【2018/7/22】千歳基地航空祭へ②

シグナス01が再び千歳基地へ戻って来ました。てっきり会場に近い36Lに降りるのかと思ってましたが、エアバンドから聞こえて来たのは36Rでした。

撮影しているバイパス陸橋上から近いRWYに降りてくれました。

フルストップでRWYエンドまでやって来ました。この後はタキシングして会場へ向かうようです。

RWY01Rを横断したあたりでコックピットの上に日の丸が掲げられました。

日の丸が凛々しくて感動です。

会場手前でシャットダウン。トーイングカーで展示位置へ移動していきました。

すでにシグナス02にはタラップがつけられてコックピット上のは日の丸が掲げられてました。

ごたいめーん

こうやてシグナスが2機が揃っている姿をこうやって拝める機会はそうはありません。

さて、自分も会場へ向かってみましょう。会場行バスの行列もかなり短くなっていて次から次にやってくる中央バスに乗り込んで会場へ向かいます。

バスから降りるとシグナスが

バスは制限区画内を走り会場へ向かい、バスを降りると展示機材が良く見えます。

会場入口で荷物検査を受けた後、エプロンへ。
展示されている自衛隊機は無視(笑)してシグナスの元へ

2機のジャンボを間近に

今回の展示では2機を間近で見られると言うのでわざわざやって来た訳です。

引退を記念する旗がなびきます。

流石に今回の目玉だけあってシグナスの周りには多くの人が集まっていています。

こういう構図はそうは撮れません

ランプエリアでB747をこうやって間近に見るのは初めてカモ。

カーゴドアが開いていて良く見えます。

シグナスが登場したのが1993年、もう25年も経つのですね

ランプエリアでこうやってシグナスを間近にみられて感動です。時間をかけてはるばる千歳まで行ってよかったです。
まあ、天気がアレでしたけど・・・
来年は77Wが展示されるのかな。

さて午後はブルーインパルスの展示飛行がありますが、この天気だとどうかな?
混雑する前に離脱しましょうかね。
(つづく)

【2018/7/22】千歳基地航空祭へ①

今年度でB747-400政府専用機(コールサイン、シグナス)が引退。所属の千歳基地航空祭では、F15戦闘機との編隊飛行が行われていて、一度は見てみたいと思っているうちに最後の年になってしまいこ今年こそはと思い出掛けてきました。

道中の様子は旅行記に譲り、まずは基地祭での様子を紹介したいと思います。南千歳駅には8時前に到着して、千歳基地を眺められる日の出バイパスに行ってみると既に多くのファンが集結していました。

日の出バイパスから会場を眺めるとこんな様子です。


折角、順光で撮影出来る場所ですが、天気は雨は降らないものの最悪でシーリングが低く、新千歳空港を離陸した飛行機を見る事が出来ません。
それに、東京の暑さとは大違いで寒い!22℃位でしょうか
ココで長い間居たら風邪を引きそうです。

航空祭は9時からですが、8時半過ぎに政府専用機ハンガー前に駐機していたシグナス01がプッシュバックを開始したので会場へ移動かと思ったのですが、しばらくランプ上でスタンバイしていましたが、再びハンガー前にトーイングされていきました。

9時にF15戦闘機の離陸でオープンニングとなりますが、あっという間に雲の中消えて爆音だけが響き渡ります。

さすがに400mm(640mm相当)では小さいのでかなりトリミングです。

これは、ヤバイかもと言うほど視界は悪化していてもしかしたら飛行展示は駄目カモと言う空気が流れます。

救難訓練が実演が会場で始まり、会場でヘリがホバリングして隊員の降下や上昇訓練の様子が眺められました。

かなりガスっている中、実演が始まりました。

この後、F2模擬離陸実演があり、滑走路上に2機編隊でタキシングします。

こちらはノートリミングです。

どうせなら飛んで欲しいものです。
笑)
この時間になってもシグナスが上がらないので、やはり編隊飛行は中止になる感じです。まあkの天気じゃ並走は難しいでしょうからね。

