【フグ】(12/30)金沢八景・忠彦丸

14日に予定していた夜ムツが中止になって釣り収めのリベンジを考えていたのですが、なかなかスケジュールが会わず年末年始休暇に突入してしまいました。ゴミの収集も土曜で終わったしまったしなぁ~

ネットを見てると、フグなら船宿で捌いてくれるし、午前船なら行けるゾと言うことで晦日の12/30に行って来ました。

6時半に金沢八景の忠彦丸に到着して受付で右舷トモから3番目の釣り座札を確保し支払いを済まして乗船します。

さあ、用意しようと竿を出すと、あれ~竿先が違うゾ。これじゃ釣りに成らないので貸し竿を借りることにしました。うーん余計な失費だ。。。
まあ、初めてなので専用竿が無いので先調子のキス竿を持って来るつもりだったのでどっちが良かったは?ですが。

7時過ぎに船長から釣りかたのレクチャーが有るので良く聞いておきます。なんせ湾フグは初めてですからね。

7時半に出船して、横須賀軍港の入口水路あたりでスタートとなりました。教わった通りにエビの頭を取って尻尾を切り針を刺してエビを反対にして抜き差ししてまっすぐにします。

無くても良いらしいが胴突仕掛けにも小さく切ったエビを付けて投入します。水深は7~8m位と浅いです。

「着底したら仕掛けが浮かないようにテンションをかけて静止し1・2・3で軽く空合わせして、ゆっくり着底させる」のが基本動作と習ったので、今日は基本動作の励行に努めようと点呼時の安全フレーズみたいに頑張ることにします。

残念ながら最初の流しは不発で少し移動してのポイントで投入して基本動作をしていると竿先にアタリらしき動きが有ったのですがアワセが遅れ掛かりませんでした。
直ぐに底立ちを取り直すと小さいアタリがあったので小さく合わせると掛かりました!

右舷で第一号のアカメフグでしたがちょっと小ぶりでした。
かなり餌がかじられていたので交換して次を狙おうと基本動作を繰り返しますが、その後が続かずポイント移動となりました。

まあ1匹でも釣れていると気分は楽になりますね。
今日はフグの機嫌が良くないのか船中芳しくなくなんとなく嫌な空気が流れ始めます。

空合わせを続けているとガツンと竿がしなり、2匹めのアカメフグをGET。この時点で右舷で釣れているのは自分だけと言う展開に。

この後、船長は軍港前を諦めて横須賀のうみかぜ公園前に移動します。
岸壁の直ぐ前を流しますが、時折根掛かり場所もあるようで慎重に基本動作を続けていると9時過ぎに3匹目になるショウサイフグをゲットしました。
でもこいつもアタリが判らなかった・・・貸し竿だから?まあこの辺は通って修行しないと駄目かな。

この頃になるとポツポツと船中でもフグが上がりが型を見る人が増えて来ました。
中にはキロクラスの良型アカメやショウサイも混じっています。

基本動作を続けますが追加出来ず、少し変化を付けてみましたが餌が無くなっていたりしたのでやはり基本だ!と言うことで1・2・3で空アワセを続けましたが、時間だけが過ぎていきます。

お、アタリが来たぞと上げてみたらシロキスが掛かってました。うーんこういう外道もあるんだと関心しましたが本命じゃないのでガッカリ。

北風が強かったですが、この周辺は湾みたいな感じになっているので風を遮ってくれるので思った程より寒くは無かったのが良かったです。

10時を過ぎて残り1時間です。配られたエビが3匹残っているから残すのももったいなぁ~と思っていると根掛かりしてしまいました。
なんとか外れないかと竿を小ギザミにシャックて見ましたが駄目で力を入れたら道糸途中にあった接続箇所から切れてしまいました。

