関空、6月から1人300円の旅客保安サービス料徴収へ

関西空港の夜景関西空港は、国際線出発利用者から、保安検査などの費用として、6月1日から一人300円を徴収することを発表しました。

現在、空港施設利用料(いわゆる空港税)が第一ターミナルから出発の場合2650円(第二ターミナルは1500円)を徴収していますが、さらに300円が加わることで3000円近い金額になります。

チケットに切り込みとなるので、当日空港で支払う手間はありませんが、航空券を購入する際の支払額が増えるのでなんか気分的には嫌ですね

今回の値上げ理由は、航空保安検査費用の増大とされていますが、関西空港は航空会社誘致の為、着陸料の値下げなどを行なっており、それに伴う減収を利用者に転嫁しようと言うのではないかと勘ぐってしまいます。

コメントを残す