飲酒で逮捕勾留

JL/JAL/日本航空 JL44 B777-300ER JA732J

羽田に着陸するJL44便 B777-300ER JA732J

ロンドン発羽田空港行きのJL44便に乗務予定だったコパイが自社の乗務前チェックをする抜け、乗務予定機材に向かうクルーバス内でアルコール臭をさせていたことからランプバス運転手から通報され、現地警察に検査の為拘束されました。

検査後は一旦、釈放されたものの検査の結果基準値の9倍のアルコールを検知し警察当局に勾留され起訴されています。

航空に限らず、交通従事者の乗務前飲酒による事件や事故は昔から多く、乗務前のアルコールチェックを行う企業が多いもの、こうやって自社チェックをすり抜けて、その後発覚するケースが後を絶ちません。

特に航空運航従事員は、運航にあたっての心理的プレッシャーが陸上運航従事員よりはるかに強く、そのプレッシャーに反応するかの様に酒豪も多いそうです。
成田市内のバーなどで乗務後のステイクルーが深夜まで飲酒している姿を見かけます。
ただ、日本人はアルコールを分解する身体能力が、欧米人より弱く時間が掛かると言われていますから、量をセーブしないとアルコールが抜けるまで時間がかかります。

勝手な憶測ですが、JL44便は現地19時発ですから昼までアルコールを摂取していたのではないかと勘ぐってしまいます。

今回、クルーバス内でバス運転士が気づいたと言うのでから、相当アルコール臭がしたのでしょう。
当然、他のクルーも気づいていた筈ですが、それを咎めないと言うことは、よくある光景ということなのでしょう。

そろそろ、「業界の常識、世間の非常識を」是正する必要があるのは無いでしょうか?

朝のお楽しみハミングバード

北風運用時の羽田空港で早朝出発の3便だけに与えられる「ハミングバードディパーチャー」は空気が澄んでいると第1ターミナルから富士山バックで撮影出来るので人気があります。

先月、早朝に羽田空港まで行った後、展望デッキに上がって撮影してきました。
流石に時期的に富士山はみえませんでしたが・・・

JL/JAL/日本航空 B737-800

JL/JAL/日本航空 B737-800
JA318J

ハミングバードディパーチャーの1番機はJALの岡山行B737-800でした。

続いて上がったのはERJの小型機でちょっと残念。

JL/JAL/日本航空 ERJ190

JL/JAL/日本航空 ERJ190
JA247J

南紀白浜行のERJ190でした。

3番機はANAでした。

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA606A

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA606A

松山行のB767-300ERで元パンダジェットの606Aでした。

これからハミングバードディパーチャーのシーズンですが朝は寒いので億劫になって撮影に出かけられないんですよね~(笑)

それに今年の元旦は初日の出フライトの予定だし・・・

アジア・アトランティック・エアラインズを清算

HB/AAQ/アジア・アトランティック航空 B767-300ER HS-AAB

清算するアジア・アトランティック航空

旅行会社のHISが中心になってタイ・バンコクを中心に運航していたチャーターエアラインの「アジア・アトランティック・エアラインズ」が10月末をもって清算されることになりました。

すでに運航は8月から停止しており、新たな増資引き受け先も見つからず結局は清算となってしまいました。
まあ2013年に運航を開始したときから、あまり先は長くないだろうな~と勝手に予測はしていましたが、5年は運航出来たのは意外だったかも。

まあICAOが2015年にタイの航空会社に対し「重要な安全性の懸念(SSC)」を発動したとのが響いたのは当然でしょうね。

なにせSSCが発動したのは、タイのチャーターエアラインにおける整備状況が悪いというのが一因でしたからね。

ウィンタースケジュールが始まりました。

航空の世界では10月最終日曜日から3月の最終土曜日までが基本的にウィンタースケジュールと呼ばれる冬ダイヤになります。

鉄道でいうダイヤ改正みたなものでしょうかね。この時期に合わせて新規路線を開設したり、北半球では冬に向かってバケーション需要が減るので、減便や運休にしたり、南半球ではこれからが夏になるのでオンシーズンとなるので増便したりと需要調整が行われます。

