大型機材にシップチェンジ

OZ/AAR/アシアナ航空 A380 HL7626

この時期にA380を投入するとは・・・

12月にHND/FUK/ICN/NRTのルートでスタアラ特典航空券で予約しているのですが、今日予約詳細を確認すると、ICN/NRTのOZ便がシップチェンジでA321からB777-200ERになっていました。

今、韓国路線は利用客激減で減便や小型機材へのシップチェンジが行われていますのでA321からA320とかになったりするかと思いましたが、まさかA321からトリプルにシップチェンジとは予想してなかったですね。

この日のOZ、ICN/NRT線は3便運航していて、午前にはなんとA380で、午後の予約している便がB777-200ER、その後夜がA321と言う布陣になっています。
もしかすると夜便がA330だったのをあまり利用客が見込めないからA321と差し替えたのか?

予約便での事前座席指定の状況を見る限り、空き座席ばかりでした。
まあまだ3ヶ月ありますからこれから席が埋まるかも知れませんが、B777-200ERだと300席程ですからね。

それにしても、韓国からの観光客激減による観光経済の影響は大きいようです。特に九州はかなりの打撃を受けているようで閑古鳥が鳴いている観光地が多いとか。

マスコミなどが韓国人観光客の日本での支出金額は他国より低いと言ってますが、観光庁の数字って1回あたりの支出だと思うのですが、年間に2回、3回と来ているとどうなるんだろうな?とちょっと疑問に思うところもあるのです。

九州の人が焼肉食べに釜山に気軽に行くような近さですから、韓国から何回も来日しているなら1回あたりの支出額は低くてもおかしく無い訳でそういう所を考えずに浅はかな報道する日本のマスコミは、質が・・・となる訳です。

確かに観光、特に海外からの誘客にはこういう事態はよく有ります。9.11同時多発テロの時なんかは世界中の航空会社から利用客が消え、航空会社も消えたところもあります。
観光におけるリスクヘッジ、9.11以降海外ではこういう事態に対処できる様に対策を考えるようになってきてますが、まだ日本ではこれをちゃんと出来ている観光産業って少ないんですよね。

12月はFUK経由にしたので少しは経済活性化の為に役立つかな?

只今、セール中の韓国LCC。組合せ次第で国内旅行にも使える?

韓国のLCCでは韓国発の需要低迷により日本路線の大幅ディスカウントフェアを発売中です。
コレ以外のキャリア(KEやOZも)や期間外でも空席状況によって安い運賃をファイルしていたりしますので要チェックですね。

エアーソウル
 販売期間 8月20日まで
 旅行期間 9月30日まで
 運賃 成田~インチョン 2000円 関空・福岡・米子・高松・広島・静岡~ 1000円

ティーウェイ航空(通常のセール期間を延長)
 販売期間 8月25日まで
 旅行期間 10月27日~2020年3月28日まで
 運賃 成田・関西~インチョン、済州 1500円 成田~大邸 1000円
    新千歳~インチョン 2500円 福岡~インチョン・大邸 1000円 那覇~インチョン2000円

運賃には別途燃料サーチャージや空港税が必要になりますが、使い方によっては韓国経由の那覇~新千歳や成田~福岡なんて言う旅もできそうです。
ただ、韓国で1泊必要になる場合がありますが、上手くキャリアや目的地を組み合わせれば同日着も可能ですので色々試してみると面白いです。ただ、

    乗継ぎの保証が無いので自己責任

でおねがいします。

TW/TWB/ティーウェイ航空 TW207 B737-800 HL8253

韓国キャリアを上手く使って格安旅行が出来る?

アシアナ航空売却へ

OZ/AAR/アシアナ航空 A380 HL7626

保有機材の整理も行われるならA380あたりか?

