【夜アナゴ】(6/16)羽田・かみや

今年2度目の釣行は平日釣行を計画、時期的にはキスアナゴリレーですが、夜ムツも良型が上がっているのでそそられるなぁ~と色々考えているうちに、夜ムツが満員。じゃあキスアナゴかと出船している船宿を当たるが、「もう終わりました」とか「週末だけ出船」とつれない。

浦安の船宿も夜アナゴは畳んでしまったようで、羽田の「かみや」さんが出すと言うことで行ってみることに。
18時出船なので、ゆっくり出て京浜島で撮影してから17時に船宿に到着です。

料金7500円を払い乗船札をもらい船着き場に向かうと、既に4隅は埋まっていました。まあ釣座には拘らないので、右舷トモから2番目に道具を置いて、まずは腹ごしらえ。

後から3人のグループが乗船して今日は10名で右舷は6名で出船となりました。今日は空いているからゆったり釣りがデキます。

船は羽田空港を眺めながら木更津沖を目指し航程30分程で製鉄所の沖合に到着です。アンカーを入れて船が安定したところで「はいどうぞー」となります。

今日はキス竿2本でそれぞれ、シンプルな釣り鐘オモリに1本針スタイルで攻めます。
仕掛けを入れ着底したら糸ふけ取って、竿を交互にトントンと誘いをいれ、時折聞きアワセをしたりとしてみます。

オオドモの人は開始早々に1本目を上げたので気合が入ります。しばらくトントンしていると竿先にアタリが出ました。
一呼吸入れて大きく合わせると乗りました。いい引きをして1本目Getです。木更津沖のアベレージサイズと言ったところです。

このペースで釣れればと頑張りますが、その後が続きません。
南西の風でしたが、風が止んだと思ったら今度は北風になったようで船がアンカーを軸に反対方向へ流されて今まで横浜の遠景が見てていたのが製鉄所の眺めることになりました。

日が落ちて残光も無くなって来た頃再びアタリが到来しました。これはと慎重に合わせるとかなりの引きです。まかさサメじゃないだろうなぁと上がって来たのは良型のアナゴでした。

バケツの中には2匹のアナゴ


なんとか2本。型が良いのでもう1本追加したいところです。
しかし、風が結構強くなって少し波も立ってきました。こうなると繊細なアタリを捉えるのが難しくなるので厳しくなるなぁと思いながら小突きます。

途中、トイレで席を立った時に左舷オオドモの方のバケツを見ると10本近くのアナゴが入っています。
うーんアナゴ名人には敵いません。

小突くタイミングを変えてみたりしてなんとか追加しようと頑張りますが、アタリがありません。時折エサのチェックをしますが、喰われている様子がありません。

20時半を過ぎると、仲乗りさんが釣れたアナゴを捌き始め2本のアナゴが裁かれて帰ってきました。
ラストスパートですが追加出来ずに21時に最後を移動となり、「21:20に上がります」と後20分です。

頑張って小突きますがアタリは無く、先程捌いて貰ったアナゴの袋が回収されて、3本追加されて帰ってきました。
「かみや」ではアナゴが5本に満たなかった場合、ストックされていたアナゴが補填されて5本は持ち帰れるシステムになっています。お陰で最低でも5本は持ち帰れるのです。

追加出来ずに21:20沖上がりとなり、羽田のRWY34Lに降りてくる飛行機を眺めながら22時に船着き場に帰港となりました。

アナゴ5本なら十分なおかずになります。


小腹が空いたので帰り道にラーメン屋に立ち寄ったので帰宅したのは0時近くなりましたが、羽田出船も悪くは無いですね。
なんせ羽田空港が良く見えますから(笑)

