Category: 旅



東京ゆめぐり号

上里SAで休憩する東京ゆめぐり号と上州ゆめぐり号

この週末は草津温泉へ出掛けて来ましたが往復とも東京駅を発着するJRバス関東が運行する東京ゆめぐり号を利用しました。

なんせ、車はノーマルタイヤですから積雪のある草津温泉まで行くのは難しいです。

列車で長野原草津口まで行きバスで草津温泉と言うルートになりますが吾妻線も211系ばかりで全区間ロングシートになる公算が高いので定時正にはかけますがバスの方が乗り換えも無いし安いので、バスを選択したのですが、2週間前に草津行きが決まったので、予約した際に往路が取れず復路だけ確保しました。

そのうちキャンセルが出るかもと言うことで時折、サイトを確認すると1週間前位に9:10発の1号に大量の空席が出たので予約すると2号車の割り当てで続行便が設定された様でした。(その後さらに3号車も設定されました)

バスなので要員が確保できれば増発も容易ですから満席でも諦めずにチェックしていれば取れるものですね。

さらに3日前には10:10発の3号にも空席が出て、時間的にこちらの方が、便利なので変更しました。

3号は増発便は無く1号車、本務便だけでUSB充電、Wi-Fi 装備車が充当されます。(続行便はこれらの装備が無い車が使われる)

東京発なので圏央道経由かと思ってましたが首都高5号・外環経由で大泉から関越道経由でした。

往路は首都高と外環で混雑していましたが関越道は順調で草津温泉バスターミナルには5分遅れてで到着でした。

復路は草津温泉15:30発の4号で、渋川伊香保ICまでは順調でしたが関越道、花園IC付近で発生した事故渋滞にはまり、東京駅には定刻19:07予定でしたが70分延の20:17でした。

まあ、帰りは渋滞ではまるから3~40分さ遅れるだろうと思ってましたがその倍になってしまいました。
こればかりは仕方ないかなと。

でも自分が運転する訳では無いから楽だし、スマホに落とした動画とか見てればいいので苦に成らないですからね。

捨てる人あれば拾う人あり

今日は家族で草津に来てます。先月、白根山が噴火して犠牲者が出る不幸な事故があった際に麓の草津温泉で多くの宿泊キャンセルが発生しました。

まあ、犠牲者が出ているので危険と思うのは仕方ないところでしょうが草津温泉まで被害が及ぶ事は無いだろしと、たまたま予約サイトを見てたら草津の伊東園が三連休の初日なのに空室ありになってました。

1部屋、2部屋なではなく団体客のキャンセルなのか結構な数の空きが出ていてました。

伊東園といえば売りに出ているホテルを買って、サービスを簡略化して低価格で提供するので有名です。休前日でも一泊8800円(税別)と安く(まあ値段相応らいしが)行って見るかと言うことでJR高速バスでやって来ました。

町中は思った程、雪もなく湯畑辺りも多くの観光客で賑わってました。

草津湯畑

噴火でキャンセルした人も多かったようでが予約した伊東園も予約した翌日には全て埋まったので捨てる人もあれば拾う人もいた訳です。

さて温泉に入ってこよう❗

オーストリア航空復活記念 再設定

以前、BLOGで紹介した「オーストリア航空復活記念プロモーション」運賃ですが、2/6から発売期間を3/3まで延長した形で再設定されました。
さらに、予約クラスが上位になる運賃も追加設定され、運賃結合も可能になっています。

 旅行期間 5/4-5/15出発
 発売期間 1/12まで
 発地 TYO/NGO/KIX
 着地 ZRH/MUC/FRA
 旅行期間  K_NNEP6は翌日曜日以降の5日~14日間、S/V/W_RNEPは翌日曜日以降の3日~14日間
 運賃/予約クラス K_NNEP6(K)60,000円 S_RNEP(S)85,000円 W_RNEP(W)105,000円 V_RNEP6(V)137,000円
 ビジネスクラス P_NNEP6(P)380,000円
 運賃制限 K_NNEP6/P_NNEP6は払戻不可・変更不可 S/V/W_RNEPは変更不可(払戻は要手数料)

さすがに前回設定した時は販売期間が短すぎましたからね。
OS/AUA/オーストリア航空 A320 D-ABZJOSを利用するなら、先日紹介した、「DO & CO à la carte」を試してみたら如何でしょうか?