船長からカットウ仕掛けを購入して再開すると新しい餌だからか小さなアタリが有りましたがアワセたものの掛からず仕舞い。

新しい餌にして基本動作を行おうと空合わせを入れるとフグが掛かりました。
良い引きをしており期が持てます。
おお、大型では無いけどまずまずのアカメフグです。それもカットウ針に食ってきました。

残り10分、よしラストスパート!と最後のエビを針に差して投入して基本動作をするとまたもや根掛かり。
またしても仕掛けなくなり、いまさらなので自主竿納することにしました。
アカメ3、ショウサイ1、キス1と言う結果で、0の人も居た中で初挑戦にしては良かったかな。

アカメフグ

フグは船宿で捌いてくれるので楽ちんです。


11時に沖上がりとなり、港に戻ってフグの処理をしてもらい今年の釣行を納めることになりました。午前フグ船は実質3時間の短い釣りですがその分、集中出来るし釣れれば捌いてくれるし楽ちんなんで、なんかハマりそうです(笑)

収支報告
 支出の部
  乗船代 6000円(氷、エビ餌(7匹))
  貸し竿 500円
  仕掛け 800円

 収入の部
  アカメ3、ショウサイ1、キス1

===
船宿HPから
◇◆30日釣果◆◇
午前⇒17~34㎝ 0~8匹
午後⇒17~34㎝ 0~8匹
釣果のフグ種類:アカメフグ・ショウサイフグ・コモンフグ

懐かしシリーズ”エアランカのトライスター”

UL/ALK/スリランカ航空 L-1011 4R-ULB

UL/ALK/スリランカ航空 L-1011 4R-ULB

1999年の1月に撮影したエアランカのL1011トライスターです。
この頃になるとトライスターを見る機会は少なくなってましたね。でもこの当時はまだDC10やMD11の三発機が幅を利かせていましたから、三発機が消えていくなんて思っもませんでした。

そうそう、エアランカはこの年にスリランカ航空に社名変更していますが、いまでもスリランカ航空のことをエアランカと言ってしまうのは古い人間の部類に入いちゃうカナ。(笑)

燃料サーチャージは値上げへ

石油価格がじわじわと高騰して、一時は設定されてなかった燃料サーチャージもじわじわと値上げされてきました。

来年2月から発券分について、JALやANAが値上げすることを申請し、日本に乗入れている外航キャリアもほぼ同額で追従することなりました。

JALが申請した日本発サーチャージは
 日本-韓国・極東ロシア 1,000円⇒1,500円
 日本-東アジア(除く韓国) 3,500円⇒4,500円
 日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム・イルクーツク 4,000円⇒5,000円
 日本-タイ・シンガポール・マレーシア・ノヴォシビルスク 6,500円⇒8,500円
 日本-インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 8,500円⇒11,000円
 日本-北米・欧州・中東・オセアニア 14,000円⇒17,500円

となっています。

近距離は500円~1000円の値上げですが、長距離線になると3500円ですから往復で7000円の値上げは痛いですね。

適用期間は2019年2月1日から3月31日発券分までですが、4月以降も値上げしないとも限りませんから長期休暇になるGWに旅行するなら早めに発券しておいた方が良いでしょうね。

平井【ラーメン】豚の蹄亭

以前紹介した「麺屋やまき」ですが、店主負傷の為休業していましたが、12月に新しいラーメン屋「豚の蹄亭」に変わっていました。

店内は「麺屋やまき」時代のままなので居抜きなのでしょう。券売機には「細麺」「太麺」があり、細麺のラーメンとチャーハンを購入して入店。

取り敢えず「普通」でお願いすると数分でやってきたのがこちらです。

ラーメン(細麺)500円

ラーメン(細麺)500円


豚骨ベースにマー油で味を整えた熊本風。
ラーメンは500円とリーズナブル。それでいてチャーシューにノリ、ほうれん草が載っています。
マー油のお陰なのか、豚骨の臭みが少なく感じます。うーん熊本ラーメンとはちょっと違う感じカナ
でもこのタイプ、嫌いじゃないな。いや好きな部類かも

