【2018/7/22】千歳基地航空祭へ①

今年度でB747-400政府専用機(コールサイン、シグナス)が引退。所属の千歳基地航空祭では、F15戦闘機との編隊飛行が行われていて、一度は見てみたいと思っているうちに最後の年になってしまいこ今年こそはと思い出掛けてきました。

道中の様子は旅行記に譲り、まずは基地祭での様子を紹介したいと思います。南千歳駅には8時前に到着して、千歳基地を眺められる日の出バイパスに行ってみると既に多くのファンが集結していました。

日の出バイパスから会場を眺めるとこんな様子です。


折角、順光で撮影出来る場所ですが、天気は雨は降らないものの最悪でシーリングが低く、新千歳空港を離陸した飛行機を見る事が出来ません。
それに、東京の暑さとは大違いで寒い!22℃位でしょうか
ココで長い間居たら風邪を引きそうです。

航空祭は9時からですが、8時半過ぎに政府専用機ハンガー前に駐機していたシグナス01がプッシュバックを開始したので会場へ移動かと思ったのですが、しばらくランプ上でスタンバイしていましたが、再びハンガー前にトーイングされていきました。

9時にF15戦闘機の離陸でオープンニングとなりますが、あっという間に雲の中消えて爆音だけが響き渡ります。

さすがに400mm(640mm相当)では小さいのでかなりトリミングです。

これは、ヤバイかもと言うほど視界は悪化していてもしかしたら飛行展示は駄目カモと言う空気が流れます。

救難訓練が実演が会場で始まり、会場でヘリがホバリングして隊員の降下や上昇訓練の様子が眺められました。

かなりガスっている中、実演が始まりました。

この後、F2模擬離陸実演があり、滑走路上に2機編隊でタキシングします。

こちらはノートリミングです。

どうせなら飛んで欲しいものです。
笑)
この時間になってもシグナスが上がらないので、やはり編隊飛行は中止になる感じです。まあkの天気じゃ並走は難しいでしょうからね。

なんせF15の編隊通過は雲の中通過していき、爆音だけが会場に響くありさま。この頃になるとこの場を撤収するファンも出てきました。
せめてシグナスのローパスだけでも拝みたいと願っていると10:10頃にシグナス01がプッシュバックをし36Lから離陸します。

ようやくシグナスが離陸してくれました。

しかし、あっと言う間に雲の中に消えて行きました。

シグナス01が上がるとシグナス02が会場へタキシングを開始ます。

少しずつ明るさが回復してきました。

シグナス専用のトーイングカーに牽引されて会場に向かうシグナスを追ってシグナスカラーの支援車も後に続いて隊列を組むように向かって行く姿が見られるのはそうそう無いですからね。

離陸したシグナス01はTCA誘導を受けながら定刻10:40にローパス出来るようにコントロールされて、36Rへ進入してきました。

滑走路上で主翼を左右に振りながら飛行してくれました。

進入前にシーリングの高度を確認していたので、なるだけ姿を見られるように高度調整をしてくれたのでしょう。

悪天候のなか、すばらしいローパスを見せてくれました。

再び上昇します。

会場を後にするシグナス01。
退役までに羽田でこの姿をまた拝みたいものです。

先程、会場にトーイングしていたシグナス02はローパスの間、RWY18Rでホールドしていてローパスが終わった後、会場へ向かいました。

特別航空輸送隊のパレードみたいですね。

シグナス01は基地に帰投する為に誘導されてアプローチコースに向かいます。

シグナスが降りたら会場にむかいましょうかね。8時位は会場へ向かうバスは長蛇の列でしたがこの時間になると列は短く直ぐにも乗れそうな感じです。
(つづく)

コメントを残す