船宿のHPから
====
夜アナゴ 0~13本(船中42本)
水深:15~16m
大きさ:26~53cm
船向き:南西~東~北東
潮向き:上げ潮適度
今夜は10名のお客様がいらっしゃり出航
思い当たるアテもなく昨夜最後のポイントが一番良かった事からその周辺から始めてみる事に・・・
今夜もまだ周囲が明るいうちから顔は出しその後もポツリポツリ最近にはない好スタ-トとなり開始20分で船中10本釣れサイズも良型結構多く上手く荒場に入ったのかな
開始直後は南西風そよそよで船首は風上向いて止まったものの雷雨陽気で内陸部に発生したせいか羽田方面は北東風に変わった感じ
沖にも段々その風が届いてくると船は回り始め東向きとなり最終的には北東向きで落ち着き船はぐるりと1回転・・・
出足良好だったので歯がゆい思いも船が少しずつ回った事でポイントも少しずつ変わっていったからそのまま移動せず1時間以上粘ってみたら上手い具合に何本か顔出してくれて船中30本弱となりラッキ-
移動して同じような食いをしてくれれば最高だったんですけど
案の定移動後は数本のみその後も大きく移動せず4ヶ所探る羽目となり何本かずつの拾い釣り状態否めず後半伸びを欠きましたが久しぶりにトップはツ抜けし鈴木さんが13本、2番手11本でサイズは両極で小ぶりか良型かでしたネ

===

収支報告
 支出の部
  乗船代 7500円

 収入の部
  アナゴ 5本

【アナゴ】(5/21)長浦・こなや丸

毎年この時期になるとアナゴが食べたくなり、毎年渋いと判っていながら釣行しています。
今年も開幕後もポチポチ釣れているようですが、あちこちの釣果をみていると長浦のこなや丸が盤洲沖を狙って大型を上げてたので、良し今年は型狙いで行くかと昼前に予約しました。
出発前に新金線で貨物を撮影して京葉道路経由で長浦の船宿には16:40に到着。

受付札はNo3と思ったより空いているようです。料金7100円を支払い氷を貰って船着き場に移動します。
準備をしていると船が戻ってきて、準備が終わったところで乗船開始です。

3番と言っても1番2番が親子連れで右舷トモに入ったので左舷のトモに入ることに。もう一人は右舷ミヨシに入りアナゴ船にしてじゃ寂しく4名で少し早めの17:20に出港となりましたが、最初に渡船の釣り人を堤防に渡すとのことで長浦港沖の沖堤防に途中停車します。
改めて沖に出ますが、盤洲沖かと思って準備をしていたらどんどん南下してアクアラインを通過、30分程で既に僚船が操業している木更津沖に到着。あれま盤洲じゃないのね。

アンカーを打って安定したところでスタートです。
まずは置き竿を投入してから手持ちの仕掛けを入れて小突き始めます。
この日は北東の風が吹いており、船が結構ピッチします。

しばらくすると右舷で上がったようで、そろそろ時合?かなと思ったら置き竿にアタリらしき動き。竿を持ち替えてアワセてと思ったらのですが、すっぽ抜けです。船長ももったいなねぇーと

その後も小突きながらアナゴのアタリを待ちますが、なかなかアタリがありません。
ようやく日没間近になって小突いてる竿にアタリがきました。そっれ!と合わせると心地よい曳きで1本目ゲットです。

さあ次だぁと小突きますが、その後が続かず雨まで降りだす始末。
オイオイ今日は雨がふるなんて聞いてないぞとカッパのフードを被り小突きますがアタリが来ません。

アンカーロープを延ばしたりしてアタリが出るようにしますが、右舷では数本上がったのですがこちらにはやって来ません。
時折、餌チェックをしますが赤クラゲの触手が仕掛けや餌の周りにまとわりついています。
こいつが餌に付くと食わなくなるんだよなぁと除去して投入の繰り返しです。

沖上がりまでに2回ポイント移動しましたが移動19時近くにポイント移動しましたが、アナゴに嫌われたようでアタリ無く20:50に起き上がりとなりました。

ボウズは逃れたものの1匹とは・・・あちゃー

片付けが終わり、ポイントを離れますが帰港前に沖堤防2か所に立ち寄り釣り人を回収するので船着き場に戻ったのは21:50と湾奥の船宿に戻る時間と大差ない感じになってしまいました。

