LCC vs FSC

海外から成田に続々と低コスキャリア(LCC)が乗り入れして、FSC(フルサービスキャリア)の競争が激しくなる中、JALも中長距離線でLCCで参入します。

海外へ低価格で出掛ける事が出来るようになったのは消費者としては嬉しい訳ですが、航空ファンとしてはLCCとFSCどっちで行くか悩ましいことになります。

LCCで行ってみようと調べると、やっぱり飛行機に乗ったら機内食を食べたいよね。撮影機材があるとどうしても機内持込み制限を超えてしまうので、チェックインバッゲージになるので荷物を預けて、座席も時間によっては窓側か通路側か指定して確保したいし・・・

こうやってオプションを追加していくと、運賃は安いものの税金やオプションで結構なお値段になってしまったりします。

FSCだと幾らかなーとホームページから同じような日程で検索してみると、意外にも安い運賃が表示され計算するとLCCより数千円ほど高い位だったりします。FSCも外航キャリアではマイル加算対象外ですが、LCC対抗運賃をしれっとファイルしていたりします。(宣伝しないのはLCC潰しと見られたくないから?)

こうなるとそれまでLCCで行こうと考えていたのが、FSCでいいんじゃない?と気持ちがぐらつきます。

MM/APJピーチアビエーション A320 JA804P

LCCで行くか

BR/EVA/エバー航空 A330-300 B-16335

FSCで行くか

現在、絶賛検討中です(笑)

【RJAA/NRT/成田】2018/6/3撮影レポート

梅雨前のお買い物で成田まで行った日曜日にかる~く16Lエンドでスポッティングです。

GK/JJP/ジェットスタージャパン  A320 JA13JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン A320 JA13JJ

日本のLCCとして頑張っているジェットスター・ジャパンですね。

NH/ANA/全日空  B767-300ER JA620A

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA620A

羽田だとあまり出会う機会が少ない
シャークレットが凛々しいB767-300ER。

GK/JJP/ジェットスタージャパン  A320 JA09JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン A320 JA09JJ

シャークレットになったA320が増えてウィングチップのA320は少しづつ珍しさが出てきた感じですね~

NH/ANA/全日空  B787-8 JA808A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA808A

B787の後方にこの後やってくるMUの機体が見えます。

NX/AMU/マカオ航空  A320 B-MCF

NX/AMU/マカオ航空 A320 B-MCF

マカオからやってきたNXのA320もシャークレット装備です。

NH/ANA/全日空  B767-300ER JA610A

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA610A

Wi-Fiアンテナが無いので屋根がすっきり見えます。

NH/ANA/全日空  B767-300ER JA612A

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA612A

立て続けにB767-300ERがBランに到着です。Bランから第一ターミナルまでタキシングすると時間が掛かるけど、増便枠だと仕方ないですね。

MU/CES/中国東方航空  A321 B-1813

MU/CES/中国東方航空 A321 B-1813

霞ヶ浦を横断して土浦あたりで大きく旋回して到着です。

NH/ANA/全日空  B737-500 JA302K

NH/ANA/全日空 B737-500 JA302K

スーパードルフィンのB737-500です。昔、ANAの成田発名古屋行の国内線に搭乗したときはB737-300でしたね。胴体の短い-500を見るとちょっと昔を思い出します。

GK/JJP/ジェットスタージャパン  A320 JA02JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン A320 JA02JJ

ジェットスターの2号機も随分活躍してますがLCCだと製造費分を回収するにはもっと働いて稼がないとだめでしょうかね・

さてこの後、鹿島貨物の1092レを撮影するので佐原方面に向かう時間なのでまだ撮影したい気持ちを切り替えて、移動することにします。


飛行機の館へ

ツバメの巣

つばめの巣この時期、郊外の「道の駅」とかコンビニに立ち寄ると軒先にツバメの巣が出来ていたりします。
春から初夏にかけての風物詩で親鳥が時折やってきては子供達に餌をやる姿を見ることが出来き、微笑ましいのですが、場所によっては糞公害だと言うことで強制撤去する所もあるそうです。

飲食を扱うお店だと衛生的に問題だからと言う話もありますが、ちょっと残念な気もします。

この巣には5匹の子供たちが所狭しと親鳥が運んで来る餌を待ってました。
この場所以外にも4つの巣がありましたが、まもなく巣立ちの季節になりますが、子供達が生き残りこの場所で巣作りを出来るのは何匹でしょうか?

