LHグループとCXがコードシェアへ

ルフトハンザグループのルフトハンザ(LH)とスイス国際航空(LX)、オーストリア航空(OS)3社とキャセイ航空(CX)がコードシェア運航とマイレージサービスに関する提携を結ぶことになりました。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH717 B747-8 D-ABYU

LHとCXが提携


LHグループはスターアライアンス、CXはワンワールドと異なるアライアンスグループに属していますが、共にアライアンスの旗艦キャリア同士の提携とあって、ちょっと驚きますね。

コードシェアは4/26からCXの豪州路線にLHグループの便名が付加され、LHはフランクフルトから、LXはチューリッヒ、OSはウィーンからの欧州20路線にCXの便名が付加されます。

スターアライアンスはアジア内でもグループキャリアは多いものの、南太平洋に弱くLHグループ3社が乗り入れる香港から豪州への路線の増強と言うメリット、ワンワールドとしてはBAはロンドンと欧州では西側に位置して欧州へのコネクションがアジアから見ると地理的に戻る形になり不利な面が解消されることが期待されます。

アライアンスの旗艦キャリア同士の提携が今後、どのような形になっていのか?
ちょっと注視ですね。

石見川本【食堂】ふくむら食堂

三江線に三次から江津に昼間乗り通すと途中の石見川本で1時間半程の待合時間があります。丁度お昼過ぎとあって、昼食休憩に丁度良く駅前で観光協会の方が街の食堂や見どころが書かれたチラシを配っています。
その中から選んだのは「ふくむら食堂」です。
和中が揃う、普通の街食堂と言った感じで、地元の人などで結構賑わっていたりします。

その中からこの食堂オリジナルな「マジオム」(750円)を注文しました。

マジオム750円


早い話、オムライスのデラックス版?みたいもので、ふっくら卵とチキンライスの間に唐揚げとソーセージが隠れています。
オムライスも懐かしい味で、最近流行りのオムライスと比べてもいい意味で謙遜は無いなぁと思えます。

それにボリュームがあるので、結構満腹になります。これで750円ですからね。

因みに「とり天定食」(780円)もボリューム満点のオススメメニューの様です。次回はそっちも試してみたです。
<MAP>

TEL:0855-72-0246
住所:川本町川本633-2
営業時間:10:00~15:00、17:00~19:00(夜は月から金のみ)
定休日:日曜・祝日
訪問日:2017/3/23

在りし日の第二ターミナル

鬼怒川のワールドスクエアでの一コマです。

成田空港の第二ターミナルが再現されていますが、駐機しているのはみんなB747-400なんですよね。あ、1機だけB747-300が居ました。それもJAAです。
JAAもJALに統合されたのが2008年ですからもう10年も経ちます。あ、JASのB747-400も居ましたね。一度は発注したもののデリバリーされること無く、B777に発注替えになりましたからね。

今から10年位前ならこういう光景が日常茶飯事でした。BAにKLMやエールフランスもB747-400でやって来ましたから。さすがにMSは-400では無くて-300でしたけどね。

もうB747-400も成田で見る機会がかなり減りましたから、ホント在りし日の姿ですね。

離陸・着陸シーン動画

航空法の改正で離陸、着陸時のデジタル機器の使用が緩和されました。お陰でデジカメで撮影できるようになりました。

昨夏に欧州に行った際に離発着の様子を動画撮影したのをYoutubeにアップしました。
機内から撮影するには窓側座席を利用しないと撮れないので、長距離線では通路側を指定することが多いからそうそう撮影出来ないのが悩みどころです。

新幹線特定特急券の併用利用

今回の旅行では、青春18きっぷを利用しましたが、時間の都合で一部区間で新幹線を利用しました。

その中でも三島から掛川間を利用しましたがこの区間の新幹線自由席特急券は2480円です。しかし特急券を三島~静岡、静岡~掛川で分けて購入すると1840円と600円程安くなります。
新幹線の隣接する駅間の自由席特急券はキロ程にかかわらず一律(860円または960円)で設定されている制度があるので、打ち切れば安くなる区間があるのです。(隣接する駅間に新駅が開業してもこの特例は継続されるので今回、新富士駅が間にありますが、特例で960円に設定されてます)