なんせF15の編隊通過は雲の中通過していき、爆音だけが会場に響くありさま。この頃になるとこの場を撤収するファンも出てきました。
せめてシグナスのローパスだけでも拝みたいと願っていると10:10頃にシグナス01がプッシュバックをし36Lから離陸します。

ようやくシグナスが離陸してくれました。

しかし、あっと言う間に雲の中に消えて行きました。

シグナス01が上がるとシグナス02が会場へタキシングを開始ます。

少しずつ明るさが回復してきました。

シグナス専用のトーイングカーに牽引されて会場に向かうシグナスを追ってシグナスカラーの支援車も後に続いて隊列を組むように向かって行く姿が見られるのはそうそう無いですからね。

離陸したシグナス01はTCA誘導を受けながら定刻10:40にローパス出来るようにコントロールされて、36Rへ進入してきました。

滑走路上で主翼を左右に振りながら飛行してくれました。

進入前にシーリングの高度を確認していたので、なるだけ姿を見られるように高度調整をしてくれたのでしょう。

悪天候のなか、すばらしいローパスを見せてくれました。

再び上昇します。

会場を後にするシグナス01。
退役までに羽田でこの姿をまた拝みたいものです。

先程、会場にトーイングしていたシグナス02はローパスの間、RWY18Rでホールドしていてローパスが終わった後、会場へ向かいました。

特別航空輸送隊のパレードみたいですね。

シグナス01は基地に帰投する為に誘導されてアプローチコースに向かいます。

シグナスが降りたら会場にむかいましょうかね。8時位は会場へ向かうバスは長蛇の列でしたがこの時間になると列は短く直ぐにも乗れそうな感じです。
(つづく)

【RJCC/CTS/新千歳】2018/3/23撮影レポート(2)

新千歳空港の撮影地で一番最初に思い浮かぶのがココモーターランドですが、冬場のRWY01使用時は午前中が勝負となります。時にRWY01Rの到着機のタッチダウンを狙えるのは午前中の早い時間だけです。

NH/ANA/全日空  B777-200 JA704A

NH/ANA/全日空 B777-200 JA704A

なので11時を過ぎると逆光気味になってしまいます。

GK/JJP/ジェットスタージャパン  A320 JA17JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン A320 JA17JJ

太陽が顔を出してバックの山を引き立ててくれました。

LJ/JNA/ジンエアー  B737-800 HL7561

LJ/JNA/ジンエアー B737-800 HL7561

韓国からの観光客が大挙してきているのでしょうか?韓国線の便数がかなり増えています。

NH/ANA/全日空  DASH8 JA846A

NH/ANA/全日空 DASH8 JA846A

北海道内のローカル線に就航しているダッシュ8が降りてきました。千歳で見るとなんか新鮮に見えます。

JW/VNL/バニラエア  A320 JA01VA

JW/VNL/バニラエア A320 JA01VA

ピーチと経営統合が決まったバニラの1号機が成田から到着です。

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA771J

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J

ワンワールドカラーのトリプルがタッチダウンする瞬間を狙ってみました。

MU/CES/中国東方航空  A321 B-8650

MU/CES/中国東方航空 A321 B-8650


この時間になると中国や韓国を朝に出発した便が続々と到着してきます。

JW/VNL/バニラエア  A320 JA06VA

JW/VNL/バニラエア A320 JA06VA

気温が高いののでどうしても滑走路上は陽炎が強くでてしまうので離陸後を狙うのですが、そうなるとちょっと遠くなってしまいます。

CA/CCA/中国国際航空  B737-800 B-5326

CA/CCA/中国国際航空 B737-800 B-5326

CAが到着しました。訪日客で国際線ターミナルも大盛況です。

KE/KAL/大韓航空  B747-400 HL7461

KE/KAL/大韓航空 B747-400 HL7461

KEはジャンボでやって来ました。それだけ高需要路線と言うことなのでしょうね。
さすがにジャンボはデカいので100-400ではフレームからはみ出るので24-70に切り替えて撮影しました。

