SWISS 3機のB777-300ERを改修

LX160

貨物輸送便として成田へ向かうLX160便

SWISS(スイス国際航空/LX)の貨物営業の部門Swiss WorldCargoは、旅客便が運休している6都市(EWRは旅客便としても運航)へ旅客輸送なしの貨物便として運航を行っています。

SWISSには貨物専用機が無いのでB777-300ERを使っての運航ですが、12機保有している機体のうち3機についてエコノミークラスの座席を取り外して貨物搭載スペースとして運航を行っています。

現在、SWISSのB777-300ERで4月以降も運航しているHB-JND、HB-JNH、HB-JNI、HB-JNKが主にアジア向けの貨物輸送を行っており、このうちも3機が改修されたと思われます。

SWISSはB777-300ERの他、A340-300を使いチューリッヒから上海(毎日1~3便)、 北京(毎日1~2便)、シカゴ・東京(週2便)、バンコク・シンガポール(週1便)の運航を行っており、主に医薬品、医療設備の輸送を行っています。

4月に入り経済再開で中国の工場が稼働し始め、生産された医療関係物資の輸送の為中国からの貨物輸送の為、貨物専用機だけでなく世界各国から旅客型による貨物便が行われています。

コメントを残す