でオープンニングとなりますが、あっという間に雲の中消えて爆音だけが響き渡ります。

さすがに400mm(640mm相当)では小さいのでかなりトリミングです。

これは、ヤバイかもと言うほど視界は悪化していてもしかしたら飛行展示は駄目カモと言う空気が流れます。

救難訓練が実演が会場で始まり、会場でヘリがホバリングして隊員の降下や上昇訓練の様子が眺められました。

かなりガスっている中、実演が始まりました。

この後、F2模擬離陸実演があり、滑走路上に2機編隊でタキシングします。

こちらはノートリミングです。

どうせなら飛んで欲しいものです。
笑)
この時間になってもシグナスが上がらないので、やはり編隊飛行は中止になる感じです。まあkの天気じゃ並走は難しいでしょうからね。

なんせF15の編隊通過は雲の中通過していき、爆音だけが会場に響くありさま。この頃になるとこの場を撤収するファンも出てきました。
せめてシグナスのローパスだけでも拝みたいと願っていると10:10頃にシグナス01がプッシュバックをし36Lから離陸します。

ようやくシグナスが離陸してくれました。

しかし、あっと言う間に雲の中に消えて行きました。

シグナス01が上がるとシグナス02が会場へタキシングを開始ます。

少しずつ明るさが回復してきました。

シグナス専用のトーイングカーに牽引されて会場に向かうシグナスを追ってシグナスカラーの支援車も後に続いて隊列を組むように向かって行く姿が見られるのはそうそう無いですからね。

離陸したシグナス01はTCA誘導を受けながら定刻10:40にローパス出来るようにコントロールされて、36Rへ進入してきました。

滑走路上で主翼を左右に振りながら飛行してくれました。

進入前にシーリングの高度を確認していたので、なるだけ姿を見られるように高度調整をしてくれたのでしょう。

悪天候のなか、すばらしいローパスを見せてくれました。

再び上昇します。

会場を後にするシグナス01。
退役までに羽田でこの姿をまた拝みたいものです。

先程、会場にトーイングしていたシグナス02はローパスの間、RWY18Rでホールドしていてローパスが終わった後、会場へ向かいました。

特別航空輸送隊のパレードみたいですね。

シグナス01は基地に帰投する為に誘導されてアプローチコースに向かいます。

シグナスが降りたら会場にむかいましょうかね。8時位は会場へ向かうバスは長蛇の列でしたがこの時間になると列は短く直ぐにも乗れそうな感じです。
(つづく)

北海道滞在18時間で航空祭

昨晩、八戸からフェリーで苫小牧に朝6時に到着してやって来たのは千歳基地の航空祭です。基本的に軍用機は余り撮影対象にして無いので混雑する基地祭には行かないのですが、今年度でB747-400の政府専用機が退役するるので最後の基地祭と言うことで出掛けることにしました。

しかし、夏休みの北海道は航空券&ホテルが高く特典枠もスケジュールに合う便が取れずいっそのこと18きっぷかとなり、時刻表でしらべるとシルバーフェリーがドンピシャとスケジュールに合ったのです。

まあ、苦労?して千歳まで来ましたが天気は悪く雲が低くたれ込み展示飛行には最悪な感じでした。

いくつかの展示飛行がキャンセルとなり一番見たかった異機種編隊飛行もキャンセルになりましたが、政府専用機のローパスは実施されたし基地ではB747を間近に見ることができたので満足です。

このあと、札幌まで出て夕食をとってから再び苫小牧からフェリーで帰路に着きます。

北海道滞在18時間ですがそれなりに堪能したかな。

シルバーフェリー

今日は朝4時半に自宅を出発して上野5:10発の東北本線に乗車しました。宇都宮、黒磯、新白河、福島、仙台、小牛田、一ノ関、盛岡で乗り継ぎしつつ、八戸までやって来ました。

八戸から今宵の宿、シルバーフェリーの[シルバーエイト]に乗船しました。予約時に個室寝台とか上級船室は一杯だったので青函連絡船の座敷席を思い出す、2等船室の利用です。まあ、フルフラットで寝られるし何と言っても4500円で翌朝には苫小牧まで運んでくれますから。

新しい船なので船内の雰囲気もモダンできれいでから人気があり、今日も車航送甲板は一杯です。

2等でも場所が指定されてますので、あぶれる心配は無いのですが一人あたりの区画は少しせまいかな。まあ、サンライズののびのび座席と同じかな。各区画にはロッカーもあるので荷物も安心です。

大浴場もありますが、時間が限られるのでこれから一浴びしてきます。

明日は北海道です。

やはり不運なMRJ

MRJがイギリスのファンボローで開催されている航空ショーでフライトディスプレーを行い、話題となりましたが、初日の展示飛行後にMRJを駐機位置へ牽引した際に、トーイングカーが機体に接触し、機首の一部が損傷する事故が発生しました。

