Articles from 1月 2019



羽田にLCC乗り入れはあるか?

国土交通省は羽田空港の現行国内線用発着枠が2020年1月で有効期限を迎えることから、それ以降の配分方法について検討する「羽田発着枠配分基準検討小委員会」を設置し、夏までに配分の方向性をとりまとめる計画でその第一回目の会合が開かれました。

なにせ羽田空港は日本の航空需要の6割を羽田路線で占める日本の特殊性から、羽田空港の発着枠は公平に配分されるのが本来なのですが、今までの政策を見ていると恣意的な配分が無かったとは言えない状況です。

例えば、LCC国内線が羽田に就航していない事はなぜなんでしようね。
無論、発着料金が高いから参入するキャリアが無いと言うのなら理解できますが、LCCは国際線、それも早朝深夜枠だけと言うのはちょっとねぇ・・・となります。

この小委員会で今後どの様な議論が交わされるかと思うのですが、オブザーバーがANA、JAL、スカイマーク、エア・ドゥ、ソラシドエア、スターフライヤーとANAグループ比率が高いのが気になり、羽田はフルサービスキャリア、成田はLCCと言う政策が終わって欲しいけど難しそうな感じですね。

JL/JAL/日本航空 JL91 B787-8 JA821J

誰もが欲しがる羽田空港の発着枠

カタールアミリのA319

カタール国家元首、タミム首長の来日でカタールアミリのB747-8が羽田に飛来し30日に離日とのこと。

今日は午後休暇で東京駅で開催している「皇室と鉄道展」を予約しており鑑賞後に羽田にいくつもりでカメラ持参で出社したものの、諸事情で休暇が取れず定時まで仕事をしてから羽田に向かうことになりました。
しかし、羽田に着いたと同時にRWY16RからB747-8が離陸していき逃してしまいました。

まだ、随行員機のA319がV1に居る筈と、P3屋上へ上がるとV1で出発準備中のA319が居ました。

カタール空軍/Qatar Emili Air Force A319 A7-HHJ

カタール空軍/Qatar Emili Air Force A319 A7-HHJ


A7-HHJは2013年2月11日に成田で撮影してるんですよね。

多分、本務機とそう空かずに出発するだろうと撮影しつつ待っていると19時半過ぎにドアクローズとなりました。

カタール空軍/Qatar Emili Air Force A319 A7-HHJ

カタール空軍/Qatar Emili Air Force A319 A7-HHJ

40分頃にプッシュバックが始まり、RWYに向かったのを見届けて撤収しました。

まだ明るいうちに撮影出来るつもりだったので明るいレンズを持って来なかったので手振れしまくりで、なんとか止まったカットが有ったの良かったです。

ANAウィーンへ飛ぶ

OS/AUA/オーストリア航空 A340

2000年前半にはA340で成田へ来ていたOS

ANAは2月17日から欧州では7番目の就航地となるウィーンへ羽田から毎日運航します。

ウィーンへはANAが1990年代からオーストリア航空(OS)と共同運航を行いマーケット育成をしてきました。
A310で運航していた当時、OS運航ですがANAの客室乗務員2名が同便に添乗してサービスにあたるなどゆくゆくは自社運航を考えていたようですが、はやりマーケット的に観光が主体となると就航は難しかったようです。

両社ともスターアライアンスに属し長い間、共同運航と言う形で成田/ウィーン線を毎日運航していたのですが、2016年にOSが機材を需要が好調な香港線へ振替えることから成田線を運休することなり、それまで育ててきたディストーションを失う事態になってしまいました。

まあそこで悲願だった自社運航ということで準備を始めたところに、OSが昨年、成田線を再開することになり準備を始めた手前、止めるわけにも行かずと言った所なのでは?と個人的に勘ぐっているところです。

OSは4月から成田線を毎日運航へ増便する計画で、ANAの羽田線を含めるとオーストリアへダブルデイリーとなります。
ANAは中型機のB787-9、OSはB777-200ER(一部B767-300ER)での運航となりますから、マーケット的に過剰にならないか?と心配してしまいます。

まあ、OSのウィーン線はインバウンド需要もあって好調らしいので暫くは大丈夫かな・・・

Biz Jetビジネスは成長するか?