あー、盤洲沖でないなら湾奥出船でも良かったかなと思いながら帰宅しました。

この日の釣果

この日の釣果


貴重な東京湾の江戸前アナゴは大好きなアナゴ煮にしておいしく頂きました。

<収支報告>
 収入の部
  アナゴ 1
 支出の部
  乗船代 7100円
  仕掛け 約1000円(ケミホタル・アナゴ針)
となりました。

<船宿>
 長浦港 こなや丸
 ==この日の船宿BLOGから==
 水  温:19℃
 釣り場:木更津沖
 大きさ:25~38cm
 匹 数:1~4匹
 竿 頭:船橋市の中嶋さま
 コメント
 今日も夕マヅメのアタリは良かったのですが、暗くなってからのアタリが悪く数は伸びませんでした。
 トツプはアナゴ釣り初挑戦の中嶋さまで、序盤にパタパタと好調かと思われたのですが、その後はパッタリと止まってしまいましたが、サイズは良型揃いでした。

あ、スソだったんだ・・・

【キス・アナゴリレー】(2015/5/1)浦安・吉野屋

メーデーの5月1日、今年はアナゴが好調らしいと言うのでキス・アナゴリレーに行ってきました。
出船は13時ですが、まずはメーデーに出席にしなければならないので、8時に家を出発してまずは浦安の吉野屋へ。

宿に着いて釣り座のボードを見ると既にオオドモは埋まっていたので、右舷トモから2番目を確保して受付した後、メーデー会場へ向かい出席。
12時に船宿に戻ってくるといい感じで札が埋まっており、乗船して用意が整った13時に19名で出船となりました。

江戸川を南下し凪の東京湾を進み約50分程で木更津沖に到着。

キス竿を2本用意して、一本は標準的なキス仕掛けで探り釣り、もう一本は胴付仕掛けで置き竿にします。
今日は機嫌のいいかのか直ぐにアタリが出始めて心地よいキスの引きを堪能しながら1匹目ゲット。約20cmの良型キスでした。樽にキスを入れていると置き竿にもアタリが出てそっちも上げると、こっちも良い型のキスでこりゃ忙しいなぁ(笑)

船中でもコンスタントに上がり、自分も10匹を超えキス釣りはこうじゃなければなぁと思いながらポンポンと釣り上げます。
kisu
時折、ピンキスもまじりますが、良型主体なのでなかなか楽しく、ピンキスだとリリースする余裕も出てきます。

風にあたりながらの流し釣りで、到着当初はソヨソヨと南東の風でしたが、次第に強くなり流れる速度も早くなり仕掛けが浮き上がってしまう場面もあり、そうなると上手く棚に仕掛けがハマる人にはアタリが出ます。
こうなると胴付の置き竿を不利になるので、仕掛けを回収して探り釣りに専念し、少しづつ数を伸ばしていきます。
中には上手くハマれない人が居て仲乗りさんが指導していました。

16時近くなるとスパンカを揚げて横流しから縦長しにチェンジ。
下げ潮になって右舷側は船下に仕掛けが入ってしまうので、投げて浮かしながら仕掛けを動かして誘う戦法にしますが、アタリが遠退きました。

17時半からアナゴにしますとアナウンスがあり、残り1時間。まあ樽の中には目測で20超えのキスが居るので、まあ充分ではありますけど、残り時間に少しは数を延ばそうとがんばります。

udon吉野屋名物の「うどん」の用意が始まったようで、うどんつゆのいい匂いが漂うなかラストスパート。
結局、キスは29匹と言う結果になりました。

船は5分ほど走りアナゴのポイントに到着です。
まずは「うどん」が振る舞われます。
船上で食べるうどんは格別なんですよね。

釣る前に食べれるのは釣り始めて、いい時に中断しなくていいのでリレー船ならではです。
うどんを食べて、仕掛けを準備します。釣鐘オモリにハリス長が異なる2本の針を付けてシンプルな仕掛けで攻めます。


