新型スーパーあずさ

今日は中央西線の撮影で南木曽へ行って来ました。

新宿7時発の「スーパーあずさ」1号で塩尻まで乗車し、帰りは塩尻20:08発の36号で帰ってきましたが往復とも昨年12月から営業運転が始まった新型のE353系でした。

新型だけあって車内も明るく各座席に枕とコンセントが装備されているのは嬉しいですね。

中央線はトンネルが多いでWi-Fiも装備してくれれば良かったのですが

乗り心地は車端部だったせいか、今一つ揺れが多い感じがしました。まあ、先代の「スーパーあずさ」E351系もそうですが、時短を優先したからでしょうか

中央線の特急は中央道ハイウェイバスと競争してます。さすがに値段では勝ち目がないので速さで勝負しないと房総特急の二の舞いになってしまいます。それに将来は中央リニア新幹線との勝負もあります。(今回、中津川駅前でJR東海のリニア工事事務所を見かけけ、工事が進んでいるのを実感しましたし)

3月のダイヤ改正で全てのスーパーあずさが新型に置き換えとなりE351系は引退となります。置き換えに必要な編成を急ピッチで配備を進めているようで塩尻では落成したばかりのE353系の試運転に遭遇しました。

183、189系のあずさが置き換わったのがちょっと前な気もするのですが、もう次世代になるとは早いものです。さすがに183,189系の「あずさ」が引退の時は市松の寂しさがありましたが、E351系ではあまり寂しいと思わないのは年のせいでしょうかね(笑)

早朝は第三ターミナル直行のLCAP

成田空港のLCCターミナル、第三ターミナルは第2空港ビル駅から遠く不便な場所。特に朝早い便を利用する時は駅からの移動時間を考えておかないと搭乗時間にシビアなLCCは待ってくれませんからね。

早朝便を利用するなら東京駅から出ている格安空港バス(Low Cost Airport Bus)なら第三ターミナル経由なので便利です。
京成バスなら5時台出発までは空港内では最初に第三ターミナルに停車しますので東京駅から1時間程で到着します。(JRバスは1時台と4時台のみが第三ターミナル経由)

昼行便だと第三ターミナルへは、第二と第一に停車した後なので15分程余計に掛かりますが駅から10分程歩くことを考えると時間的にほぼ互角ですが、荷物があるならバスの方が便利です。

LCAPは東京駅から首都高・京葉道路・東関東道を経由しますが、昼間なら渋滞する可能性がありますが、早朝なら渋滞することはよほどな事なければ無いのでそうそう遅れる事は無いです。
とは言え時刻表の時間に10分位は余裕持っておいた方が良いでしょう。

LCAPは京成バスが八重洲口北口から、平和交通/JRバスは八重洲口南口駅前から運行しています。
京成バスは八重洲口からちょっと離れた場所からの出発なので気持ち不便ですが、その分事前購入なら900円。楽天トラベルからも予約が可能なので楽天ポイントも使えるので少しはお得感があるので個人的には京成バスをオススメします。

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

米航空宇宙局によると、今年最大級の大きさに見える満月「スーパームーン」と、1カ月で2回目の満月である「ブルームーン」、皆既中には血のような色になる「ブラッドムーン」を合わせた「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼んでいるそうで、かなり珍しい天体ショーが見られると言うことで、早速今年に購入したレンズを持ち出して撮影してみました。

400mmでもちょっと遠いのでトリミングしていますが、天気もよくキレイに撮影出来ました。

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

もうすぐ完全に月が地球の影になります。

まだ月に光が反射している時はISO1600でSSは1/5で撮影出来ました。
撮影したのは完全に陰る10分前です。

徐々に明るい場所は減ってきて21:50過ぎには完全な皆既月食になりました。

皆既月食の完成です。

皆既月食の完成です。

こうなるとISO3200に上げないとSSが長くなってしまい、天体の動きで被写体ブレになってしまいす。
SSは1秒です。これ以上の露光にすると天体が流れてしまいますからね。

ホントは赤道儀があればISOを下げて長時間露光でキレイな写真を撮れるのですが、生憎持ってないのでこれが、天体が流れずに撮影するのはこれが限界かな。

予報では曇だったので、キレイな天体ショーが見れて良かったです。

オーストリア航空の「DO & CO à la carte」

今年の5月からウィーン~成田線に復活するオーストリア航空(OS)ですが、ビジネスクラスでは「フライング・シェフ」と呼ばれるシェフがミールサービスをすることで有名で、機内食の評判は悪くは無いもののエコノミークラスでは機内食の量が少ないと言う声もあります。