アシアナ航空(OZ)を保有する韓国財閥の錦湖グループが、資金難を理由にグループが保有する全株式を放出して経営から退く事が発表されました。

OZの資金繰りについては、機内食騒動があった頃に噂で聞いていましたが、やはり韓国経済の状況から改善することは出来ずに赤字が増えてつづけ銀行も駄目と判断したのでしょう。

株式を放出することで筆頭株主が変わるだけなので運航は引き続き継続されますが、今の韓国経済で引受先が見つかるかは不透明でこの混乱が続けば、銀行融資も途絶え最悪On Groundになる可能性も無くはありません。

韓国のLCCも競争が激化しており傘下LCCのエアプサンやエアソウルも売却される見通しですが、この2社については整理される可能性もあります。

残念ながら今の状況からOZが良い方法に進むのはかなり大変かと思われます。
個人的にはOZは好きなキャリアだっただけに、初心に戻って頑張ってもらいたいものです。

それにしてもピーナッツの会社もそうですが、なんか韓国の財閥って個人商店を大きくしただけな感じがしますね。

機内食が無い?その2

先日、アシアナ航空(OZ)がケータリング会社を変更した事によるトラブルを記事にしましたが、その続報がありました。

つなぎ融資ならぬつなぎ機内食を提供したケータリング会社の下請け協力会社、社長が混乱を苦にして自殺すると言う事態になりました。

まだインチョン空港では混乱が続いており、アシアナ航空の社長が記者会見で今回の混乱を謝罪しているが、そもそもOZが一日に必要な機内食数を賄うだけの製造能力が無いケータリング会社と契約を結ぶこと自体がおかしい訳ですけど・・・

その辺に韓国社会の暗部が見え隠れている気がします。

OZ/AAR/アシアナ航空 A380 HL7626

A380だと搭載する機内食の数も多くなります

眼の前の難点を排除することだけに執着して、その本質を見ない(見ようとしない)ところが・・・

この問題はもう少し長引きそうな予感がします。

機内食が無い?

アシアナ航空(OZ)は7月からケータリング会社をLGSコリアからゲートグルメコリアに変更する計画でした。

しかし、ゲートグルメコリアがOZから機内食を受託するにあたり建設していた機内食製造工場が火災が起きて完成が遅れた為、7月からの機内食供給が出来ずその間のつなぎとしてシャープDo & Coに製造を依頼していました。

しかし、ソウルをハブとするOZのフライトを賄うだけのDo&Coでの機内食製造能力が無かったことから出発時刻までに機内食を搭載出来ない便が続発し、大幅遅延するなどの混乱が起きました。

例えば、7/1のソウル/成田線の運航状況ですが、OZ102が大幅に遅延しています。

OZ運航状況

OZ102は4時間遅れと大幅遅延となってます。

今、OZの成田線はボックスミールですがA380だと人数を多いので時間も掛かったのでしょうかね。

中には機内食の代わり食券バウチャーを配って機内食を積まずに出発した便もあったようです。
まあ、韓国らしいニュースではありますが・・・

それにしても面白いのは、今回登場するケータリング会社が全てルフトハンザグループの流れをくむ会社なんですよね。
LGSはルフトハンザ、ゲートグルメはSwissair、Do&Coはオーストリア航空を起源としています。
今は各社とも他社の資本が入ったりしていて独自色が強くなってますが・・・

広島空港OZ着陸失敗原因はやはり

OZ/AAR/アシアナ航空 A320 HL7788

アシアナ航空のA320

運輸安全委員会が2015年4月24日に広島空港に着陸進入に失敗して滑走路から遺脱した事故について調査結果を発表しましたが、うーん韓国らしい原因だなぁと唸ってしまいました。

悪天候の中、広島空港に最終進入中の機体をキャプテンがオートパイロットから手動に切り替えたものの、標準的な降下角度より低く飛行し、着陸決心位置を通過した際にコパイが滑走路を目視出来ないとコールしたものの、キャプテンは「ちょっと待て」とコパイを制して着陸を続行、およそ30秒後にILS計器をなぎ倒して滑走路上から遺脱して停止しました。