今年は好調が言われるアナゴですが、どんな感じでしょうか?
直ぐにオオドモの人が釣り上げ、気合を入れて小突きます。

釣り始めて15分位経過した頃、アナゴ竿に微妙な変化があったのに気付き、少し送り込んで少し待ちます。直ぐにまた底に当たる感覚とは違うような感触があったので、ええい!と合わせてみると乗ったみたい。

オモリ以上の重さを感じながら上げるとアナゴがいました。が、うーん木更津サイズにしては小型だなぁ。
それにアタリがものすごく小さかったぞ。

さあ、次もいくぞぉと頑張ってみます。少し間があって今度は置き竿にしていた竿に変化が出たので持ち替えて合わせを入れ2本目ゲット。
結構アタリ自体も少ないのかアタリが小さい。
好調と言う話はいずこに?

日がどっぷりくれた19時過ぎにようやく3本目に。型も小さいので以前に盤州沖で釣ったアナゴとは大違いだな
操舵室から聞こえてくる無線も「ダメだ~0~3だよぉ」とか嘆き節ばかり。

20時近くになり船長がアナゴを裁く準備に取り掛かり、今日はこれでおしまいかなと思ったたらガツガツと明確なアタリが出て、アナゴはこれだよねぇと次の引き込みで合わせて4本目ゲットです。

20時半で今日はココまでかなと思ったら、アタリがあったので合しそこねてしまい、直ぐに底に落とし誘ったらまたアタリが出たので今度は慎重に合わせて5本目ゲット。
良かった最低目標はクリア出来ました。
NCM_1534
アナゴの裁き終わった20:45に沖あがりとなりました。
東京湾の夜景を眺めながら21:30に船宿に到着。家に帰りキスを天ぷら用に捌いていたら終わったら深夜になってしまいました。
まあ、明日からGWだからいいかぁ。

この日の釣果ですが、船長のBlogによると
キス 13~20㎝ 5~38匹
あなご 23~28㎝ 0~13本 船中102本

だったそうです。
成績的には良い方だったようです。

【船宿】浦安吉野屋
【料金】9300円(氷は別料金)
【仕掛】キス:オモリ20号 市販キス仕掛け・アナゴ:釣鐘オモリ アナゴ2本針

今日はキス・アナゴリレーです。

今日は5月1日でメーデーです。組合員としてはメーデーに出席するのが義務と言うわけで午前中出席した後、浦安からキスアナゴリレーに乗船。

今年は久しぶりにアナゴの状況が良いみたいので頑張って来ます!

image

【夜アナゴ】(5/26)木更津・牛込港「牛込ゆうせん」

今日は、成田にスポッティングに行く予定だったのですが、昨晩の飲み会が効いたのか起きたのは昼前。
かなり寝てしまったようで、今日は成田へ行くのを諦めました。

じゃあ、今度の土曜日に行こうとしていた夜アナゴに行くかと、牛込ゆうせんの船長にTELすると「いいよぉ17時半に出るからね」との返事。
なんせ今年はアナゴの様子が悪く湾奥の船宿は看板を畳んでしまってます。

まあ様子が悪いって言っても1本位なら釣れるだろうと思って、行ったのですが・・・

17時前に到着して右舷オオドモで用意をしていると船長も到着です。
今日は自分一人だけでの出船です。少人数でも船を出してくれる船長には感謝です。

17時過ぎに出船して、まずは金田海岸沖へ
アンカーを入れて船が安定したところでスタートとなります。

3本の竿にそれぞれ餌を付けて順々に投入していきます。
1本を置き竿にして、2本を手持ちにしてアナゴからのアタリを待ちます。船長も用意して竿を出します。

夕まずめのゴールデンタイムですが、アタリはありません。
小一時間程、粘りましたたが、アナゴは姿を表さず、ノーヒットです。

アンカーを上げて、今度はアクアライン近くの航路カケアガリ近くを攻めます。
去年、ココで良い方のアナゴを釣ったんだなぁーと思い出し、頑張って1本は釣ろうと小突きますが・・・

