7D MarkⅡでWi-FiアダプタW-E1を使う

昨年、Canonから7D MarkⅡや5Dシリーズ用にWi-Fiアダプタ「W-E1」が発売されました。このアダプタを使うとカメラからスマホに画像転送が出来て、SNSとかに投稿しやすくなると言うので12月にヨドバシカメラで注文をしました。

ヨドバシで4930円でした。

発売直後から品薄状態で注文から1ヶ月半経過してようやく入手出来ました。
さて早速使おうとしますが、カメラのファームウェアをアップデートしないと行けないので、CanonのサポートページからファームウエアVer.1.1.0をダウンロードしてカメラに転送してアップデートしました。

スマホにも専用のアプリが必要なのでGoogleplayからインストールしていざ使おうとしますが、詳しい取扱説明書はサイトのPDFを見ろと書いてあります。

まあそんな難しくないだろうと、「スマートフォンと簡単接続」と言うメニューがあるので、それで試してみますが、スマホのWi-FiでカメラのSSIDを選択してパスワードを入力しますが、その先に進むことが出来ず、カメラと接続が確立できません。

何回も試してみましたが、駄目でファームウェアが駄目なのかな~と思ったりしました。
PDFの取扱説明書を見て試しに手動で設定してみようと、WPS方式で接続を試してみました。

家の無線ルータのWPS機能を使い接続を試すと、今までスマホのアプリから接続が確立できなかったのがすんなり接続できるようになりました。

どうやら家の無線LANと干渉して上手く簡単設定が出来ないようです。
いやー不良品でなくて良かったと一段落したら、もうひとつ罠がありました。

カメラから画像をPCに取り込もうとUSBケーブルで接続したのですが、いつもなら自動でEOS Utilityが立ち上がるのですが、うんともすんとも言いません。

ファームウェアのアップデートでおかしくなったのか?とまたしてもトラブルです。
あれやこれやと試してみて、もう1回ファームウェアのアップデートを試してみようかと思ったのですが、もしやと思い、Wi-Fiアダプタを外してUSB接続をするとすんなりEOS Utilityが起動しました。

うーん、Canonさん説明書に書いておいてよ・・・
ちょっと不親切だなぁ~

これから購入して使う方は注意ですね。

コメントを残す