ニュースで日本の出生率がまた下がったとか言われますが、自然界の掟の方がもっと厳しいでしょうね。

懐かしシリーズ”AAのMD11”

AA/AAL/アメリカン航空 MD11 N1766A

AA/AAL/アメリカン航空 MD11 N1766A

今では三発機に乗る機会は無くなりましたが、1990年代には全盛期でした。

長距離洋上飛行が続く太平洋線には4発機のB747かMD11(DC10も僅かに残ってましたが)が主流で、B747を保有していなかったアメリカンやデルタは成田へMD11が主流でした。

まだオープンスカイが発効する前で路線開設が自由にできなかった時代ですのでアメリカンも日1便から乗り入れが始まり、サンノゼ、ダラス線だけだった時期が長ったと記憶してます。

今ではアメリカンのB777やB787を成田や羽田で多く見かけるようになりましたが、この当時はまだ、レアに部類でした。

島根県【津和野】津和野温泉 なごみの里

©道の駅 津和野温泉 なごみの里

©道の駅 津和野温泉 なごみの里

オススメ度:★★★
泉質:単純放射能冷鉱泉
料金:(大人)600円 JAF割引あり
入湯日:2018.4.30
HP:http://nagomi-nosato.com/
住所:島根県鹿足郡津和野町鷲原イ256

小京都、津和野の街外れの県道沿いにある道の駅に併設された温泉施設です。

入口で料金を支払いますが、JAFなど提携先の会員証を提示すると100円割引となります。料金には貸しタオルも含まれていてこれで通常600円、会員割引で500円ならリーズナブルでは無いでしょうか?
タオルとロッカーの施錠カードを貰い、脱衣場へ

空いているロッカーを開けて施錠カードを内側に差し込んでからロッカーの鍵が閉まるタイプと、田舎(失礼)にしては高機能なロッカーでした。

浴場は洋風と和風の2つあり男女日替わりとなっています。
大きさはどちらも同じ感じですが、和風は樽風呂、洋風にはジャグジーがあります。どちらも露天風呂がありますが、大人が5人も入れば満員御礼になる感じです。

温泉は無色透明で、西日本に多いラドン泉です。
今回成分表を撮影するのを失念してしまい、記憶では源泉温度が38℃だったと記憶していますが、HPによれば「単純放射能冷鉱泉」となっていますので温度が低いので加温となっている筈です。
ちょっとググってみましたが、温泉掘削時には50mに吹き上がる間欠泉だったようで、それなりに温度は高そうな感じですが・・・

内湯、露天とも循環ですが塩素臭はあまり感じられませんでした。量は多くないですが内湯ではオーバーフローもありますので、新湯投入されている感じです。

シャンプー・リンス・ボディソープは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>


鉄道:山口線津和野駅からバス
車:中国自動車山口ICから車で1時間

【RJTT/HND/羽田】2018/5/27撮影レポート

昨日は12時半過ぎから政府専用機が到着する14:45まで第二ターミナルで撮影していました。これから暑くなるのでデッキの撮影は暑さとの戦いになりますが、海辺なので成田に比べると過ごしやすですね。

KE/KAL/大韓航空  B777-300 HL7533

KE/KAL/大韓航空 B777-300 HL7533

KEが離陸する中、沖合に釣り船が見えます。まだ昼過ぎに帰港するのはアジのショート船かな?