OSのケータリング会社「DO & CO」では、OSが運航する殆どの路線で有償で通常の機内食とは別に特製の機内食をエコノミークラスでもリクエスト出来る「DO & CO à la carte」サービスがあり、ウィーン発の成田線でもこのサービス提供されます。(成田発は無し)

メニューはホットミール・コールドミール合わせて9種類用意されており、日本食も用意されていて料金は15ユーロ均一です。

昨年、OSに搭乗した際に、このサービスを利用してみました。

朝食用にリクエストした朝食(ホット)

朝食用にリクエストした朝食(ホット)

アテネ発が朝7時と早く、ホテルで朝食を取る時間が無かったので、温かい朝食をリクエストしておきました。
温かいスクランブルエッグとベーコンとトマト、ポテトのメインにミールにヨーグルトとフルールに紙袋に入った温かいパン各種とボリュームもあり朝食としては充分でした。

欧州域内線では機内食と言うよりスナックのサービスだけなので、しっかり食べたいと言う時(例えば朝早い出発で朝食と取る時間が無いとか)には15ユーロ払っても悪く無いと思います。

ウィーンから香港まではディナータイムだったので「チキンレッドペッパー」をリクエスト

ちょっとビジネスクラスっぽい機内食

ちょっとビジネスクラスっぽい機内食


機内食のサービスが始まると一番先に配膳してくれるのでなんか優越感?があります。

エコノミークラスだと席によっては希望する機内食が品切れになったりすることもありますから、食べたいものが確実に食べれるのは嬉しいですね。

それと「有償」なのでビジネスクラスまではいかないもののそれに準じたクオリティなので悪くは無いと思います。
まあ、機内食が無料なレガシィキャリアなので、機内食にお金を払うのに抵抗がある方には向かいないかも知れませんが・・・

この様な有償機内食をサービスキャリアが増えてきています。
次はLXの有償機内食を食べてみたいですね。

変わる中華街

中華街横浜の中華街。
本場の各種中国料理を味合うことが出来る言うことで昔から多くの人々が集ってきました。
時折、中華街に行って食事をしたり、中華食材を買ったりしていましたが、先週久しぶりに中華街に行ってみましたが、随分様子が変わっていました。

メインストリートの賑わいは変わってませんでしたが、中華街が変わりました。
昔からあるお店は姿を消してどこも「食べ放題」を看板にする店ばかりになりました。前は客引きは殆ど居なかったのですが、結構多かったですし、なんか中華街のイメージが安っぽくなってしまいました。
中華街と言うと本格的な中華料理が食べれると言うイメージでしたが・・・

昔、中華街の外れにあるお店での「食べ放題」が酷かったので、中華街の食べ放題にはちょっと腰が引けます。まあ今は違うのかも知れませんが、食べ放題の値段を見るとちょっとどうかな~と言う感じもします。

今回は、香港路にある「順海閣 本館」で宴会でしたので食べ放題ではありませんでしたのでしっかりした中華を頂きました。
香港路などには昔ながらのお店も多いので、メインストリートは避けて行くのが良いかも?

今日は「じゃばら湯」でした。

地元の銭湯は毎月「変わり湯」と言うイベントを行っていて、今月は「じゃばら湯」とあまり聞き慣れない名前のイベントでしたので、近所の銭湯へ行って来ました。

湯船の中に洗濯ネットに入った「じゃばら」が柑橘系の香りを放ちながら入りましたが、なんかリラックス出来ますね。
温度計を見ると42℃前後を示していますので、冬場では丁度良い熱さです。
ジェット噴射を背中に浴びながら疲れを癒やすのは最高です。

先日もタチウオ釣りで半日、重いオモリを背負った仕掛けを振り回し後に銭湯でジャット噴射浴をしたら、全然筋肉痛になりませんでした。
熱めのお湯とジェット噴射で血行が良くなったからでしょうかね?

じゃばらドリンク「じゃばらまる」このところ寒い日が続いていますが、家の風呂では体の芯まで温まることが出来ないので、こういう時に銭湯の少し熱めお湯に浸かるのも良いですね。
今日は「じゃばら湯」だったから余計に保温効果があるのかな?

