Category: 旅



1990年の彌敦道(ネイザンロード)

彌敦道(ネイザンロード)[1990年に始めて香港に行った際に香港(九龍側)のメインストリート「彌敦道」を撮影した画像が出てきました。
香港と言えばネオン煌めく彌敦道です。今では広告規制なのか当時に比べると広告が無くなり、2階建てバスの正面から眺める彌敦道の迫力が無くなったのは残念です。

この当時はまだ大英帝国の植民地で地下鉄もまだ2路線だけでしたが、今では地下鉄は東西南北に延伸されて11路線に増えてます。
そうそうこの時は就航して間もないANAで飛んだのですが、機材はL-1011トライスターでした。

香港が中国に返還されたのはこの7年後で今から20年前になります。香港は一国二主義体制を返還から50年間維持することが約束されていますが、今の香港は中国共産党の支配が進んどんどん自由が無くなっているゆな気がします。

Visit Japanの影で

先日、スイスの友人が日本国内を旅行した際に、夕食を食べようとあとある街をふらついていたら店先にこんな掲示を見つけたそうです。
日本語の理解出来ない人お断り
この掲示について、このお店がどういう経緯で張り出したかは定かではありませんっし、この掲示の善悪を問う気はありません。

今年の訪日客は既に2000万人を突破しており、このまま行けば3000万人も届きそうな勢いです。
その一方で、今までアジア圏からの主流だった団体旅行が個人旅行にシフトしつつあり、今まで以上に問題が発生しつつあります。

特に、色々な場所でコミュニケーション、意思疎通の難しさによるトラブルが急増しているのです。

こうした問題に対して、国は観光案内所や観光ガイドを整備する新しい財源として、先日記事にした出国税を充てる検討しています。

いやいや他にやることあるのではと思うのですが、島国日本では無理なのでしょうかね。

AFセントマーチン線再開

今年のハリケーンで壊滅的な被害を出したセントマーチンですが、AFが2018年1月6日から週1便で運行再開することになりました。

1/6は臨時便扱いのAF4140/4141便として運航、翌週1/13からはAF498/525便として毎週土曜日発の定期便で運航を再開することになります。

スケジュールは
 CDG10:30発⇒SXM14:50着 A340-300
 SXM18:55発⇒CDG8:15+1着(AF4141はSXM16:50発⇒CDG6:10+1着) A340-300
で予定されています。

KLMはB777による週2便で運航を継続しており、SXMに4発機が戻ってきたことになります。

AF/AFR/エールフランス AF498 A340-300 F-GLZR at SXM

またこういう風景が見ることが出来ますね

出国税を徴収?

空港利用料に加え出国税が必要に成る?

日本政府は観光関連の財源として「出国税」を早ければ2019年度から、「外国人観光旅客の来訪地域の整備等の促進による国際観光の振興に関する法律」を改正して航空券発券時に1000円程度を上乗せして課税徴収することを検討しています。

現在、成田や関空などの国際線利用者は空港利用料として2000円強を航空券発券時に支払っていますが、さらに利用者から徴収されることになります。

いまさら「出国税」っていうのもなんだかなぁ~と思うのは自分だけでしょうかね。
出国税ってなんとなく発展途上の国が海外旅行に出掛ける富裕層や国外からの利用者に課税する税金って言うイメージだったりするのです。

政府は今回の「出国税」を一般財源として、毎年度の予算編成で使途が決定し、観光関連に使われる説明しています。

「出国税」って本当に必要なんでしょうかね?
どういう事に使われるのが判らないので、ちょっと首を傾げてしまいます。

そもそも個人的に航空券発券時に徴収すると言うのが気に食わないのです。例えばLCCなどを利用すると発券時に徴収された後、キャンセルした場合、出国しないのに関わらず税金が戻って来ない可能性があるのです。
空港利用料も同じですけど、税金となると不公平な事になるので税金の大原則から外れてしまうのでは無いでしょうか?

東京の地下鉄はダンジョン?

