【HND/RJTT/羽田】2017/5/5撮影レポートその2

お目当てのA350が2機到着しましたが、折角良い天気なのでもう少し残業することにしました。やっぱりGWとなると工場が休みになるので青空もその分綺麗に見える感じです

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA8985

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA8985

B777がかなり踏み込んでカーブを描いたので上手く月とコラボ出来ました。
月が出る位置を計算して撮影に来れればもっといい写真が撮れたかも知れませんね。

6J/SNJ/ソラシドエア  B737-800 JA806X

6J/SNJ/ソラシドエア B737-800 JA806X

ソラシドのB737も大回りでカーブを描きました。

JL/JAL/日本航空  B777-300ER JA751J

JL/JAL/日本航空 B777-300ER JA751J

LDAアプローチの醍醐味は大型機ですね。埋立地に設置されたローカライザーに乗ってきてゲートブリッジを越えたあたりから旋回していきます。

さっきまで月を絡めて撮影しようとしていましたが、かなり月が昇ってしまい、コラボは難しくなりました。70-300mmDOで撮影していましたが、70-200mmにX2エクステを付けて400mmにして月を撮影してみました。
クレーターまで綺麗に見えますね。

BC/SKY/スカイマーク  B737-800 JA73Z

BC/SKY/スカイマーク B737-800 JA73Z

さすがにX2エクステをつけるとレンズが重いです。

NH/ANA/全日空  A320 JA8946

NH/ANA/全日空 A320 JA8946

A320Neoシリーズのデリバリーが始まったのでA320も退役が進んでいます。

NH/ANA/全日空  B767-300ER JA604A

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA604A

スターウォーズカラーのB767がやって来ました。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA342J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA342J

400mmまであるとB737クラスもかなり近づけます。やっぱり100-400mmLが欲しいなぁ

NH/ANA/全日空  B777-200 JA714A

NH/ANA/全日空 B777-200 JA714A

B777-200ERがいい感じでカーブしていきます。

NH/ANA/全日空  A321Neo JA112A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA112A

デリバリーが進むA320Neoシリーズ。A321Neoは需要の多めなローカル線に投入されています。

FR24を見るとMUがアプローチしてきているので、最後は外航機で〆ようと待ちました。

MU/CES/中国東方航空  A330-300 B-6507

MU/CES/中国東方航空 A330-300 B-6507

MUのキャプテンはLDAアプローチに慣れているのか?良い角度で進入してカーブしてきました。


その1へ> <飛行機の館へ

スカイマークはANA傘下に

今日の債権者集会で残念?ながら、ANAが支援する再生計画案が採択され、大口債権者であるイントレピッドが提案したデルタが支援する再建案は、イントレピッド以外の大口債権者などがANA支援案を支持したことなどから採択に必要な割合に達しませんでした。

うーん、個人的には残念な結果になりましたね。
日本の空の寡占化が一層進むことになりそうです。ANAはスカイマークの自主性を尊重するとか言っていけど、最初だけで暫くすると業績不振を理由に経営陣をANAカラーに染めてしまうのでは無いかと危惧をしています。SFJの例がありますから・・・

さてこれらか日本の空はどういう風になるかな

ANAがA330導入?

ここまで来ると笑ってしまいますね。
スカイマークをめぐる再建案に対して、思わぬ対抗馬が出てきて今まで、A330は導入しないと言って来たANAが方針転換なのかリップサービスなのか、A330の導入を考えているとの報道がありました。

債権者交渉で、ANAはA330を使う気は無いと明言していたのに、デルタ航空と言う世界最大級の航空会社がバックに付いたことでなんとしてもANAはスカイマーク枠を堅持したいところなんでしょう。

ANAは近距離アジア路線やリゾート路線にA330を飛ばす考えのようで、なんとLCCのバニラエアでA330を運航させようと言う案もあるとか・・・

あのースカイマークの失敗をバニラエアでも繰り返すのでしょうか?
ANAはバニラエアをLCCとして育てると言うより、儲からないリゾート路線の移管先位にしか考えてないのではと前々から思ってましたが、まさかココまで考えているとは・・・

なんか、日本の航空市場がJALとANAの2台勢力に固められてしまい、なんか閉塞感が出て来た感じです。

スカイマーク支援にデルタ?