コパイが滑走路を目視出来ない時点で、ゴーアラウンドしていれば事故は防げた可能性があるのですが、韓国では自分より上位の人に意見するのはタブー視されていますからねぇ・・・

まあいわゆる韓国病です。

韓国キャリアでは同様の航空事故を過去に何回か起こしておりその都度、指摘されていますがやはりなかなか治らないものです。
今、韓国では朴大統領がスキャンダルで大うねりしていしますが、これも韓国らしいです。

でも事故の原因が「韓国らしさ」はホント改めて欲しいものです。

【RJOT/TAK/高松】2016/6/26レポート

地方空港の醍醐味は撮影環境に優れた場所が多いことです。だたその分トラフィックは限られてしまうことから、頻繁にやってくる大空港で撮影していると寂しい感じがしてしまいます。

高松空港も撮影環境が優れている場所の一つです。空港ターミナルと滑走路を挟んだ反対側にさぬきこどもの国と言う公園があってそこから空港が見渡せさながら伊丹のスカイパークに似た感じで撮影が出来ます。

JL/JAL/日本航空 JL480 B737-800 JA332J

JL/JAL/日本航空 JL480 B737-800 JA332J

この日は日曜とあって公園は家族連れで大きぎわいでした。
こういうほのぼの感は地方空港ならではです。

JL/JAL/日本航空 JL480 B737-800 JA332J

JL/JAL/日本航空 JL480 B737-800 JA332J

滑走路が近いのでB737-800でも大きく感じます。

中日本航空 Cessna 560 Citation JA118N

中日本航空 Cessna 560 Citation JA118N

高松空港は小型機の訓練などでも使われていて、定期便の合間を縫ってタッチアンドゴーやローパスの訓練なんかも行われていました。

NH/ANA/全日空 NH997 A320 JA8400

NH/ANA/全日空 NH997 A320 JA8400

羽田からのA320が到着します。
高松空港は小高い丘の上に造られた空港なのでバックに建物が無いのがいいですね。

JL/JAL/日本航空 JL481 B737-800 JA314J

JL/JAL/日本航空 JL481 B737-800 JA314J

続いて羽田からJLのB737-800が到着です。
航空標識を入れて着陸寸前のカットを狙ってみましたが、暑さで陽炎が出てメラメラ感が出てしまいました。

JL/JAL/日本航空 JL481 B737-800 JA314J

JL/JAL/日本航空 JL481 B737-800 JA314J

高松タワーをバックに逆噴射して速度を落としているB737-800

NH/ANA/全日空 NH997 A320 JA8400

NH/ANA/全日空 NH997 A320 JA8400

到着便は40分程度の滞在で再び旅立ちます。

JL/JAL/日本航空 JL482 B737-800 JA314J

JL/JAL/日本航空 JL482 B737-800 JA314J

太陽が西に回ると逆光気味になりますが、離陸機の場合それはそれでボディが輝きます。

NH/ANA/全日空 NH1622 B767-300 JA8677

NH/ANA/全日空 NH1622 B767-300 JA8677


この日の大物は那覇から到着したB767-300です。
朝晩はB787なども投入さるのですが昼間は小型機中心になってしまうのが残念です。

OZ/AAR/アシアナ航空 OZ166 A321 HL8060

OZ/AAR/アシアナ航空 OZ166 A321 HL8060

この日の〆はソウルからのOZです。A321シャークレットでやってきました。

この後レンタカーを返却して神戸に向かいます。

懐かしシリーズ”OZの747と737”

SL012_0022この写真のどこが懐かしい?と思われる人も多いかも知れません。
まあカラーリングは初代の旧カラーですが、B747-400Mは今でも成田に飛んできますしね。
ああ、OZの737はもう引退してエアバスになっているかぁと思う位でしょうが、この当時成田空港にB737の旅客便が来ること自体が珍しい時代でした。

B737となるとANAの名古屋(小牧)線位で、こうやって臨時便でやってくるのが関の山でした。ほとんどがB747でその合間にDC-10、MD-11やL1011の3発機が来るような時代でしたからね。