ビジネスジェット

国際線スポットに到着するBizJet

JALはビジネスジェット(BizJet)のチャーター手配や個人・企業所有機のマネジメント、日本発着のビジネスジェットの運航支援を行う新会社「JALビジネスアビエーション」を設立して今後増えていくと予想されているBiz Jetビジネスに参入することになります。

既にANAが総合商社の双日と組んで「ANAビジネスジェット」を設立しており、ANAとJALがパイを奪い合うことになるのかも知れません。

羽田空港に行けば、Biz Jetがやってくるのをよく見かけます。昔は羽田にBizJetがやって来るのはVIP機位でしたが今ではBizJet用の発着枠も用意されており、Biz Jetの誘致も行っています。

とは言え、まだBizJetでの往来が多い欧米に比べると日本はまだまだBizJetマーケットとしては小さいですからどこまで勝負できるのか?

ホンダJetの売れ行きは好調らしいのでもしかしたら化ける可能性も・・・どうかな?

駅で沿線の農産物を販売

長野電鉄長野駅先日、渋温泉へ行った時に長野電鉄を利用しました。その時に気づいたのですが長野駅の改札前で沿線の農産物を販売していました。

帰り道だったので、りんごとじめじを買ってみようと選んで、お金を払おうとしたのですが周りにお店の人がおらず???と思っていたら「お会計は改札口で」と張り紙がありました。

なんとまあ、長野電鉄直営だったんですね。
改札口で、農産物の代金を払うのも中々シュールな感じでした。
まあ地方鉄道らしいと言えばそうなんですが、こうやって沿線との絆を深めるのは良いことですね。
地元が有っての鉄道ですから。

静岡県【熱海温泉】熱海駅前温泉

熱海駅前温泉浴場オススメ度:★★★
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉 低張性高温泉
《源泉温度》74.3℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》7.1 《成分合計》4853mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》無
料金:(大人)500円
入湯日:2019.1.24
HP:-
住所:熱海市田原本町8-16 熱海駅前振興会館1F

熱海駅の改札口から歩いて3分、まさに駅前にある温泉です。熱海駅前振興会館というビルの1階あるので「天然温泉」の幟が無いと通り過ぎてしまいそうです。

入口脇の窓口で料金を支払い脱衣場へ移動します。
銭湯らしいロッカーがありコインが要らないのは助かります。源泉かけ流しとのことで「浴場の床が温泉成分で滑ります」の表示が誇らしく感じます。
浴槽は2畳半位であまり広くはありません。入浴した日は出がらしのお茶みたいな色の温泉でしたが、常連さんによればいつもは透明との事。

熱海と言うと強塩泉と言うイメージでしたが、こちらの源泉名熱海389号泉は塩分はほんのり感じられる程度でまろやかな感じの温泉でした。

源泉温度が高いので水道栓から加水されていますがそんなに加水量は多くはありません。温泉は投入栓からパイプで浴槽下部から注がれる構造になっているのは源泉掛け流しのお湯使いとしては優秀です。

内湯だけで広くも無いのでゆっくりのんびり浸かるのには向いてませんが、駅から近く熱海駅はJR東海と東日本の接続駅で乗換えとなるのでその合間に、軽く一風呂というのには丁度よいのかも。
ただ500円というのが難点かな。

シャンプー・リンス・ボディソープ類はなし
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:東海道本線熱海駅から徒歩3分
車:小田原厚木道路石橋ICから30分


もどる

懐かしシリーズ”SQのB747-400MEGA TOP”

SQ/SIA/シンガポール航空 B747-400 9V-SMU

SQ/SIA/シンガポール航空 B747-400 9V-SMU

関西空港の展望デッキから撮影したシンガポール航空のB747-400 MEGA TOPです。
B747の1000機目となった9V-SMUですが、2010年末に引退しており同じレジがA350-900に与えられています。
この機体は2015年に解体されているようで製造から22年でスクラップとなったことになります。

あちこちのキャリアでB747-400が就航したと言うニュースを聞いたのがつい先日のように思えるのですが、もう解体されてしまったと言うのを聞くとなんか時代を感じてしまいます。

そう言えばここ何年、関空に撮影に行ってないです。
昔は青春18きっぷで行ったんですけどね。ムーンライトながらで行って、関空からJALの羽田行最終便で帰ってくるのがお決まりのパターンでした。
最終便は国際線機材の間合い運用だったのでビジネスクラスに乗れたんですよね。

