Category: 旅



増える旅客施設使用料

空港利用料に加え出国税が必要に成る国際線

少し前までは海外へ玄関は成田空港で、毎回出国時に空港利用料(確か2000円だった?)を払ってました。まあ、日本だけでは無く、海外の空港でも空港税の名目で徴収していましたし、いわゆる贅沢課税みたいな物でした。

しかし、羽田空港に残留した中華航空を利用して出国する時は不要だったのでホノルルや台北へ向かう時はちょっと安い?と言うこともありました。

それがいつの間に国内線利用です僅かな金額ですが空港利用料を支払う必要がある空港が出てきました。
さらにこの秋から、仙台、伊丹、新千歳、関空(第一ターミナル)の国内線でも空港を利用する旅客から旅客施設利用料を徴収することになります。
航空券に上乗せされて徴収されるので、利用料を払っていると言う感覚が無いかも知れませんが、今後同様に徴収する空港が増えてくると思います。

来年には国際観光旅客税も始まります。こちらは国際線だけですが運賃以外に支払うものが増えてきてます。

財政赤字なので予算が厳しいのは判りますが、受益者負担って本当に正しいの?と疑問になってしまいます。ちゃんと旅行者の為になっているのか?変なところで消えて無くなっていないかと勘繰ってしまいます。

LCC vs FSC

海外から成田に続々と低コスキャリア(LCC)が乗り入れして、FSC(フルサービスキャリア)の競争が激しくなる中、JALも中長距離線でLCCで参入します。

海外へ低価格で出掛ける事が出来るようになったのは消費者としては嬉しい訳ですが、航空ファンとしてはLCCとFSCどっちで行くか悩ましいことになります。

LCCで行ってみようと調べると、やっぱり飛行機に乗ったら機内食を食べたいよね。撮影機材があるとどうしても機内持込み制限を超えてしまうので、チェックインバッゲージになるので荷物を預けて、座席も時間によっては窓側か通路側か指定して確保したいし・・・

こうやってオプションを追加していくと、運賃は安いものの税金やオプションで結構なお値段になってしまったりします。

FSCだと幾らかなーとホームページから同じような日程で検索してみると、意外にも安い運賃が表示され計算するとLCCより数千円ほど高い位だったりします。FSCも外航キャリアではマイル加算対象外ですが、LCC対抗運賃をしれっとファイルしていたりします。(宣伝しないのはLCC潰しと見られたくないから?)

こうなるとそれまでLCCで行こうと考えていたのが、FSCでいいんじゃない?と気持ちがぐらつきます。

MM/APJピーチアビエーション A320 JA804P

LCCで行くか

BR/EVA/エバー航空 A330-300 B-16335

FSCで行くか

現在、絶賛検討中です(笑)

手書き券

出札補充券先月の旅行では、JRで長距離移動をするので少しでも安くあげうようと色々考えたのですが、GW期間中とあって「レール&レンタカー」が使えず(無割引になる)ノーマルで買うしかないか・・・
となったのですが、出発日に大宮まで行く用事があったので、一筆書きにして片道乗車券にしようと考えて、JRの駅で購入しようとしましたが、経路が多すぎてマルスで発券が出来ず、手書きの出札補充券になりました。

経路も複雑なので途中下車する時い改札の係員はちょっと驚きながら下車印を押してくれました(笑)

まあJRの手書き券はこうやってマニアっくな買い方をするとしばしば登場しますが、手書きのIATA書式の航空券はめっきり見なくなりましたね。

なんせ航空券自体がE-TKT化が進んで、複写式のIATA券からATB券、ATB2券に変わりましたが、航空券じを見る機会が無くなりました。キャリアで購入すると表紙がキャリアのロゴが書かれお洒落?だったので好きでした。

1990年台に買った航空券は複写式のIATA書式ですが、ドットインパクトプリンターで発券されるのが殆どでしたが、ソウルのJASカウンターで購入した時だけ手書き券で発券されたことがあります。

どこかに控えが残っている筈なので今度実家に行ったら探してみようかな

長門本山駅

今まで何回か「SLやまぐち」の撮影で山口を訪れていましたが、いつも撮影ばかりで宿題?となっていた、宇部線と小野田線の完乗をようやく済ませて来ました。

長門本山駅

長門本山駅


両線とも私鉄から買収路線でJRとちょっと雰囲気が違いますね。そして小野田線と言えば雀田からの長門本山支線です。

2003年までクモハ42が活躍していましたが今では、クモハ123の単行になってしまいました。できればクモハ42がいる間に訪れたかったものです。

今回、宇部新川6:40発の始発電車で長門本山へ向かいましたが、乗客は自分の他2名でうち1名は「鉄」でした(笑)