今ではB737がばんばん成田にやってきますし、B747は数えるほどで3発機はたまーに見かける程度です。
成田空港の華やかな頃でしたね。

【RJAA/NRT/成田】2015/9/21撮影レポート(3)

第1ターミナルから連絡バスで第2ターミナルに移動してエスカレーターで出発階へ上がります。それにしても第2ターミナルの旅客動線は悪いなぁ。

北側の展望デッキで開いているカメラ用開口部をGet、ココでPIAの到着まで粘ることにします。

OZ/AAR/アシアナ航空  A321 HL8279

OZ/AAR/アシアナ航空 A321 HL8279

地方空港にはA321では大きすぎ?

JL/JAL/日本航空  B787-8 JA839J

JL/JAL/日本航空 B787-8 JA839J

羽田でJALのドリームライナーを見る機会は少ないので新鮮に見えます。

GE/TNA/トランスアジア航空  A320 B-22310

GE/TNA/トランスアジア航空 A320 B-22310

ATR機の事故が続いたトランスアジア航空ですがA320は大丈夫かな

CI/CAL/チャイナエアライン CI102 B737-800 B-18610

CI/CAL/チャイナエアライン CI102 B737-800 B-18610

ダイナスティもB737ですからね。時代が変わったというか成田の需要が減っていることなのでしょうかね。

IJ/SJO/春秋航空日本 IJ622 A320 JA02GR

IJ/SJO/春秋航空日本 IJ622 A320 JA02GR

まだ乗る機会が無い春秋航空日本ですが、なんか積極的に乗ろうと言う気がしないのはなぜ(笑)

JQ/JST/ジェットスター JQ24 B787-8 VH-VKF

JQ/JST/ジェットスター JQ24 B787-8 VH-VKF

オーストラリアへのは観光需要が多いのでLCCで充分なのでしょう。でもドリームライナーならちょっとは豪華?なLCCかな

MM/APJ/ピーチアビエーション MM315 A320 JA806P

MM/APJ/ピーチアビエーション MM315 A320 JA806P

Violetta Rune塗装のピーチがやって来ました。
それにしてもPIAがまだやって来る様子がありません。FR24に映らないのでどこを飛んでいるか判らないのが辛いです。

MU/CES/中国東方航空 MU523 B777-300ER B-2022

MU/CES/中国東方航空 MU523 B777-300ER B-2022

MUの新塗装はどうしてもMHと間違えてしまいます。

GK/JJP/ジェットスタージャパン GK202 A320 JA08JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン GK202 A320 JA08JJ

エクステで400mm相当ですが、どうも写りが悪くなります。100-400mmが欲しいところですが、まだまだ高いですからねぇー

JL/JAL/日本航空 JL8781 B767-300ER JA621J

JL/JAL/日本航空 JL8781 B767-300ER JA621J

シャークレット付きのB6は結構格好良く見えます。


その2へ> <飛行機の館へ> <その4へ

アシアナ機の事故原因は

OZ/AAR/アシアナ航空 A320 HL7788

事故機と同型のA320

昨晩、広島空港で発生したアシアナ機の着陸失敗は幸いにして死亡事故にはなりませんでした。

山間部の空港で風は着陸に問題無い状況下だったようですが、搭乗客の話だと着陸前から横揺れがして2回接地の衝撃があったらしいとのことです。

これら断片的な情報ではウィンドシェアが原因ではないかと思うのですが、続報によればかなり所定高度より低かったと言う話もあります。
アシアナ機と言うとサンフランシスコでの事故が頭によぎります。
広島空港は山を切り開いて造った空港ですがら、高度を誤ったと言う操縦上の問題であった可能性も今の段階では捨て切れません。