7G/SFJ/スターフライヤー 7G47 A320 JA22MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G47 A320 JA22MC

福岡行のスターフライヤーが16Rから上がります。この時期はトップ光線になるので機体上部が反射します。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH715 A340-600 D-AIHD

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH715 A340-600 D-AIHD

いつもはLH717の出発に合わせて羽田に来ることが多いのでミュンヘン行のLH715を撮影するのは初めてカモ。
やっぱりA340-600はボディが長いですね。

HD/ADO/エアドゥ HD23 B767-300 JA602A

HD/ADO/エアドゥ HD23 B767-300 JA602A

RWYエンドから離陸を始めたのでかなり早くエアボーンして上昇していきます。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J35 B737-800 JA811X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J35 B737-800 JA811X

またソラシドが16Rから上がりました。南方出発が輻輳したのかな?

BC/SKY/スカイマーク BC717 B737-800 JA73NK

BC/SKY/スカイマーク BC717 B737-800 JA73NK

ようやく海上保安庁の巡視艇が警備にやってきました。政府専用機の到着が近いという訳です。

AF/AFR/エールフランス AF279 B777-200ER F-GSPB

AF/AFR/エールフランス AF279 B777-200ER F-GSPB

パリへ向かうAFが離陸します。今日は幕張でAirRaceがありますが、視界が悪くて羽田からは見えませんね。

CA/CCA/中国国際航空 CA182 A330-300 B-5957

CA/CCA/中国国際航空 CA182 A330-300 B-5957

続いてCAの北京行が上がります。沖合に釣り船が見えますが、時間的に中の瀬を攻めていたシロギス船でしょうかね。

NH/ANA/全日空 NH405 A321 JA114A

NH/ANA/全日空 NH405 A321 JA114A

ANAの新鋭フリート、A321が上がります。シャークレットがカッコイイです。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH717 B747-8 D-ABYC

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH717 B747-8 D-ABYC


今日のLHがYCで2度目の撮影です。
この後RWY22にアプローチしてきたCZのA330がゴーアラウンド。理由は判りませんでしたがアプローチ管制官とのやりとりを聞いてなーんか怪しいと思ったら案の定な感じでした。

さて、この後はメインの政府専用機の到着となりました。詳細は昨日アップした通り、ANAのプッシュバック攻撃には参りました・・・


政府専用機へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2018/5/27政府専用機撮影レポート

今日は、日本固有の犬種「秋田犬」をロシアへ輸送する為に運航された政府専用機が戻って来ると言うので羽田に行って来ました。

モスクワを現地時間の0時頃に出発したとの情報だったので羽田到着は14時頃だろうと豊海で「マグロ丼」で早い昼食の後、12時半頃に展望デッキに到着しました。

RWYは南風運用なので23に降りる筈。となると展望デッキ前のTAXIWAYを通るところがシャッターチャンスになりますが、照明灯や駐機中の機体に邪魔されて撮影できる場所は意外と少ないので、慎重に?場所決めをして到着を待ちます。

RWY16Rから離陸する飛行機を撮影しつつ、Japanese Air Force 001の到着を待ちます。
14時過ぎにようやく海保の巡視艇が姿を表していよいよ到着の様です。 スペース作りの為か北方到着ルートの便がRWY22にアサインされていよいよJAF001がRWY23へベクターされます。

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400


予想より45分遅い14:45にRWY23にタッチダウンしました。
流石にターミナルからDランを狙うには400mmでも厳しいですね。

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400


第二ターミナルのデッキ、南端が工事でフェンスが立ち見通しが悪くなっていたので今日は入口近くから狙ったのでちょっと遠いですが、国旗を掲揚してタキシングするB747はカッコいいです。

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400


南側のドックを通過して今日のベストポジション?にやってくると、67番からスポットアウトしたA321が邪魔をするではありませんか!
なんでこのタイミングでスポットアウトするかな~