この手法でもっとも利用価値が高いと言われているのが、三島・浜松間です。途中静岡で打ち切れば特急券は1960円で済みます。この区間の在来線は短編成のロングシートですから長距離移動者にとっては苦痛の区間ですからね。

もちろんこの区間の乗車券も必要になりますが、乗り継ぎにもよりますが1時間近くショートカットする事が出来ます。

今回、自分は行程的に浜松まで行かずに掛川で乗換えても目的地への到着時間が変わらなかったのですが、この区間で朝食を取りトイレを済ましたりと時間短縮以外にも有意義?な時間となりました。

え、2枚の特急券でちゃんと改札を通れるのか?ですか、
三島駅の新幹線改札口でこれらの切符を見せれば、ああ、この手の客かと、なにも言わずに改札してくれます。
ちゃんと区間も繋がってますから問題ないですからね。

自転車操業の旅行業界

旅行代理店の「てるみクラブ」が破産し多くの旅行者に被害が出ました。

今、旅行業界ではLCC就航や海外大手ネットの販売参入などでユーザが重なるネット利用者からの売上が減り、メディア販売に主軸を変えつつある中、今回の破産で利用者が先払いをさせる旅行代理店に足して毛嫌いして、第二の「てるみクラブ」が出ないかと心配になります。

「てるみクラブ」は営業停止になる直前までメディア広告を行い「早期現金払いで格安」的な宣伝をしていました。
その広告を見た時、年度末で現金が必要なんだろうと思ったものです。
案の定、3/23に「てるみクラブ」はIATAのBSP精算、3/16〜3/23分の第3ピリオドだと思うのですが、その銀行決済ができなかったと言うことになり、営業停止状態になったわけです。

ネットやメディア販売を主とする旅行代理店ではどうしても自転車操業になりがちです。
利用者は少しでも安いツアーを探しますからね。

少しでもアイキャッチしてもらえる代金をひねり出して広告しないと利用者が集まらない訳です。早割と称して先の予約を受付て代金を支払わせて、直近に出発する航空券代やランド費に回すと言うのが常套手段になっていたわけです。

それが回っている内は良いけど、一度焦げ付けばThe Endです。

旅行業界を取り巻く環境は以前に増して厳しくなってきています。
航空券予約・発券システムも座席コントロールの厳格化、E-TKT化が進み昔のような団体用の枠を売ると言う仕組みが無くなり旅行代理店が航空券を売ると言う時代では無くなっています。

バブルが弾けた後に、旅行代理店の倒産が相次ぎ社会問題になったことがありました。当時はネットが無くツアー情報はAB-Roadなどの旅行雑誌から得るのが主だったのでAB-Roadへの出稿基準などの強化、さらに旅行業法の改正、協会保証金の値上げなどが図られ、その後は、旅行代理店の倒産も続いたものの、大きな混乱が生じる程の大型破産は無かったのですが・・・

今回のトラブルで一番の被害を受けたのは渡航中の旅行者でしょうね。
ホテルから追い出され(お金を請求されたり)、航空券は紙切れなったりと海外では情報も少なく右往左往することになりますから・・・
そして残念ですが、JATAの弁済制度から救済される金額は雀の涙ほどでしょうから、お金が戻ってくるのは保証もありません。

第二の「てるみクラブ」が出ないことを切望するしかありません

石見川本町のおもてなし

三次から江津まで走る三江線の424Dは途中、石見川本駅止まりですが1時間20分程の待合で江津行の426Dとして走りますが、石見川本駅到着後、入庫扱いになるので車内に留まることは出来ません。

石見川本駅

石見川本駅


ですが、424Dが石見川本駅に到着すると石見川本町観光協会の皆さんがお出迎えしてくれます。この待合時間を利用して街を歩いて知ってもらおうと、周辺の案内図を配り駅前の案内所ではお茶の接待や荷物を預かってくれます。

丁度12時半過ぎでお昼時でもあるので、この時間を利用して昼食を取る三江線利用者が街に出るわけですが人数したら50人~100人程度でしょう。
たったこれだけとみるか、これだけの人数と見るか?

