2016年欧州乗り撮り記(その8)

2016年9月8日

日が変わって9月8日です。
やはり満席のエコノミーは辛いですね。寝たり起きたりを繰り返しているとバンコクまで残り3時間を切りました。寝られたのは4時間程度ですかね。

LX180朝食寝起きでぼーっとしていると機内の明かりが明るくなり朝食のサービスとなります。
まあありきたりの卵オムレツですが、去年デルタで食べたオムレツは美味しく無かったよなぁ~と思いながら配られた朝食を食べます。

味は悪くありませんが、90年代のSwissair時代と比べたらクオリティはかなり落ちているよなぁと。でもデルタに比べたら断然こちらの方が良いですけどどね。

ミャンマー上空からタイへ入り徐々に高度を落としていきますが、この位置からして定時での到着は無理そうです。

バンコクスワンナプーム空港のRWY19Rに着陸したのは9:50で40分遅れでの到着となり、もしバンコクで再チェックインとなったらほぼ乗継はアウトでしたね。
エコノミークラスの最後方だったので降機するのにも時間が掛かったので乗継時間は1時間ちょちいしかありません。
モニターで乗り継ぐCX750便のゲートを確認するとG04ゲートです。
スポットインしたゲートがD02ゲートでだったのでG04ゲートでターミナルビルを挟んだ反対側になります。ターミナル内を歩いていきますがちょっと距離があります。

BKK空港いつも思うのですが、バンコクの空港って通路が薄暗いんですよね。昔のドムドアンもそうでしたけど新しい空港なんだからもう少し明るくすればと思うのだけれども・・・

乗継ホールで保安検査を受けて出発階に移動しゲートに向かいます。あまり時間が無いのでお土産屋を冷やかす暇も無く、ゲートに到着して、これから搭乗するA330-300(B-LAD)の写真を撮っていると搭乗開始となり、ほんと乗り継ぎだけで、あわただしく機内に入ります。

近中距離向けの定員の多い座席配置になっていますが、この便は時間的に利用者が少ないのかガラガラです。
隣席にも人が居ないのはラッキーです。

11:03にドアクローズし定刻にスポットアウトしてRWY19Rから飛び立ちます。

CX750機内食フライトタイムは2時間20分との事で巡航高度に達すると昼食がサービスされます。ビーフかパスタかと問われてビーフを選択しましたが、うーむ微妙な味付けでした。
付け合せのフルーツはさすが南国?らしく美味でしたけど。
そして案の定、コーヒーは美味しくないです。

お腹に入ったら眠くなってきました。LX180ではそんなに眠れなかったし・・・少し寝るかぁ~

kimg0442香港から乗継するCX546ですが、数日前から天気予報でこの日の夜に関東へ台風が上陸する予報が出ていました。時間的にCX546が羽田に到着する時間と重なることから出発を遅らせて台風が通過した後に到着するようになるかなと予想していたのですが、乗継便モニターにはCX542は定時出発の様です。

香港には定刻より少し早く14:50に到着したので、1時間25分の乗り継ぎにも余裕が出来ます。
トランジットカウンターで保安検査を受けなおして出発階にあがり、免税店で月餅を買ってから61番ゲートに向かうと最終ランナーのB747-400(B-HUI)が居ました。
CXのB747-400も今年の10月1日で引退することになり、最後の活躍をしているのでお別れ搭乗として今回の旅行に組み込んだのです。
CX747-400
丁度自分が海外旅行に行くようになった直後に最新鋭のジャンボ機としてB747-400が登場し、まだJALやANAに納入される前に初めてB747-400に搭乗したのでCXでした。

最新鋭ジャンボと呼ばれてもう20年以上が経過し、JALやANAからは全て退役し他社も退役を進めており残存する機体も少なくなってきました。

搭乗開始までちょっと時間があったのでゲート近くから滑走路が見える場所があったので撮影をしていると搭乗開始のアナウンスがあったのでゲートに戻り搭乗します。

CX542機内座席は48KでExit-rowの窓側です。
行きのCXでもそうでしたがこの席は一般席扱いなので予約時押さえておいたのです。続々と乗客が搭乗してきましたが横の2席は空いたままでこれはいいぞぉと思っていたのですが、ドアクローズ間際に通路側に1人入りました。まあ隣席は空いているのでそれだけでも充分ですけどね。

空港内混雑の為、スポットアウトの順番待ちになりこれまた出発が遅延します。
20分程の待った16:53にようやくスポットアウトしてRWY25Lから離陸しました。

機長のアナウンスではフライトタイムは3時間35分との事で特に台風に関するアナウンスも無く普段と変わらない感じです。
でも羽田到着時は風が強くてロデオ状態になってGo Aroundするのでは?とちょっといけない期待をしてしまいます。