修復作業のため、2日目のMRJフライトディスプレーがキャンセルとなり、やはりMRJはいろいろと不運を引いている機体だなぁと思ってしまいます。

幸いな事に最終日のフライトディスプレーは飛行できる見通しで、なんとか面目は保てそうです。

MRJの新規受注も無く、リージョナルジェットマーケットも規制やらで変わってきており、エンブラエルやボンバルディアの新型機開発も進み、MRJの優位性が無くなってきてます。

この航空ショーで新規受注を狙いたいところですが、なんとなく暗雲が漂っています。

JAL国際線特典ルールを変更へ

JL/JAL/日本航空 JL12 B787-8 JA838J

国際線特典ルールを変更するJAL

JALは今年の12月から国際線特典航空券のルール変更することを発表しました。

今回の変更で一番大きい影響のあるのが、必要マイルを路線ごとの固定マイル制から空席連動型マイル制に移行することです。

既に米国系キャリアで採用されており、空席数やシーズナリティにより必要マイルを変更してイールドコントロールを行う様になります。

これにより今まで、特典用座席数を超えた場合、キャンセル待ちが出来ましたが、改定後はその時点で提供可能なマイル数となり、予約が取りやすくなる一方、必要になるマイル数が割高になります。あわせてファーストクラスを除きキャンセル待ちの制度が無くなります。

見方を変えれば、マイル数を多く払えば今まで以上に特典航空券の予約が取りやすくなるとも言えます。

しかし、今回のルール変更では、
・航空券は往路と復路それぞれ国際1区間、国内1区間まで
・海外発日本経由の第三国行特典の廃止
・予約変更は不可(変更の際は一度払戻しの上、変更を行う必要がある)
・航空券の有効期間は予約便に限り有効
と改悪と思われる変更もかなり含まれています。

最近、特典航空券の改定が目立ちます。
LCCの攻勢やらでどこもマイレージサービスのコスト回収を意識してきている感じです。
12月までに特典航空券を発券しておいたほうが良いかな。

【マダコ】(7/16)富津港・川崎丸

今年2回めの船釣行は「マダコ」です。
昨年は夏・冬ともマダコ釣りに行って無かったので、久々のマダコとなります。

湾奥の船宿からの出船でも良いのですが、富津の川崎丸では坊主でも事前に釣ったマダコを冷凍にしておいて坊主だった釣り人に「お土産」があるので、保険のつもりで利用しています。

さて今日はどうかなと朝5時に船宿に到着して受付を済ませて、船着き場に向かい左舷胴の間に入ります。なんせ一番最後の到着ですから、場所を選ぶことが出来ません(笑)
5時半に出船となり、船長から「第二海堡は潮の流れと風向きが良くないので(富津)南沖へ向かいます」とのアナウンス。

うーん、いつも第二海堡で1杯は上げてあとは沖上がりまで余裕?の釣りをしていたので今日はどうかなと?とちょっと心配です。

航程30分ほどで上総港沖のポイントに到着。気合を入れて小突きますがそうすぐに釣れないです。
暫くして船中1号の1.8kgが左舷で上がりましたが、その後大型主体で上がるのですが単発で、自分のテンヤには乗りがまったくありません。

最初のポイントでは大型が3杯上がっただけで場所を移動しますが、全然乗りが無くなんと9時を過ぎても3杯のままです。

流石に船長も焦ったようで沖合のポイントを流したりと根回りを攻めてポツンポツンと上がるようにはなりましたが、タコの機嫌は良くないようです。
今日は南西の風が5~7m位吹いており、灼熱地獄にならずに済んだのですが、その分下げ潮とぶつかり潮の流れがゆるいようです。

これは今日は駄目だなと腹を括り、果敢に挑戦だ!と言った矢先に根掛かりでテンヤをロスト。

今日はそれまでロスト無しだったので、上手く行けば出船時に購入したテンヤ交換券はそのまま払戻しかなと思ったのですがそうはいかないのがマダコ釣りです。

新しいテンヤで小突きますがマダコからのラブコールは無く、船中24名中半数以上が型なし状態です。
船長もポイントを転々と流しますが、自分も含め半数の12名が型見ずなので沖上がりを30分延長して12時半まで頑張りましたがノーヒットで終了となりました。