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

なんとかE5を通過するシーンで機体全体を抑えることが出来きたのはラッキーです。これも今日のポジション選びの成果でしょう。

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

この場所は障害物がなく、Zを通過する機体を狙えるので、斜め後ろから通過シーンも撮影します。すると・・・撮影者をあざ笑う様にANAのB6がプッシュバックし始めます。なんでかな~

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

おいおい、またしても邪魔立てするのか、ANAよ。暑い中待ち続けたのに・・・

ええ、こうなったら機種アップで日の丸を狙うか!とズームして機首部分を強調してみます。

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

今日は気温も高く、陽炎がかなり出てしまったのが残念です。
でもジャンボはかっこいいなあ~

最後にE5を通過するところを機体の隙間から狙います。

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

この直後にスポットアウトしたAirDoにB767に邪魔されました。
今日はかなり「被り」がありました。ココまで邪魔さえたのは初めてじゃないかな?
JAF001はV1スポットに向かい姿が見えなくなりました。この後予備機のJAF002が来るかな?とネットを漁ると、どうも千歳基地に向かった様なので、デッキから撤収してV1スポットが見えるP3駐車場へ移動します。
Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

Japanese Air Force 001 20-1102 B747-400

丁度、国旗が片付けられL1ドアに付けていたタラップがL2ドアに移動するところでした。

この後、大抵2時間後位に千歳基地へフェリーされるのですが、この後用事があったので泣く泣く撤収です。
ジャンボの政府専用機が撮影できる機会はあるかな?

一般データ保護規則GDPRが発効

EUの個人情報保護に関する一般データ保護規則が5月25日から罰則規定が発効しました。
その関係でしょうが、色々なサイトやメールマガジンの個人情報保護ポリシーが変更になったことを知らせるメッセージを受け取るようになりました。

特にEUの住居する人の「個人情報」(かなり広範囲の情報で日本以上)や「クレジットカード」「メールドレス」の情報をEU+アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー以外に移転することができなくなります。

なんでもEU内でこれらの情報を得たデータを日本でディスプレイ表示しただけでも違反の対象となって制裁金を支払う必要があります。
それも全世界年間売上高の4%以下または2000万ユーロ以下のいずれか高い方が必要になるとかでかなり厳しい内容になっています。

航空会社はこのような情報を大量に保有しているので対策やらでかなり大変だったと聞きます。一方、日本の企業ではあまり話題になってなかったけど、対象になっている事が多いのですが大丈夫かな・・・

ANAのA380がロールアウト

Airbus社がTwitterでANA向けに製造しているA380が製造ハンガーからロールアウトする写真が公開されました。

©Airbus S.A.S. Photo by A.TCHAIKOVSKI / Master Files

©Airbus S.A.S. Photo by A.TCHAIKOVSKI / Master Files


スカイマークが発注してキャンセルしたA380をANAが肩代わりすることでスカイマークの経営権を握ったのが随分前の様に思えます。

まだ、エンジンも搭載されておらず、まだまだ製造途上ですが、尾翼のANAの文字がいよいよ完成に近づいたなと感じさせます。

ANAは今回受領する3機のA380を「Flying Honu」、空飛ぶウミガメとしてホノルル線に集中投入します。
ホノルルは昔からJALの牙城でしたが、後発のANAはなかなかJALの牙城を崩せずにいたらJALの自滅(破産)で手薄になった所に攻勢をかけようとしましたが、オープンスカイにより第三国キャリアの参入、そしてLCCの参入と、元々収益性の低いリゾート路線だけに、今回のA380導入でどれだけシェアを獲得出来るか?

就航の数年後には時刻表に「この便はピーチの乗員により運航されます」と表示されるようになって、さらにその数年後は、「この便はピーチの機材・乗員により運航される共同運航便です」となりそうな予感がするのは自分だけでしょうか?