デルタの747に乗るのも最後かな

デルタが日本の空に?

スカイマーク最大の債権者イントレピッド・アビエーションが独自の再建策としてスポンサー候補としたのはデルタ航空となったことを発表しました。

8月5日に行われる債権者集会で、ANAをスポンサーとする案とデルタをスポンサーとする案が諮られ約200社の債権者の判断により再建案が決まることになります。

なにせイントレピッド・アビエーションは債権総額の4割近く持ちますから再建案を可決に必要な過半数に一番近い債権者でもあります。
大口債権者のエアバスの動向も気になります。

デルタ航空はエアバスとしてもANA以上に重要な顧客であるのは事実です。

噂では国交省は日本の空が2強に支配されるのは好ましくないと言う空気があり、ANAがスカイマークの影響下に入るよりデルタの影響下の方が良いのではと言う話があるそうです。

個人的にも、デルタのは以下になった方が日本の空がかき混ぜられていい方向に向かうのではないかと言う幻想を抱いています。
もちろん、幻想であって実際は悪夢になる可能性もあります。

8月5日にどのような裁定が下されるのか?
その結末はいかに・・・

第三極は成功するか。

第三極として成功するか?

第三極として成功するか?

ANAホールディングス(ANAHD)が出資することでスカイマーク再生の道筋が一応切り開けましたが、ファンドとANAHDの関係があまり良好とは言えず、正直再建の道はまだまだ険しそうな感じです。

個人的には、ANAHDが暗躍?して手に納め羽田空港の発着枠を握るのでは無いか?と勘ぐってしまいます。

スカイマークは、 羽田空港の発着枠を武器に第三極勢力として運航を続けるとしてますが、どこまで第三極としてやれるか?
日本の場合、こういうどっちつかずの場合って成功しないパターンが多いのでは無いでしょうか?
政治を始め生活面でも大抵二極化して気がします。

羽田空港というLCCには無い競争力を持っていますが、一番お金になるビジネス客が大手2社に囲われてつかみ切れてない中、価格面でLCCに差があります。
そんな中、今回の騒動でイメージダウンを払拭してV字回復させるのは、かなり大変なことでしょう。

スカイマークが復活するのには第三極勢力を捨て羽田空港発のLCCとして出直すのが良いのではと思っていました。
ただ、ANAHDが支援となるとこの案は実現することは無いでしょうね。
バニラエアの状況を見ていればANAのLCCに対する扱い方が分かりますし、羽田から自社の首を締めるような戦略は打つはずがありません。

第三極として、価格競争をせずに上手くコードシェアをしながら発着枠をライバルに渡さないように維持していくと言うのが本音では無いかなと勝手に想像しています。

正念場を迎える茨城空港

茨城空港に就航している国内線はスカイマークの福岡、神戸、新千歳線の4便だけです。一時は茨城空港をハブ空港にする構想もありましたが、やはり搭乗率が思うように上がらず、同社の経営破綻により不採算路線整理の一環で減便され、さらに4月からはさらに1便減る予定です。

百里基地の民間利用として整備された茨城空港ですがLCCの受け入れ空港として期待されたものの、羽田空港の再国際化で成田空港のスロットに余裕が出来た事でLCCは茨城空港より便の良い成田空港に就航して当てが外れた形に。

国際線も春秋航空の中国便だけになり厳しさを増すばかり。
スカイマークも今後、茨城空港を使うとは限らず空港の存続すら危ぶまれる状況です。

個人的には茨城空港はチャーターエアライン専用空港にしてはどうかなと思ってます。
旅行会社がチャーターするITC(包括旅行チャーター)を茨城から運航。ツアー自体は東京都心に集合してツアーバスで空港に行く形態にすれば良いのでは?と思ったのですが・・・