フライトレコーダやボイスレコーダは問題なさそうに見えますから、今後分析によって原因究明がなされることだと思います。

それと緊急脱出にも問題があったのでは無いかといわれてます。これは人によって感じ方が違うのは今までの事故で明らかなので一概に言えませんが検証は必要でしょう。

このところ航空機事故が続いているのが気になります。

【RJAA/NRT/成田】撮影レポート2014/8/16その5

今回は久しぶりの成田だったので、ついつい紹介する写真が多くなってしまいました。今回で最後となります。

成田や羽田で撮影していると撮り鉄のようなギスギス感がなくていいですねー。
特に最近は撮り鉄マナーが悪くなる一方なので、最近は「ネタ」と呼ばれるイベント系は行く気がしません。

OZ/AAR/アシアナ航空 A380 HL7626

OZ/AAR/アシアナ航空 A380 HL7626

成田には就航記念?でA380が来てますが間もなくシップチェンジです。なので今日こいつは撮影しとかないと次、いつ撮れるか判らないので間に合って良かった。

NH/ANA/全日空 B787-8 JA806A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA806A

国際線だとようやく787の本領発揮と言うところでしょうか。
JALの787は国際線メインですし。

FX/FDX/フェデックス MD11F N524FE

FX/FDX/フェデックス MD11F N524FE

FDXのMD11もひさしぶりに見ました。ただ自分が成田に来ていないだけ?

AY/FIN/フィンエアー A330-300 OH-LTO

AY/FIN/フィンエアー A330-300 OH-LTO

16L降りだったので到着が撮影出来なかったので離陸を撮って撤収することに。こんな天気だとねぇ~

途中で昼食を取って都内に帰ってくると東京湾の方では青空が見えているじゃないですか!
そりゃないよなぁ~と
ちょっと中防大橋に寄り道することに。
お目当てはACの787です。

NH/ANA/全日空 B787-825A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA825A

787も30機全てデリバリーが終わったので、全機撮影にチャレンジしようかな

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 B777-300ER B-KPG

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 B777-300ER B-KPG

レジ見て気がつきまたが、香港レジを表していたB-HがB-Kって言うパターンも増えてきたということですかね。B-Kシリーズの次はB-Gかな?

PR/PAL/フィリピン航空 A321 RP-C9906

PR/PAL/フィリピン航空 A321 RP-C9906

羽田はA321で運航しているPR。少し高度が低く感じるのは若干内回りしたからかな?

NH/ANA/全日空 B787-8 JA812A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA812A

塗装が825Aと違うのでなんか別機種に見えちゃいますね。

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA7525J ONEWORLDカラー

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA7525J ONEWORLDカラー

FR24があれば、大抵のシップが判るので便利になりました。
昔は双眼鏡持参で次は何かと覗き込んでましたね。

AC/ACA/エアー・カナダ B787-8 C-GHPT

AC/ACA/エアー・カナダ B787-8 C-GHPT


目的のACが来るときにはかなり雲が出てきてしまいまたもよや残念な結果に。まあ、ACの色は綺麗に写すのは難しいんですよね。
羽田にACが787を投入するのは夏の間だけなのでリベンジかな。


飛行機の館に戻る> <その1へ

地方空港の国際線スポークが・・・

KE B737-800大韓航空は7月からインチョン~秋田(週3便)、インチョン~大分線(週2便)を10月まで運休する。観光需要の減少による運休で、昨今の嫌韓ムードや修学旅行の取りやめなどが響いているようです。

地方空港の国際化は主に大韓航空とアシアナ航空のインチョン線が柱で、その脇を中国路線が固めるような構造になっています。
その柱だった韓国キャリアの運休となると、地方空港にとっては手痛いことになります。

「地方を国際化するには国際線を」と訳の分からない論法で、国際線就航を自治体はなんとか誘致して、やっとこ開設できた空港が大半だと思います。
しかし、真の国際化が出来ずにこういう結果になるのは、目的が手段になった裏返しなんでしょうね。

今、韓国への旅行需要はかなり冷え込んでおり、ツアー価格も格安なものがかなり出回っています。
下手な国内より安く行けそうなので、1泊2日で家族で行ってみようかと考えましたが、パスポート取得が面倒くさいとの却下されてしまいました(笑)