テンヤは2つロストなので500円払戻となりました。
港でお土産の「冷凍タコ」を貰いなんとかタコを食べることが出来るのは不幸中の幸い?ですね。

残念賞の冷凍マダコ

そうそう、冷凍タコは820gで内蔵処理されていたので実質は1kg位の良型でした。
冷凍になっていたのでぬめり取りも簡単でした。

<収支報告>
収入の部
冷凍マダコ 820g
支出の部
乗船代 8500円
テンヤロスト 1500円(2回)
となりました。

船宿 富津港 川崎丸

=船宿HPから=
16日の状況
マダコ船 【出船6時】・・・本日は3連休の最終日ですし、昨日までのご予約が少なかったのでゆったり出船かな?と思っていたら、嬉しい事に夕方から予約が殺到して、結局女性3名を含む24名様にお越し頂き、その内の9名様が初挑戦での出船でした。
風向き・潮向き・メンバー構成を考慮して第二海堡はスルーして一気に南沖へと走りました。
ポイントに着いた頃が丁度満潮潮止まりで、最初の内は型を見る事が出来ませんでしたが、開始から30分位して下げ潮が流れ出すと、まずは女性の方が1.8kgの船中第1号を釣り上げました!
次の流しでは2.5kgが上がり、その次の流しでは3.2kgが上がって単発な釣れ方ながらも良い感じでしたが、その後は続かなかったので昨日好調だったポイントへと向かいました。
このポイントを今日一番当てにしていたのですが、女性の方がバラシただけでその後が続かず、大きく当てが外れてしまいました…
ここからが迷宮に迷い込んでしまい、狙うポイント狙うポイントをスカばかりで9時すぎの時点で船中3杯と、ここ数年でもない様な緊急事態になってしまい、船長は血の気が引いて行くのが自分で解りました。
それならばといつもは狙わないポイントを狙ったところ、朝方2.5kgを釣った方が今度は2.8kgを釣り上げて、2時間ぶりのご対面となりました。
その後は沖目に出て根周りを狙いましたが、根掛かりが多い割にはタコは拾い釣りで、11時の時点でポイントを大きく移動して最後の望みを掛けました。
潮は大分緩んで根周りを大流ししたのですが、ここで2.9kgを筆頭に7杯釣れ上がって、オデコの方も3名減ってやっと船中の半分の方が型を見ました!
本日の釣果は0.4~3.2kgをトップ3杯が2名・2杯が3名・1杯が7名の船中【19杯】と船中数は少なかったですが、2.0kg超の特大が4杯上がったのがせめてもの救いですかね・・・半分の12名様がオデコになってしまい【お土産タコ】大放出でした。

行田古代蓮

昨日は行田市の古代蓮を見物に行ってきました。
ココ数年、毎年の様に見物に行っているので恒例行事みたいなものです(笑)

昨年は、蓮の花があまり咲いてなかったので、今年はどうかな?と思って行って見ました。流石に三連休の初日とあって普段なら高速を使って1時間ちょいで着くのですが渋滞で倍掛かりました。

流石に時間的に遅くなったからか、暑いから見物客は少なくてゆっくり園内を見ることが出来ました。
古代蓮1

古代蓮2

古代蓮3今年は昨年より多くの花が咲いていました。

ただ、花の生育は通年より10日程早いので例年なら8月まで次々と咲くのですが、今年はそろそろ終盤で8月には殆ど咲き終わりになる感じです。
田んぼアート
最後に展望台に登って今年の田んぼアートの絵柄を鑑賞して来ました。今年はナスカの地上絵と鷲ですね。
田んぼアートは夏過ぎに来れば色合いもはっきりして綺麗なんですが、いつも行きそびれてしまいます。今年は完成図を見られるかな?

【RJTT/HND/羽田】2018/7/8撮影レポートその3

中防大橋は周りが埋立地で何もなく、自販機もありません。なのでさすがに2時間以上も居ると飲み物が尽きてしまい、城南島のコンビニまで行ってちょっと一服してきます。

再び海底トンネルを通って中防大橋へ戻って来るとKEがタワーにハンドオフされてきました。

KE/KAL/大韓航空 KE2709 B777-300 HL7533

KE/KAL/大韓航空 KE2709 B777-300 HL7533

もう18時を過ぎていますが、この時期ならまだ撮影できるのが嬉しいですね。

AF/AFR/エールフランス AF274 B777-300ER F-GSQU

AF/AFR/エールフランス AF274 B777-300ER F-GSQU

AFは北方経路なので23かと思いきや22へ降りてきました。

NH/ANA/全日空 NH262 B777-200ER JA744A

NH/ANA/全日空 NH262 B777-200ER JA744A

18時半近くになると流石に太陽も傾き、俗にいうエロ光線になり機体を照らします。

JL/JAL/日本航空 JL347 B737-800 JA327J

JL/JAL/日本航空 JL347 B737-800 JA327J

流石に露出も厳しくなるのでレンズを明るい70-200に切り替えます。

NH/ANA/全日空 NH842 B787-9 JA887A

NH/ANA/全日空 NH842 B787-9 JA887A

気のせいかこの時間になるとLDAでも大きく踏み込んで旋回する便が多くなった気がします。

JL/JAL/日本航空 JL322 B777-200 JA010D

JL/JAL/日本航空 JL322 B777-200 JA010D

LDAを誘導する地上の発光ライトを目印にするからかな?