KEが到着したのが12:30過ぎと言うことでそろそろお昼にしようと言うことで苫小牧に向かうことにします。


<その3へ> <飛行機の館へ

懐かしシリーズ”コンチのB747-200”

CO/コンチネンタル航空 B747-100 N78020

CO/コンチネンタル航空 B747-200 N78020

いやー懐かしい。
もちろんコンチネンタルのB747-200もですが、ココ撮影した場所が・・・

今でこそさくらの山公園としてキレイに整備されていますが、この当時は空港公団に買収された土地で空き地になっていました。
公園のベンチなど多くの見物客で賑わっている場所も写真にも写っている有刺鉄線の柵で囲まれていました。

機動隊パトロールの立ち寄り場所にもなっていて、良く職質されたものです。
この空き地は大抵は柵が空いて中に入って撮影していてもあまりとやかく言われない事が多いのですが、時折職務に誠実な機動隊員だと公団の土地だから退去するように言われたりします。

中にはこういう機動隊員に「公団に(入ってはいけないと)確認したのか」と詰め寄るスポッターも居ました。
公団側もこの場所は公団の土地ではあるが当時は「無用な争い」は避ける傾向にあり、警備上の妨げにならない限り黙認してた節があり、機動隊員が公団側に問い合わせても一向に返事をせず、機動隊側が交代時間だからと言ってしまったこともありました。

その後、公園造設の為立ち入りが出来なくなったのは残念でしたが、今では綺麗な公園になったのは嬉しいことです。
でも最近は植樹された木々がかなり成長してちょっと撮影しずらくなりましたが・・・

そろそろ成田も桜が開花するのも間近になりました。綺麗な桜が今年も咲き誇るのが楽しみです。

飛行機雲


今年の4月に、485系の廃車回送が走ると聞いて東所沢で列車を待っていた時に頭上をKEの747-400Fが飛行機雲を描きながら通過していくのが見えたのでなにげに撮影した1枚です。

4発機の747ならでは幅広な飛行機雲です。
FL390位だったと思うのですが、この日はかなり条件が良くて解像もしかっりしており、なかなかいい感じ撮れました。

こういう情景写真もたまにはいいものです。

懐かしシリーズ”B747リゾッチャ”

シドニー空港を出発するリゾッチャ塗装のJA8141


JALがハワイ、オーストラリア、グアム、サイパンなどのリゾート路線を”Super Resort Express”としてB747やDC10の塗装や内装をリゾート風にして、旅の気分を高めようと言う戦略を進めていました。

まあ裏を返せばリゾート路線はエコノミークラスが多いコンフィグ機材を充てており、そういうコンフィグになる機材は比較的古い機体が多かったので、厚化粧と揶揄されることもありましたね。

リゾッチャはTVCMなどでも大々的に宣伝したのでツアー客には結構浸透していました。
ただ、ビジネス需要もそこそこあったシドニー線では、リゾッチャ仕様の747はビジネス客から不評だったとか。

リゾート路線はツアー客主体になるので儲からないと言われており、JALのリゾート路線も縮小傾向でしたが、最近は少しづつ手を入れて始めていますから、またリゾッチャみたいな専用機材が出来るかも知れませんね。

さよならノースのジャンボ

DL_B747

今年6月に撮影したのが最後になってしまったDLのB747

先週末で終了したサマースケジュールにあわせて、デルタ航空(DL)のB747-400が日本線から撤退しました。DLのB747は合併したノースウェスト(NW)からの移籍で、どちらかとと言うとDLのメインフリートはMD11って言うイメージです。

NWは太平洋路線では、ユナイテッド(UA)とJALで御三家と言われるほどのシェアを誇っており、殆どの路線でB747での運航となっており、当時は成田からの以遠権でアジア各地へも就航していたので安いツアーの定番でした。
香港やグアム、ホノルル、シアトルへNWのB747で行ったのも懐かしい思い出ですし、午後の成田はNWのジャンボだらけでした。