長門本山駅の時刻表

1日3本です。

雀田駅では小野田駅からやってきた列車から1名が乗換てきましたが、クモハ123の長いロングシートに4名と寂しい乗車率で終点の長門本山駅に到着。

乗ってきたクモハ123は6分程で雀田行として折返します。

わずかな時間ですが駅の周りを見物して、乗ってきたクモハ123に乗車します。
折返しは通学の学生が3名程と休日だったからかも知れませんがやはり寂しかったです。

駅の時刻表を見ても1日3本しか列車がありません。

このクモハ123が雀田まで一往復した後に宇部新川行となって戻った後は、夕方に再び宇部新川から長門本山への一往復が終電となって終わりとなります。

まあ、終点の長門本山からはバスで小野田駅へ向かうことも出来ますから、通学時間帯に列車があれば充分ということなのでしょう。

こうなるといつ、廃線になっておかしくありません。
特にJR西日本はローカル線比率が高いですから・・・。

サンライズ出雲

今日は訪日中のスイスからの友人とサンライズ出雲で旅に出掛けてきます。

運が良いのか一ヶ月前の発売日夜に駅で空きを聞いたらシングルが2部屋空いていると言うでは有りませんか❗だってGW期間中ですよ。

10時打ちでも確保が難しいサンライズ出雲ですからね。

明日は出雲市から津和野に抜けSLやまぐちに乗る予定です。

使用中

今は目的地までの直行便が増え、何箇所か寄港しながら目的地へ飛ぶ経由便はめっきり少なくなりました。

バンコクで整備中の機内

バンコクで整備中の機内


写真はスイス航空(SR)のチューリッヒ発バンコク経由のシンガポール行に搭乗した際に、バンコクに寄港した際に撮影したものです。
SRでは、経由便で寄港した際に機内整備を行いますが、シンガポールまで搭乗する人の座席には「使用中」のピンを立ててこの座席は清掃不要と言うこと表していました。

寄港地ではセキュリティの関係で乗客全員を降ろして整備する場所もありますが、SRは機内に滞在しても、ターミナルに出てもどちらでも良かったので、この時は機内で整備の様子を眺めていました。

2000年位までは南回りなどで経由便が健在でした。
印象に残っているのが、1995年にSQのカイロ~ドバイ~シンガポール線に搭乗した時です。当時はA310で運航していて航続距離の関係もあってドバイに寄港していました。
その時、初めてのドバイ空港で全員一旦降機となり、ターミナルに行くとなんか薄暗くて、ああこれが中東なんだなぁ~と思ったものです。(中東戦争とかありましたからね・・・)

それが5年後の2000年に行ったら、超豪華な空港になっているのですごく驚いたのを覚えてます。
SQが経由便でドバイに降りなかったら中東の印象が違ったかも知れません。

偶には経由便でいろいろな空港に立ち寄りながら旅してみたいものですが、今はそういう路線自体が少ないですからね・・・

18きっぷ総決算

春の青春18きっぷを購入し、久しぶりに5回分を全部使いました。大抵、残り2回分を友人に廃却してしまう事が多く、最後まで手元に残る事は珍しいです。
18きっぷ
さて今回はどれくらい普通乗車券と較べてお得だったか計算してみました。

※1回目 7,270円
 名古屋~四日市、四日市~最寄駅

※2回目 3,750円
 札幌~岩見沢~追分~南千歳、南千歳~札幌、札幌~新千歳空港

※3回目 6,040円
 最寄駅~由比、由比~最寄駅

※4回目 5,920円
 最寄駅~小山~あしかがフラワーパーク、あしかがフラワーパーク~岩舟、岩舟~小山、小山~後台、後台~最寄駅

※5回目 4,850円
 最寄駅~南越谷、南越谷~八木原、八木原~最寄駅

合計27,830円分利用し、15,980円得した計算になります。まあ、得なのかはいろいろ議論があるところですが(笑)

次は夏の発売ですが、夏は利用可能期間が少し長くて1ヶ月半ちょいありますから使いきれるかな?