塩尻【駅弁】信州和風牛肉弁当

信州和風牛肉弁当980円

信州和風牛肉弁当980円

塩尻駅で新宿行の最終スーパーあずさに乗車する際に、改札口脇のNEWDAYSで購入。
早速、新型スーパーあずさの車内で食べようと蓋を開けて、まず「これはうまそう!」と思わず言葉になってしまいました。

すき焼き風の牛肉煮に生野菜、半分に切ったゆで卵、ポテトフライ、生野菜にデザートのゼリー。そして白米。
最近の駅弁には無い飾りっ気が無いシンプルな「ザ・弁当」です。
これで980円はかなりお得感があります。

信州和風牛肉弁当980円

派手は無いけどシンプルな「ザ・駅弁」な雰囲気


牛肉はさすがに「信州牛」では無いと思いますが、冷めているのに柔らかくて味付けもちょっと濃い目ですが美味しい。
嬉しいのは生野菜です。なかなかこういう駅弁は少ないです。和風ドレッシングなのも「和風」だから?

ご飯も駅弁にしてはボリュームがあります。
そしてデザートのワインゼリーが信州らしくてGoodです。塩尻はワインの街でも有名ですからね。

塩尻では以前に「とりめし」を購入していますが、この牛肉弁当もなかなかの逸品です。

KLMが選ぶスキーリゾートの1位は

昨年、A318に乗りたい為にAFでZRH/CDGを往復しましたが、その際にAFのWEBサイトで予約しました。その際にメンバー登録をしたので時折AFやKLMからDMやメルマガが届くようになり、時折見ています。(まあゴミ箱直行の事も多いですが)

今日、届いたKLMのメルマガも見てみたら「Top 5 Ski Resort」と言う記事があり見てみると
5位 カナディアン・ロッキー(カナダ)
4位 ケアンゴームズ(スコットランド)
3位 ツェルマット(スイス)
2位 ヴァレ・ネヴァド(チリ)

そして1位は

パウダースノーと温泉、日本食が楽しめる「ニセコ」

なんと北海道のニセコと言うのです。

うーむツェルマットを抜いて日本が1位とは・・・

ニセコがオーストラリアからのスキーヤーで賑わいだしたのが10年位前でしょうか?
20年前のスキーブームが去った後、リゾート開発がストップしてかつての賑わいが嘘のように静かになったニセコに海外からのスキーヤーが来るようになって、徐々に利用者が増えてきたと聞いてましたが・・・

確かに、ココ数年旺盛なインバウンド需要で冬季に新千歳に向かう外航機材が大型化されたりチャーター便が増えています。
ニセコは海外からの利用者を10年前から受け入れて、ハードやソフトを整備してきたからこそ、こういう評価になったのかも知れません。
多分、最初の頃は大変だったでしょうが、それが今に繋がったのだろうと

まあ、ひねくれた考えをすれば、KLMは欧州のキャリアですから、長距離線を売りたいと言う事もあって2位にチリ、1位が日本と言う事見方も出来ますが往々にして旅行需要を盛り上げる方法としては良くあるので、選んでくれたと言う事実には変わりないです。

新型スーパーあずさ

今日は中央西線の撮影で南木曽へ行って来ました。

新宿7時発の「スーパーあずさ」1号で塩尻まで乗車し、帰りは塩尻20:08発の36号で帰ってきましたが往復とも昨年12月から営業運転が始まった新型のE353系でした。

新型だけあって車内も明るく各座席に枕とコンセントが装備されているのは嬉しいですね。

中央線はトンネルが多いでWi-Fiも装備してくれれば良かったのですが

乗り心地は車端部だったせいか、今一つ揺れが多い感じがしました。まあ、先代の「スーパーあずさ」E351系もそうですが、時短を優先したからでしょうか

中央線の特急は中央道ハイウェイバスと競争してます。さすがに値段では勝ち目がないので速さで勝負しないと房総特急の二の舞いになってしまいます。それに将来は中央リニア新幹線との勝負もあります。(今回、中津川駅前でJR東海のリニア工事事務所を見かけけ、工事が進んでいるのを実感しましたし)

3月のダイヤ改正で全てのスーパーあずさが新型に置き換えとなりE351系は引退となります。置き換えに必要な編成を急ピッチで配備を進めているようで塩尻では落成したばかりのE353系の試運転に遭遇しました。

183、189系のあずさが置き換わったのがちょっと前な気もするのですが、もう次世代になるとは早いものです。さすがに183,189系の「あずさ」が引退の時は市松の寂しさがありましたが、E351系ではあまり寂しいと思わないのは年のせいでしょうかね(笑)

早朝は第三ターミナル直行のLCAP

成田空港のLCCターミナル、第三ターミナルは第2空港ビル駅から遠く不便な場所。特に朝早い便を利用する時は駅からの移動時間を考えておかないと搭乗時間にシビアなLCCは待ってくれませんからね。