ラーメンに続いて中華鍋でチャチャとチャーハンを作ってチャーハンが到着。こちらも350円とリーズナブル。

チャーハン350円

チャーハン350円


ラーメンのサイドメニューとしては丁度良い量です。

<MAP>

TEL:090-8145-1303
住所:江戸川区平井5-14-7-102
営業時間:12:00~15:00, 18:00~24:00
定休日:不定休
HP:https://ramen-restaurant-3219.business.site/
(訪問日)2018/12/24

イルミの足利フラワーパーク

イルミネーションが綺麗と評判の足利フラワーパークに行って来ました。

藤のイルミネーション

藤のイルミネーション


流石に現地まで車で行くと大渋滞にハマるとの話だったので、丁度佐野の観光協会がパーク&ライドサービスを佐野駅近くで行うと言うので、佐野駅からJRであしかがフラワーパーク駅まで往復したので渋滞にハマること無く見に行くことが出来ました。

でも今日は北風が強くとても寒かったです。

藤の開花時期に何度か訪れたことはありますが、イルミネーション初めてちょっと期待していましたが、「花」の無いフラワーパークは、ただの公園のイルミネーションだなと言うことで、個人的評価は今ひとつかな・・・

まあイルミネーションとしては綺麗なんですが、花を見るために整備されているので光の光源を見るには見通しが良く無いということです。やはり奥行きがある方が見やすいです。

でもフラワーパークとしてはこの時期は花が少なく集客としては厳しい時期ですからこれだけ多くの人が来てくれるのは嬉しいことですから仕方ないでしょうね。

あしかがフラワーパーク駅から眺め

あしかがフラワーパーク駅から眺め

両毛線の車内から眺めるイルミネーションが意外と良かったのは内緒の話。

あんしんメンテから出場しました。

先月あたり撮影していて、どうもピントを外した写真が多いなと思いなあぁと、よくよく調べてみると24-70mmF4Lで撮影した画像で、AFフレームで照射している位置より前ピンになって画像が多い事に気が付きました。

これは一度、キヤノンに持ち込んで調べてみる必要があると12/10に銀座のサービスセンタに出向いて症状を話すと、ボディは「あんしんメンテプレミアム」で検査して不具合があれば修理、レンズは、「あんしんメンテオーバーホール」で精密検査をして不具合があれば修理と言うことになりました。

12/10が年内修理完了の最終受付日だったので助かりましたが、完成予定は12/26との事だったので返却は配送でお願いしました。

キヤノンの修理は大分工場で行っていて修理が完了次第サービスセンタに戻され、引き渡しとなりますが、工場から直接配送で返却にした方がサービスセンタより2日程早く受け取ることが出来ます。

メンテナンスは20日に終わって出場しました。
大分からヤマト運輸で出発して、22日の午前中に戻って来ました。
ただ配送だと修理代金が代引きになるので現金払いしか出来ないので事前に準備していく必要があるのが手間ですが・・・

点検の結果、ボディはやはり前ピンになっていたのでAFセンサ精度の調整をしたとの事でした。
一方、レンズの方は問題無く、レンズのピントとズームラバーが劣化しているので交換しただけで戻って来ました。