最近では旺盛な航空需要でオンオフが少なくなってきているとも言われてますけどね。

今回ウィンタースケジュールで新規開設となった路線の一つにスターフライヤーが北九州と中部から台北・桃園空港への路線開設がありました。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G46 A320 JA24MC

国際線へ再参入するスターフライヤー

スターフライヤーは一時釜山へのフライトがありましたが、利用率が60%前後と今ひとつだったことから事業再構築の一貫で運休となり今回、国際線へ再参入となりました。

運航は中部ベースで中部/台北/北九州/台北/中部と1機材によるローテンション運航で、国際線再参入にあわせて導入したJA25MCがメイン機材として使われます。

スターフライヤーはLCCと違い、機内食サービスがあるので25MCではギャレーにオーブン搭載したりシートピッチも1インチ広げ35インチとフルサービスキャリアと謙遜が無いサービスが提供されます。
それでいて運賃が北九州発は片道1万円(中部は12000円)から設定されていますから、台湾へ行く時はちょっとチェックしてみたいものです。

キャセイからメールが来ました。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX548 B777-300ER B-KQM

5月に不正アクセスされてたキャセイパシフィック航空

昨日、キャセイパシフィック航空(CX)から、「Important information about your personal data」という件名のメールが届きました。

CXは先日、5月に不正アクセスによりCXのWebサイトから最大940万人の「氏名、国籍、生年月日、電話番号、 Eメールアドレス、住所、パスポート番号、IDカード番号、フリークエントフライヤープログラムの会員番号、カスタマーサービス上の注記、過去のフライト利用履歴」が流出した可能性があると発表していました。

2年前にCXのサイトからBKK往復の航空券を購入していますがその時の情報だと思うのですが、メールで、「自分の住所、氏名、性別」が流出したという知らせでした。

こういう時代ですから、どこで個人情報が漏れてもおかしくない状況です。
それに流出した情報を消すことは不可能です。

先日も記事にしましたが、金銭を要求するパスワード付きSPAMが来るようになり、アンダーグランドの世界ではそういう個人情報が簡単に手に入るようです。

情報流出は自分が注意していてもどうにもなりませんからね。
自衛手段としては、登録時に識別符を入れてどこから出た情報か判るようにしておく位しかなさそうです。。。

トリプルのエンジンは大きい

先週、羽田で新旧の政府専用機がV1とV2で並んだ時の写真を見てみるとトリプルのエンジンが大きいのが判ります。

B777-300ERとB747-400

エンジン4機で約12000kmの航続距離を時速マッハ0.9で航行出来るB747に対して、2機のエンジンでB747-300より航続距離が長い約14000kmの航続距離をB747に匹敵する搭乗人数で運べなおかつ、運航経費もB747-400より安いとなればB777-300ERが売れ無いわけがりません。

まあ、それだけのスペックを2機のエンジンで維持するのですから、エンジンも大きくなりますよね。

双発機でもETOPSのお蔭で長距離洋上飛行も可能になりましたが、稀にエンジントラブルで片肺運航となり近隣空港へ目的地外着陸をすることもあります。
それを考えると政府専用機で双発機をチョイスするのは、ちょっとリスキーな気がしますが・・・

オーストリア航空、成田線を週6便へ

OS/AUA/オーストリア航空 OS51 B777-200ER OE-LPA

成田空港を離陸するオーストリア航空のB777-200ER

オーストリア航空は来年のサマースケジュールからウィーン・成田線を週7便のデイリー運航へ増強することになりました。(4月中は週6便)

成田線を需要が好調な中国線に回したものの、1年ほどで成田線を復活しました。
東欧方面への乗り継ぎも良いことから搭乗率も良いようで、ようやく?デイリーになります。

ただ機材繰りの関係で現在は全便B777-200ERで運航してますが、週2便はB767-300ERでの運航となりますが、スポッター的にはB767は嬉しいかな(笑)

政府認可条件のスケジュールは
ウィーン発:3/31-4/29 (成田発は4/1-4/30)
OS51 VIE/NRT 17:45 11:55+1 772 日月木土
OS51 VIE/NRT 17:45 11:55+1 763 火金
OS52 NRT/VIE 13:35 18:35 772 日月火金
OS52 NRT/VIE 13:35 18:55 763 水土