でもってお楽しみ?の機内食ですが、ビーフを選択しました。CX542機内食うーむ日本的な味付けにしてあるのがちょっとなぁ~って感じです。

やはりLXの機内食の方がエコノミークラスではワンランク上ですね。


見たい映画も無いし、時差ボケなのか眠かったのもあり目をとじると落ちてしまいました。

気がつくと四国沖を飛行しており、羽田が近づいてきました。
浜松沖で内陸側により羽田へのコースに乗り大島上空でベルト着用サインが点灯しました。
Exit-Rowだとモニターが肘掛収納なのでシートベルト着用サインが出ると仕舞わないといけないのでその後の様子がフライトマップで確認できないのが難点です。
スマホのコンパスを便りに位置を特定しようとしますが、北北西に進んでいるのは判りますが地上の様子が判らないので場所が特定できません。

ようやく街の明かりが見え、南南西に変針したのでILS22アプローチだな。すると柏上空だなとようやく位置特定できました。

所どころ低い雲がありますが荒天と言う感じではありません。まあILSなのでいい天気ではない事は確かです。
順調に高度を下げていき、スカイツリーや地元の上空を通過してさほど揺れることなく21:56にRWY22に着陸し105番スポットに定刻より30分遅れで到着しました。

入(帰)国審査を受けてバッゲージベルト前で荷物が出てくるのを待ちますが、羽田は荷物が出てくるまで時間が掛かります。成田は結構速く出てくるのですが・・・
待っている間バンコク止まりになっていないかなーもし出て来なかったら荷物が無い分楽かもとか考えているとバックが出始めますが、自分のは結構後の方になって出てきました。

丁度、ホノルルからの便が2便あったので税関も並んでおり制限区域を脱するまで結構時間がかかり22時半を過ぎていました。
空港からバスを使い地元まで戻り、日付が変わる寸前に自宅に到着して8日間にわたる旅が終了しました。

(完)


その7へ>  <その1へ

懐かしシリーズ”BRITISH ASIA AIRWAYS B747-400”

BRITISH ASIA AIRWAYS B747-400

BRITISH ASIA AIRWAYS B747-400


香港啓徳空港にアプローチするBRITISH ASIA AIRWAYSのB747-400です。

1990年代後半になると台湾へ乗り入れる欧州キャリアが中国に配慮して、別会社を立ち上げて専用のからカラーリングを施した機材を当てていました。

香港で撮影していると結構な確率で台湾向け機材を目にしたものです。

その後、台湾と中国の関係改善によって、わざわざ別会社にする必要も無くなり殆ど通常塗装機になりましたが、今でもKLMにはKLM ASIA塗装が残っていて時折成田にも飛んできたりします。

尾翼の「英亜」の文字がなんか大英帝国らしい感じがして、香港で見るとなんか本国から植民地にやってきた陛下のように見えてしまいます。

懐かしシリーズ”カナディアンB747-400”

カナディアン航空 B747-400

CP/CDN/カナディアン航空 B747-400 C-FBCA

香港啓徳空港へIGSアプローチするカナディアン航空のB747-400です。
カナディアン航空はエアーカナダに吸収合併され消えてしまいました。

当時は大西洋線はエアーカナダ、太平洋線はカナディアン航空と住み分けをしていました。当時はETOPSが180分になってもなお、太平洋路線では4発機や3発機が主流で、カナディアンと言うとB747-400と言うイメージが付いてました。

湾岸戦争以降、カナディアン航空の経営不振から合併となった訳ですが、成田でエアーカナダの機体を見たときは凄く新鮮に思えたものです。

さてさて、話題が変わりますが、今日発生した台湾のトランスアジア航空のATR72の事故は凄いですね。

ドライブレコダーに録画された映像を見ましたが、ああやって落ちてくるとは誰も想像しないでしょう。
トランスアジア航空は事故をこう続けて起こしていると言うのは何か問題があるとしか考えられないです。

懐かしシリーズ”キャセイの747-200”

本屋の鉄道コーナーに行くと国鉄時代を取り上げた雑誌やら昔を懐かしむような書籍が多いです。でも航空コーナーにはその手の雑誌は無いんですよね。
前にも書きましたが、やはり航空ファンでは商売にならないと言うことなんでしょうかね。

なのでWebで懐かしむかと、古写真からこの1枚を

香港啓徳空港にアプローチする747

香港啓徳空港にアプローチする747

啓徳空港はIGSアプローチで進入して、大きくバンクを取って右旋回。旋回を終えて滑走路にを正面に見たアタリのシーンです。
もう滑走路は目と鼻の先。ドスン!とタッチダウンして逆噴射。
乗っていて、ドスンと着陸したら香港に来たナぁ~と思ったものです。(ドスン!が無いと逆に怖かったですね)

啓徳空港周辺には、古い住宅も残っていてダーティーなイメージがありましたが、徐々にそういう場所も消え90年代後半に再開発も始まりイメージが変わってきました。
この写真はそんな九龍城にオープンしたショッピングセンターの屋上駐車場から撮影しました。

