ガラ鉄

欧州鉄道ガラパゴス携帯を略してガラケーと言われ市民権を得た感じがしますが、元々日本独自進化した携帯電話でグルーバル市場では受けいられなかった携帯電話を指します。

日本の携帯電話メーカーはガラケーの開発にやっきになっている間に海外のメーカがグローバル化していて気がついたら取り残されていた訳ですが、それと同じ様な事が起きそうなのが日本の鉄道な気がします。

「ガラ鉄」
そんな略称が付きそうな・・・気がします。

なんでかと言うと、先進国である欧州がグルーバル基準とみられる傾向があり、その基準からかなり外れた鉄道運営思想があるのが日本です。
そもそも日本の鉄道はイギリスの力を借りて始まった産業ですが、その歴史は浅く明治時代です。そこから島国日本の独自進化が始まった訳ですが、残念ながら独自進化は止まらずその独自進化した鉄道技術を輸出しようと国を挙げて行おうとしています。

まあ、日本の鉄道に限らず日本全体がガラパゴス化していますけれど。
どうも日本の鉄道業界自体がガラパゴス化していると気づいていない感じがします。
既に外圧もとい、黒船がやってきてます。

書き始めると長くなりますので何回のテーマに分けてこの話題を連載していきたいと思っています。

コメントを残す