早朝便を利用するなら東京駅から出ている格安空港バス(Low Cost Airport Bus)なら第三ターミナル経由なので便利です。
京成バスなら5時台出発までは空港内では最初に第三ターミナルに停車しますので東京駅から1時間程で到着します。(JRバスは1時台と4時台のみが第三ターミナル経由)

昼行便だと第三ターミナルへは、第二と第一に停車した後なので15分程余計に掛かりますが駅から10分程歩くことを考えると時間的にほぼ互角ですが、荷物があるならバスの方が便利です。

LCAPは東京駅から首都高・京葉道路・東関東道を経由しますが、昼間なら渋滞する可能性がありますが、早朝なら渋滞することはよほどな事なければ無いのでそうそう遅れる事は無いです。
とは言え時刻表の時間に10分位は余裕持っておいた方が良いでしょう。

LCAPは京成バスが八重洲口北口から、平和交通/JRバスは八重洲口南口駅前から運行しています。
京成バスは八重洲口からちょっと離れた場所からの出発なので気持ち不便ですが、その分事前購入なら900円。楽天トラベルからも予約が可能なので楽天ポイントも使えるので少しはお得感があるので個人的には京成バスをオススメします。

オーストリア航空の「DO & CO à la carte」

今年の5月からウィーン~成田線に復活するオーストリア航空(OS)ですが、ビジネスクラスでは「フライング・シェフ」と呼ばれるシェフがミールサービスをすることで有名で、機内食の評判は悪くは無いもののエコノミークラスでは機内食の量が少ないと言う声もあります。

OSのケータリング会社「DO & CO」では、OSが運航する殆どの路線で有償で通常の機内食とは別に特製の機内食をエコノミークラスでもリクエスト出来る「DO & CO à la carte」サービスがあり、ウィーン発の成田線でもこのサービス提供されます。(成田発は無し)

メニューはホットミール・コールドミール合わせて9種類用意されており、日本食も用意されていて料金は15ユーロ均一です。

昨年、OSに搭乗した際に、このサービスを利用してみました。

朝食用にリクエストした朝食(ホット)

朝食用にリクエストした朝食(ホット)

アテネ発が朝7時と早く、ホテルで朝食を取る時間が無かったので、温かい朝食をリクエストしておきました。
温かいスクランブルエッグとベーコンとトマト、ポテトのメインにミールにヨーグルトとフルールに紙袋に入った温かいパン各種とボリュームもあり朝食としては充分でした。

欧州域内線では機内食と言うよりスナックのサービスだけなので、しっかり食べたいと言う時(例えば朝早い出発で朝食と取る時間が無いとか)には15ユーロ払っても悪く無いと思います。

ウィーンから香港まではディナータイムだったので「チキンレッドペッパー」をリクエスト

ちょっとビジネスクラスっぽい機内食

ちょっとビジネスクラスっぽい機内食


機内食のサービスが始まると一番先に配膳してくれるのでなんか優越感?があります。

エコノミークラスだと席によっては希望する機内食が品切れになったりすることもありますから、食べたいものが確実に食べれるのは嬉しいですね。

それと「有償」なのでビジネスクラスまではいかないもののそれに準じたクオリティなので悪くは無いと思います。
まあ、機内食が無料なレガシィキャリアなので、機内食にお金を払うのに抵抗がある方には向かいないかも知れませんが・・・

この様な有償機内食をサービスキャリアが増えてきています。
次はLXの有償機内食を食べてみたいですね。

久々のLCC搭乗

先週、日帰りで福岡往復をJetstarで行ってきました。
去年の秋に片道1990円セールで購入したチケットで、成田7:10発のGK503で出発して福岡20:35発のGK514で帰ってくる行程です。

LCCが並ぶ第三ターミナル

LCCが並ぶ第三ターミナル


今回、初めて成田空港の第三ターミナルを使いましたがいやー不便ですね。
行きは東京駅からのバスで直接、第三ターミナルに横付けでしたが、帰りは空港第2ビル駅まで歩きましたが、遠かったです。

Jetstarには4年ぶりの搭乗でした。
今回は、事前に座席指定をしなかったのでWEBチェックインの際に割り当てられたのは、三人がけの真ん中、行きが4Eで帰りが12Bでした。
でも12BはExitRowなので、事前に座席予約すると高い指定料金が掛かりますが、自動割当ですからダタだったのは良かったかな

行きはほぼ8割方、帰りは満席と週中の平日にしては搭乗率は良かったですね。LCCですからこれくらいは乗って無いと厳しいでしょうし。

行きは搭乗口で機内持ち込み手荷物の重量チェックがあり、結構厳密に測っていました。この日はカメラバックだけでしたが、Lレンズも入っていたので6kg近くあって、制限7kgのギリギリでした。
でも復路は重量チェックが無かったので、成田発だけなのかな?