モバイルSuicaグリーン券は熱海まで

今朝、東海道本線の東京発沼津行323Mで静岡方面に向かう際、朝も早かったので寝たいしグリーン車で行くかとスマホのモバイルSuicaアプリからグリーン券を購入しようとたら、下車駅を「沼津」すると「普通列車グリーン車利用可能駅で降車駅に該当する駅がありません」と表示されます。

あれ、おかしいな・・・沼津まで買えないのか?
「三島」で試しても駄目で「熱海」ならちゃん選択できて購入できます。

どうせ値段も同じだから総武快速から乗り継いで乗る予定で、接近放送が入ってます。とりあえず、熱海まで購入して乗車。
東京駅でカードリーダーに一度タッチして乗り換えます。

323Mに乗車してアテンダントがやって来たので事情を話すと「JR東海はSuica利用が出来ないので車内で変更します」と言われ、車掌端末にSuicaを読み取らせて区間変更券を出して呉れました。
普通グリーン券
なるほど、JR東海区間はSuica利用不可能だからSuicaグリーン券も使えない訳か・・・
まあ制度的には納得は出来るけど、ユーザから見れば不合理ですね。

湯河原あたりまで寝てましたが、途中から満席状態でかなりグリーン車も盛況でしたが殆どの乗客は熱海で下車しました。
熱海を発車すと一斉にカードリーダのランプが赤になり、IC利用ができなくなりました。アテンダントも熱海まで沼津までは乗務省略ですからチェックもありません。
JR東海的にはこの区間は普通車と同じ感覚なのかも?

そうそう、最近グリーン車のアテンダントですが猥褻事件があったからか男性がかなり増えてますね。まあ仕方ないのでしょうかね。

誕生日なのでLCCに乗ってみた。

昨日は誕生日だったので昨年、ようやく運航開始したAirAsia Japanに乗って来ました。

AirAsia Japanの2号機 JA02DJ

AirAsia Japanの2号機 JA02DJ


LCCなのでもちろん誕生日だから言って何もサービスはありませんでした。(笑)

運航開始に合わせて販売された片道5円の記念運賃で取れたのが今日のCTS/NGO/CTSだったので就航記念と言うことでわざわざ乗った次第です。

日帰りトンボ帰りなので名古屋滞在は5時間と短く、空港でスポティングするにも中部空港の午後はド逆光なので車で衣浦臨海鉄道の撮影し半田にある温泉に入って来ました。

初めて日本のLCCに乗ったのがAirAsia Japanでその時も就航記念運賃でした。あれからすぐにANAとのゴタゴタがあってバニラになっちゃいました。

そのバニラもANAグループのピーチとの統合と言うことになり今後はどうなるか?

今回、AirAsia Japanの再就航では成田では無くて中部を拠点としたのも成田ベースでは早々に行き詰まると思ったのでしょう。

でも中部だと自分は暫くは乗る機会は無いかも…

快速エアポート

今夜から北海道へ来てます。

国際線機材だけという理由でわざわざ成田から千歳まで飛んでJRで今晩の宿がある札幌へ向かってます。

快速エアポートの指定席は前は320円でしたが本土と同じ520円になりましたがけっこう埋まっています。

乗車した列車は721系でしたが新型733系はロングシートですからゆったりしたい場合は指定席と言うことなんでしょうね。

札幌まで約40分ですからまあ520円なら値段的にも悪くは無いかな。

さて札幌に着いたら「だるま」でだるまなければ(笑)

佐野【ラーメン】朝日が昇る屋

深夜に佐野からの帰り道、小腹が空いたなぁ~と車を走らせていると道沿いに「佐野ラーメン」の看板を掲げて営業しているお店があり、こんな夜でも営業している!とUターンして入店してみました。

佐野ラーメンのお店は早じまいな所が多いから、深夜に営業しているのは珍しいなぁとメニューから白ネギラーメン(850円)を注文しました。「塩」にもそそりましたが佐野は醤油だからという訳で・・・

少し混雑していたので10分程待つとラーメン到着です。

白ねぎラーメン(醤油)850円

白ねぎラーメン(醤油)850円


店名に「佐野青竹手打ちラーメン」の冠が付いているので佐野ラーメンらしく手打ちの平打ち麺。
ちょっと柔らかめで、先日バキバキの煮干し系を食していていたので個人的にはちょっと違和感がありましたが、佐野ラーメンとしては平均的な柔らかさだと思います。

スープは鶏ガラメインで透明感があり、さっぱりした感じ。
胡椒で味付けした白ネギにチャーシューの細切りは、良くあるネギラーメンですが、ちょっとチャーシューが少ない感じだったのでトッピングすれば良かったかな。

でも佐野ラーメンなのでスープにパンチが効いているとかどびきり美味しいとかはありませんが、ホッとするラーメンでした。
それに深夜営業しているのも、なかなか素敵です。

<MAP>

TEL:0283-27-0707
住所:佐野市堀米町14
営業時間:20:00~翌4:00 (日)18:00~24:00
定休日:月曜、第2火曜
HP:なし
(訪問日2018/3/16)

世界一周記念日

今日3月6日は「世界一周記念日」なんだそうです。JALが1967年3月6日にJAL1便が世界一周路線として運航した日になります。

JAL1便はDC8で羽田から香港、バンコク、ニューデリー、テヘラン、カイロ、ローマ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ホノルルと経由で羽田に戻るルートでした。

