専門家は正しいとは限らない

台風で計画運休となった大阪環状線

昨日は、台風21号が関西地域を縦断して大きな被害をもたらしました。
関空では高潮による浸水に加え、ジェット燃料を輸送するタンカーが隣岸して空港沖合いで投錨したもの高潮と強風で走錨して漂流、連絡橋に衝突して橋桁がずれると言う被害が出て関空が孤立する事態になりました。走錨と言うと洞爺丸が沈没した時も台風、それも吹き返しの風でした。

そんな中、関西の放送局でコメンテーターとして出演した某防災専門家がJRの計画運休を批判し、台風21号が通過して被害の無い大阪環状線の運行を再開しろとか発言したそうです。

台風が通過した後の吹き返しの風の方がどれだけ危険なのか判って無いのでしょうかね。
素人のコメンテーターがコメントするなら切り捨てられるだけですが、防災の専門家が言うことなのでしょうかね?

自分はその放送を見てませんのでどういう趣旨で発言したのか真意は判りませんが、「専門家は正しいとは限らない」と言うことを具現化してくれたようです。
大抵、こういう異常事態の時って専門家の言うことはあてにならないですからね(笑)

コメントを残す