NWがDLと合併し、DLカラーとなったジャンボを見た時にはちょっと残念に思ったものです。なのであえてDLのジャンボとは言わずNWのジャンボと

そんなDLのB747も機材更新計画により今年ですべて退役する事が決まっており、11月からは新鋭機のA350-900が成田にやって来ます。

また日本の空からB747が消えてしまうのは残念です。

【NRT/RJAA/成田】2017/6/10撮影レポート

今日の午前中は神栖まで行った帰り、鹿島貨物を撮影した後、成田でスポティングをしてきました。
1094レを撮影した後、遅い昼食をとったので成田の16Lエンドに着いたのは14時半でした。

UA/UAL/ユナイテッド航空  B737-800 N73298

UA/UAL/ユナイテッド航空 B737-800 N73298

GUMから帰って来たB737です。
さて今日はエアバンドを持って来なかったのでFR24でアプローチしてくる機体をチェックしていると、ナショナルエアカーゴのB747が成田のアプローチコースに入っています。

B747ならAラン降りだろうと言うことで移動します。16Rの定番はさくらの山ですが、あそこは混雑するし。木々の成長で降りの撮影も厳しくなってきたので、以前から目を付けていた場所に行ってみます。

UA/UAL/ユナイテッド航空  B787-8 N17963

UA/UAL/ユナイテッド航空 B787-8 N17963

ちょっと仰ぎ見な感じになりますが、悪くは無い場所です。

しかしここに到着したとたん雲で太陽が隠れてしまいました。

N8/MUA/ナショナル・エア・カーゴ  B747-400F(BCF) N952CA

N8/MUA/ナショナル・エア・カーゴ B747-400F(BCF) N952CA

ナショナルエアカーゴは初めて撮影しました。N952CAは元エールフランスで飛んでいた機体ですね。

NH/ANA/全日空  B787-8 JA831A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA831A

ココだと70mmで丁度良く収まります。それに車の脇で撮れるしなかなかいい場所です。

NH/ANA/全日空  B737-800 JA67AN

NH/ANA/全日空 B737-800 JA67AN

後追いもいい感じで撮れますがこの後直ぐに森に隠れてしまいます。

この日は横風が強くカニ歩きでやって来ます。

UA/UAL/ユナイテッド航空  B747-400 N175UA

UA/UAL/ユナイテッド航空 B747-400 N175UA

FR24を見ているとこの後大型機が続いて16Rにアプローチしてきます。

TG/THA/タイ国際航空  A380 HS-TUE

TG/THA/タイ国際航空 A380 HS-TUE

A380も機体が大きい分強風に煽られてファイナルで結構ふらつきましたが、体勢を直して無事にランディングしました。

DL/DAL/デルタ航空  B747-400 N666US

DL/DAL/デルタ航空 B747-400 N666US

デルタのジャンボも退役が近づいてきました。次にDLに乗る時には飛んでいないかも知れません。

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア  B747-400 LX-LCV

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア B747-400 LX-LCV

いつもは朝に到着するカーゴルクスのB747ですがディレイだったのかな?

KE/KAL/大韓航空 KE551 B747-8F HL7617

KE/KAL/大韓航空 KE551 B747-8F HL7617

大型機の連続アプローチの最後はKEカーゴのB747-8Fです。
B747-8も生産打ち切りの話もありますから、ホント、ジャンボが姿を消す日もそう遠くないのかも知れませんね。

さて、今日はこれにて撤収することにしました。
いやーナショナルエアカーゴが撮れて良かったです。

鉄道コム

懐かしシリーズ”SwissairのB747-300”

初めて香港啓徳空港に到着し、ターミナルにタキシング中に駐機しているSwissairのジャンボ機が見え、SwissairにもB747-400がデリバリされたのかと、勘違いした事がありました。
もう25年以上も前のことですが、SwissairのB747-300はデリバリーされたばかりのような美しさでした。

