IATAが発表した運航再開指針ですが

IATAがこれから運航を再開する民間航空機を利用するにあたってのガイドラインを発表しました。

民間航空のすべてのステークホルダー向けの指針となるもので、乗客サービスに関わる事項もあります。
原文と勝手に翻訳した内容を記載してみました

Adjust the boarding process. To the extent possible consistent with weight and balance requirements, board and disembark passengers in ways that reduce the likelihood of passengers passing in close proximity to each other.
搭乗時に乗客同士が「密」にならないように間隔をあけるなど、機体重量バランスに応じた搭乗方法を実施します。

Seat Assignment Processes: Where required, assign seats for adequate physical distancing between passengers. Airlines should allow for separated seating arrangements when occupancy allows it.
航空会社は可能な範囲で乗客同士が「密」にならないように座席を割り当てます。また座席配置を考慮します。

Limit interaction on board. Encourage passengers to travel as lightly as possible with check-in of all luggage except small hand luggage that fits under the seat.
共有荷物棚は使わず、座席下に置ける小さな手荷物を除き、機内持ち込み荷物せずチェックインしてください。(定時運行の為にもなりますしね)

Remove newspapers and magazines.
共有する新聞や雑誌のサービスを停止します。(コスト削減にもなります)

The size and quantity of duty-free sales may also be temporarily limited.
機内での免税品販売を制限します。(売上が減りますが・・・)

Encourage passengers to stay in the assigned seat as much as possible.
(クラスターが発生した時に追跡できなくなるので)割当された座席から移動しないでください。

Limit or Suspend Food and Beverage Service: Limit or discontinue food and beverage service on short-haul flights or require dispensing in sealed, pre-packaged containers.
短距離線では飲食物の機内サービスの制限もしくは行わないか、パッケージされた内容物をサービスします。

Restrict lavatory access. When possible, one lavatory should be designated for crew use only, provided sufficient lavatories remain available for passenger use without fostering congregation by passengers waiting to use a lavatory. Also, to the extent practicable depending on the aircraft, require passengers to use a designated lavatory based on seat assignment to limit passenger movement in flight, which reduces exposure to other passengers.
機内トイレは座席割当に応じて使用できるトイレを指定し、他の乗客と接触を減らします。(あまり機内をウロチョロしない)
また、可能な限り1つのトイレは乗員専用にします。

コロナ対策と言うことで色々とありますね。
まあコレくらいの対策をしないとダメと言うのが、グルーバルスタンダードと言う訳なんでしょうね。

航空機はかなりの対策を打ち出してますが、6月に入って満員電車復活してきている様ですが、鉄道は大丈夫なのかな?
ちょっと温度差を感じますね

コメントを残す