ウィーン発:4/30-10/26(成田発は5/1-10/27)
OS51 VIE/NRT 17:45 11:55+1 772 日月水金土
OS51 VIE/NRT 17:45 11:55+1 763 火木
OS52 NRT/VIE 13:35 18:35 772 日月火木土
OS52 NRT/VIE 13:35 18:55 763 水金

763での運航が平日になってしまうのがちょっと残念ですね。成田で撮影しずらいなぁ~

福岡県【二日市温泉】博多湯

二日市温泉博多湯
オススメ度:★★★★★
泉質:アルカリ性単純泉 低張性高温泉
《源泉温度》42℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》8.2 《成分合計》620mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》無
料金:(大人)300円
入湯日:2018.10.15
HP:http://hakatayu.jp/
住所:福岡県筑紫野市湯町1-14-5

街中にある二日市温泉ですが、共同浴場と有名な「御前湯」の反対側にあるのが「博多湯」でシックな佇まいで一見、旅館にも見えてしまいます。

券売機で入館券を購入しますが、大人300円とかなりリーズナブルです。
受付の反対側が浴場で、脱衣場には100円リターン式のロッカーがあります。

浴室への扉をあけると、硫化水素臭が漂っており「温泉らしさ」は十分です。
脱衣場からは1.5m程階段を降りる形になっており、階段下にはかけ湯用の温泉があります。
これにはかなりの泡が出ている源泉が入っていて、これに入りたいと思う程、純度が高そうです。

湯船は岩風呂風になっており、すこしぬるめの源泉が湯口から注がれており、かなりの量がオーバーフローしており、源泉掛け流しとうたっているだけのことがあります。

硫化水素臭はするものの泉質的には無色透明の単純泉なので柔らかいお湯です。
源泉温度が42℃なのをそのまま使っているので、浴槽あたりでは40℃程度になっており熱さを感じさせないのでゆっくりと入ることが出来ます。

冬場だと少しぬるく感じるかもしれませんが温泉に長湯できるのは嬉しいです。

源泉コーヒーとコーヒーゼリー

2階には休憩室があり、こちらで博多湯名物の「源泉蒸したまご」や源泉を使った喫茶メニューが楽しまます。

今回、新たにメニューに加わった「コーヒーゼリー」と「源泉アイスコヒー」を頂きました。共に100円と安く、それでいて美味しい!

時間があれば試してみてください。

休憩室で一眠りして再び入浴しても300円と言うのはホント嬉しいです。温泉も良いので5つ星です!

シャンプー・リンス・ボディソープは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:JR鹿児島本線二日市駅から徒歩10分
車:九州自動車道筑紫野ICから車で5分


もどる

台湾で脱線事故

昨日、台湾で特急列車が脱線し死者18名、負傷者多数と言う悲惨な事故が発生しました。
事故の起きた宜蘭線は台北から花連や台東へ向かう路線で自分も先月この区間を乗車したばかりでした。

脱線の瞬間を捉えた映像を見る限り、状況的には尼崎事故と同じく制限速度を超過して駅構内のカーブに突入して脱線しているのが判ります。

事故が起きた新馬駅はカーブしており、通過時には制限速度を大幅に上回る140km/h程度だったと推測されています。
速度超過による脱線は明らかですが、なぜ速度超過したか?と言うことになります。
当該車両は事故を起こす前に機器トラブルで臨時停車しており、その際にブレーキ系統のトラブルを報告しており、このトラブルが脱線につながる要因の一つだったのでは無いかと言われてます。

台東行「太魯閣号」

台北駅に停車する台東行

先日、台北から台東まで乗車したTEMU1000型の「太魯閣号」は高速走行で台東まで3時間半で結びかなりの時短を達成しており、その分乗り心地が犠牲になっている感じがしました。

台湾東部の鉄道における優位性を保つために、高速化が台鉄としても重要視されていましたから、事故の遠因としていわゆる「日勤教育」の様なことがなければ良いのですが・・・