あ、滑走路が2700mだから欧米線は難しいですからアジアやハワイ・グアムあたりだとメリットは少ないかも知れませんね~

今度は値下げ

スカイマークはサマースケジュールから運賃を値下げします。

昨年、収益悪化を改善しようと普通運賃の大幅値上げを実施したものの利用者離れが進み、更なる収益悪化になったことを受けて、今回の値下げで前の水準に戻すことになった訳です。

さらに羽田~福岡・新千歳線の2路線で便限定で新運賃「SKYセール」を設定、2/3(火)15時から2/9(月)までの7日間の期間限定で福岡線は8,000円、新千歳線は7,000円で販売して現金確保を狙っています。(搭乗は2/12(木)から3/19(木)まで)
主にA330就航便で設定しているようで、閑散期の搭乗率をあげようとあの手この手ではありませんが、躍起になっています。

スカイマークは来春から羽田発着便でJALとANAとのコードシェアを開始しますが、ここまでの経緯はまるでダッチロールの様です。
値上げしてみたり、セールで安売りしたりとこう乱高下させるような事を繰り返すと利用者は離れていっちゃうんですよね・・・

A380のキャンセル問題で着火したスカイマーク爆弾。一度は消えかかったかのように見えましたが、まだまだ消えず導火線をジワジワ進んでいる様です。
こういう時に事故を起こしやすいのでホント、注意して貰いたいものです。

国交省はどうしたいのか?

スカイマークがANAの支援を受けるような報道が出回っています。
まあ何にせよ、スカイマークがこの先行き詰まるのは見えています。
それをどう国交省が処理をするのか?

こういう報道が出ると言うことは、国交省あたりで漏れているんだろうなぁと想像してます。
だって、企業人ならこういう話がインサイダーに当たるって言うことぐらい判りますから、そういうのに疎い役人がポッロっと記者に話したんでしょうね。

今の国交省は自民党の意向を伺い民主党主導で再生させたJALを目の敵にして、スカイマークとのコードシェアに横槍を入れたりと忙しい。

どうも国交省あたりは、スカイマークをANA傘下に収めたいのでしょうね。
それでJALをいじめて頑張ってます官邸に報告して誉めて貰おうと言う魂胆か。

こんなことをやっている様じゃ日本の空は良くならないです。

高コストをどう考えるか

スカイマークが「片桐機長止めて下さい!」(このフレーズを見てどれだけの人が判るか?)状態。
この秋にでも資金がショートするのでは?と言われてます。

なんせ無借金経営ですから銀行との融資パイプは細い筈。銀行もこの様な状況だとそう簡単に融資してくれませんからねぇ。

そうなるとスポンサーとなりますが、最有力なのがANAです。
買収してスカイマークを傘下に納めることで、ドル箱幹線と呼ばれる羽田・福岡、羽田・新千歳のシェアを拡大出来、運賃も羽田発で安売りを仕掛けてくる相手も無くなり高値推移できますからね。

昨日、羽田・福岡の普通運賃を見たら片道4万!
どれだけビジネス需要で利益を上げているんだろう?と思ったものです。
そんな中、スカイマークがコストを切り詰め大手の半額並みの運賃で飛ばしている意義は大きいのですが、経営陣の馬鹿っぷりには全然共感出来ないのですけどね。

思うに日本の航空産業は元々積み上げコストが多すぎて高運賃になっているのだと思っています。

最たるのが空港の発着料です。国や自治体の税金で作って利用する企業に建設費を回収する為に高額な料金を徴収。
企業はそれを運賃に上乗せするから運賃が高くなる。

もちろん航空運賃が高くなる要素はこれ以外にもあります。最近はマイレージサービスに関わるコストも増える一方だとか。

サービスコストはさておき、インフラとしての陸空海の総合交
通政策とソフトの在り方を考える時期にきていると思うのですが・・・

スカイマークのA380キャンセル?その2

2日間続いてこのトピックスを取り上げるとは・・・

昨日、色々な情報が入り、聞けば聞くほど呆れたと言うのを通り越して笑うしか無いです。

業績悪化で発注6機中受取を延期した上で2機だけ購入し4機をキャンセルしようとしたのが発端の様です(最初は6機全てキャンセルしようとしたようですが)

そういう話をエアバス社に持ち掛けた時点でお抱えのアナリストを動員して財務状況を調べたんでしょう。その結果、早急に資金回収した方が良いと踏んだのではと思っています。

スカイマークも考えが甘過ぎです。
中東キャリアなんかが大量キャリアとかするのを見て、キャンセルは簡単なんだなと、まるで切符をキャンセルするかの感覚だったのでは?