石見川本と言うローカル線の小さな街にしては、凄いことだと思いませんか?人口3400人の街に毎日ですよ。
観光協会の方が配るマップを見ながら、まちの食堂で食事を取る、街を歩いてくれる。

自分もマップを頼りに食堂を訪れ、銀行でATMを利用して飲み物を買うくらいしかしませんでしたが、案内所で地元名産の「えごま」の土産を買って426Dに乗り込みました。

426Dとして石見川本駅を発車する前に、観光協会の方が車内で御礼挨拶しました。「三江線はあと1年で走らなくなります。でもそれまで毎日石見川本駅に到着する列車のみなさんをおもてなしします。また来てください」と

ローカル線にレストランや観光列車を走らすだけがローカル線を活性化させる手では無いなと感じましたね。
定期列車を街で停車させてお客を街に出す。
お金をかけずに出来る、一つのローカル線の活性化かも知れません。

三江線に乗ってます。

昨晩、名古屋からJR夜行高速バス「広島ドリーム名古屋1号」で三次まで乗車しました。

三次到着は5:50で三江線の始発422Dは5:38発なのでバスが早着してくれれば間に合うのですが、今日は三次に定刻到着でした。いままで乗った夜行高速バスは10分~20分早着してたのですが…

まあ、運が良ければと思っていたので、予定通り芸備線撮影をして10:02発の424Dに乗車しました。

キハ120の2両編成ですがほぼ席が埋るほどの盛況ですが、乗客は「鉄」が9割以上です。

まあこれでは廃止されてしまう筈です。

では三江線の旅に行って来ます。

名古屋めし

今日は撮影旅行で名古屋に来てます。

名古屋の名物と言えば、きしめんに味噌カツ、エビフライ、あんかけパスタなどなどとまあ、いわゆる名古屋めしと言われるグルメです。

とは言え、なんかこう名古屋ならこれ!と言うのが無かったりします。

前回来た時は中部国際空港で矢場トンで味噌カツだったので今日はあちこち回って迷った挙げ句、エスカ内の「あんかけパスタ マメゾン」にしてみました。

お店の一番人気のスペシャルMサイズ1100円を注文しました。
さて、頂きます!

マクドナルドレストランカー

スイス連邦鉄道(SBB)で以前、スイス国内のICに連結されていた「マクドナルドレストランカー」の写真が出てきました。
SBB マクドナルド食堂車
ローザンヌ駅で列車待ちをしていた時に対向列車としてやってきたICに真っ赤な車両に黄色のMマークが書かれたマクドナル連結されていました。
確か2000年より前の写真だった筈です。

当時はスイス国内を走るICには大抵食堂車が連結されていました。今でもICNにも食堂車が連結されていて日本では絶滅した食堂車がまだ健在なのは嬉しいです。
ただ、利用者減などで運営は厳しいようです。

今、日本では観光列車などで食事を列車で楽しむと言うトレンドが広がっていますが、日本でもこういうマクドナルドレストランカーが走ると面白いと思うですが・・・
ファーストフード系なら値段も高くないし気軽に買えるし、調理も簡単だから厨房も場所とらないし・・・
「牛丼」とか「ラーメン」って言うのも面白いと思うんですよね。

そんな食堂車が有ったらいいなぁーと思いますが、日本じゃ無理だろうなぁ~
いすみ鉄道あたりでやってくれないかな(笑)

【根魚】(3/19)大原港・うすい丸

寒いとなかなか釣りに行こうと言う気が出ずに、そのうちと思っていたらいつのまにか3月の後半になってしまいました。

これはイカンと思いつつ、いすみ鉄道も菜の花が咲く頃だし、大原に行こうかなと画策。
うすい丸で釣りするなら、いすみ鉄道も撮影しないと、いすみ鉄道を撮影するなら、うすい丸で釣りをしないと、まあ「釣り鉄」としては当たり前?な行動だったりします。

