Category: 旅



ホリデー快速あたみ

ホリデー快速あたみ今日は伊豆方面に撮影に出掛けた帰り、熱海駅から青梅行の全車指定「ホリデー快速あたみ」で横浜まで乗車して帰ってきました。
当初は沼津からの富士急の高速バスで帰ってこようと思っていたのですが、臨時快速があるし、それも185系と言うのでバスをキャンセルして、前日に指定券をえきねっとで確保しておきました。

熱海温泉で一風呂浴びた後、16:40発の「ホリデー快速あたみ」に乗り込みましたが、まあ客層は自分を含め「鉄分」を保有した人が殆どでしたね(笑)

ホームや車内放送で「本日は満席で車内での指定券の発売はおこないません」との事。
でも実際にはポツポツと空席がありました。
大方、きっぷ収集鉄が購入したのでは?と思われます。

そういう死に座席を再販すれば収入になるのですが、後から乗車したきたらトラブルの元になるから消極的なんでしょうね。
自由席を併結すれば良いのでしょうが、またそれはそれはで問題が起きそう(ホリデー快速富士山のように・・・)なので難しいですからね。

最近は旅行会社が団臨を仕立ててバスツアーと組み合わせて商品を造成している例も多くなってきました。特に週末は道路が渋滞してバス帰着が遅れたりしますからね。
今後は臨時快速は減らして旅行会社への販売と言った方向になってくるかも知れません。

市原・房総十字園でのミカン狩り

今日は、毎年恒例のミカン狩りに行ってきました。
今年は台風で千葉県に大きな被害が出て市原のミカンも大丈夫かなと心配しましたが、農園の方々が頑張ってくれたお陰で例年より遅い10月下旬にオープンしました。

家を出るのが昼過ぎになってしまいましたが、高速で行けば1時間を切る距離なのでちょっとしたお出かけには丁度良い?距離です。
ただ、房総十字園さんは車で無いと行けない(公共交通機関が無い)のが残念なところです。

受付で入園料550円を払って、説明を聞いてからみかん畑へ突入です。

房総十字園

房総十字園のミカン狩り

今年は早生のミカンには幟が出ているので分かりやすくなっていますが、全体的にミカンの生育が少し遅いのか?まだ青々したミカンも多い感じがしました。
なのでもう1,2週間後の方が良かったかも知れません。

まあそれでも1時間ほど園内で12個のミカンを食べて、お土産用の小袋(800円)に17個詰めてきました。

東京都【船堀】鶴の湯

船堀・鶴の湯オススメ度:★★★
泉質:温泉法の該当(メタけい酸) 低張性低温泉
《源泉温度》18.3℃ 《湧出量》250L/min 《PH値》8.3 《成分合計》620mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:東京都公衆浴場料金(大人)470円
入湯日:2004.4.24/2007.4.22/2008.12.7/2012.4.14/2015.12.30/2019.11.4
HP:http://tsurunoyu.tokyo/
住所:江戸川区船堀2-11-16

江戸川区船堀地区には3軒の温泉銭湯があります。東京の銭湯では地下水をくみ上げて使っているの所が多いのですが、中に成分が温泉法による該当する地下水になっている場所があります。鶴の湯は地下から湧き出る黒湯(黒湯にしてはすこし薄めですが)となっています。

フロント形式にリニューアルされていて、入口や脱衣場も綺麗になっています。
銭湯なので消毒が義務付けられていますが、風呂場での塩素臭はさほどしません。
内湯は3つ浴槽がありますが1つはサウナ入口前にある「水風呂」で、こちらは源泉がそのまま使用されていて、掛け流しになってます。(源泉温度は18℃です)

後は温泉使用の浴槽と白湯の浴槽があり、温度は銭湯らしく40~42℃程と少し熱めの設定になっています。
また温泉浴槽の一部は電気風呂になっています。
浴槽の蛇口からは源泉が出るようになっていますが、入れると浴槽温度が下がるのであまり投入するのは謹んだ方が良いでしょう。

銭湯にしては珍しく、てちょっと狭いですが露天風呂もあります。
まあ場所が場所だけに塀で囲まれて外は見えません。こちらも加温された源泉が使われていて、若干オーバーフローもしていますが、基本は循環と考えてよいでしょう。(常にオーバーフローしていると言う感じではありません)
露天ではメタ珪酸特有の匂いがしましたが、スベスベ感はあまりありませんでした。

源泉を加温して使用していますので浴槽には結構、湯の花が混じっています。露天は内湯より温度設定が低めなので、内湯で火照った体を露天で休みながら入れるのは嬉しいです。

銭湯ですが洗い場にリンスインシャンプーとボディソープが2セットですが常備されてます。
ドライヤーは脱衣場に常備(有料10円)