昔の香港を彷彿させる1枚ですね。

HKエクスプレス、羽田線を増便

HK/CRK/香港航空 A320 B-LPI

HKエクスプレスと香港航空は共有機材もあります

香港のLCCキャリア、香港エクスプレスが11月16日から香港ー羽田線を増便し、デイリーで2往復運航となります。

格安で香港弾丸旅行が可能なキャリアとして人気が高く、またインバウンド需要も旺盛なこともあっての増便です。
日本乗り入れの外航LCCキャリアでダブルデイリーはまだまだ少ない中、早朝・深夜発着枠ですが羽田発着と言う強力な武器があるのは凄いです。

増便となるのは、
 UO625便 羽田6:10発→香港10:45着
 UO624便 香港0:10発→羽田5:05着
となります。
増便によって、金曜日の深夜に羽田を出発、早朝に香港到着して1日遊び、深夜の香港発に乗れば日曜日の早朝に羽田着となる弾丸旅行が可能になります。

試しに
 11/29 HND01:10 HKG05:25 UO623
 11/30 HKG00:10 HND05:05 UO624
で運賃を調べたら、受託手荷物なしで諸税込みで25,420円でした。

うーん、安いかと言うと微妙な感じです。セール運賃とかで2万切れば行ってみようかな。

旅行記を全話アップしました。

4travelにアップしていました、今回の香港・タイの旅行記「タイ・乗り物旅」シリーズですが、全てアップが完了しました。

タイ・乗り物の旅 その1(2014.3.13)⇒http://4travel.jp/travelogue/10869009
タイ・乗り物の旅 その2(2014.3.14)⇒http://4travel.jp/travelogue/10869692
タイ・乗り物の旅 その3(2014.3.15)⇒http://4travel.jp/travelogue/10870156
タイ・乗り物の旅 その4(タイ・乗り物の旅⇒その4(チェンマイ→バンコク14列車)http://4travel.jp/travelogue/10870411
タイ・乗り物の旅 その5(2014.3.16)⇒http://4travel.jp/travelogue/10870917
タイ・乗り物の旅 その6(2014.3.17)⇒http://4travel.jp/travelogue/10871071
タイ・乗り物の旅 その7(2014.3.18)⇒http://4travel.jp/travelogue/10871153

6泊7日の旅でしたがとても充実しました。
まあ、振り返って見れば本当に乗り物だらけの旅でしたね。

まあ、自分が楽しんだのだから問題ありません。

懐かしシリーズ”香港カーブのMD11”

香港カーブ
自分にとっては香港ってとっても刺激的でしたね。
アジアの混沌とした街並みを見ながら、降下してきた飛行機は高層ビルに手が届きそうな高度で、啓徳空港に向けて大カーブ。
ドスンとちょっと乱暴?にタッチダウン。
ターミナルに入ると少し薄暗い建物の中を歩いて入国審査場の列に並んで入国して、カオルンへの空港バスに乗り込み街に向かう・・・

昨夏、久しぶりに香港を訪れましたが発展と共に、全てが新しくなり、昔の雰囲気がかなり薄れてしまった気がします。

写真は、キリスト教墓地の山頂で撮影したスイス航空のMD-11です。ひっきりなしに、やってくる機体が大カーブを描いて降りてくるので1日居ても飽きませんでした。

懐かしシリーズ”キャセイの743”


B747-400でさえ、クラッシック扱いされつつある今、現役でレギュラーサービスしているB747-300って居るのでしょうかね?
結構好きだったんですよね-300。

キャセイはロールイスロイスエンジンを選択していましたから、エンジンのRRエンブレムが銀色に輝きかっこ良かったなぁ

写真は、啓徳(香港)空港時代に撮影したものですが、キャセイ機は、IGSアプローチのファイナルを大胆に大きくターンするので、迫力がありました。
IGSアプローチって響きも懐かしいですね。

香港カーブの写真が新聞掲載されました。

今週始め、とある地方新聞の1面にこの写真が掲載されました。
今までに、出版関係の方から、この写真の提供を依頼された事はありますが、新聞は初めてでした。こうやって自分の作品が掲載されると嬉しいものです。
基本的に写真をリサイズ以外の改変せず、著作権を守っていただければ、提供には応じています。

香港啓徳空港にアプローチする中国東方航空のMD-11が、九龍城の街にあるビル上空に設けられたアプローチライト灯をかすめるように通過していきます。
この場所は有名でしたが、結構撮影が難しかったですね。

IGSアプローチで進入したきた機体は、すでにILSの電波から離れてビジュアルで滑走路へ向かっているので、操縦桿を握るコックピットクルーによって進路が異なり、進入灯の真有をこうやって通過しない場合もあったりしました。
さらにこの場所、本当に街の建物の谷間にある交差点なので、そんなに視界も開けてなく、無線でタワーとの交信を聞いて、そろそろだ!と思って構えて、音をたより、レンズを覗いて、「よし、きた!」とシャッターを切らないと、ほんの僅かな瞬間を狙わないとダメでしたね。