まあなんにせよ日本へデリバリーされるが楽しみですね

懐かしシリーズ”オリンピックと言えばIOC”

2020年の東京オリンピックが近づいていますが、オリンピックと言えば「国際オリンピック委員会」ことIOCですが、本部はスイスのローザンヌです。
そのお膝元で運航するスイス航空のA321にレジがIOCと言う機体があり、この機体にオリンピックロゴを付けていた時期がありました。

HB-IOC

SR/SWR A321 HB-IOC

HB-IOCはスイス航空からスイスインターナショナルエアラインズに引き継がれ今でもチューリッヒから欧州各地へ飛んでいます。
流石にオリンピックロゴはありませんが・・・

さよならAMEX

今日、AMEXから届いた「サービス改定」のお知らせ。
「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスゴールドカード」がいよいよ終わりを告げます。

サービス改定のお知らせ

サービス改定のお知らせ


デルタと言えばマイル加算を搭乗距離から航空券代金による加算方式にいち早く移行したプログラムです。

日本におけるデルタのマイレージサービスは国内キャリアに比べて劣勢なことから、日本アメックスで
「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスゴールドカード」を保有すれば、自動的にデルタのゴールドメダリオン資格が得られるサービスを展開してきました。

カード保有だけでゴールド資格が得られると人気?のカードでしたが、流石にデルタへ支払う負担金に絶えられなくなったのか?
6月26日からカード入会から2年目以降、カードの利用金額が100万円以上150万未満はシルバー、150万円以上でゴールド資格の継続と金額に応じて、スカイマイルのメダリオン資格が得られるようになります。

まあ、カード利用を全てAMEXに名寄せすれば年間150万円位にはなりますが、流石に15000マイル相当をデルタで貯めても・・・という事もあり来年の11月をもってゴールド資格が無くなると同時にAMEXからさよならすることになりそうです。

クレジット会社もグレーゾーン金利で稼いでいた利益が得られなくなってどこもサービスの改定とかでコスト削減に走っています
こうやって利用者のメリットがどんどん失われていき、特に高い会費を払っているカードは当然、切られますから来年以降、結構な会員減になるんじゃないかな。

ゴールド資格の内に北米経由でどっかに行こうかな・・・

スカイマークがサイパンへ

BC/SKY/スカイマーク BC934 B737-800 JA73NG

サイパン線を開設するスカイマーク

デルタ航空がGW明けにサイパン線から撤退して、成田~サイパン線は定期便が無い状況になりました。

サイパンと言えばお手軽なリゾート地として人気があったのですが、このところは中韓からの旅行者が多くなり日本からの旅行者が少なくなったこともあり運休となってしまったのですが、やはり日本からの旅行者は現地としても欲しいところです。

現地からのラブコールにスカイマーク(BC)が応え、12月から日本とサイパン間でプログラムチャーターを実施し、来年5月には成田(又は羽田)~サイパン線のデイリー運航を計画していことが明らかになりました。

まあ当然、機材はB737-800となることでしょうが、先日BCは大型機材の導入を検討しているとの発言があったのはこのサイパン線計画があってのことだったのかも。
B737-800ではちょっとキャパが少ないですからね。

【アナゴ】(5/20)羽田・かみや

今年に入ってから船釣りに一度も出掛けていない異常な?状況が続いていました。

まあ、いろいろと撮影に出掛けていたからなのですが、梅雨に入れば余計に足が遠のくと言うことでこの時期恒例の「アナゴ」に出掛けることにしました。

でも今年もアナゴの釣果は余り良い状況とは言えません。

浦安出船の「うどん」サービスと羽田出船の「補填」サービスどちらにする悩んだ?末に、少しでもアナゴが食べれる確率が高い羽田へ出かけることにしました。

途中で弁当を買い込み羽田の船宿「かみや」さんに17時頃に到着し受付をすると9番目でした。
用意をして船に向かい、空いていていた右舷ミヨシから2番目に席を構えて準備します。