費用は27,652円とちょっと痛い出費でした。まあ暫くは安心して使えそうです。

冬至なので「ゆず湯」です。

12月22日は「ゆず湯」

12月22日は「ゆず湯」

12月22日は「ゆず湯」[/caption]今日、12月22日は「冬至」ということで、近所の銭湯で「ゆず湯」に入って来ました。

そうそう、地元の銭湯は毎月最終日曜日が変わり湯の日ですが、今月は変則で今日が「ゆず湯」で明日の変わり湯はお休みだそうです。

家の風呂にゆずを入れて入るのも良いですが、大きなお風呂にあつーいお湯に大量に浮かんだ「ゆず」の香りを楽しむ方が好きです。

柑橘系の香りは風呂に入っているとけっこうリラックス出来きます。

なんでも、ゆずの実を風呂に入れるようになったのは江戸時代らしいですが、もちろん当時は家に風呂があった訳ではありませんから、銭湯から始まった風習なんでしょうね。

本当かどうかは判りませんは、ゆず湯には「風邪、冷え性、リウマチ、神経痛、腰痛、打ち身、ねんざ」など疲労回復に効果があるそうです。

銭湯に行って来ると、結構体の芯まで温まるので風呂上がり後も体のポカポカ感が持続しますからそれだけでも冷え性の人には良い筈です。

ゆずを買い忘れた方は、急いで銭湯に行ってみましょう。銭湯は0時頃まで営業しているとこも多いですからね。

懐かしシリーズSwissairのA320”

SwissairのA320SwissairのA320、HB-IJEですが、あまり懐かしくないかなぁ~と思ったりしましたが、懐かしいのはその奥に駐機しているB727の方だったりします。

撮影したのは1996年の2月、ストックホルム空港です。
この頃までは欧州でもB727が飛んでいましたが、騒音規制などでこの後急速に欧州から姿を消していきました。

この時はストックホルム発のDL/SQ/SRのRTWを使っていましたが、アテネ発が安いということで、このA320でチューリッヒに飛んだ後、アテネへ向かたようです。

うーんこの頃はRTWも安くて面白かったなぁ~

国鉄の呪縛から抜け出せるか

来年3月のダイヤ改正で廃止となる「スーパーあずさ」

ダイヤ改正で廃止となる「スーパーあずさ」

平成の時代も幕を閉じようとしていますが、来年3月の「平成最後」のダイヤ改正でJR東日本は中央本線の特急列車「あずさ」、「かいじ」の料金改定を行い、国鉄時代から続いた自由席特急券、指定席特急券の区分を統一し、全席指定制に移行することになります。

既に常磐線特急で実施しており、中央本線特急に導入することで在来線特急で利用度が高い路線への導入が済めば、次は新幹線への導入となるのではと思います。

国鉄時代の運賃料金体制は全国統一でされており、国鉄分割民営化に際して全国均一の運賃料金体制の維持が求められて来ました。
しかし、JR東日本は以前から独自の料金制度を創設してきたこともあり、国鉄時代からの運賃料金体系から脱却しようとする意図が見えていましたが、今後はその動きが加速するのではと思っています。

こういう動きに反発する動きもあります。その中に「国鉄分割民営化の約束」と違うと言う話が良く出てきます。
確かにあの時の約束を覚えている自分としては憤慨するのも判ります。あの時は血も流れた事もありましたから・・・

しかし、分割民営化から既に30年が経過して当時とはかなり状況が変わってきています。理由はともかくJR北海道の様に経営が成り立たなくなっている地域もあるわけです。

それを考えると30年以上前の約束に束縛されていたら次の時代を切り開けなくなるのでは?とも思っています。
国鉄分割民営化のプロセスはも終わり、第二のJRを考える時期なのでは?と平成最後のダイヤ改正の発表を見て思った次第です。

羽田と成田

オーバークロス先日、西船橋でキハE130の郡山入場配給を待っていると羽田から離陸して西方に向かう機体が頭上を行き交ってました。

羽田のRWY34Rから離陸し右旋回で一旦、浦安沖に抜けてから左旋回で北方へ向かう経路です。すると成田を離陸したポーラーエアカーゴのB747がクロスしていきました。

B747はこの辺りだとFLT Lv300以上だと思いますがこの時期は空気が澄んでいるから、高々度の機体がよく見えます。

国交省が計画している羽田からの新ルートが運用されるとこの場所ではこういう見られなくなるのかな?