SR/SWR/スイス航空 B747-300 HB-IGD

SR/SWR/スイス航空 B747-300 HB-IGD

この頃は、週3便でB747-300がZRH/BOM/HKG/SEL、週4便がMD-11でZRH/HKGが直行でうち週2便がさらにHKGからMNLまで飛んでいましたね。

当時は香港経由の南回り便も少なくなったとは言え、存在していましたし、アジア域内だけも以遠権で搭乗出来るキャリアもあって面白かったですね。

【NRT/RJAA/成田】2017/5/20撮影レポートその3

5月だと言うのに気温はグングン上がってきました。
さくらの丘は日を遮る場所は無いので熱中症になるんじゃないかなと思う程でしたね。

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ225 B747-8F JA11KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ225 B747-8F JA11KZ

まだ日が西側に回ってこないのでサイドが影ってしまいますが、いい感じで離陸していきます。

5Y/GTI/アトラス航空 5Y7168 B747-400F N407KZ

5Y/GTI/アトラス航空 5Y7168 B747-400F N407KZ

ノータイトルのホワイトボディと言う747も昔はちょくちょく売却時に登場しましたが、最近は747自体がレアですからね。

TZ/SCO/スクート TZ291 B787-8 9V-OFB

TZ/SCO/スクート TZ291 B787-8 9V-OFB

スクートの到着はBランだったので上がりが撮れて良かった。

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMH

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMH

LXのA340がゆっくりと上っていきます。
LXの長距離線新機材の選定決定がなかなか発表されません。A340も経年が進んでますからね・・・

NH/ANA/全日空 NH929 A320Neo JA211A

NH/ANA/全日空 NH929 A320Neo JA211A

Neoシリーズが離陸しますが、軽いのでかなり上昇しています。

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア C85735 B747-400F LX-OCV

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア C85735 B747-400F LX-OCV

旅客便にまじりカーゴも上がります。カーゴルクスは香港行です。

TG/THA/タイ国際航空 TG641 A380 HS-TUE

A380を後追いで

NH/ANA/全日空 NH817 B787-8 JA840A

NH/ANA/全日空 NH817 B787-8 JA840A

ギアアップしている写真は今まであまり撮影機会が少ないのでついつい追いかけてしまいます。お陰でCFの残容量が少なくなってきました。

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A330-300 OH-LTO

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A330-300 OH-LTO

AYもBラン降りなので出発だけの撮影です。今日はスペマです。
そろそろ1093レ撮影の為に移動しなければなりませんが、FR24を見ていると
AI/AIC/エア・インディア AI307 B787-8 VT-ANR

AI/AIC/エア・インディア AI307 B787-8 VT-ANR

AIがスポットアウトしてタキシングしているので、1093レを捨てて残留することにしました。

UL/ALK/スリランカ航空 UL455 A330-300 4R-ALR

UL/ALK/スリランカ航空 UL455 A330-300 4R-ALR

でもそろそろ1094レの時間があるのでこの日はULが上がったところで撤収することにしました。

天気の良い日にスポティングをすると気持ちが良いですが、これからは暑さとの戦いになりますね。



その2へ> <飛行機の館へ> <その1へ

【NRT/RJAA/成田】2017/5/20撮影レポートその2

この日は、只見線のSLの撮影も考えていましたが、撮影者も多いし会津川口折り返しと言うこともあって最近は只見線の撮影から遠のいています。

SB/ACI/エア・カレドニア・インターナショナル SB800 A330-200 F-OHSD

SB/ACI/エア・カレドニア・インターナショナル SB800 A330-200 F-OHSD

このとこえろエアカリンはF-OJSEばかり撮影していたので、今日はちがいう機体がやって来てくれたのはなにげに嬉しかったですね。

NH/ANA/全日空 NH808 B787-9 JA873A

NH/ANA/全日空 NH808 B787-9 JA873A

先日、羽田でGAしてしまい撮り損ねたスターウォーズのB787がBKKから到着すす。

LO/LOT/LOTポーランド航空 LO79 B787-8 SP-LRB

LO/LOT/LOTポーランド航空 LO79 B787-8 SP-LRB

LOTも順当にAランに降りて来ました。

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア C85735 B747-400F LX-OCV

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア C85735 B747-400F LX-OCV

やっぱりジャンボだとこのような少し前から撮影した方がかっこいいですね。

続いてIBがやって来ましたが16Lをアサインされちょっとがっかりしましたが、それを知った(?)機長が機体パフォーマンスから16Rをリクエストしてくれ、16Rにやって来ました。