いちょう並木も多くの観光客で賑わってました。

先週末、明治神宮外苑のイチョウ並木を見物した帰り、地下鉄に乗ろうと青山一丁目駅の階段を降りていくとコンコースにかなりの人溜まりになっていました。

もしかしてダイヤ乱れでも発生してるのかと思いましたが、どうやら地下鉄の運賃表を見る人、券売機に並ぶ人達でした。
人溜まりになっている人達の半分位は訪日旅行客の様、スマホと運賃表を交互に見ながらグループでなにやら話しながら調べているような感じでした。

まあ東京の地下鉄は都営とメトロが入り混じっていて運賃も異なり、東京の人間でも迷う程ですから、訪日観光客にとっては迷宮、ダンジョンの様に思えるでしょうね。
現に、東京の地下鉄に対してのイメージは複雑と思っている人が多いのは事実です。

ICカードが普及して券売機自体も減っており、少ない券売機に並んで、まごつきながら切符を買おうとするものだから列が伸びて・・・と悪循環。

せめて東京の地下鉄が運賃統一になればもう少しは判りやすくはなるのですが、かなり未来の話になりそうなので、いっその事、ジャパンレールパス(JRP)の特典として地下鉄のフリーパスを付けたらどうなんでしょうね。
JRPは安価な設定なので、少し位上乗せして東京とか大阪の地下鉄も乗れるようにすれば利便性も向上するとは思うのです。

ただ、JPRは磁気券で発行されますが、エンコードはされて無い様で自動改札機は通れない仕様で、氏名や国籍、旅券Noが記載されている台紙と同時使用しなくてはならないので有人通路を使う必要がありますが、やらなくても良いオリンピック(個人的主観です)時に訪日客の混乱を考えると一考の余地はあると思います。

岐阜駅前の香港?

先日、岐阜で宿泊した時、岐阜駅から宿のドーミーインまでデッキで繋がっているので、歩いて行く際にふと隣を見た際に、なんだココは?まるで香港みたいな風景に出くわしました。

マンションの長屋と行った感じで、その時は夜で余計に香港ぽっかったのです。
歩いているのは駅前の再開発区画に建てられたビル街で、一つ通り挟んで旧市街と隔ててる感じでした。

翌朝、チェックアウト前に写真を撮ってみました。
岐阜駅前の香港朝方だったので夜とはちょっと違った雰囲気で香港らしさは幾分、少なくなった感じですが、ビルがずーっと繋がっている感じは写真で判ると思います。

この建物はなんだろうと良く見てみると
アーケード街でした。なんと「問屋町中央通り」と言うアーケード街になっていました。
どうやら衣類の問屋さんが集まっているアーケード街の様です。

その外側を見ていたことになります。
最近、アーケード街は減少傾向にありますが、こういう立派なアーケード街は観光資源にもなりそうな感じです。

こういう発見があるのも「旅」の面白さの一つですね。

ANA,マレーシア向け長期滞在向け運賃

NH/ANA/全日空 NH817 B787-8 JA840A

ANAのKUL線はB787で運航されてます

ANAは最近日本から年配者の長期滞在先として人気のあるマレーシア向けの特別運賃を期間限定で設定しました。

最低滞在期間は9日以上6ヶ月以内と、欧米からみればどこが長期滞在向けなんだと突っ込みが入りそうな感じですが、日本国内からクアランプールの往復エコノミーで4万円、ビジネスで9万円(共にサーチャージ、空港利用等別)と安価な設定となっています。
特にビジネスはお得感がありますね。

販売期間は2017年11月17日~12月31日で、往路の搭乗可能期間は来年の2018年1月10日(水)~9月30日(日)までとなっています。

羽田・成田発共に利用でき、国内線との乗り継ぎは往復で各一回可能となっています。
なお、国際線区間はANAのみ利用可能でコードシェアは利用不可です。

期間限定ですが、日本発の特別運賃としては、安価で半年間有効な運賃がファイルされるのは珍しいです。
有効期間が長いので、現地発を組み合わせて使うのも面白いかも知れませんね。

新たな関西土産に名乗り?

今回の遠征では復路は伊丹からJAL最終便で帰ってきました。
家族から関西土産のリクエストに「カール」がありまして、伊丹空港に向かう前に伊丹駅近くの「関西スーパー」で買って来ました。

1袋税別99円


明治のカールは9月以降、福井、岐阜、三重県以東の東日本では販売中止となって東京では買えなくなった幻(になるには早いか)のスナック菓子です。

まあ、買えなくなると食べたくな常で、買って来て!となるものです。

チェックインして搭乗口に向かうと、やはり同じこと考えている人が多いようで、カールが入ったビニール袋をぶら下げている人を見かけました。

まあ関西土産というと、八ツ橋が鉄板で対抗馬が蓬莱551の豚まんと言うのが定番ですが、もしかしたら関西土産にカールがお土産戦線に加わるかも知れませんね。

ドリームなごや3号で行ってきます


これから夜行高速バスに乗って名古屋へ向かいます。
東京駅八重洲口はJRバスグループや共同運行するバス会社のバスがひっきりなし出発していきます。新宿のバスタと夜行バスの聖地?です。