<MAP>

鉄道:都営地下鉄新宿線船堀駅下車徒歩5分
車:首都高中央環状線船堀橋ICから車5分


もどる

くまモン効果?ラオス航空が熊本空港へ

QV/LAO/ラオス国営航空 QV441 A320 RDPL-34188

熊本に乗り入れるラオス国営航空のA320

ラオス航空(QV)が申請していた来年3月18日から、ヴィエンチャンとルアンパバーンから熊本への週2便ずつ運航する計画について乗入れが航空局から認可が下りました。

使用機材はA320型機で運航となりますが、なぜ熊本?と言うことになりますよね。

当初は、福岡空港への就航を予定していたようですが、福岡空港は混雑空港なことから希望する時間での発着枠が確保できなかったことと、QVが保有するA320の航続距離から熊本になったとの事。

熊本から関西や羽田への乗継ぎも可能になりますから、悪くは無い選択だとは思いますが後は利用客がどう判断するかですね。

ヴィエンチャン/熊本(水・土)
ルアンパバーン/熊本(月・金)

混乱の続く香港

KA/HDA/キャセイ・ドラゴン航空 A330-300 B-HYB

羽田線を運休するキャセイ・ドラゴン航空

民主化要求デモが続く香港ですが、未だ終結が見通せない混乱が続いています。

デモの要求が中国移送法案の撤廃だったのが、今では反共産体制になりつつあります。まあいつかはこういう動きが香港で起こるとは予想はしてましたがこうも膠着状態が続くと香港市民の疲労もさる事ながら。香港経済への影響を心配せずには居られません。

二国制度の香港ならではの地位が、中国返還後の香港経済の力になっていただけに、今後なにかしらの混乱に乗じて共産色が支配することになれば香港経済の優位性は消えて、深センと同じ括りになってしまうのではと危惧してます。

今、香港は観光客を始めとした外国からの訪問客が減少してます。
シンガポール航空は10月中旬から週49便運航していたシンガポール~香港線を46便に減便と機材縮小をしています。
一番影響の大きいのは香港ベースのキャセイパシフィック航空でしょう。既に米国線や欧州線で減便を行っており、傘下の香港ドラゴン航空は11月5日より香港~羽田線を運休します。

現地からの情報だと平日の昼間は比較的穏やかで企業活動も行わており観光出来なくは無いとの事ですが、週末になるとデモも激しくなり外出は控えたほうが安心との声もあることから、観光で香港を応援しようと言いけれない状況のようです。

早くまた深夜まで明るい香港になって欲しいものです。

ヴァージン・オーストラリアが羽田へ

以前はバージンブルーの社名でしたね。

以前はバージンブルーの社名でしたね。

オーストラリアの国際航空サービス委員会(日本で言う航空局に相当)は、来年のサマースケジュールから羽田空港へ乗り入れるキャリアとして、ヴァージン・オーストラリア(VA)とカンタス航空(QF)にそれぞれ日1便を割り振ることを決定しました。

これによりアンセットオーストラリア航空の破産により豪州キャリアはQF(配下のジェットスター含む)だけの乗入れでしたが、ようやく2社乗入れとなります。

VAは来年の3/29からデイリー運航でブリスベン/羽田線を開設する意向でA330-200を使用します。あわせてANAとのコードシェアを開始する予定になっています。

ブリスベンはオーストリア東部に位置して温暖でゴールドコーストにも近く、以前はJALがB747-400で直行便を飛ばしていたこともあります。

VAの就航で比較的高値安定な豪州線の運賃が下がることを期待したいところです。

宿泊はANAよりJALのほうが安い

宿泊予約をする際に、マイルを貯めるためにJALやANAのホームページから宿泊予約サイトに遷移してマイルを貯めることを良くしますが、同じホテルでもANAから遷移するよりもJALから遷移して予約した方が安いと言う事がありました。

JAL(JMB)のホームページから遷移した場合は

JALから遷移した場合

JALから遷移した場合の価格

ですが、

ANA(AMC)から遷移した場合で同じ日程、同じホテルですが、

ANAのホームページから遷移した場合

ANAのホームページから遷移した場合

なのです。

実は事前支払いで払い戻し不可のプランは同額なのですが、支払いが宿泊の前日まで猶予されるプランだと僅かではありますが、JALから遷移した方が安いのです。
多分、JALサイトから遷移して予約する人が多いので割引率を高めているのしょう。

マイレージで提携している宿泊予約サイトには大きく2通りあって、システムをホテルに提供してホテルが価格を設定するサイトと予約サイトが自ら契約するホテルから仕入れて販売するサイトがあります。
今回は後者タイプの「Agoda」サイトでの事ですが、仕入れた部屋は確実に売りたい訳です。
サイト全体での収益コントロールすれば良いので柔軟な価格設定が自由に出来るのも大きいですね。