さて「じゃばら」ですが、
和歌山県北山村だけに自生していた原木になる「みかん」の一種で、世界中をさがしてもまったく同じものは他にひとつとしてない品種だそうで、今では北山村の地場産業として発展して大切の育てられているそうです。

そんな貴重なみかんが惜しげなく浴槽に入れるなん太っ腹です(笑)
さらに、今日はそのじゃばらドリンク「じゃばらまる」も頂いてなんか得した気分です。

家でこの「じゃばらまる」を飲みながら記事を書いていますが、なかなかさっぱりとした感じでゆずとすだちを足して2で割った様な感じなドリンクです。

今、どこの銭湯も利用者が減少して厳しい状況です。
家庭にお風呂があるのが当たり前の時代ですが、銭湯という独特の文化は絶やしてはならないと思うので頑張って欲しいものです。

久々のLCC搭乗

先週、日帰りで福岡往復をJetstarで行ってきました。
去年の秋に片道1990円セールで購入したチケットで、成田7:10発のGK503で出発して福岡20:35発のGK514で帰ってくる行程です。

LCCが並ぶ第三ターミナル

LCCが並ぶ第三ターミナル


今回、初めて成田空港の第三ターミナルを使いましたがいやー不便ですね。
行きは東京駅からのバスで直接、第三ターミナルに横付けでしたが、帰りは空港第2ビル駅まで歩きましたが、遠かったです。

Jetstarには4年ぶりの搭乗でした。
今回は、事前に座席指定をしなかったのでWEBチェックインの際に割り当てられたのは、三人がけの真ん中、行きが4Eで帰りが12Bでした。
でも12BはExitRowなので、事前に座席予約すると高い指定料金が掛かりますが、自動割当ですからダタだったのは良かったかな

行きはほぼ8割方、帰りは満席と週中の平日にしては搭乗率は良かったですね。LCCですからこれくらいは乗って無いと厳しいでしょうし。

行きは搭乗口で機内持ち込み手荷物の重量チェックがあり、結構厳密に測っていました。この日はカメラバックだけでしたが、Lレンズも入っていたので6kg近くあって、制限7kgのギリギリでした。
でも復路は重量チェックが無かったので、成田発だけなのかな?

GK503はJA02JJで復路はJA09JJで、往路は偏西風が強く定時に出発したものの18分遅れで到着となりました。
逆に復路は10分程遅れて出発でしましたが、成田は定時到着でした。

ちなみに復路では、時間が無くて夕食を取れないかもと思って、機内食のチキンカツ(900円)をオーダーしておきました。

チキンカツカレー

チキンカツカレーとホットドリンクで900円

水平飛行になると温めたミールを持って来てくれましたが、トレーも無いので熱くて持ちづらいですね。

流石に有料ミールとあって、味の方は悪く無いです。と言うか機内食としたら良い方では無いでしょうか?
ただ、レガシィキャリアの機内食ならメインの他にサラダやパン、デザートが付くのですが、カレーだけではちょっと物足りないです。
まあ、軽食と割り切ればいいのですけど・・・

久々に乗ってみて、やはりLCCは「バス」に乗る感覚で「飛行機」に乗る感覚が薄れますね。
価格は魅力ですが、やっぱりJALやANAの方が乗って楽しいかも・・・

1時間延長しても・・・

成田の夜景成田空港は空港需要の高まりをうけ深夜・早朝の飛行制限時間を現在の午後11時〜午前6時から午前1〜5時として3時間短縮する案を地元周辺自治体に提案をしましたしたが、静音時間が短く就眠阻害になることから地元は難色を示し、今年になって1時間延長し飛行制限を午前0時~6時にする案を提案しました。

それでも反対の声は多く、協議がまとまるかは今後、国が騒音防止策という名のバラ巻き政策を行うかどうか次第といったところでしょうね。

1時間延長した場合のメリットと言うのは利用者と言うより航空会社の方が大きいです。
23時の門限が有るために運航制約が大きく、例えば22時台に到着する場合、少し出発が遅れるとも門限に間に合わなくなる事があります。
出発便も離陸間のチェックで不具合が発生した場合、復旧に手間どると離陸出来なくなるので結構23時の門限が1時間伸びるだけでもかなり余裕が出来ます。

しかし、利用者としては遠い成田に23時過ぎに到着しても、JRにしろ京成の終電に間に合わないのでは帰れないと言う事態になります。
もしも、成田空港からの終電が延長されたとしても、上野や東京駅に着くのは1時近くになりそこから先が無い訳です。
まあ、出発の場合はあまり影響はありませんが・・・

確かに、成田空港の機能強化はこれからの航空需要を考えると不可欠ではあります。しかし利用者視点が欠けた政策を続けると負のレガシイ遺産になってしまうのでは無いでしょうか?

