【アカメフグ】(12/29)浦安・吉久

年末釣行という事で去年に引き続き東京湾のフグに行ってきました。当初は28日を考えていたのですが前夜仕事で遅くなったので29日となりましたが、吉と出るか凶とでるか?

去年は八景出船でしたが今回は浦安「吉久」からの出船です。要予約との事でしたので前日に予約して朝6時に船宿に着くと大盛況で駐車場が満杯。スペース調整するからぐっると1周してきてと言われ回ってくるとまだ駄目でもう1周してようやく駐車出来ました。

受付で乗船料金を支払い、釣座を見ると残りはミヨシの張り出し、左舷スーパーミヨシの2番目しかありません。
ありゃー出遅れたなぁ。

なんだかんだ船に乗り込み用意が終わったのは6時半を過ぎていました。フグ船は28名、片舷14名とみっちりです。今日は隣の吉野屋も大盛況の様でどの船も満員御礼状態でした。
吉久
出船前に船長の釣り方レクチャーがあり、2回目なので聞いておきます。八景では着底後3秒位で空アワセを入れると教わりましたがこちらでは5秒との事。ふむふむこちらはこれが基本動作なんだな。

7時過ぎに出船となりポイントまでは1時間程走るとのアナウンスなので船の後方に逃げます。さすがにミヨシの突き出しでは寒いですからね。

東京湾を南下し、気がつくと羽田のD滑走路脇を航行していて、離陸機がよく見えます。

最初のポイントは東扇島沖で夏にマダコを釣りに来た時と同じ様なポイントです。
クーラーから前日スーパーに買い物に行ったら「アルゼンチンアカエビ」が10匹で580円でしたので買っておいたのを取り出し、船宿で買ったカットウ仕掛けに刺して準備します。

着底後0テンション状態で5秒数えて空合わせをしますが、直ぐには来ませんね~。
沖堤すれすれの位置を流しましたが、「潮が流れてないので移動します」と10分もしないで移動となりました。

20分ほど走り本牧沖、台風で建物と沖桟橋が壊され閉鎖された本牧海釣り公園跡地に到着します。
ここでも岸壁近くを流します。
本牧釣り公園
基本動作を繰り返しますが、なかなかフグからのアタリがありません。
5秒ごとに空合わせを繰り返します。それにミヨシの張り出しは体勢が不安定なのでちょっとした船の振動でよろめいてしまい落ち着いて釣りに集中できません。
時折、根掛りする場所もあり、フグを釣り上げる前に仕掛けをロストしてしまいました。

船中ではポツポツ上がっている様ですが、自分周りでは上がっている様子がありません。
あちゃーこりゃ駄目か?と諦め感が漂って来た時に空合わせしたら、グググッとフグが乗りました。
20cm級のアベレージサイズのアカメをゲットでとりあえず坊主は免れました。
でもアタリは判らなかったなぁ~

流し替えをして仕掛けを入れる着底後、なんか竿先に違和感が感じられたので1.2.3.4.5と数えて合わせるとガツンと掛かりました。
引きが良かったので先程より一回りサイズアップのフグををゲットです。
あれがフグのアタリか・・・よし感覚が少し判ったぞ。

少しでも数を伸ばそうとしますが、なかなかその後が続きません。
釣り公園の南側に移動して貨物船が停泊している岸壁脇を流しますがミヨシ側は根がきつい様でねがかり続発で仕掛けをロストです。なんかマダコ釣りみたいだな。
そうそう外道でマダコが船中で何杯か上がっており、自分もフグがだけでもマダコが釣れればなぁ~と思っているのですが・・・

根掛りが多いからか?船長はこのポイントは早々に見切りをつけ移動します。
10分程走り、ベイブリッジ真下の岸壁脇にやって来ました。ココは水深が8m程で浅い場所です。着底して0テンションにして5秒待って空合わせを入れますが、結構根掛りします。下針りが根掛りした場合は竿をカシャカシャすると外れたりするのですが、上針りだと取れない可能性が高くまたもや仕掛けをロスト。まじか~

このポイントではお隣さんがギガントサイズのアカメを釣り上げてビックリ。あんなデカイのが居るんだぁ~
自分もそれくらいのが釣りたいなぁと思いながら空合わせを続けますが、追加できずに移動となりました。
既に12時を過ぎ、もう後半戦です。

20分ほど走り朝一番に流した東扇島の沖堤脇に到着です。
ココは船長の本命ポイントだったらしく、移動直後に船中でポンポンと釣れますが自分にはその順番が回ってきません。樽の中には2匹のフグが泳いでますが、中にはまだ0の人も居ますからまだマシ?かな。

残り1時間となり今日は2匹かなと諦め始めた頃に時合がやってきました。0テンションからの5カウントダウンで空合わせを入れた途端に竿先がギュンと絞られて魚信に変わり3匹目ゲットです。
いやー2匹目から長かった。
そして新しい餌を付けて投入。2回目の空合わせした時に掛かり損なった感じがありゆっくりと仕掛けを底に落として0テンションにすると竿先が小さくお辞儀したので一呼吸おいて合わせるとガツンときました。
それも今までの重さと引きとは違い、これは良い型かもとリールを巻くと今までのフグの倍はありそうな良型のアカメでした。
一応これで今日の最低目標だった4匹をクリアしました。良かった~

よしラストスパートだ!と気合を入れて投入します。フグでもマダコでもどちらでも良いのでこの次も頼みますと空合わせを続けているとガツン!ときました。
アベレージサイズですが5匹目ゲットです。こういう時合ってあるんですよねー

残り20分。もう1匹行けるかと潮回りした後、0テンションにした瞬間にガガガと竿先にアタリが出たのでこれは良型だと頑張って上げると・・・くそーサメだ。
お前じゃないんだよなぁとリリースしてフグの探しますが、どうやら時合は終わってしまったようで追加出来ず14時半の沖上がりとなってしまいました。
本日の釣果
1日やって5匹と言う結果です。まあこんだけ乗船している中で、坊主も居るとの事ですから悪くは無い成績ではないかな?
船宿に15時半前に到着しますが、フグの裁きは乗船受付順なので自分は24番目です。まあ0の人は通過となりますが、なんだかんだで40分位待つことになりました。
帰宅したのは17時近くでしたがまあ、裁いてくれるのですから文句は言えません。フグは冷蔵庫で寝かせて正月に食べることにします。

収支結果
 (収入の部)
   アカメフグ 5匹
 (支出の部)
   乗船代 9800円
   仕掛け 2400円
船宿:浦安 吉久=========
船宿HPから転載
◆アカメフグ船・・・7時出船    カットウ10号    エビ餌使用   
《22~40cm      0~9匹    湾内20m》
令和元年アカメフグ最終日!
ギガントサイズ混ざりでバタバタと釣れたポイントあって盛り上がりましたが、皆さんには行き届かずごめんなさいでした。
トップ9匹は石川さん!
もうすぐツ抜けは5名様!

2 Comments

  1. うなどん says:

    混雑の中でこれだけ釣れたらOKじゃないですかね~
    それにしても仕掛け代がかかりますね。スミヤキ攻撃の夜ムツ並みか・・・

  2. TRAVAIR says:

    0の人が数名居ましたからフグ2回目にしては良かったかな。
    仕掛けロストは果敢に底を狙ったから根掛かりが多かったのが釣果になったと言うことにしましょう。(笑)

コメントを残す