【RJTT/HND/羽田】2019/1/20撮影レポート

政府専用機の到着を待つ間にやって来た飛行機を前座?の如く撮影しました。
この日は政府専用機目当ての撮影者がデッキを埋め尽くしていたので、一般人は何事かと思ったでしょうね。

NH/ANA/全日空  A321Neo JA135A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA135A

A321Neoも増えてきて見かける事も多くなりました。

HD/ADO/エアドゥ  B767-300 JA98AD

HD/ADO/エアドゥ B767-300 JA98AD

北海道も地震で観光客、特に訪日客が減ってしまい観光キャンペーンで需要回復に頑張っています

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA8984

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA8984

インターセプターディパーチャーだったので上がりがお濃かったです。

NH/ANA/全日空  A320 JA8947

NH/ANA/全日空 A320 JA8947

A320のバックに貨物船と遊漁船が入り羽田らしい?絵になりました。

NH/ANA/全日空  B777-200ER JA708A

NH/ANA/全日空 B777-200ER JA708A

展望デッキからの撮影は照明灯とか串刺しとの戦いに加え、この時期はタキシング機体からの排熱陽炎にも注意しなければなりません。

NH/ANA/全日空  A321Neo JA111A

NH/ANA/全日空 A321 JA111A

NeoじゃないA321が到着です。

NH/ANA/全日空  B777-200ER JA744A

NH/ANA/全日空 B777-200ER JA744A

この頃になると日が傾き黄金色になってきます。

NH/ANA/全日空  A320 JA8997

NH/ANA/全日空 A320 JA8997

このA320は2020年までには退役しないから2020年タイトルが入っている訳かな?

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH711 B747-8 D-ABYO

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH711 B747-8 D-ABYO

いつもならおージャンボだとなるLHですが、今日は前座扱いです(笑)

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA8978

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA8978

この日は穏やかな天候だったので撮影しやすかったのが良かったです。
この時期、風が強いと寒いですからね。

政府専用機も撮影できて満足な一日でした。


その1へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2019/1/20政府専用機撮影レポート

前夜、夜間作業の立会いで朝帰りとなった日曜日、朝寝をして起きると丁度お昼。今日は政府専用機が千歳基地からフェリーされてくる筈とネットを漁ると政府専用機が離陸の為タキシングを開始したとの情報がありました。

今から車で行けば間に合うぞとスクランブル。

道も空いていたので14時半にはP3注車場に到着し展望デッキに向かうと既に多くの撮影者で賑わっています。こりゃ場所が無いか?とスペースを探すと、運良くギャラリーが抜けた場所があったので、すかさずスポットイン。

千歳の出発時刻から羽田到着は15時過ぎと予想していたのでエアバンドで119.4をモニターしつつ前座?の撮影をしているとシグナス02がコンタクトしてきました。と言うことは今回の本務機は2号機が担務ということです。
シグナス02は15:13にRWY34Rにやって来ました。

JAF/JASDF/航空自衛隊  B747-400 20-1102

JAF/JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1102

ファイナル直前で出発機がC2インターセプターディパーチャーをリクエストしたのでミニマムスピードでの進入となりました。

JAF/JASDF/航空自衛隊  B747-400 20-1102

JAF/JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1102

メインキアがタッチダウンする瞬間はタキシングするANA機に被られてしまいました。羽田では良くあるあるなんですよね~

JAF/JASDF/航空自衛隊  B747-400 20-1102

JAF/JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1102

東京湾が少し霞んでいますが、吉野屋の遊漁船が沖合いを並走しています。

JAF/JASDF/航空自衛隊  B747-400 20-1102

JAF/JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1102

C-8からC-TWYに入るとE-TWYのB737の後をB747がタキシングします。やっぱり大きさの違いが引き立ちます。

JAF/JASDF/航空自衛隊  B747-400 20-1102

JAF/JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1102

E-8経由でV1スポットに向かいます。

思ったより寒くなかったからか結構陽炎でメラメラカットが多くなってしまったのが残念です。シグナス01も02の30分後に出たとの事だったので、待っているとLHのB747-8が離陸していきます。