幸い?なことに当該列車の運転士が負傷しているものの生存しており原因究明に寄与するのでは無いかと思います。

亡くなられた方に合掌。

福岡県【博多】八百治の湯

八百次の湯
オススメ度:★★★
泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物温泉 高張性低温泉
《源泉温度》27.7℃ 《湧出量》280L/min 《PH値》7.7 《成分合計》11510mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:宿泊者無料 外来(大人)900円
入湯日:2018.10.14
HP:https://www.yaoji.co.jp/spa/
住所:福岡市博多区博多駅前4-9-2

最近、ホテルの温泉を導入している施設も多いですが、博多駅周辺のホテルではココ八百治ホテルが最初だったと記憶しています。
ホテル建設前に掘削をして温泉を掘り当てており、宿泊者だけでなく外来利用も出来ます。

八百治の湯はホテル1階にあり宿泊者は部屋のスリッパ&ガウンで利用できます。
宿泊者は下足箱の鍵と部屋のカードを受付で提示するとロッカーキーとタオル&バスタオルを貸出してくれます。

浴場は思ったより広く2つの温泉浴槽と水風呂があります。温泉浴槽の1つは湯口がら温泉が投入されており、もうひとつは浴槽脇の注水口から注がれています。
残念ながら循環式ですが、塩素臭はほとんど感じませんでした。

高張性の塩化物泉なので塩辛いかなと想像していましたが、塩っけは多いものそんなに塩分が濃いと言うわけではありませんでした。
なので肌へのべとつき感がなくさっぱり感があり、湯口のある浴槽では湯口周辺で体への泡付きがありましたので、比較的新鮮な温泉が供給されている様です。

ビジネスホテルに付属している温浴施設としては悪くは無いともおもいますが、最近の温泉併設ホテルが結構進化していますから・・・。

温泉の受付は夜は23:30なのであまり遅くなると温泉が利用できなくなります。
また混雑時は外来利用が制限される時もあります。

シャンプー・リンス・ボディソープは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:鹿児島本線博多駅から徒歩5分
車:


もどる

次期政府専用機内覧会?

今日は子供が修旅で早朝羽田空港集合と言うことなので、車で送り届けた後、金曜日にB777-300ERの次期政府専用機が羽田に来たとの情報だったのでP3駐車場に上がるとV2スポットに居ました。

航空自衛隊 80-1111

航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

このカラーリングで朝日に照らられるB777-300ERの姿が良いですね~
まあこの時点ではいつ出発するか判りませんし、この後早朝のお楽しみ?ハミングバードディパーチャーがあるので第1ターミナルに移動して撮影します。

今日は、訪欧中の政府専用機が戻って来るのですが、調べてみると現地を19時半に出発した情報を発見。すると羽田は14時頃になりそうです。

うまくすれば新旧政府専用機がV1、V2スポットで並ぶカモなぁ・・・でもそれまで待つのはシンドから悩むなぁと考えていると、子供の乗った777が9時過ぎに離陸したのを見届け、やっぱり帰ろうかなと帰り支度をすると、次期政府専用機にクルーが乗り込んだとの情報が入ります。

じゃあそのうち上がるかなと2タミの展望台に上がって出発を待ちますが、10時を過ぎても動かず11時を過ぎ・・・ああ、もうダメじゃん。こうなったらジャンボが帰ってくるまで待つか!
と延々と待ち14時過ぎにようやく警備艇が展開。アプローチに「Japanese Airforce 001」がハンドオフされ、14時半にRWY34Rに姿を見せて呉れました。

JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1101

JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1101

前回の政府専用機撮影は出発でしたが、今回は到着です。

JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1101

JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1101

RWY34Rにタッチダウンして減速していきます。
やっぱりジャンボは迫力が違います。

TAXI-WAYに入ったところで国旗掲揚です。

JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1101

JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1101

照明灯やらターミナルの影に隠れてしまい国旗掲揚が政府専用機の最大の魅力なんですが、タキシングが短いので良い場所が無いのが残念です。

さて、この後はP3駐車場に移動します。
流石に撮影者が多く居ましたが新旧政府専用機の並びが撮影出来ました。

新旧政府専用機のツーショット

新旧政府専用機のツーショット

こう並んでみると、やっぱりジャンボの方が貫禄がありますね。なんで次期は双発にしたのか・・・

あれまだ車列が出てません。まさかとは思ってましたが、ホントに首相が次期政府専用機の内覧をしているようです。

内覧会終了?