今回の名古屋行も3列シートのダブルデッカー。列車に比べると車内の圧迫感はありますが、リクライニング角度はグリーン車並ですから楽ちんです。
で運賃は3900円と格安。
これでは夜行列車が衰退していくのも当たり前ですね。

今日のドリームなごや3号は7割程の乗車で出発です。

ロンドン線増便。Yクラスでもラウンジ利用可

JL/JAL/日本航空 B787-8 JA828J

JALのB787-8

ウィンタースケジュール開始日となった10月29日、台風22号が接近する中、JALは羽田・ロンドン線(LHR)を増便しました。
B787-8型機の運航で羽田を深夜2:45に出発し、LHRには早朝6:25に到着するダイヤで、欧州便としては珍しい深夜便となります。

LHRには早朝到着するので、ヨーロッパ各地への乗り継ぎには便利ですが、これからの時期は朝6時だとまだ暗く寒い中に到着となるので、どこまで需要を取り込めるかですね。

出発が深夜遅く2:45と言う時間帯と言うことで出発後の機内食サービスは離陸から約7時間後にサービスすることになり、その代わり、出発前にサクララウンジ5階をエコノミークラスの利用者にも開放しJAL特製ビーフカレー、スープ、パンなど軽食とビール、ワイン、日本酒のアルコールサービスを行うことになっています。

まあこれも一種の需要取り込み策なのでしょうが、なかなかおもしろい試みだと思います。特に深夜便を利用するときは搭乗したら直ぐに寝たいと思いますからね。

さらに2018年3月24日まではLHR深夜便利用者には「天然温泉 平和島」を無料で利用出来るキャンペーンも行ってます。事前予約が必要ですが、平和島から羽田空港まで送迎バスまで含まれてますから便利です。

さてこの深夜便が定着するか?
個人的には欧州線の夜行便は欧州内で乗り継いでさらに遠くに行きたい時には便利なんで好きですけど。

ちなみにLHR発は9:30発で羽田には翌6:25着となります。

JAL 日本航空

国際線復活!

昨年の春にJTB時刻表から国際線ダイヤの掲載が無くなり、業界向け別紙となっていましたが、今年の10月号から国際線ダイヤの掲載が復活しました。

やはり業界向け別紙ではコストが回収出来なかったのでは無いでしょうかね?

10月号は丁度、JR東日本のダイヤ改正掲載号と言うこともあって購入してありますが、時折パラパラと時刻表を見ながら、「へぇーこんな都市から直行便が飛んでいるんだ」とか「744が無くなったなぁ~」などを独り言をブツブツ。
おっと、これは危ない人だよなとさらに独り言で・・・

ホント、中国の就航地点は増えているし、UAやDLのアジア以遠権路線が無くなったりと時代は変わってますね。
妄想旅行も楽しいものです(でも程々にしないとね)

DJ、アクセス集中で決済出来なかった?

月曜日の深夜、エアーアジア・ジャパン(DJ)の就航記念フェアをGetしようと頑張って?、なんとかCTS/NGO/CTSのルートでゲットしたのですが、その後予約確認すると「確認待ち」のステータスになっていました。

どうやらクレジットカードの決済承認が下りてないような感じです。

ホームページには「問題なく支払いを完了したにもかかわらず、2時間経っても予約確認メールが届かない場合、お客様のご予約はエアアジアによって48時間以内に確認され、お客様宛てに確認メールが送付されますのでご安心ください。」と書いてあるので、2日待ってみましたが、ステータスは確定になってません。

うーん、変だな~とTwitterからメッセージを送ってみましたが、クレジットカード会社に連絡してと返事がありましたが、カード会社に連絡してもDJに聞いてみてと言われそうな気が・・・

まあ、明日連絡してみるかと、さらにググってみたら同じ状態になっている人がいるようで、中にはDJから「アクセス集中で決済出来なかった」と連絡があったと言うのです。
なんとかく想像出来ましたが、それにしてもそんなにやわなシステムでもないだろうにと思うのですが、決済が正常に出来ないほどのアクセスだったのでしょうね。

とりあえず、明日様子見て連絡してみようかなと思ってます。

ゴールドまで24000マイル

この夏、アテネからスキアトスまでオリンピック航空(OA)に搭乗しました。(往路はシップチェンジでエーゲ航空(A3)のA320になりましたが)