【RJTT/HND/羽田】2018/12/14撮影レポートその2

第一ターミナルで流し撮りの練習に励むことにします。

オリンピック塗装のトリプルが到着です。

NH/ANA/全日空  B777-200ER JA741A

NH/ANA/全日空 B777-200ER JA741A

画像は明るく見えますが、結構暗くなってきてSSは1/100でF2.8開放です。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空  B777-300ER B-KPF

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 B777-300ER B-KPF

国際線ターミナルからCXが出発してきたところをターミナルバックで撮影してみました。タキシングで速度が遅かったので上手く止まりましたね。

MU/CES/中国東方航空  A330-200 B-5938

MU/CES/中国東方航空 A330-200 B-5938

RWY上の機体狙いだとA330クラスでないと200mm(320mm)だと厳しいです。

NH/ANA/全日空  A321Neo JA140A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA140A

RWY34LにアプローチするA321Neoです。

NH/ANA/全日空  A321Neo JA138A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA138A

さらに暗くなりSSは1/30と流し撮りでは限界ライン?かな

JL/JAL/日本航空  B777-200ER JA709J

JL/JAL/日本航空 B777-200ER JA709J

RWYのライトがきれいに写るようになりました。

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA612J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA612J

ディズニー記念塗装の612Jがスポットアウトします。

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA603J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA603J

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA602J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA602J

ミッキー塗装の602Jも612Jに続いてスポットアウトしました。

NH/ANA/全日空  B777-200ER JA745A

NH/ANA/全日空 B777-200ER JA745A

ANAは着陸時にキャビンは明るくしたままなので窓の明かりが良いアクセントになります。

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA656J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA656J

17時になり、結構暗くなってきたのでこれ以上の撮影は厳しいのでそろそろ撤収しますかね。
流し撮りももう少し修行しないと駄目かな


<その1へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2018/12/14撮影レポートその1

この日は夜ムツが出船中止になり、スポッティングしようと羽田に行くと着いたとたんに曇られると言うなんともツキが無い日になってしまいましたが、気持ちを切り替えて流し撮りの練習と言うことでSSを下げて頑張ってみることにしました。
ただ、先週からメイン機材の7DmkⅡが点検でCANON大分工場に入場中なので予備機の50Dで撮影です。

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J

SSは1/250で撮ってみましたが、まだあまり流れてませんね。
100-400Lと50Dの組み合わせは今日が始めてでした。

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA345J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA345J

SSを少し下げて1/160にしてみましたが、今ひとつです。あまり下げると手ブレしますしねぇ~

HD/ADO/エアドゥ B767-300 JA602A

HD/ADO/エアドゥ B767-300 JA602A

エアドゥはかなり早くエアボーンしていきました。まるでフェリー?かと思うほど早かったです。

NH/ANA/全日空 A321Neo JA112A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA112A

時間的に北方出発が続きます。
この日は寒く、早く撤収しようかと思うのですがルフトのジャンボまでは頑張ろう!と気合を入れて撮影しますがかなり暗くなってきました。

NH/ANA/全日空 A321Neo JA137A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA137A

A321Neoも増えてきて撮影する機会も多くなりました。

ようやくLHがスポットアウトしてRWY34Rへタキシングしてきました。ジャンボなのでレンズは70-200F2.8にチェンジしてSSを稼げるようにします。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 B747-8 D-ABYA