シグナス01もアプローチからTWRにハンドオフされやって来ました。

JAF/JASDF/航空自衛隊  B747-400 20-1101

JAF/JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1101

16時近くなり太陽も傾き、B747もオレンジ色に染まりながらファイナルアプローチするシグナス01

JAF/JASDF/航空自衛隊  B747-400 20-1101

JAF/JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1101

今度は被られること無くタッチダウンの瞬間を狙えました。

JAF/JASDF/航空自衛隊  B747-400 20-1101

JAF/JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1101

ノーズギアもダッチダウン

JAF/JASDF/航空自衛隊  B747-400 20-1101

JAF/JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1101

夕日を浴びながら減速するシグナス01

JAF/JASDF/航空自衛隊  B747-400 20-1101

JAF/JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1101

C-8へ入りRWY34Rから離脱します。この後E8経由でV2スポットへタキシングしていきます。これがフェリーで無く本務なら日の丸が掲揚されるのですが・・・

展望デッキから撮影者がどんどん引き上げ、向かうのはP3駐車場です。屋上からVスポットを眺めると2機の747がスポットインしてます。

JAF/JASDF/航空自衛隊  B747-400 20-1101

JAF/JASDF/航空自衛隊 B747-400 20-1102 20-1101

手前の51スポットに入っているソラシドが邪魔なのが残念ですが、こうやって羽田で現行の政府専用機を揃って見られるのも今回が最後かも知れません。

この日はこれにて撤収しました。


<その2へ> <飛行機の館へ

満月

今日、羽田空港で政府専用機の撮影を終えて帰って来ると月が綺麗に見えました。

空気が澄んでいるし、満月だし、100-400mmを買って月撮影してなかったなとベランダに三脚持ち出して撮影しました
満月やっぱり400mmだと月が大きく撮影できますね。

さて政府専用機の方ですが、今日千歳基地からフェリーされてきました。
明日、ロシアへ向けて出発、23日にチューリッヒ(ZRH)へ移動して24日に帰国と言うスケジュールです。帰国する24日は代休なので撮影に行こうかと思ったのですが、ZRHから羽田まで747だと11時間程なので時差を考えると同日着になると言うことは19時以降になるので、明るうちに撮影出来るのは今回が最後かな・・・。

写真は整理してアップします。

シンガポール航空A380を成田へ

シンガポール航空(SQ)はシンガポール・成田線のSQ637/638便にA380を投入することを発表しました。
4/27のシンガポール発SQ638便からB787-10からA380にシップチェンジとなって運航されます。(成田発は4/28から)
シンガポール/成田/ロス線のSQ11/12便は現在のB777-300ERでの運航となります。
 SQ638 SIN/NRT 23:55 8:00+1 Daily A380
SQ637 NRT/SIN 11:10 17:20 Daily A380

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 A380 9V-SKC

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 A380 9V-SKC

予定では10/26のサマースケジュールまでとなっていますが、7月からは機内をリニューアルしたA380Rを投入する予定で6席用意されている「スイート」では、シートとは別にフルフラットベッドが用意されている豪華な機内が自慢となっています。

SQは昨年末からシンガポール・羽田線を増便し毎日4便飛ばしており、訪日観光客の需要が多く羽田線にもA380の投入を希望していますが、羽田空港ではA380の旅客対応施設が未対応なことから実現していません。

湯田中【ラーメン】味処みかさ

長野から元成田エクスプレスの特急スノーモンキーに乗って湯田中駅にお昼に到着。宿の送迎車が車で時間があったので駅近くにある食堂に入ってお昼にしました。
みさかメニュー
メニューは、ラーメンやうどんの麺類の他定食と丼物がメインのお店で、写真メニューにはしっかり英語併記と言うより英語メニューがあります。

入店時は他にお一人様がカウンターに居るだけでしたが、小上がりの席に座ってメニューを眺めていると続々と訪日観光客が入店してきて、その後もお客さんが訪れて盛況になりました。
流石、外国人に人気のある志賀高原だけのことはあります。なんせ乗って来た特急では半数が訪日観光客でしたからね。

こちらの一押しなのか、メニューの真ん中にある「ベトコンラーメン」に惹かれて注文しました。
ソーズカツ丼にもいいなぁ~とちょっと迷いましたが(笑)