日曜日で空いているかなと思いましたが、今日は総勢15名となって定刻より早く17:50に出船し羽田空港を眺めながら多摩川を下ります。
今日はHPで「型狙いで行く」と宣言していたので、期待しつつ東京湾を木更津沖へ向かいます。

多摩川から羽田空港を見る

多摩川から羽田空港を見る機会はなかなか無いですからね。


およそ30分で木更津の製鉄所沖に到着しアンカーが下ろされて船が安定したところで開始となります。
2本竿で交互にリズムよく?小突いてアナゴを誘い出します。

夕マズメのベストタイムですが、あまり活性は高くなのか?
かなり暫くしてから胴の間で良型のアナゴが上がり、気合が入ります。

その後、モゾモゾしたアタリが来ます。お、来た来たと合わせますがすっぽ抜け・・・やってもうた~

でもアナゴは居るわけだからと気を取り直して小突きますが、アタリは来ません。

時折餌チェックすると、針から垂らしていた部分のイソメが無くなっていたりとアナゴは居ます。
船中でもポツンポツンと上がってますが、サイズは良型よりめっそこサイズが多い感じです

ようやく1本目をゲットしたのは、ポイント移動した後で結構周りが暗くなってからです。それも木更津沖サイスのめそっこです。

うーんサイズが小さいけどオデコ脱出です。この時点ではまだ船中の半分位が0でしたからなんかホッとしました。

アタリが遠のくと小移動を繰り返しますが、なかなか次が来ません。

ようやく同サイズの2本目をゲットしたのは19時半でした。その後リールのトラブルでPEが切れてしまい仕掛け交換のロスが発生したり、付けていたケミホタルが古くてあまり明るくなかったので交換したりと釣行時間が短いアナゴ釣りには痛恨のミスがありました。

3本目は20時頃にアタリがあり、合わせたのですが仕掛けが軽いので直ぐに底に落としたらまた喰ったようで3本目ゲットです。

うーん、めそっこサイズかぁ~

アナゴ

この日の釣果は3本


残り1時間弱。もう1本は釣りたい所ですが、この後潮止まりの時間になるので余計厳しくなります。
20時半頃から船長が順番にアナゴを裁きはじめ、3本のアナゴが処理されて帰ってきました。

胴の間で立て続けに良型のアナゴが上がったのでラストスパートを掛けますが、ノーヒットのまま21:20の沖上がりの時間を迎えました。

アナゴ補填の2本を貰い、計5本となって22時に帰港となりました。
船中では残念ながら0の人も出たようなので、やはり今シーズンもアナゴは厳しいですね。

ちなみにアナゴの釣行記録を見ると、2008年に14本、2004年に9本、2003年に7本釣った後は5本以下の成績が並び、4回ほど0と言う記録があります。

でも、アナゴは美味しいので好きなので止められません。
持ち帰ったアナゴは、白焼きと煮穴子で直ぐに無くなってしまいました。

収支結果
 (収入の部)
   アナゴ 5本(2本補填)

 (支出の部)
   乗船代 7500円

船宿:羽田 かみや
===
船宿HPから転載
「夜アナゴ乗合 何とかノルマクリア」  

夜アナゴ 0~8本(船中51本)
水深:14~15m
大きさ:28~52cm
船向き:東
潮向き:上げ潮効かず

今夜は15名のお客様がいらっしゃり出航
朝の東風強風も夕方には弱まり久々のナギ海でした
昨夜の教訓を活かし今夜は迷う事なく“型重視”のポイントへ
今シーズンまだ攻めていないマニアックなポイントから始め
上げ潮は全然効かず逆に若干下げ潮っぽい感じで
東向きの上げ潮ならば本来左前へといく潮のはずが
どちらかというと右後ろ気味・・・

取り合えず1ヶ所目はお目当ての40cm級交え何本かだけ
狭いポイントなので小さく移動を試みるもやはり何本かだけで
デ-タノ-トを睨めっこして過去10年間のポイントを探し
近い所に実績データあったのでそっちへと移動