ちなみに楽天トラベルで同一ホテルを同日程で検索すると同じ部屋タイプで最安は8,819円+税です。

宿泊予約する際にちょっと調べるとこういう面白い発見があって面白いです。

SWISS、関空就航記念運賃

スイス インターナショナル エアラインズ(LX)は来年3月の関空就航を記念したプロモーション運賃をファイルされています。

運航機材が成田線から撤退するA340-300となるのがちょっと残念ですがスイス航空の破綻に伴い、関空とスイスを結ぶ直行便が無かった関西にとっては、19年ぶりの路線再開となります。

就航記念運賃はエコノミー・ビジネスクラスともに設定されています。
※運賃は予告なしに変更される場合があります。ご利用の際は最新情報を航空会社または旅行会社に確認ください。

<<エコノミークラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2020/3/2~3/31
     ローシーズン(L)2020/4/1~4/24
発券期間 ~11/30
運賃 (H)60,000円 (L)51,000
出発地 関西(LX158/159便のみ利用可)
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス K
週末加算 5,000円 日本:土日出発、欧州:金土出発
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
燃料サーチャージ 別途要

<<ビジネスクラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2020/3/2~3/31
     ローシーズン(L)2020/4/1~4/24
発券期間 ~11/30
運賃 (H)310,000円 (L)290,000
出発地 関西(LX158/159便のみ利用可)
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス P
週末加算 50,000円 日本:土日出発、欧州:金土出発
年始加算 なし
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後72時間以内
燃料サーチャージ 別途要

再就航にあわせて関空線に乗りたいけど時期的に忙しいからなぁ~

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

関空に就航するスイス国際航空のA340-300

GK、関空/下地島を12月から運休

ジェットスター・ジャパン(GK)は、2019年7月に就航した関空/下地島線を12月より運休することになりました。この路線は、今年3月30日の下地島空港の旅客ターミナル(再)開業にあわせて、GKが成田線を開設し、7月に関空線を就航したものの、僅か5ヶ月で運休することになりました。

成田線もウィンタースケジュールから毎日運航から週4便に減便されます。時期的にオフシーズンになることからの減便とも言われてますが、やはり全体的に搭乗率の低迷があるのではと思っています。

GKは下地島線を宮古(下地島)と表記していますが、伊良部大橋で結ばれたとは言え少し離れているのと、GKのダイヤ編成にも問題がありそうな気がします。
成田発は朝が早いし、関空線は到着が遅めとLCCの宿命である効率的な機体運用の為に、デスティネーション性が失われてしまったのは残念です。

折角、直行便も再開され、海外キャリアの訓練空港としても注目を浴びてきた下地島ですが、GKの運休&減便は残念です。

下地島空港といえばRWY17エンドです。

下地島空港での訓練を撮影しに行きたいですね

権現堂の彼岸花

今年は遅咲きになった彼岸花

今年は遅咲きになった彼岸花

今日は、幸手の権現堂へ彼岸花を見に行って来ました。

幸手と言えば、8月に幸手市長が広島の飲み屋で暴行事件を起こして逮捕されたと言うニュースがありました。丁度明日が幸手市の市長選の様で、防災無線で明日の投票を促す放送がありました。
幸手は埼玉では知名度は低い?ので、あのニュースで幸手は一気に全国区になりしたからね。まあ不名誉なニュースなので・・・

彼岸花は例年なら秋分の日辺りが見頃になるのですが、今年は例年より10日程遅れての開花になったようです。
一気に咲いて一気に枯れるパターンの様で、なかり枯れた鉢が多い感じでしたが、遠目にみれば赤い絨毯には見えますね。

アクセス国際ネットワーク営業終了

JALの予約システムとして長きに使われてきた「AXESS」ですが、2017年から自社システムから段階的に世界的な予約システム(GDS)のアマデウスにプラットフォームを変更してきました。

一方で、AXESSの営業や旅行代理店へのサポート、トレーニングなどを行いAXESSシステムの運営を担ってきた「アクセス国際ネットワーク」が営業を終了すると言うニュースを見て驚き、一つの時代が終わったのかなと思いました。

予約システムとしてのサービスは2021年3月末まで継続し、それ以降はアマデウスがJALの推奨GDSとなります。
JALCOMから始まった日本の空の予約システムとして発展してきたものの、自社で予約システムを運営する限界や。旅行のグローバル化の中で、生き残るのは難しかったのかと言う感じです。
国鉄のマルスと並ぶ国産の予約システムだったのですが・・・

まだインターネットが無い時代に、JALから引き継いだパソコン通信サービス「JAL NET」を運営しており、パソコン通信経由でAXESSに接続してPNRを作成していた人間としては寂しい感じもします。