アナゴからのアタリをキャッチすることなく、20時半を過ぎました。
船長も今年もアナゴダメだなぁ~とボヤキます。

そろそろ仕舞いましょうと言うことで、ボーズです。
港には21時に帰着。
下船時に船長から日中船で釣ったキスを頂き帰路につきました。

今年はアナゴが食べられないのがとても残念でなりません。

【船宿】牛込ゆうせん(第三鳩長丸)
【料金】5700円(餌アオイソ、氷付き)
【仕掛】釣鐘20号仕掛

【夜アナゴ】(6/2)木更津・牛込港「牛込ゆうせん」

2日は夜勤明けだったので、昼過ぎから出掛ける夜アナゴに最適と言うので、出掛けてきました。
今年のアナゴはシーズン開始から様子が芳しくない。去年は夜アナゴに行けなかったが、11月に外道で釣ったアナゴが美味しくその味が忘れられす、渋いのを覚悟での釣行です。

湾奥の船宿は木更津沖を攻めるのですが、牛込ゆうせんは、型狙いで地元盤洲沖を攻めると言うのです。
地元で撮り鉄なんぞをしたお陰で、牛込港に着いたのは17時少し前です。

船長に挨拶して料金を支払います。今日は乗客2名で、トモに常連さんが入り、自分は前に入りました。用意をしていると、「早いけど出るよ」と告げられ、17時ちょい過ぎに出港。

東風が少し強いけど、波が立たないので凪の海を10分程進み、アクアライン近くのポイントに到着。
1本は天秤の投げ釣り仕掛をセットして、イソメを付けて投げ込みます。
もう1本は、オーソドックスな釣鐘オモリ式の仕掛で始めます。

船長の話だと暗くなる前が勝負と言うのです。なんとか最低でも前日のトップ6本の半分はGETしたいと小突いていると、置き竿に当たり。
合わせて巻き上げると随分しなります。もしやと思いながら上げると案の定、サメでした。
投げ釣り仕掛にしたのは、明るいうちなから外道が来るかな?と言う魂胆なのですが、サメも釣れやすいと言う難点があります。

常連さんがアナゴを釣り上げ、気合いを入れて小突くと、懐かし?モゾモゾと言うアタリ。竿も良い感じに曲がり抜きあげると良型のアナゴでした。
胴の太っていて、木更津沖のアナゴに比べると黒光り?が違います。
続いて、置き竿にアタリ。こらちはイシモチが釣れました。

時合いなのか、常連さんも釣り上げて、船長も竿を出して釣りだします。
暫くすると、手持ち竿にまたもやゴソゴソとあたりが出て、1.2.3で合わせると乗りました。うーんアナゴ釣りはこの快感がいいんですよねーと巻き上げると、この日船中最大の50cmオーバーでした。こいつはデカイです。

その後何回かアタリが有ったのですが、アワしそこねを連発してしまいました。
アナゴは居る!

暫くするとクラゲの大群がやってきて、道糸にあたり流されてしまい、移動となりました。
さらにアクアライン寄りに移動して、アンカーを打ち再開です。

常連さんはポツポツとアナゴを上げてます。うーん何が違うのだろう。まあ常連さんは4本竿出ししてますけどね。
投げ竿の穂先に小さなアタリが出たので、持ち替えて合わせるとヒット。
でも軽いからまたイシモチか?と思ったら、木更津サイスのアナゴでした。
これで最低目標クリアです。

この頃になると日も暮れて夜釣りらしくなります。
でもゴールデンタイムは終わり?なのかアタリは遠のいてしまいました。サービスのカップラーメンを食べながら釣りますがその後が全然ダメです。

19時半頃に久々のアタリをキャッチ。
4本目をGETしました。

20時頃から船長がアナゴを裁いてくれます。 常連さんは骨要らないと言っているけど、貰うかい?と船長聞かれ、「ハイ貰います!」と
骨せんべいが好きな自分にとっては嬉しいオファーです。