この日は午前中にいすみ鉄道を撮影してから、大原港に向かい午後の根魚五目船に乗船しました。

この日は天気も良く、ナギ予報でした。
今季初の根魚船なので、あまり釣果は期待しないでのんびり釣りをしようと言う訳です。まあ、大きめのハタか外道でヒラメが釣れれば御の字だと欲望だけは高く、12時過ぎに12名を乗せて出船です。

大原から少し南下し航程40分程のポイントでスタートフィッシング。
塩漬けイワシを胴付き3本針に付けて投入します。水深は50m前後で底から1m位切って誘いを入れながらアタリを待ちますが・・・

一流し目・・・ノーシグナル
二流し目・・・ノーシグナル

うーむ。海はナギでいい天気じゃ~ 日もまだ高いし魚も活性が低いのだろうと?と釣りますが、オモリ80号となるとオモイなぁ(笑)
最近はライトばかりだったからかな。

多分、船長も胃がキリキリしているでしょう。あちこちポイントを探りながら釣りますが、たまーにキントキが上がる位です。
自分もようやくアタリがあり、上げてみれば15cm程のカサゴでした。
根回りを攻めるので、水深の変動もあり、時折底立ちを確かめながら釣りますが、運悪く根掛かりしてオモリを失ったりします。

暫く間が空き15時過ぎになって、キントキを連釣して少しは足元の樽が賑やかになりました。
そろそろ夕まずめで活性が上がるかなと期待しましたが、その後は17時半の納竿までノーヒット。

まあこんな日もあるさと、18時過ぎに帰港となりました。

<収支報告>
 収入の部
  キントキ 2
  カサゴ 1
  鮭のカマ(残念賞)
 支出の部
  乗船代 9500円
  仕掛け 400円
となりました。

船宿 大原港 うすい丸

花粉症は治るのか?

この時期、杉の花粉に辛い思いをしている人も多いと思います。
自分もそうでした。

と過去形で話しています。と言うのも今から30年程前に花粉症を発症しました。
当時はまだ花粉症と言うものが世にあまり出回って無く、熱は無いけど鼻水とくしゃみが止まらないと言うことで内科に行ってみると「風邪でしょう」と言われる始末。

もちろん治ることは無いので、耳鼻科に行ってようやくアレルギーかもしれないとアレルギー反応を調べる注射を打たれて「スギ花粉アレルギー」である事が判りました。

それから毎年春になると耳鼻科で薬をもらう生活です。
薬の効果が切れれば、鼻からはダムの放水状態ですし、目は痒いし・・・
ホント辛かったです。

それが、ココ7,8年位前から花粉症の症状が和らいで来て、5年くらい前から春のシーズンでも薬を飲むのは数回位になり、最近では飲まずに居られる位になりました。
まあ、たまにくしゃみが出たり目をこすると痒くなりますが、昔ほどではありません。

体がアレルギーに慣れたのか?
特に体質改善などはしていないのですがね・・・

もしかすると花粉症は、発症から20~30年すると自然治癒?するのかも・・・ってそんな事はないかな?
でもかなり症状が軽くなっているのは確かです。

北朝鮮に一番近い板門店

今、マレーシアで暗殺?された金正男氏に絡んで色々と北朝鮮情勢がきな臭くなって来ています。中国と米国の思惑も絡んで色々と水面下やら、裏の世界が動いている様な感じもしますが・・・ただ今の北朝鮮体勢がそう長く無いと言う気がしています。

さてそんな北朝鮮に日本人が一番近くに行くことが出来るのが板門店です。
韓国側から催行されている板門店ツアーで非武装地帯へ入り、板門店の会議場を見学することが出来ます。