鳥栖【駅弁】かしわめし

九州の駅弁を代表する「かしわめし」
そのかしわめしと言えば、折尾駅の東筑軒、鳥栖駅の中央軒が調製する「かしわめし」が有名で駅弁大会にも出店する事も多く、値段もリーズナブルとあって人気の駅弁でもあります。

今回、博多駅の新幹線コンコース内の駅弁売り場で購入して九州新幹線の車内で頂きました。

復刻「かしわめし」720円


刻んだ鶏肉のかしわそぼろと錦糸卵、海苔が味付けされたご飯の上に乗っています。復刻版は、容器が「経木の折」で掛け紙が昔のタイプになっていますが中身は通常のかしわめしと同じです。
蓋をあけた時に独特の香りがするのが良いですね

ご飯の味付けは東筑軒より薄めですが、そぼろの味付けが濃いので丁度良い感じです。
錦糸卵と海苔の部分と交互に食べるのが美味い。

走りゆく車窓を眺めてながら完食。九州に来たら食べたい逸品ですね
ごちそうさまでした。

懐かしシリーズ”SwissairのA310-200”

SR/SWR/スイス航空 A310-200 HB-IPA

SR/SWR/スイス航空 A310-200 HB-IPA

スイス航空はA310シリーズの-200と-300を保有していました。
A310-200はチューリッヒ・ジュネーブからロンドンやパリ、フランクフルトなどの欧州幹線に使用していていました。
まあ、今思えば少しオーバーキャパだった様な気もします。

欧州のビジネスクラスはエコノミークラスのシートがそのまま使うのが支流でしたが、SRのA310は専用シートを使っていましたのでちょっと得した気分?になれたものです。

A310-300は主に中東やアフリカ、アメリカ東海岸路線に使われていてFCYとCYの2タイプがありました。

ちなみにA310にはSRとSQでしか乗ったことが無いのですが、よく考えるとA310ってあまり日本路線には使われて無かったですね。

鹿児島県【鹿児島中央】西田温泉

西田温泉
オススメ度:★★★
泉質:塩化物泉 低張性高温泉
《源泉温度》48.3℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》7.8 《成分合計》2177mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》有
料金:(大人)390円
入湯日:2018.1.17
HP:http://www.kagoshima-onsen1010.net/sento-map/post-39.php
住所:鹿児島市鷹師1-2-17
鹿児島中央駅から鹿児島本線沿いに鹿児島駅方に歩いて7,8分のところに有る、昔からある温泉銭湯です。
入口の券売機で入浴券を買って番台に渡すと言う、懐かしくて昭和の香りがして、銭湯ファンにはたまらない雰囲気です。

脱衣場にはロッカーと脱衣カゴがあり好きな方を利用しますが、圧倒的に脱衣カゴの利用率が高いです。

浴場は長方形で良くある銭湯と同じで、手前に洗い場があり奥に浴槽があります。
長方形の浴槽ですが、これまた銭湯に良くある区切りによって高温・超音波・電気・低温と別れていてあまり浴槽自体が広くないので1つ区切りに2,3人も入れば一杯になる感じです。

温泉は無色ですが、気持ち白濁している感じがします。
飲用許可もあり、源泉を飲むと気持ち塩分が感じられる位で、塩化物泉として優しい温泉です。

夕方だったのでひっきりなしに地元の人がやってきました。ホント、地元に愛されている銭湯という感じです。
銭湯なのでシャンプー・リンス・ボディソープはありません。
ドライヤーは脱衣所に有料です。
<MAP>


もどる

鹿児島県【鹿児島中央】みょうばんの湯

みょうばんの湯オススメ度:★★★★
泉質:ナトリウム-塩化物温泉 低張性高温泉
《源泉温度》48.2℃ 《湧出量》299L/min 《PH値》7.9 《成分合計》2116mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》有
料金:(大人)390円
入湯日:2018.1.17
HP:
住所:鹿児島市武1丁目9-11

鹿児島中央駅から歩いて5分程、九州新幹線の高架脇にある温泉銭湯で2017年12月にリニューアルオープンした施設です。
入口の下足箱分しか入場出来ない事になっており、どんなに混雑しても最大で男女それぞれ32名までしか利用出来ません。
券売機で入浴券を購入してフロントに差し出すと、下足箱キーと同じ番号のロッカーキーと交換になります。

脱衣場はそんなに広くはありませんが、ロッカー数が限られているので窮屈感はありません。

浴場は中央に円形の浴槽が3つ連続しており、無色透明の源泉が投入されている一番端の浴槽からオーバーフローした温泉が高低差によって次々の浴槽に移動して最後にオーバーフローした温泉が排水される仕組みです。
なので、源泉投入浴槽は熱く、最後はぬる湯になる仕組みで、温度差の浴槽を渡り入る「時間湯」の要領で入れます。