あともう一匹はと頑張って、小突きましたが、アタリは無くダメでした。

20時半過ぎに「そろそろ上がりましょう」の声で終了。
トモの常連さんは、15本も上げたそうです。
船長曰く、アナゴが出始めてきたから、これからが本番かも?とのことでした。

港に戻り、出船回数1000回記念の地元産のりを貰い、羽田空港にむかいました。
あ、特に書かなかったけど、サメはアナゴと同じくらい釣れました(笑)

こちらが今日の釣果

骨が多いのは貰ったからです。(笑)

【船宿】牛込ゆうせん(第三鳩長丸)
【料金】5700円(餌アオイソ、氷付き)
【仕掛】釣鐘20号仕掛
【釣果】イシモチ1,アナゴ4

【アジ】(11/18)袖ヶ浦牛込港・牛込ゆうせん(第三鳩長丸)

牛込ゆうせん勝山から夜ムツ釣りに出掛けるつもり準備万端でしたが、昼に「予報が悪いので出船中止」の知らせがあり、意気消沈。
これからじゃ午後船も間に合わないよなぁ~とネットで調べていみると、袖ヶ浦牛込港の「牛込ゆうせん」が14時半出船の「夕まずめアジ船」を出していると言う。
早速、TELしてみると一人にも関わらず、「いいですよぉ」の返事。LTアジの道具も持ち出し、アクアラインを通って自宅から50分程で到着。

暫くすると船長がやってきて、「このところ、シブイから覚悟してねぇ~。でも来ればデカイよ」と・・・まあ釣りが出来ればと準備をして14時20分に出港。
ポイントは、港から5分程の盤洲沖、港前の海苔筏周りにアンカーを入れてのかかり釣り。
アミコマセを籠に入れて、せっせとコマセを巻き続けます。船長もサビキ仕掛けを出してコマセを撒いてくれるのですが・・

ノーシグナルな1時間がたち、2時間が過ぎてもアタリすらありません。あちゃーやっぱ駄目かぁ~アジ釣りでオデコは辛いよなぁと。船長もそろそろ始まらないとなぁとぼやきます。

完全に日が落ちて、そろそろタイムアップの17時近くになって、初めてのアタリが到来。残念ながらばらしてしまいましたが、ようやく魚が来たか!と、コマセを詰め替えて仕掛を入れると、着底してコマセを振るとビビビとアタリ。ちょっとアジの引きとは違うなぁと上げると、これまた20cmオーバーの良型シロギス。

船長もおー随分良いキスだな。この時期この辺でこういうのが上がるんで狙うと面白いんだけどねと。
魚探に反応が出て始めたから残りのコマセ使い切るまでやってみてと延長してくれました。

ではと再び仕掛けを入れると、またもやアタリ。これはアジな引きだぞ上げてみると、15cm程のアジがダブルで釣れました。
時合い到来?かとせっせを再投入しますが、次が続きません。一人なんでコマセが効かないので仕方無いです。

少しすると今度もアタリ。アジには随分引くなぁと上げると40cm程の丸々太ったマアナゴがスレで釣れました。こりゃウマそうだ。今年の夏はアナゴ釣りに行かなかった分、嬉しい外道です。

仕掛をぐじゃぐじゃにされたので、交換してアジが釣れないかとコマセを打ち続けますが、群れが薄いからか後が続きません。
するとひったくるアタリがあり、こりゃなんだと上げてみれば1m近いサメ。船長が持って帰るかい?と聞くがいりませーんとハリスを切ってお帰り頂きました。

仕掛も無くなったし17時半を過ぎたので、もう上がりましょうと船長に伝え、帰港することに。
港でアナゴを割いて貰い、船代を支払い今日の釣行は終了となりました。

初めての船宿でしたが、船長も面倒見も良く気持ち良い釣りが出来ました。

【船宿】牛込ゆうせん(第三鳩長丸)
【料金】4500円(アオイソ、コマセ、氷付き)
【仕掛】アミ用LTビシ40号、アジビシ仕掛
【釣果】アジ2,キス1,アナゴ1