JL/JAL/日本航空 JL462 B767-300ER JA657J

JL/JAL/日本航空 JL462 B767-300ER JA657J

ようやくお目当てのハワイアンが千葉県上空を飛行してますが、到着機が多いのでまだ到着しません。早くこないと露出が・・・

NH/ANA/全日空 NH596 B777-200 JA714A

NH/ANA/全日空 NH596 B777-200 JA714A

この頃になるとSSを下げて流し撮りに移行します。でないと画像が荒くなってしまいますからね。

CA/CCA/中国国際航空 CA421 A321 B-6595

CA/CCA/中国国際航空 CA421 A321 B-6595

フォトショップで補正しているの明るく見えます。

ようやくこの日の目的だったハワイアン航空がタワーにハンドオフされてやって来ました。

HA/HAL/ハワイアン航空 HA457 A330-200 N360HA

HA/HAL/ハワイアン航空 HA457 A330-200 N360HA

18:58本日のミッションコンプリート!
いやーこの日は随分撮影しました。


その1へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2018/7/8撮影レポートその2

大抵、SQのA350が到着すると撤収することが多いですが、日が長い時期ですから今日は延長戦に。

NH/ANA/全日空 NH872 B787-8 JA808A

NH/ANA/全日空 NH872 B787-8 JA808A

787のタイトル入りもこれからは少なくなる筈なのでちゃんと記録しておかないと駄目ですね。

GOV//海上保安庁  Dash 8 JA725A

GOV/海上保安庁 Dash 8 JA725A

海上保安庁も昔はYS11を運用していましたが今はDash8です。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J16 B737-800 JA807X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J16 B737-800 JA807X

「頑張ろう九州」の807Xですが、このところ九州は自然災害が多く発生してますからホント頑張って欲しいですね。

JL/JAL/日本航空 JL82 B777-200ER JA708J

JL/JAL/日本航空 JL82 B777-200ER JA708J

上海からの82便はワンワールド塗装機材でした。

BC/SKY/スカイマーク BC306 B737-800 JA73NG

BC/SKY/スカイマーク BC306 B737-800 JA73NG

ワンワールドの次はヤマトジェットかと思ってましたが、6月で地球連邦政府の地球大気圏内輸送隊の任を解かれたようでノーマル塗装に戻ってました。

MU/CES/中国東方航空 MU539 A330-300 B-8970

MU/CES/中国東方航空 MU539 A330-300 B-8970

チャイナイースタンは随分小回りでかなりゆっくりした速度でRWY22に向かっていきました。

NH/ANA/全日空 NH258 B777-200ER JA743A

NH/ANA/全日空 NH258 B777-200ER JA743A

MUの続行で来たスターウォーズですが、MUの足が遅いからかかなり大回りして距離を稼いでの到着です。流石にゴーアラはしませでした。(密かに願ったのですが・・・)

CA/CCA/中国国際航空 CA167 A330-200 B-6093

CA/CCA/中国国際航空 CA167 A330-200 B-6093

CAはスタアラカラーのA330でやって来ました。

NH/ANA/全日空 NH852 B787-8 JA802A

NH/ANA/全日空 NH852 B787-8 JA802A

787の2号機も通常塗装に戻ちゃいましたね。

OZ/AAR/アシアナ航空 OZ1045 A330-300 HL7736

OZ/AAR/アシアナ航空 OZ1045 A330-300 HL7736

この日は機内食を積めたのでしょうかね?

そうそう、この日に羽田に整備で来ていた政府専用機が千歳に戻ったそうで、ターミナルに行けばよかったなぁ~と後の祭り状態になりました。


<その3へ> <飛行機の館へ

甚大な被害をもたらす雨

山陽本線のセノハチでも大きな被害が発生してます。

先週の大雨で近畿から中国・四国地方に甚大な被害をもたらした大雨ですが、山陽本線を始め多くの線区で不通区間が発生しています。

道路も高速、一般道ともに土砂崩れなどで通行止めが発生しており、物流が完全にストップした状態です。

広島や岩国、岡山空港は離発着が可能ですが、市内への交通網が乱れておりこちらも大変な状況です。広島空港にいたってはホームページで水道供給が出来なくなる可能性があると公表しています。

貨物機で物資の輸送が出来てもそこから被災地までの輸送手段が限られてしまいます。
こういう災害時の物資輸送手段を陸海空の連携で出来る仕組み作りが必要な気がします。

今回の大雨では100名を超える方が犠牲になってしまいました。
地理的な条件によるものが大きいのかと思いますが、最近の自然災害は西日本に集中している様な気がします。
特に大雨による被害となるとまた?と思ってしまうほど広島とか山口に被害が出てます。

早い復旧と行方不明の方が見つかることを祈るしかありません。