東京都【南千住】湯どんぶり 栄湯

3月に鬼怒川温泉に行ったのを最後に、温泉には出掛けてませんでした。
まだ都県を跨ぐ移動は自粛ですし、今月末に迫った東京都公衆浴場回数券がまだ余っていることもあり都内の温泉銭湯に行ってみようかと南千住駅から歩いて10分程の栄湯に行ってみました。
南千住の南側と言うとあまりイメージの良くない場所でしたが、最近は訪日客の増加で安宿街とし脚光を浴びたりして雰囲気が変わりつつあり、地元以外の人も多く利用するので手ぶらセットもあるのも頷けます。

湯どんぶり栄湯
オススメ度:★★★
泉質:メタケイ酸泉 低張性低温泉
《源泉温度》18.9℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》8.4 《成分合計》241mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:(大人)480円
入湯日:2020.6.7
HP:http://www.sakaeyu.com/
住所:台東区日本堤1-4-5

2017年にリニューアルされた栄湯さんは以前から井戸水を使ってましたが、成分分析したところ温泉法で規定するメタケイ酸に合致することから認められ、「温泉」となりました。
結構、銭湯では井戸水を使うところが多く成分分析したら「温泉」と該当する場合が多かったりまします。

脱衣場は100円リターン式のロッカーなのも銭湯にしては珍しい感じがします。その分安心感はありますね。

浴場はザ・銭湯と言った感じです。
全ての浴槽とカランに温泉(井戸水)が使われているのも銭湯らしいです。

栄湯の目玉は、広い露天風呂です。
浴槽が白濁しており変わり湯かと思いますが、こちらはナノファインバブルを使い、お湯を「細かく」しておりそれが泡になって白濁しているかの様に見えます。
そして「壺湯」もあり当然「温泉」です。壺湯からオーバーフローしたお湯はナノファインバブルの浴槽に落ちますのでココは掛け流しとも言えますね。

場所的に眺望は望めませんが浴槽の温度が比較的高めに設定されている銭湯でオープンエアのエリアが有るのは嬉しいですね。

場所柄仕方ないのですが、塩素臭が少し強めに感じられたことが残念です、コレ以外はホント素晴らしい銭湯だと思います。

リンスインシャンプー・ボディソープは洗い場に2セット常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:JR常磐線・地下鉄日比谷線南千住駅から徒歩10分
車:首都高6号線向島ランプから車で5分


もどる

Trackbacks / Pingbacks

  1. (6/7)岡桃代走の隅田川駅 | TRAVAIR Railway Photograh

コメントを残す