スキアトス島に行く【その6】

2017年7月21日
スキアトス島滞在の最終日、今晩の便で帰路につかなければなりません。
この日にアテネまで搭乗するOA77便は20:45発なので20時までに空港ターミナルに着けば間に合います。なので19時半過ぎまで撮影が出来きます。セントマーチンもそうですが、RWYエンドから空港ターミナルが近いのは助かります。

前夜FR24で今日のフライトを確認すると事前に調べていた24便よりフライトが増えていて34便あることが判り
撮影予定を組み替えることにします。

撮影初便は9時半なので、8時に朝食を済ましてからホテルをチェックアウトし、荷物はホテルに預けて撮影に出かけます。
出来れば夕方まで部屋を使えればよかったのですが、この日は満室でレイトチェックアウトが出来なかったのが残念です。

この日の撮影レポートはこちら

もう3日間通った撮影地ですが最終日になってようやく撮影にコツをつかんだ感じです。
なにせ広角を使うか望遠を使うかで構図がまったく違くなりますし、飛行機にも寄りたいけど風景を入れないとどこの空港なのか判らないしと言うジレンマ?があったのです。

それに今日は便数も多い(と言っても1時間あたり数便ですが)のでいろいろ考えて撮る事も出来ました。

お昼はAmaretto Cafe & barでクラブサンドイッチです。

クラブサンドイッチ

7EURです。


今日は便数も多いのでゆっくり食べている暇がありません(笑)

今日は便数も多いからか?ギャラリーも多めでした。
なので、エンジンブラストの洗礼を浴びて帽子を飛ばされたり、屋根付き自転車の屋根が飛ばされたりと賑やかでした。

B757が離陸します。


そうそう、RWYエンド近くの道路には信号機が設置されており、離発着時には赤信号となって車は進入しないようになっているのですが、地元の車は無視?しているのでそれに釣られたギャラリーが進入し、滑走路終端あたりで止めて離陸をみようとするのです。
中にはエンジンブラストをもろに浴びる車もあってかなり危険なんですよね~

夕方になると昼間はビーチなどで過ごした観光客も集まってきてRWYエンドは賑わってきました。
皆さん、エンジンブラストが当たる場所で見物するのですから、離陸時に帽子やらタオルが飛ばされる訳です。まあそれを目当てに来ているのでしょうが・・・

セントマーチンでは道路脇のフェンスにつかまってエンジンブラストに耐えている人が居ますが、年に1人位はつかまり損ねて道路に激突して死亡する事故が発生しています。
スキアトスでは空港フェンスが無いに等しいのでつかまる場所が無いのでホント危ないよなぁ~
せめてAmaretto Cafe & barの駐車場フェンスに隠れて見物しましょう。

さてこの日は18時近くまで撮影した後、離発着が途切れる合間にホテルに戻って、預けていた荷物をピックアップして再びAmaretto Cafe & barに戻ります。

まだ18時過ぎで日が長いギリシャでは、まだ早いですが夕食にします。ちょっと街よりにあるレストランでとも思ったのですが、、撮影しながら食すことが出来るココで済ますことにします。

パスタにするかピザにするかで迷いましたが、パスタを注文します。
それにしてもパスタが出来上がる間に着陸機が到着したりと忙しいなぁ(笑)

ボロネーゼ 7.5EUR

ボロネーゼ 7.5EUR


今回の撮影では写真がメインでしたが、カメラの動画機能を使って離発着の様子を撮影したのもありますので、こちらもご覧頂くとどれだけエンジンブラストが凄いか判ると思います。

ちょっと早めの夕食も済まして、19時半を過ぎたので後ろ髪をひかれる思いで空港へ向かいます。
昨晩、オンラインチェックインで機体最後尾の21Aを押さえておいたので、荷物を預けて搭乗券を貰います。

セキュリティチェックを受けたあと、国内線ですがパスポートコントロールがあります。出発ロビーはUKなどシェンゲン協定国外向かう便と共用なのでパスポートチェックがあるようです。
次回、スキアトスに来るときはシェンゲン協定国以外を経由すればSKIATHOSの入ったハンコがもらえるかも?

待合室の売店をのぞいたりしているとアテネからOA76が定刻に到着です。今日は予定とおりDASH8でした。
20:20頃にランプバスがやってきたので搭乗開始となります。ゲート前に集まった人数は50人程度で定員の半分位です。

ATH行 OA77便

ATH行 OA77便


どうやら搭乗客は全て揃っていたようでバス1台で駐機場へ向かいます。最後尾座席なので機体後部のタラップから搭乗します。
テキパキと出発準備も終わりドアクローズしましたが、なかなか出発しません。

うーん、アテネ空港に到着した後、今晩宿泊しているホテルまでシャトルバスで移動なのですが、バスの時間まであまり無いので遅れると困るんだよねー

もう21時を過ぎて徐々に暗くなってきた中、21:15にタキシングが始まり、21:20にRWY20から離陸しました。
アテネまでのフライトタイムは25分。
巡航高度になるとすぐに機内サービスがありドリンクとスナックが配られました。
そういえば昔、ANKがYS11で羽田から伊豆大島へ飛んでいる時代はちゃんとドリンクサービスがありましたねー

OA77の機内サービス

OA77の機内サービスはスナックとドリンクのサービスです


アテネの夜景を左側に眺めながら21:48にRWY07Lに着陸、でも沖止めスポットに到着したのは定刻より15分遅れでした。

ターンテーブルで荷物をピックアップしたのが22:15でシャトルバスの出発時間です。大急ぎでバス乗り場に向かうとAvra Hotelと書かれたバンが待っていてくれました。

いやー間に合って良かった。
本当は空港に隣接するホテルに宿泊したかったのですが1泊2万越えもします。アテネ市内に出ればホテルは沢山ありますが、明日の朝に空港に向かう手段が厳しいの空港近くで探していたら見つたホテルです。

ここなら空港までシャトルバスサービスがあり時間的に丁度良く、値段も85EURとリーズナブルです。
空港から30分掛かららずにラフィーナ港に面するホテルに到着です。

チェックインを済ましてアサインされた部屋に入り、シャワーを浴びて寝ることします。
嬉しかったのはシャワールームに椅子がありました。湯船が無いシャワーだけのホテルだと洗体するときに不安定になるので椅子があるとすごく洗いやすかったです。

さて今日は早く寝ることにします。
なんせ明日は5時半のシャトルバスに乗らないといけませんから。

つづく

コメントを残す