IB/IBE/イベリア航空 IB6801 A340-600 EC-JPU

IB/IBE/イベリア航空 IB6801 A340-600 EC-JPU

、乗り入れ当初はA330でしたがサマースケジュールからA340-600になりました。A340-600も久々に見た感じします。

LD/AHK/エアホンコン LD208 A300-600RF B-LDG

LD/AHK/エアホンコン LD208 A300-600RF B-LDG

エアホンコンはA300-600Rでした。最近はジャンボでは来ないんですかね。

さて9時を過ぎたし、到着機も一段落してきたのでここらで移動します。
コンビニで買い物をしつつ、出発機を撮影できる34エンド近くのさくらの丘へ向かいました。
今までは70-200Lでしたが、ココでは70-300Lで狙ってみます。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX509 A330-300 B-HLM

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX509 A330-300 B-HLM

キャセイが上がりましたが、この時間だとまだサイドまで日が当たりませんね。

VN/HVN/ベトナム航空 VN301 B787-9 VN-A866

VN/HVN/ベトナム航空 VN301 B787-9 VN-A866

ココだとギアアップした機体が撮影できます。

PR/PAL/フィリピン航空 PR435 A321 RP-C9902

PR/PAL/フィリピン航空 PR435 A321 RP-C9902

小型機でも上がりが遅ければいい感じで撮れます。

JL/JAL/日本航空 JL827 B787-8 JA833J

JL/JAL/日本航空 JL827 B787-8 JA833J

キアアップが終わったドリームライナーを後追いしてみました。主翼の先が反射しているのも逆光ならではですかね。



<その1へ> <飛行機の館へ> <その3へ

【NRT/RJAA/成田】2017/5/20撮影レポートその1

カンタスが成田から羽田に移ってからは6時の運用開始から成田で撮影することが無かったので、久しぶりに朝からスポッティングしてきました。

1095レをモノサクで撮影した後、16Rno高速陸橋上のポイントに6時に到着するとAラン1番機が降りてきました。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX6 B747-400F B-HKX

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX6 B747-400F B-HKX

カンタスはBラン降りでしたから同時にAランに降りてくるキャセイカーゴを撮影するのはかなり久しぶりです。

5Y/GTI/アトラス航空 5Y7133 B747-400F N407KZ

5Y/GTI/アトラス航空 5Y7133 B747-400F N407KZ

続いてやって来たのはアトラスのB747-400Fです。レジから判るように去年の11月にNCAから売却された移籍機です。フルカラーにならないのでしょうかね。

FX/FDX/フェデックス FX31 B777-200F N854FD

FX/FDX/フェデックス FX31 B777-200F N854FD

ANAのドリームライナーが2機続いた後に、フェデックスのトリプルカーゴがやって来ましたがファイナルでフラフラしているなぁと見ていたらGAです。

どうもILSローカライザーを上手く受け取れなかったのか?ILSの不具合でGAした様です。

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ89 B747-8F JA18KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ89 B747-8F JA18KZ

kの時間はAランに降りてくるのはカーゴ機が主体で、意外とトラフィックが少ないです。

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ224 B747-400F JA05KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ224 B747-400F JA05KZ

降りてくるカーゴもNCAがメインです。昔はFedexとかNW Cargoとか結構頻繁に降りてきたんですけどね・・・

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

この日のSwissはタイトルをマイナーチェンジしたJMHでした。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ638 B777-300ER 9V-SWS