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 B747-8 D-ABYA

今日はLHの新塗装でした。1/200で撮影しましたが上手く止まったカットはこれくらいしかありませんでした。

さてジャンボも撮ったし、帰る前に1タミも寄ってみようとバスで移動します。

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8987

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8987

70-200F2.8で流し撮りなのでタッチダウンポイント狙いだとちょっと遠いですが背景の工場が羽田らしいのでいいかな。

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA8944

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA8944

16時を過ぎると露出がどんどん厳しくなってきます。

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA8944

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA8944

秩父の山はきれいに見えるのですが富士山の方向は雲で覆われています。

7G/SFJ/スターフライヤー A320 JA25MC

7G/SFJ/スターフライヤー A320 JA25MC

スターフライヤーの国際線仕様となった最新鋭のA320がやって来ました。


<その1へ> <飛行機の館へ

トルコで脱線事故

韓国でKTXの脱線事故が発生したばかりですが、今度はトルコのアンカラ郊外で高速列車が保線用車両と正面衝突し9名の犠牲者が発生すると言う事故が発生しました。

台湾、韓国そしてトルコとアジアでこう続いて鉄道事故が続くのも珍しいですが、3箇所ともどうも人為ミスが原因の可能性が高いということです。

トルコの事故は、保守用車両がいる線路に列車が進入したと言う報道がされていますが、事故後の写真を見ると保守車両と言うより機関車の単機回送だったような感じにも見えます。

衝突直後の監視カメラでの映像を見ると衝突後、機関車が押し戻しされていて、思った程、破損していない感じですが、列車の方は原型を留めていないほどに破損しています。

不幸な事に、衝突が駅構内とあって、衝突の弾みによって跨線橋が破壊されて列車上に落ちてしまいましたが、列車はアンカラを出たばかりで速度も高速域では無かったことで、福知山線の脱線事故のような多くの死傷者が出なかったのかも知れません。

高速用車両なので車体の軽量化によるものだとと想像がつきますが、高速化により車体の強度は損なわれているのは万国共通なので日本でも同じことになる可能性はあります。

良く、航空事故が連鎖反応のように続くという言われますが、鉄道もその様なことが無ければ良いのですが・・・
まあ、事故の連鎖反応って言うこと自体が非科学的ですけど、でも人間はミスをしないようにしなきゃと思うとミスを産んだりしますから

風強く出船出来ずで羽田へ

今日は、休暇を取って萬栄丸から夜ムツ釣りの予定でしたが、出掛ける少し前に船宿から電話があり「風が強くて出船中止」の連絡がありました。

予報では北風が吹くものの次第に弱まるとのことでしたが、午前中に地元で撮影していると時折、風に体が持って行かれそうになる程でしたので、これはヤバイなぁ~とは思っていましたが、案の定でした。
この時期は季節風の影響でこういう事がしばしば起きます。

釣り場は洲崎沖ですが、夜間なのであまり無理は出来ませんから出船中止は仕方ありません。
今年はムツが食べれる~と準備していたのですが・・・

なので午後から羽田に行ってみましたが、第二ターミナルの展望デッキに着いた頃には雲が覆ってしまい、露出が厳しかったので流し撮りメインで撮影してみました。
風も強かったから富士山が見えるかなと夕暮れの第一ターミナルにも行ってみましたが、残念ながら富士山は見えず。

夕暮れの流し撮りをして来ました寒かった~

第1ターミナルの吹き抜けのクリスマス飾り付けがとてもきれいでした。

第1ターミナルのクリスマスツリー

第1ターミナルのクリスマスツリー

今日の収穫はこれから整理して後日、紹介します。

サクラエビ復活するか?

サクラエビ漁の基地、由比漁協

毎年春と秋に解禁される駿河湾のサクラエビ漁ですが、春の不漁を受けて地元漁協では秋漁を遅らせてサクラエビの数や生育状況などを調査してきました。

しかし、12月に入ってサンプル調査の行ったものの、6~7割が生まれたばかりの子エビで、このまま漁ろ行うとさらにエビが捕れなくなる負のスパイラルになることから、秋漁は中止し来年の春漁も様子を見て行うか判断することになりました。

来年に子エビが成長したとしてもその親エビを採ってしまえば、子供が生まれないことになってしまいますから、来春も再開も厳しいのでは思っています。
水産資源の回復には時間が掛かりますからね。

それに地球温暖化によって日本近海の海も変わり魚介類の生息形態も変わってきており、今まで生息していた魚介類が消えてしまう事態が結構起きています。

由比で美味しいサクラエビを食べたいですよね。
サクラエビが他の消えた魚介類と同じ様な事にならないことを祈りたいです。