北朝鮮兵の立つドアの向こう側は北朝鮮

板門店には2度行った事がありますが、初めて行った1989年の時はまだまだ冷戦時代の雰囲気が残り、韓国側の国連軍基地には多くの米兵が駐屯していました。
この時の会議場の中の緊張感は半端なかったですね。
テーブルの真ん中、マイクのケーブルが置かれているのが国境です。写真は南側から北側を見たものです、テーブルの真ん中に居るのは、国連軍の兵士です。
ちなみに北側からの見学者が入る場合は、北側の兵士がテーブルの真ん中に立ち、国連軍兵士は南側のドアの前に立つことになっているそうです。

2度目は2007年ですが、この時は米軍はかなり撤退して韓国軍がメインになっていました。その時の旅行記はこちら
もちろん板門店も訪れる緊張感はありましたが、1989年に比べてかなり緩くなっている感じがしたものです。この時同行したIさんは見学者バッチを無くして予備のを貰ってましたね。
1989年の頃だったら大騒動になってカモ。

今、北朝鮮に日本人が観光で入ることは簡単ではないでしょうから、ココが手軽に行ける北朝鮮に一番近い場所になるでしょうね。
でもスイスの友人は、今年北朝鮮の元山航空ショーに行く事を考えているようです。なんせイリューシンやら旧ソビエト機が撮影出来て乗ることも出来るそうです。
確かに行きたくなります。

燃料サーチャージ再び値上げへ

JL/JAL/日本航空 JL12 B787-8 JA838J

燃料サーチャージが高くなる・・・

一時は日本発着便の燃料サーチャージが無くなりましたが、最近の燃料価格の上昇により2月から復活しましたが、4月1日からまた値上げされることになりました。

JALとANAは既に値上げを2月に発表していますが、外航キャリアも続々と値上げを発表してきています。
まあどこもJALやANAに追従するような形です。

今回の値上げ額が2月の時点に比べて、ほぼ倍になりました。
 韓国線 300円
 中国・香港・台湾・マカオ線 1500円
 ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン線 2000円
 タイ・シンガポールなどの東南アジア線 3000円
 ハワイ・インドなどの中距離線 4000円
 北米・欧州など長距離線 7000円
香港は一気に3倍です。

今後も燃料サーチャージが上昇する可能性は高いですから夏の旅行を予定しているのなら早めに発券しておいた方が良さそうですね。

南越谷【つけめん】塩つけ麺 めいげんそ

武蔵野線から東武線の乗り換えで下車した南越谷でちょっと小腹が空いたので、駅チカでラーメンでもと思って探してみると直ぐの所に評判のお店があるようなので訪問。

店名に冠されてる「塩つけ麺」が売りのお店らしく。迷わず「塩つけ麺」を券売機でポッチと。17時過ぎですが店内は空いており7,8分でやって来ました。

塩つけ麺(並)800円

塩つけ麺(並)800円

塩らしく、スープは透き通っています。
麺は中太麺で、麺をつけ汁に浸けて食べてみます。

つけ汁は鶏ガラと魚貝系のスープの感じです。スープの中にアサリのむき身が入ってました。
うん、さっぱりしたこの感じは塩だね。

塩つけ麺なるものは初めて食べましたが、ラーメンの塩とちょっと違いさっぱり感が強いです。麺がキュッと〆たからかつけ汁に麺を浸す度につけ汁がぬるくなってきました。

柚子胡椒が添えられており少し入れてみると違った感じがして塩のさっぱり感だけだと飽きが来るのを防いでくれます。

美味しいのですが、さっぱり感が強く物足りなさがありますが、美味しく頂きました。
最後にスープ割りを頂くと。

うわーこれ美味しい!。スープはカツオ出汁なのでしょうか?さっぱりした塩に加えてコクが出た感じでこれにご飯を入れて雑炊風にしたらさぞ、さぞ美味いだろうなと思いながら飲み干してしまいました。

<MAP>

TEL:048-962-3575
住所:越谷市南越谷1-23-1
営業時間:11:30~15:30・17:00~23:00(土休は休憩なし)
定休日:無休
(訪問日:2017.3.11)