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ638 B777-300ER 9V-SWS

SQも2便あった朝便のうち1便は羽田に移ってしまいました。

TG/THA/タイ国際航空 TG640 A380 HS-TUE

TG/THA/タイ国際航空 TG640 A380 HS-TUE

朝のTG便は羽田へはB747-400、成田にはA380と使い分けています。タイからの訪日客が好調なのでA380でも席が埋まるのでしょうね

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ167 B747-8F JA11KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ167 B747-8F JA11KZ

成田でB747-8を一番見られるのはKZです。

AM/AMX/アエロメヒコ航空 AM58 B787-8 N783AM

AM/AMX/アエロメヒコ航空 AM58 B787-8 N783AM

この日のAMはティファナで給油した関係で1時間半遅れでした。



その2へ> <飛行機の館へ

今はなき1階席

先月、山口宇部空港からJALで帰ってきた際の搭乗券をFlightLogと共に保管しようと取り出して見てみれば、ほぉ~懐かしい表記が残っているなぁと感心しました。
1階席中央右端に「1階席」と表記されています。
B747型機が運航していた頃の名残でしょう。

山口宇部にJALのB747が国内線で使われた事は無いような気がします。多分、搭乗券の発券システムがB747就航当時のままなのでしょうね。
なんせ山口宇部はB737での運航ですから2階席は無いですから、1階席と書いてあっても間違えではないし。

昔、B747が就航していた頃には2階席に乗るのが好きでした。階段でアッパーデッキに上がる時のワクワク感は忘れられないです。

2階席と言えば、ANAがA380を就航させますが、その時の搭乗券には2階席の文字が復活するかな?

サウジアラビア国王来日

今日から4日間の日程でサウジアラビアのサルマン国王が日本に来日しました。サウジアラビアの国王が来日するのは46年ぶりとかで、閣僚や王族など1000人を超える随行団共に来日するので色々と来日前から話題になっていました。

特別機を撮影したいと思ってましたが、情報によると日本到着は日没後との事で用事もあったことから撮影は諦めていましたが、せめてバブルだけでもと思い、21時過ぎに羽田に向かい夜にP3駐車場から撮影してきました。
本務機となったB747-400 HZ-HM1がV1スポットに駐機していました。
51番ゲートにソラシドのB737がスポットインしているのが邪魔ですね。昼間ならスポットアウトするのでしょうがこの時間だとオーバナイトなので仕方ないです。

V2スポットには予備機のB747-SP、HZ-HM1Bがステイしています。個人的にはこちらをすっきり撮りたかったです。V1とV2の間に件のエスカレーター式ステップが置いてありますね。
15日に離日するようですが、出発は昼間になるようなので撮影出来ないのが残念です。

これだけ撮影して撤収しました。なんせ30分以内なら駐車料金が無料ですからね(笑)

懐かしシリーズ”羽田V1スポット”

羽田空港のV1スポットって今もあるから懐かしく無いと思われてしまうかも知れませんが、V1スポットが今のN地区にあった時代の写真です。
多分1995年頃だと思います。
たまたま羽田空港に行くと、ルフトバッフェのA310が駐機していので撮影していたら、整備地区から政府専用機がトーイングされてきました。
政府専用機とドイツ空軍なかなかVIP機同士の並びは見られないよなぁ~と思って撮影しました。
ルフトバッフェのA310はRWY15から離陸していきました。
政府専用機は、外務大臣だか副総理が総理の代理として出掛ける時だったかと記憶しています。
V1スポットから搭乗してそろそろタキシングを始めるという頃にRWY22に4発機だけど小型な飛行機が降りて来て、おお
B707が来たと思ったら、アメリカ空軍のVC137でした。
政府専用機とアメリカ空軍思わぬツーショットを撮影できました。
政府高官が羽田にやって来たのでしょうか?VC137はV1スポットには向かわず整備地区の方に向かって行きました。

当時はネットなど無い時代で、こういうVIP機の情報はなかなか入手できなかっただけに、たまたま羽田に行ってこんな事もあるんだと当時は喜んで撮影したものです。
それから20年。政府専用機も引退を迎える訳で時の経つのが早いものです。