GK503はJA02JJで復路はJA09JJで、往路は偏西風が強く定時に出発したものの18分遅れで到着となりました。
逆に復路は10分程遅れて出発でしましたが、成田は定時到着でした。

ちなみに復路では、時間が無くて夕食を取れないかもと思って、機内食のチキンカツ(900円)をオーダーしておきました。

チキンカツカレー

チキンカツカレーとホットドリンクで900円

水平飛行になると温めたミールを持って来てくれましたが、トレーも無いので熱くて持ちづらいですね。

流石に有料ミールとあって、味の方は悪く無いです。と言うか機内食としたら良い方では無いでしょうか?
ただ、レガシィキャリアの機内食ならメインの他にサラダやパン、デザートが付くのですが、カレーだけではちょっと物足りないです。
まあ、軽食と割り切ればいいのですけど・・・

久々に乗ってみて、やはりLCCは「バス」に乗る感覚で「飛行機」に乗る感覚が薄れますね。
価格は魅力ですが、やっぱりJALやANAの方が乗って楽しいかも・・・

Miles & Moreも運賃比例加算へ

LH A380

欧州も距離から運賃へ

ルフトハンザのMiles & Moreは3月12日からマイルの積算方法が距離から支払い運賃比例に変更となります。

LH、LX、OS、SN、EWで発券された航空券が対象で、運賃には燃油サーチャージ(YQ)も含まれた金額をユーロに換算(OANDAレートによる)し、平会員は4、上級会員は6を乗じて得た数字が、獲得マイルとなります。

なお、他社キャリア発券の航空券では現行のクラス&距離比例が適用となります。

既に、デルタがマイル加算を距離から運賃に移行しており、ルフトハンザグループが運賃比例に移行することで、今後は徐々に距離から運賃比例に移行するプログラムが出てくることになるでしょう。

昔はYクラスでも搭乗距離の100%が運賃種別に関わらず加算されていましたが、今では運賃価格が下がったもののプログラム維持のコストが上昇しており、予約クラスで加算率を調整して今では30%~50%程度にしかならな事が多く、LCC対抗運賃では加算されない場合もあります。

実際、運賃比例でも今までと獲得出来るマイルは殆ど変らないですから、利用者からみれば判りやすくなるのでは無いでしょうか?

オーストリア航空復活記念

OSが5月15日(VIE発)からVIE/NRT線を復活させますが、就航プロモーションフェア?がファイルされました。
ただ発売期間が1/12までですが・・・

この運賃の面白いところはルフトハンザグループのプロモーションも兼ねていて、往路はLHかLXで復路はOS利用となります。ただ、目的地にVIEが入っていなのはなんだか?ですね。

 旅行期間 5/4-5/15出発
 発売期間 1/12まで
 発地 TYO/NGO/KIX
 着地 ZRH/MUC/FRA
 旅行期間  翌日曜日以降の5日~14日間
 運賃/予約クラス エコノミー(K)60,000円 ビジネス(P)380,000円
         週末・羽田便利用の場合は追加チャージあり
 運賃制限 NonREF/NonCHG

ビジネスクラスだとあまりお得感が無い設定ですが、エコノミーで6万ならGW後と言え直行便ならまずまずの価格設定では無いでしょうか?
5/16以降は往復OS限定利用の運賃としてCはお値段そのまま、Yは75,000円で6月末まで設定されています。

OS/AUA/オーストリア航空 OS51 B777-200ER OE-LPC

成田に出戻りするオーストリア航空 B777-200ER

オーストリア航空は好調な中国マーケットに機材を振り向ける為に成田線を運休したのですが、意外と早く戻ってきましたね。

風光明媚な湘南モノレール

湘南深沢駅を発車する湘南モノレール

昨日、東海道線での貨物撮影間合いに大船から江ノ島を結ぶ「湘南モノレール」に乗って来ました。大船駅で1日乗車券600円を買って乗車しましたが、片道310円なので往復するだけで元が取れます。