中東キャリアはバックのオイルマネーが有りますから違約金には事を欠かさないだろうし、逆にポンと大量発注も有りますから上得意客です。
一方、スカイマークはA330を購入しましたがどちらかと言うと一見さん的ポジションですから対応に差があっても当然です。

それにA380を2機だけ買ってどうする積もりなんでしょう。
まさか2機だけで長距離国際線を飛ばそうと本気で思っていたら経営感覚を疑いますね。どこのチャーターキャリアかと
その辺もエアバス社の態度を固くさせた要因でしょう。

エアバス社の要求も鋭い所を突いてます。
大手傘下に入るか多額の違約金か?

スカイマークの独自性が無くなると競争が無くなり運賃が高くなると言う見方が有ります。
ならば、LCCの大手であるAirAsiaの傘下に入って、羽田発のLCCとして再出発したら良いのでは?

その方が価格戦争が勃発して運賃が下がると思うのです。

それにしてもスカイマークは話題が豊富です。まさかこれも狙っていた?と変に勘ぐってしまいました。

スカイマークのA380キャンセル?

欧州からの一部報道によるとスカイマークが発注しているA380がキャンセルについて協議しているとされています。

まあ、日本でも発注段階での反応も「本当に日本にデリバリーされるかぁ?」と言う反応でしたから、それが現実のものになったかなと言う感じです。

まだ正式な好評では無いし関係者筋の話レベルなので、どうなるか不明ではありますが、今のスカイマーク状況から考えるとA380を飛ばすだけの余力は無いでしょうね。

A380で国際線に進出。それもビジネスマーケットをターゲットにしていると言うのだから、ああITベンチャー業界出身社長の妄想らしいと思ったものです。

そんな国際線でビジネスマーケットをやりたかったらB737-800でオールプレミアムクラスサービスをしたら?と言いたくなります。
ビジネスマーケットが多い大西洋路線でも、A320やB737クラスです。

もしA380なんで巨大機材でオールプレミアムクラスサービスをするなんて言う企業は、中東のオイルマネーで資金が潤沢で採算度外視出来るくらいな所でしょう。

さて、こう報道されるとコメントしなければならないでしょうね。どういうコメントになるのか?
ちょっと注目です。

スカイマークA330三度目の正直で就航

昔は767で運航していた時代もありましたね

昔は767で運航していた時代もありましたね

BC(スカイマーク)の新造機A330が2度の就航延期を経て先週14日に羽田~福岡線で営業運航を開始しました。

日本国内線では、A300シリーズ以来のエアバス社製のワイドボディ機です。

どちらかと言うとエアバス派の自分としては乗りに行きたいところですが、BCというのがねぇ(笑)

A330の就航に合わせて客室乗務員の制服を70年代ルックにするとして話題になりましたが、今回、宣伝したいA330の就航はあまりマスコミ受けしなかった様であまり報道されてませんでした。

まあ、新機材として報道する価値があるかと言われたら、制服の賛否を取り上げて報道した方が視聴率取れますからね。

B737-800に機材統一して効率化を図ってようやく軌道に乗ったBC。
今回のA330に続きA380まで導入して、LCCとは一線を画した戦略を進むそうですが、大丈夫だろうかと心配です。

スカイマークA330路線投入を延期

エアバス社から引き渡しが行われたスカイマークのA330ですが、路線投入を予定していた4月18日から5月31日に延期する事を発表しました。

就航準備手続きの遅れによるものとされてますが、稼ぎ時のゴールデンウィークに使え無いのは痛いですねぇ。

スカイマークにとっては初のエアバス社機材ですから、初期トラブルが多く発生する恐れも有るから逆にゴールデンウィークにトラブルが発生し、利用者が混乱するような事態が発生しないとも言い切れないし。

エアバス社ではスカイマーク向けのA380も順調に製造中です。

業績が低空飛行しているスカイマークですが、大型機を購入して勝算があるのか?