観光地ですが、全体的にリーズナブル価格なのも嬉しいですね。

10分ほどで到着したのがこちら

ベトコンラーメン(700円)

ベトコンラーメン(700円)

唐辛子&ガーリックと書いてあったのですが、ちょっと想像を超えていて揚げたニンニクが10個近くが野菜と挽肉を醤油鶏ガラスープで整えたものでした。
普通、すりニンニクを入れても1、2個なので・・・

麺は縮れ麺でスープと絡みますがスープが熱い!揚げたニンニンの油とかでスープが油膜状になっているので余計に熱く感じます。
あまり辛くは無かったので助かりました。

食べていくうちにニンニクとスープがとてもマッチしているのに気が付き、あーこれはウマいとどんどん食べてしまいます。

これだけニンニク食べたら臭うのは間違いありません。でも美味しい。
湯田中に来たら試して頂きたい?一品です。

もちろん、この後近くのコンビニでブレスケアを買いました。

<MAP>

TEL:0269-33-2321
住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏2994
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
定休日:火曜日
HP:なし
(訪問日)2019/1/5

懐かしシリーズ”C137と政府専用機”

C137と政府専用機ちょっと画質が悪い写真ですが、まだビックバードが出来てない旧羽田空港のターミナルから撮影したアメリカ空軍の要人輸送機C137が旧RWY22に到着した写真です。

バックには政府専用機が国旗を掲揚してRWY15(16Rじゃないですよ!)へタキシングしている姿があります。まだこの頃はデリバリされて間もない頃だったと思います。

この日は特に情報も無く偶々、羽田空港に撮影したらドイツ空軍のA310が出発していき興奮冷めやらぬ中、政府専用機がV1スポットにタキシングされて出発していくと思ったら、C137が降りてくると言うなかなかのVIPデーでした。

政府専用機ももうすぐ退役ですがもう一度位は勇姿を見ておきたいところです。

Windowsセキュリティシステムが破損しています

この画面が表示されても慌てないように

この画面が表示されても慌てないように

年末あたりからブラウジングしているとリダイレクト型のバナー広告から詐欺サイトへ遷移する事象が良く発生しています。

リダイレクトスクリプトを埋め込み広告として出稿したバナーが悪質業者とは知らずに配信業者が配信してしまい、バナー広告が表示されたとたん、画面が遷移されていきなり「Windowsセキュリティシステムが破損しています」と表示されるのです。

ある程度こういう事に慣れている?と直ぐに詐欺と判りますが、初心者の人はビックリするでしょうね。なんせこの画面に遷移する前に見ていたサイトは一般的なサイトで、危ないと言われる動画サイトでは無かったりします。

この画面が出たら何もせずにブラウザを閉じれば良いのですが、×から閉じれずタスクマネージャーを開いてタスクを終了させる必要があり、ちょっと面倒だったりします。

バナー広告配信会社はもう少しチェックを厳しくして欲しいし、サイト運営者はそういうバナー広告配信会社を使わないようにして欲しいものです。

Paris’S鶏めし弁当(大館駅花膳)

15日まで京王百貨店新宿店で行わていれる「元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会」に大館駅の駅弁「花膳」ブースで、定番の「鶏めし」に加え、昨年11月に日仏友好記念イベント「ジャポニスム2018」でフランスのパリ・リヨン駅にて販売した「Paris’S鶏めし弁当」の販売をしていると言うので買ってきました。

Paris'S鶏めし弁当(920円)

Paris’S鶏めし弁当(920円)


通常の鶏めし弁当に比べてご飯の上に乗っていずおかずが少し多いです。
銀杏とお麩の彩りが日本らしさを演出しています。

ご飯と鶏肉のあじつけ諸々は鶏めしと同じですから美味しいことは間違えありません。ただちょっと味付けが濃いのは冷めた駅弁が美味しく食べられられる為としては致し方ないところでしょうか。

花膳は大館の駅弁と世界に広めようと頑張っており、2016年には「モンドセレクション」に出品し、たり大館社屋を建て替えた際には1階の製造ラインがガラス越しに見学できるようにするなど元気がある駅弁屋さんでもあります。

この「Paris’S鶏めし弁当」は通常販売していないのでこの機会にどうぞ