夫婦揃って内覧ってマンションじゃないだから・・・でも来年度も首相なら乗れますけどね。

次期政府専用機の整備や羽田空港でのハンドリングはJALからANAに変わりますからANAも色々と準備に余念がありません。

ジャンボのL1ドアが閉まったのちょっと移動してもうワンショット

新旧並びは最初で最後?

新旧並びは最初で最後?

考えて見れば、千歳に行けば暫くは見られるでしょうけど羽田で新旧はこうやって揃うのは最初で最後かもしれませんね。

それにしても先月に続き羽田空港の滞在時間が長かったなぁ

長崎【和食】魚たつ五島海山

長崎駅から歩いて5分程の国道から一本路地に入ったところにあるお店です。

美味しい地元の魚を中心にした料理屋さんで、地元でも人気があるようです。訪れたのが週末だったことで比較的空いていましたが夜は予約した方が良いみたいです。

今回はコース料理でお願いしましたが、出てくる一品がそれそれ光ってましたね。

お店の外観です。

お刺身三点盛り

クジラ刺しと煮魚

クジラ刺しと煮魚(多分カサゴ)

鱧天と野菜天の盛り合わせ

鱧天と野菜天の盛り合わせ

〆のお寿司と赤だし

〆のお寿司と赤だし

最後にデザートの自家製プリンが出ましたが、これが絶品でした。
確かに魚も美味しかったけど、まさかプリンにノックアウトされるとは思ってもいませんでした。

ちょっとお値段は高めな感じがしますが、やはりそれなりの料理が出てきますので納得です。
長崎に来たらオススメなお店です。

<MAP>

TEL:095-825-6455
住所:長崎市五島町3-22-1F
営業時間:11:00~14:00、17:00~0:00
定休日:日曜日
HP:なし
(訪問日:2018/10/13)

長崎に新幹線は必要?

フル規格で着工できるか?

今回、長崎へ行ってきました。
長崎県内では新幹線の乗り入れ工事が進んでいて、長崎駅や諫早駅では駅舎工事も佳境に入っていました。

でも長崎新幹線については佐賀県との温度差、当初計画していたフリーゲージトレインが頓挫して途中で在来線と新幹線の乗換えになる模様です。

今、特急かもめで博多~長崎間を1時間50分台で結んでおり、新幹線との乗換駅である新鳥栖駅からだと1時間半の距離です。
新幹線が開通すれば、所要時間は短くなりますが、現時点の計画では乗り換えが発生して劇的な短縮にはなりません。

ダイヤ編成がどうなるか判りませんが、特急かもめが時間帯によっては30分毎に設定されていますが、新幹線開業後も同じ本数になるとは限りません。

本当に必要なのか?諫早の駅前を見てちょっと思いました、

ジェットスター下地島へ

現在、下地島空港の旅客ターミナル施設の建設が進んでいますが、2019年3月30日に開業することになりました。

開業にあわせてジェットスターが、成田から下地島線を開設することも決まっており、今後乗り入れ誘致が活発化しそうな感じです。

伊良部大橋で結ばれている宮古島にはライバル?の宮古空港があり棲み分けも気になるところです。
下地島空港は3000m滑走路にILSも完備されているので空港設備としては宮古空港より充実していますから今後、LCCが参入するかも知れませんね

これで下地島空港の訓練施設が復活してくれれば観光資源の一つにはなるんですけどね。

下地島空港といえばエメラルドの海ですよね

九州へ行ってきます。

早朝から羽田空港へやって来ました。これから北九州空港行のJL371に搭乗します。

GWに北九州空港からJLで羽田まで帰ってきましたが、今回はその逆です。
JLの北九州便は福岡より安く設定されている場合が多く、今回の目的地(長崎)までのJRの運賃(割引運賃で)を加算しても、福岡や長崎空港利用より(若干)安いことから今回も北九州になりました。