プレミアムクラス比率を高めてビジネス需要を取り込むと意気込んでいるようですが、肝心のエコノミークラスの取り込みすら後発LCCに遅れをとっているようですから、大丈夫かと心配してしまいます。

LCC好調。規制緩和組は今一歩

搭乗率が振るわなかったソラシドエア

搭乗率が振るわなかったソラシドエア

年末年始の輸送実績が各社から発表されました。
予約状況から好調だった国内線LCCの利用状況はジェトスターが88.3%、ピーチとバニラが共に87.8%と90%近くを確保しました。LCCも徐々に定着してきたということでしょうか。

一方、規制緩和組は今一感が強く、唯一80%越えしたのがスターフライヤーで81.1%でした。
続いてAIRDOが76.6%、フジドリームが73.1%、ソラシドエア69.4%、スカイマーク68.2%と7割を切った社が有るのが気になります。

まあスカイマークの場合、年末に発表した予約状況から良くココまで利用者を上乗せ出来たものです。
間際で大手の予約が取れ無かった利用者が流れてきたのでしょうかね。

ソラシドの低迷はやはり知名度と価格設定の誤りでしょうかね。
全体的に規制緩和組は今年の年始は長期の休みとなり利用者が多くなるとの予想で、強気の運賃設定をしていた感じがします。もう少し大手とは違うアイキャッチ的な価格を打ち出して集客するべきだったのでは?

【RJTT/HND/羽田】2013/9/13撮影レポート

金曜日はJATA旅行博を見るために半休を取っていたのでうが、トルクメニスタン大統領が9/11から13まで来日され、B777の特別機でやってきたと言うので、もしかすると離陸するところを見られるかも知れないビックサイトに行く前に羽田に行ったら、V1スポットには特別機の姿は無く、すでに離日した後でした。

折角なのでT2の展望デッキで軽くスポッティングしてきました。

NH/ANA/全日空 B767-300 JA8363

NH/ANA/全日空 B767-300 JA8363

スポットインするとこをアップで狙いますが、主翼をどの辺まで入れるの良いのかいつも悩んでしまいます。

BC/SKY/スカイマーク B373-800 JA73NQ

BC/SKY/スカイマーク B373-800 JA73NQ

来年にはA330がデリバリーされ一部のB737-800がリプレイスされます。B737に統一を図ったのにA330導入とは・・・

NH/ANA/全日空 B747-400D JA8961

NH/ANA/全日空 B747-400D JA8961

来年の退役までのこり半年となったB747ですが、やっぱり存在感はピカイチです。

羽田空港にスポットインするB747-400D

羽田空港にスポットインするB747-400D

こうやって羽田でB747が2機駐機するシーンも見られなくなってしまいますね。

HD/ADO/エア・ドゥ B767-300ER JA01HD

HD/ADO/エア・ドゥ B767-300ER JA01HD

自社保有機のJA01HDです。

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J One World Color

ワンワールド塗装のB777が離陸していきます。

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J One World Color

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J One World Color

もう少しクリアな空ならスカイツリーが際立ったのですが、この時期じゃ仕方ないかな。

NH/ANA/全日空 B777-300 JA751A

NH/ANA/全日空 B777-300 JA751A

34Rに着陸してきたB777-300.この日は夏場なのに北風運用で、着陸が34Lと34R、離陸が34Rと05でした。

ちょうどB747-400Dがスポットアウトしたので、離陸を撮影出来るかと思ったのですが、残念ながら05に向かってしまいまい撮影できませんでした。

ビックサイトへ行くリムジンバスの時間が迫ってきたので、これにて撤収しました。