航空券発券時にエーゲ航空のマイレージサービス「Miles Bonas」に加入したのですが、搭乗後にエーゲ航空から「Miles Bonas」の会員カードが送られてきました。
エーゲ航空 Miles Bonus実はそのまま机に放置していて(なんせスキアトス往復では大したマイルでは無いし)先日、ああこんなのも来ていたなと開封したのです(笑)

以前、エーゲ航空は上位ステータスへのハードルが低くスタアラゴールドへの最短コースとも言われてましたが、ルール変更であまり美味しく無くなったと聞いいました。

でも同封されているリーフレットを見ると今でもハードルは他社に比べて低いですね。
ゴールドになるには12ヶ月以内にA3またはOAに4回かつ24000マイルの獲得をするか、スタアラキャリアで12ヶ月以内に48000マイルの獲得で得られます。

ステータス維持も12ヶ月以内にA3かOAに4回以上搭乗し、かつ12000マイルを獲得するか、スタアラキャリアで24000マイルを獲得すれば良いようです。

A3は欧州路線がメインで長距離路線が少ないのもあるのでしょうが、なんか頑張ればゴールドが取得できそうな気もしますが・・・

でも修行するのは面倒だしなぁ~(笑)

大回り乗車で武蔵野貨物線完乗

今日は、朝から一日雨と言うことでしたので、前から乗りたいと思っていた「ホリデー快速鎌倉」で武蔵野線の貨物区間を乗って来ました。

夕方に馬喰町駅のMV機で指定券をGetした後、東京駅から東海道線で横浜駅に向かいました。

横浜駅では鎌倉から来るので横須賀線ホームかと思ってましたが、発車は東海道線ホームとの事でホームで待っていると185系が到着。さすが今日は観光利用者は少ないのか自由席も結構空いていました。

指定券は5号車1番A席なのでデッキの直ぐ脇です。
多分、鎌倉方が1号車だろうと思っていたので、この席にしたのですが、ちょっと失敗です。

自由席にはそこそこの乗車があり発車。
列車は鶴見駅手前で東海道線から東海道貨物線に転線し鶴見駅で運転停車した後、貨物線を新鶴見信号所の脇を走り、ここからは武蔵野線に入りトンネル区間に突入。

新鶴見~府中本町駅までの間は95%がトンネルで、途中の梶ケ谷貨物駅のあたりだけ地上に出ますがまたトンネルです。
多摩川手前でトンネルから出て後は府中本町駅を通過して武蔵野線へ。

まあ後は夜の武蔵野線なので面白くは無いですが、185系のモーダ音を聞きながらしばしの旅気分を味合うことが出来ました。

これで武蔵野線は貨物線区間を含め完乗です。
ちなみに、大宮~西浦和間は「快速むさしの」、大宮~武蔵浦和間と南流山~北小金間は「快速エキスポライナー」(20系客車で!)で、馬橋~南流山間は団臨「重連ミステリー号」(EF80重連でしたね)ので乗車済みです。

東京大都市近郊区間なので大回り乗車が出来ますので乗車券はお安く済みますし、暇な時は面白いかも。
ちなみに日は乗車した快速鎌倉は、横浜~東海道本線~鶴見~東海道本線(品鶴線)~新鶴見(信)~武蔵野線)~南越谷と言うルートで走りますが、乗車券の計算経路は横浜~東海道本線(品鶴線)~武蔵小杉~(南武線)~府中本町~(武蔵野線)~と言う経路になります。

なので「特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例」が「鶴見~横浜間」で適用されるので、今回の大回りルートが成立します。

OBBとSBB

オーストリア連邦鉄道(OBB)に乗車してスイス連邦鉄道(SBB)と言えばアルプス山脈に挟まれており山岳路線も多く、同じドイツ語圏とあって似ているなぁと漠然と思っていましたが、先月、OBBに乗車してスイス連邦鉄道SBBと似ているようで考え方が全然違うんだなと気づきました。

山間部のローカル駅で降りたのは自分だけでした。


今回、OBBで訪れたのはゼメリングまでですが、SBBは山間部のローカル駅は廃止してバスに役割を譲ってバスとの接続を図っていますが、ゼメリング区間では山間の小駅も運用されており、普通列車が停車して滅多に乗り降りしない乗客への便を図っています。

そんな山間部、ゼメリング駅はOBBの亜高速車両のレールジェット(RJ)が停車し駅員が居ると思ったら運転扱い要員(ポイントや信号を扱う)で乗車券類は一切扱わないのです。
SBBでは基本的に駅員配置駅では乗車券類を扱ってます。

欧州の鉄道で国を跨ぐと色々と変わるので、こういう発見をしながら旅するのも楽しいものです。