ここでは10本ちょっと釣れ幾らか光がさしたように思い
小移動してみましたけど今度は数本程度
今一度周辺をチャレンジするもやはり同様で喜びは一瞬に終わり
ならばとまたノ-トを頼りにポイントをチョイス
ここでは何本か釣れましたけどレギュラ-サイズ主体で
お目当てサイズは数本だけでしたが
今夜は余計じゃないけど何となく全体に釣れて
出船前に自身で掲げた船中50本のノルマは何とかクリアでした

開き直りが功を奏したとまでは言えませんけどネ…
===

佐野【ラーメン】麺工房さわこし

あしかがフラワーパークからほど近い場所にある青竹手打の佐野ラーメンの看板を出すラーメン屋さんです。
店先には麺打ち場があります。
店内はカウンターとお座敷の3卓だけとあまり広くはありません。

メニューは「ラーメン」(600円)と「チャーシュー麺」(800円)の2つと餃子にライスとバリエーションは少なく、ラーメンで勝負!しているお店な感じです。

ラーメンと餃子を注文し10分程でやってきたのがこちら

ラーメン(600円)

ラーメン(600円)

佐野ラーメンらしく透明感がある醤油ラーメンです。

まずはスープから。
うん醤油の香りは控えめでサッパリ感がありますが、鶏ガラから出た脂が浮いてますが佐野ラーメンにしては脂は多めな感じです。
佐野ラーメンは昔から脂が少なめのさっぱり系と言うイメージですが、現代の人からみるとさっぱり感が物足りなさに感じてしまいます。(まあ背脂とか濃厚豚骨とかに慣れてしまったと言う話もありますが)

なので、脂が多いのは今向けの佐野ラーメンと言うことでしょうね。
でもしつこさが無いので、さっぱり系です。

麺はもちろん手打ちの平打。チャーシューもとろとろ気味でメンマの味付けは少し濃いめでラーメンに合います。

こちらが餃子。サイスは普通の餃子より大きいかな。

餃子350円

餃子350円


餡は少し甘めで柔らい感じです。5個で350円なら充分合格ラインかな。

こちらは後で知りましたが元々青竹手打ちの製麺所として開業して、2015年にラーメン店となったそうです。
ラーメンもおいしく評判になっても良いような感じです。
<MAP>

TEL:0283-21-8769
住所:佐野市村上町129-7
営業時間:(平日)11:30~14:00  (休日) 11:30~15:00
定休日:水曜
HP:なし
(訪問日)2018/5/19

手書き券

出札補充券先月の旅行では、JRで長距離移動をするので少しでも安くあげうようと色々考えたのですが、GW期間中とあって「レール&レンタカー」が使えず(無割引になる)ノーマルで買うしかないか・・・
となったのですが、出発日に大宮まで行く用事があったので、一筆書きにして片道乗車券にしようと考えて、JRの駅で購入しようとしましたが、経路が多すぎてマルスで発券が出来ず、手書きの出札補充券になりました。

経路も複雑なので途中下車する時い改札の係員はちょっと驚きながら下車印を押してくれました(笑)

まあJRの手書き券はこうやってマニアっくな買い方をするとしばしば登場しますが、手書きのIATA書式の航空券はめっきり見なくなりましたね。

なんせ航空券自体がE-TKT化が進んで、複写式のIATA券からATB券、ATB2券に変わりましたが、航空券じを見る機会が無くなりました。キャリアで購入すると表紙がキャリアのロゴが書かれお洒落?だったので好きでした。

1990年台に買った航空券は複写式のIATA書式ですが、ドットインパクトプリンターで発券されるのが殆どでしたが、ソウルのJASカウンターで購入した時だけ手書き券で発券されたことがあります。

どこかに控えが残っている筈なので今度実家に行ったら探してみようかな