AAも羽田へシフト

アメリカン航空(AA)も来年のサマースケージュールからシカゴ~成田・ロサンゼルス~成田線の運航を取り止め、毎日2便運航のダラス~成田線を毎日1便に変更することを発表しました。

一方、ダラス~羽田線を毎日運航で開設し、毎日運航のロサンゼルス~羽田線を毎日2便に増便します。
DFW/NRT
 AA175 DFW 1220 HND 1555+1 777-300ER Daily
 AA176 HND 1815 DFW 1620 B77-300ER Daily
LAX/NRT
 AA170 LAX 0055 HND 0445+1 B787-9 Daily
 AA027 LAX 1015 HND 1420+1 B787-9 Daily
 AA169 HND 1155 LAX 0610 B787-9 Daily
 AA026 HND 1625 LAX 1025 B787-9 Daily

成田から羽田へのシフトが続き、成田への乗入れは後発だったAAも羽田へシフトの流れですね

AA/AAL/アメリカン航空 AA169 B787-9 N840AA

LAX線はB787-9での運航です

AAがソウル発の南米行セール中?

友人がアメリカン航空(AA)のソウル発ペルー行の航空券が安い!と言うことでさっそく購入しました。なんとソウルからペルー・リマ行が6.5万からだったと言うのです。

マイアミあたりからだと往復5万くらいのセール運賃が出ることがありますが、トランスパシフィックでこの値段は普通では無いですよ。
どれどれGDSに運賃がファイルされるているかと調べてみました。

ICN/LIM間のキャリアをAAで検索してみましたが、どういう訳かOneWayでの設定で、
QLX00YN1 KRW487400
と言う運賃しか出て来ませんでした。OneWayですが、RTにもOJにも対応していますので、往復なら単純に倍にすれば往復になります。これでも運賃だけみれば安いですよね片道4.5万ですから。

しかし、AAのホームページから検索してみると
OLE08YN1 KRW511200
と出てきました。
諸税込みでKRW730400となってリマ往復が6.5万です。ちなみに払い戻しもKRW140000で可能となっています。

AAでICN/LIMが6.5万ですって!

AAでICN/LIMが6.5万ですって!


ブッキングクラスがOなので、HPだけの運賃なのかも知れません

南米が安いならカリブも安いのかとICN/SXMで調べてみましたが、安くても14万オーバーでしたから、南米向けのプロモーションなんでしょうね。

ワンワールド派の人には修行に良いのでは?

あのトーマス・クックが倒産

MT/TCX/トーマスクック・エアラインズ MT1079 A321 G-TCDJ

運航停止となったトーマスクック・エアラインズ

イギリスのトーマス・クック・グループが9月23日に破産を申請し倒産しました。

同社は1841年創業の世界最古の旅行会社と言われており、現在では旅行を核とした旅行産業を形成し、自社ツアー客を世界各地へ運ぶ、トーマス・クック航空など世界中でビジネスを展開していただけにかなりのショックが走りました。
これもEU離脱の影響か?などとも揶揄されていますが、昨年から経営状況は悪化しており、追加の資金調達が出来なかったことによりThe Endとなったようです。

トーマス・クックと言えば欧州の鉄道時刻表でも有名で、インターネットがない時代に欧州へ旅行する時に何回かお世話になったものですし、旅行業務取扱主任者試験でも出題されてましたからね。
(現在は、トーマス・クックから離れてEuropean Rail Timetable社から刊行されています)

今回の倒産でトーマス・クックを利用して旅行中だった人に対して英国の民間航空局(CAA)がチャーター機による救済フライトを展開して帰国を支援しています。

英国の旅行業界では取り扱い1人あたり2.5英ポンドの供託金をCAAが集め、営業停止などの事態に備えているそうで、日本の旅行業者供託金制度とはかなり異なります。

それにしてもイギリスを代表する老舗がこうもあっさり消えるとは思ってませんでしたね。

カタール航空が2020年に大阪線再開

カタール航空(QR)は2020年4月からドーハ/大阪・関空線をA350-900で週5便で再開する計画です。
QRは、成田就航の条件とされていた関西・中部への乗り入れにより2016年まで大阪線を運航していましたが、利用率低迷から運休しています。

再就航にあたっては関空に夜到着の深夜発で、来年開催されるオリンピック需要をドーハ経由で取り込もうとしています。

ただ、サウジアラビアへのドローン攻撃により中東情勢がきな臭くなってきましたので今後どうなるか心配ではあります。

QR802 DOH0210 KIX1750 A350-900 月水金土日運航
QR803 KIX2330 DOH450+1 A350-900 月水金土日運航

QR/QTR/カタール航空 QR834 A350-900 A7-ALJ

関空びA350-900で乗り入れるカタール航空 QR834 A350-900 A7-ALJ