当時はパンナムが世界一周路線を持っており、ナショナルフラッグキャリアとしてどうしても世界一周路線が欲しかったJALとしては念願の路線でした。

とは言え開設当時ままだ海外旅行が一般的では無かった時代ですから集客にはかなり苦労した様です。特に大西洋区間は空気輸送に近い日もあったとか。

メンツを掛けて路線維持をしていましたが、1972年に大西洋区間が運休となり撤退しましたが、栄光?のフライトナンバーJAL1便は2000年代始めまで世界一周便の流れをくむサンフランシスコ/成田/香港便で使われていましたね。

世界一周便は2000年代に入りUAが世界一周便を就航させた時期がありましたが、その後アライアンスによる共同運行が始まり、自社で世界をカバーする必要も無くなり、今では皆無になりました。

「ムーンライトながら」が無くても大丈夫

これから関西線の撮影に東京駅からJRハイウェイバスの「ドリームなごや」号で名古屋へ向かいます。
青春18切符が使える期間ですが、大垣行の「ムーンライトながら」の運転は3月16日からなので利用できません。まあ運転していても乗らないでしょうけどね。

だって、ドリーム号の方が便利で「ムーンライトながら」より【寝れる】から翌日、断然体が楽です。平日なら3900円で名古屋まで移動できますから小田原までの運賃と指定券代を考えると悪くは無い選択だと思うのです。
名古屋には「ムーンライトながら」よりは到着は遅いですが、さらに西に向かうなら大阪までのドリーム号もありますから

ただ、4列シートの青春ドリーム号は微妙ですが、それでも車内減光しない185系とどっこいどっこいカナ。

「ムーンライトながら」が廃止されると言う噂が絶えません。まあ全車指定席になったことで利用率が低下していますから185系のリタイアに合わせて廃止と言うことも考えられます。

まあ、夜行移動はバスの時代ですから「ムーンライトながら」が無くても大丈夫です。(笑)

遥かなる南極

先週、日テレ「世界の果てまでイッテQ!」でイモトの南極登山が放映されていました。
やっぱり、視聴率の良い番組はお金の使い方が違いますね。

プンタアレーナスからIL76TDで南極へ行くツアーって軽く500万超えですよ。一般的なのは船で向かうクルーズなら100万台なので手の届かない?範囲では無いですが、最低2週間は必要になります。

でもいつかは・・・出来れば死ぬまでには一回、南極には行ってみたいです。

この先1000kmで遥かなる南極がある。

この先1000kmで遥かなる南極がある。


もう20年前ですが、せめて「定期便」飛ぶ最南端まで行こう!と言うことでアルゼンチン最南端の街「ウシュアイア」まで行きました。ココまではブエノスアイレスから定期便が就航しており、当時は世界最南端の定期ジェット機が就航する空港でもありました。

ウシュアイアはビーグル水道に面した街で、水道を挟んで向かい側はチリ領になりますが目立った街は無く「村」で不定期のプロペラ機がプンタアレーナスから飛んるだけで当時は簡単に行け無かったです。
今では最南端の「村」として売り込んでおり定期便が飛ぶようなったとか。

ウシュアイアから南極までは1000km程。
ここからクルーズ船に乗り込めば3~4日で南極へ到達することが出来ます。

いつか行きたい・・・

と思っていたら、Amazonプライムビデオでこんなの見つけました。
宇宙よりも遠い場所
いやーいきなり出てきた場所を見て吹き出しました。
え、茂林寺駅、館林駅・・・南極に行く話じゃないの???あれってちょっと身近すぎてついつい見ちゃいました。

いいな南極。行きたい


懐かしシリーズ”サイパンへはANAのL-1011で”

ANAが悲願の国際線に進出したのが1986年の成田/グアム線でした。今でこそANAの国際線は当たり前ですが、1990年代はまだまだ路線数も少なく、海外での知名度は殆ど無くかなりインバウンド需要の営業はかなり苦しかったようです。
でも就航出来る場所には積極的に就航しており、リゾート路線のサイパンにもANAが就航していた時期がありました。

L-1011 サイパン空港

オープンスポットから搭乗しました。


サイパンへは、コンチネンタル・ミクロネシア航空(エアーマイク)がDC-10やB727で、JALがB747-200やDC-10でリゾート客を運んでいたところにANAがL-1011で(確か週3か5便)就航しました。

この写真は1990年9月9日にNH918便で帰路につく時に撮影しました。

当時のサイパンはまだまだ開発途上で供給座席数が増えたもののインフラが追いつかない状態でしたね。
停電も結構頻発してましたし、真水供給も完全では無かったし。

今では想像もつかないほど、リゾート地と言うよりローカルな島でした。