航空機ファンの聖地へ行く【準備編】(1)

色々とマニアには聖地がありますが、航空機(旅客派)の聖地のひとつ(どんだけ有るんだ?)に上がられるのが、カリブ海に浮かぶセントマーチン島にある、プリンスジュリアナ空港(SXM)です。

世界で危険な空港No7とも言われる空港です。まあ、なぜかと言う事はWikiを参照して貰えれば判るので説明は省きますが、多くの航空機ファンが訪れているのです。

いつかは行きたいと思っていた場所ですが、ようやく行く機会があったので、これを逃してはと言うことで計画を2014年の10月頃から立て始めました。
時期的に仕事の都合で行けそうな時期が3月だなと、日程調整をしつつ飛行機の撮影スケジュールを考えます。

KLM B747-400

KLM B747-400M

なんと言ってもSXMでは約2100mの短い滑走路にジャンボが降りてくる姿は外せません。

現在(2015年3月)、ジャンボ機でSXMへ飛ばしているのはKLMだけで、週3便で現地時間では日・火・金の昼過ぎにAMSから飛んできます。
日程を工夫するれは2回チャンスを作れると言うことで、木曜日到着の日曜日出発か土曜日到着の火曜日出発で調整することに。

SXMまでは日本から直行便が無く、アメリカを経由するが一般的です。セントマーチン島はフランスとオランダが半々で領有することからエールフランス(AF)とKLMオランダ航空(KL)が就航しており、欧州経由でも行く事が出来きるので一時は欧州経由で、ついでにスイスの友人も訪ねるようなプランを練りましたが航空券が25万と費用的にも厳しい。

特にカリブ海と言うリゾート地だけあってホテルが結構いいお値段なんですよね。

メジャーなアメリカ経由では、アメリカン航空(AA)、デルタ航空(DL)、ユナイテッド(UA)などが就航しており、これらの3社だと13万~18万で往復が可能です。
さらにアライアンス内のコードシェアを利用出来るので色々なルート案が出来るので結構面白いです。航空マニア的にはいろいろな機材に乗りたいと考えるのが当然?ですからね。

デルタ航空

B747を見るること自体が減ってますからね

最後まで残った案は、いまや貴重となったDLやUAの747に乗るコースとJALの787(AAのコードシェア)に乗るコースです。
価格ではDLが安く、行程の良さはAAでした。

UAも良かったのですが、SXMから帰国便の出発時刻が早く、KLMの到着を見るのが厳しい(到着が遅れなければ間に合うけど)と言う訳で脱落。

DLは13万、AAは18万と運賃がかなりの開きがあり、行程的にはAAが一番良かったのですがお金には変えられず、DLでいく事にしました。

つづく

Trackbacks / Pingbacks

  1. 航空機ファンの聖地へ行く【往路編】(2) | 旅と飛行機のTRAVAIR-BLOG

コメントを残す