飲用許可もあり、温泉を飲んでみると若干、まったりと塩分を含んいる感じで飲みやすい感じです。

流し場には椅子と桶が用意されていていますが、シャンプー・リンス・ボディソープは無いので購入か用意することになります。
カランのお湯も温泉を使っているようで、湯量が豊富なのでしょう。さすが温泉天国の鹿児島だけのことはあります。

手入も行き届いており、銭湯料金で入れるのはかなり嬉しいです
休憩スペースはあまり広く無いのであまり長居できる感じでは無いですが、そこは銭湯なので仕方ないですかね。

駅からも近いので列車の待ち時間に立ち寄るにはとても良い、駅チカ温泉です。

ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>


もどる

Miles & Moreも運賃比例加算へ

LH A380

欧州も距離から運賃へ

ルフトハンザのMiles & Moreは3月12日からマイルの積算方法が距離から支払い運賃比例に変更となります。

LH、LX、OS、SN、EWで発券された航空券が対象で、運賃には燃油サーチャージ(YQ)も含まれた金額をユーロに換算(OANDAレートによる)し、平会員は4、上級会員は6を乗じて得た数字が、獲得マイルとなります。

なお、他社キャリア発券の航空券では現行のクラス&距離比例が適用となります。

既に、デルタがマイル加算を距離から運賃に移行しており、ルフトハンザグループが運賃比例に移行することで、今後は徐々に距離から運賃比例に移行するプログラムが出てくることになるでしょう。

昔はYクラスでも搭乗距離の100%が運賃種別に関わらず加算されていましたが、今では運賃価格が下がったもののプログラム維持のコストが上昇しており、予約クラスで加算率を調整して今では30%~50%程度にしかならな事が多く、LCC対抗運賃では加算されない場合もあります。

実際、運賃比例でも今までと獲得出来るマイルは殆ど変らないですから、利用者からみれば判りやすくなるのでは無いでしょうか?

川崎【つけ麺】三三㐂

浮島公園で撮影した後、川崎駅から歩いて7,8分のところにある、鶏と煮干しのつけ麺で有名な「さんさんなな」に寄ってみました。

既に並んでいる人が居て並ぼうとしたら、「先に食券を買ってお待ち下さい」の張り紙。よく見れば入口脇に券売機があるので、一押しの「濃厚煮番絞り」(850円)をポッチっと。
並んでいるとお店の人が食券を回収。中盛であつもりをお願いしておきます。

しばし待って案内されて入店。厨房を眺めているとつけ麺到着。

煮番絞り(850円)

煮番絞り(850円)

見た目は魚介系のつけ麺ですね。
まずはツケ汁から。ええと、煮干しが効いているのかなと思ったら、どちらかと言うと鶏出汁の魚介系ですな。
あれ、煮干しは?と言うと実は煮番絞りは煮干し系では無くて一番搾り(800円)の方だったようです。

でも煮番搾りも魚介系としてはかなり美味しいです。魚介系に良くある魚粉ドロドロ感が無くさらっとしたスープです。どちらかと言うと上品な感じです。
麺も結構な太麺でもっちり感もあり中盛でもかなりのボリュームがあります。

うん美味しい。
完食してスープ割りを頂きます。だし汁が加わりまろやかになったスープを飲み干してしまいました。

ヨシ次回は一番搾りで!

<MAP>

TEL:044-246-0076
住所:川崎市川崎区小川町9-7
営業時間:11:00~14:45、17:00~22:45(平日)
     11:00~19:30(土日祝日)
定休日:不定休
HP:http://gyoku.co.jp/
(訪問日 2018/1/8)

MHもA350を成田線に投入

このところKUL/NRT線の搭乗率が良いことから、MHは来年のGW明けの5/5から、現在A330-300で運航しているKUL/NRT線に、デリバリーの進むA350-900に機材変更しあわせて週3便運航している成田夜便を2便増便します。

A350に変更するのは
MH88 KUL2330 NRT7:40+1
MH89 NRT1020 KUL1645
で、毎日運航となります。

A350のデリバリも順調に進んで、アジアでもCXを始めVNやSQが日本へ就航させています。
2019年にはJALにも導入される予定で、今後が楽しみですね。

MH/MAS/マレーシア航空 MH89 A330-300 9M-MTE

夏にはこの構図でA350が撮れますね