この日は湘南モノレールでのイベントがあったので駅構内は混雑していましたが、乗り込んだモノレールはさほどでもありませんでした。

大船駅を出ると終点の湘南江の島までホント左右にカーブしながら結構なアップダウンがあり、噂に聞く「ジェットコースターみたいなモノレール」と言うのを実感しました。

モノレールは鎌倉の丘陵地帯を走るので展望も良く、富士山も綺麗に見えてなかなか爽快な気分になります。
全線、単線で途中駅では交換もあり、モノレールの交換風景と言うのも新鮮です。
江ノ島近くでは遠くに相模湾が見えホント風光明媚なモノレール、そして絶叫系交通機関(笑)でした。

殆どの駅が無人駅の様で、モノレールには運転士と車掌が乗務して駅に着くと乗務員が乗車券回収するのも近郊区間では珍しいです。
それにデータイムでも7,8分おきの高頻度運転しているとは思っていませんでした。

湘南モノレールは元々、三菱グループが懸垂式モノレール技術をアピールする為に、三菱グループの工場が多い大船に設けたのですが、三菱グループの経営不振から今は、ローカル交通機関の再生役、みちのりホールディングスが筆頭株主になって、経営改善に励んでいます。

江ノ島からの帰り、折角の1日乗車券なので途中のモノレールの車庫がある湘南深沢駅で途中下車してみました。
すると駅前に広大な空き地があり、工場の跡地かと思ったらJRの社有地でした。JR線から少し離れた場所なので、社宅でもあったのでしょうかね後で調べてみたら大船工場の跡地でした。

湘南深沢駅あたりではカメラを持った人達が多くいたので、なんだろうと思ったら、ココが湘南モノレールとタイアップするアニメの聖地だったようです。
今日はそのアニメのイベントがあったので余計だったのでしょう。

大船駅に戻ると、記念乗車券が最後の1組でーすと一生懸命販売していたので売上貢献に協力しようとお買上げ。
このアニメがヒットすれば湘南モノレールも潤うかな?

往復1時間半程の旅でしたがなかなか堪能しました。
江ノ島と言うとどうしても江ノ電のイメージですが、湘南モノレールもオススメです。

ちなみに湘南モノレールとタイアップしているアニメは『Just because』と言うのもでAmazonプライムビデオで見られるので見てみましょう。

1990年の彌敦道(ネイザンロード)

彌敦道(ネイザンロード)[1990年に始めて香港に行った際に香港(九龍側)のメインストリート「彌敦道」を撮影した画像が出てきました。
香港と言えばネオン煌めく彌敦道です。今では広告規制なのか当時に比べると広告が無くなり、2階建てバスの正面から眺める彌敦道の迫力が無くなったのは残念です。

この当時はまだ大英帝国の植民地で地下鉄もまだ2路線だけでしたが、今では地下鉄は東西南北に延伸されて11路線に増えてます。
そうそうこの時は就航して間もないANAで飛んだのですが、機材はL-1011トライスターでした。

香港が中国に返還されたのはこの7年後で今から20年前になります。香港は一国二主義体制を返還から50年間維持することが約束されていますが、今の香港は中国共産党の支配が進んどんどん自由が無くなっているゆな気がします。

Visit Japanの影で

先日、スイスの友人が日本国内を旅行した際に、夕食を食べようとあとある街をふらついていたら店先にこんな掲示を見つけたそうです。
日本語の理解出来ない人お断り
この掲示について、このお店がどういう経緯で張り出したかは定かではありませんっし、この掲示の善悪を問う気はありません。

今年の訪日客は既に2000万人を突破しており、このまま行けば3000万人も届きそうな勢いです。
その一方で、今までアジア圏からの主流だった団体旅行が個人旅行にシフトしつつあり、今まで以上に問題が発生しつつあります。

特に、色々な場所でコミュニケーション、意思疎通の難しさによるトラブルが急増しているのです。

こうした問題に対して、国は観光案内所や観光ガイドを整備する新しい財源として、先日記事にした出国税を充てる検討しています。

いやいや他にやることあるのではと思うのですが、島国日本では無理なのでしょうかね。

AFセントマーチン線再開

今年のハリケーンで壊滅的な被害を出したセントマーチンですが、AFが2018年1月6日から週1便で運行再開することになりました。

1/6は臨時便扱いのAF4140/4141便として運航、翌週1/13からはAF498/525便として毎週土曜日発の定期便で運航を再開することになります。

スケジュールは
 CDG10:30発⇒SXM14:50着 A340-300
 SXM18:55発⇒CDG8:15+1着(AF4141はSXM16:50発⇒CDG6:10+1着) A340-300
で予定されています。

KLMはB777による週2便で運航を継続しており、SXMに4発機が戻ってきたことになります。

AF/AFR/エールフランス AF498 A340-300 F-GLZR at SXM

またこういう風景が見ることが出来ますね