KTXが脱線

釜山へ向かうKTX-1

釜山へ向かうKTX-1

台湾で樹林発台東行き特急列車「普悠瑪」が新馬駅構内で脱線し死傷者が発生したばかりですが、今度は韓国の高速列車「KTX」が江陵駅発車後に4両が脱線、特に先頭車両と2両目が大きく線路か逸脱しました。

駅発車後でまだ速度が出てないこともあり、死者が出てないことは不幸中の幸いでした。

それにしてもKTXは不運というのか生まれ持った運命なんでしょうか?事故が多いです。もしかすると世界中の高速鉄道の中で事故の発生件数では世界一では無いでしょうか?

今回の事故は気温低下によりレールに遊間が生じたことによると言う可能性が高いとの報道です。気温の寒暖の差でレールが伸縮するのは誰もが知ることで、それが原因となるとかなりずさんな保線ということになります。
以前からKTXの信頼性については疑問視されてはいましたが・・・

それにしても江陵までKTXが運行されるようになったのは、オリンピックのお陰です。昔は8両編成のムグンファがソウルから6時間掛けて走っていたのですが、KTX用の京江線開業で大幅短縮になりましたが、最高時速は250km/hなんですよね。

2010年に江陵までムグンファ号で江陵まで行きましたが、地方の都市と言った感じでビジネス需要も大きくないような感じでしたが、オリンピック以降は利用率状況はどうなんでしょうね。
オリンピック・シンドロームになってなければ良いのですが、多分かなりそうなっていそうな予感がします。

コメントを残す