Category: 旅



MAX SL もぐら 酒蔵の旅

今日14日はスイスから遊びに来ていた友人と「乗り鉄」の旅をしてきました。

朝、東京から引退が近いE4系ダブルデッカー「MAXたにがわ」で高崎まで2階席からの眺めを堪能?した後、高崎からはC61-20が牽引する「SLぐんまみなかみ」に乗車します。

高崎駅で出発準備中のC61-20

高崎駅で出発準備中のC61-20


随分前にD51-498牽引のSLみなかみに一緒に乗車したことはありましたが、自分もC61-20単独牽引の列車に乗車するのは初めてです。それに12系の乗車するのも久しぶりでした。
SLらしい走りはなかなか興味深いものがあります。
水上までの2時間弱はあっと言う間ですね。

そう言えば今日は天気が今ひとつだったからか、沿線の撮り鉄は少なかった感じでした。

今日は水上から、SLに接続するように越後湯沢行の臨時快速「やまどりもぐら」が運転しており、20分程の待ち合わせで485系改造の「やまどり」に乗り、越後湯沢へ向かいます。

臨時列車と言うことで運転速度がかなりゆっくりに設定されており、新清水トンネル内にホームがある土合駅では20分の停車時間が設けられており、友人は頑張って500段近くある階段を上って駅舎を見て戻って来ました。

土合駅のホームから続く階段

土合駅のホームから駅舎に続く階段

トンネル内のひんやりした空気を楽しめるのも夏らしくていいですね。

土合駅からトンネル出口まで15分掛けてゆっくり走り、高崎では曇り空でしたがトンネルを抜けると快晴の良い天気になっていました。

越後湯沢から越後川口までは普通列車で移動した後、十日町発上越妙高行の「越乃SHU*KURA」に乗り換えます。
キハ40、48を改造した3両編成で2号車がイベントカーとなっており、沿線の酒蔵が自社自慢のお酒を紹介しながら試飲ができると言う素晴らしい列車です。
今日は長岡市の朝日酒造さんが乗車して、車内で「朝日山大吟醸」「朝日山吟醸」「香里音」の3種を飲み比べることが出来ました。

車では運転があるのでなかなか試飲が出来ませんが列車なら全然問題ないですからね。
さら販売カウンターでは、新潟県のお酒が有料(200~400円)で飲むことが出来ます。なので友人と一緒に日本海を眺めながら日本酒を楽しむことが出来てなかなか楽しい列車でした。

日本海を眺めながら日本酒

日本海を眺めながら沿線の地酒を楽しめます


途中、日本海が目の前に広がる青海川駅では20分程の停車時間があり、丁度夕方で太陽がもうすぐ日の入になるいい感じの風景を眺める事が出来ます。

友人の行程の関係で終点まで行かず、直江津で下車して快速の新潟行で戻ります。
終点まで行くと、トキ鉄になるので友人の「JR PASS」では別途乗車券なってしまいますし、自分は「週末パス」利用なので犀潟から北越急行に乗換えて越後湯沢経由で帰京することが出来ます。

犀潟で新潟に向かう友人と別れて、越後湯沢からE2系「とき」で帰って来ました。
まる1日、まさに「乗り鉄」しっぱなしの旅でしたが、今日はうまい具合に臨時列車を乗り継ぐ事ができましたし、途中駅ではなかなか出来ない事も出来たと友人も喜んでいました。

たまにはこういう「乗って楽しい列車」の旅もいいもんですね。

電気がなければ何も出来ない

台風15号の大きな被害を受けた千葉県ですが、台風上陸から80時間を過ぎた今時点でも約272500軒が停電しています。

©東京電力パワーグリッド株


台風が過ぎ去った9日、通勤難民が大量発生したニュースはまたたく間に広まりましたが、千葉県の停電についてはあまり気に留める報道は無く、東電も早い段階に復旧する見込みを出していました。

が、翌日10日になっても千葉地区のJRは止まったまま。いくら倒木が多いと言っても24時間もあれば大抵は復旧するだろうと思っていたところに、「停電で踏切が動作しない」と言う話が飛び込んで来ました。
鉄道運行に必要な架線電源はJR自営の発電所から給電されますが、保安装置系は東電などの電力会社から給電される事が多く、走らせる事が出来ない状況に陥ることになりました。

翌11日もダメ。
台風上陸から72時間を経過した12日に、北東部の総武本線や成田線が再開しましたが、南房地区は13日の昼に再開の見通しとの事です。

先日の記事にも書きましたが、台風15号は東京湾を北上したことで千葉県に大きな被害がでましたが、進路が少しでも西にずれていたら被害は拡大していたことだと思います。

この台風では「電気がなければ何も出来ない」ということを嫌でも認識することになりました。
東京は先の計画停電でも給電され続け、停電を味わってないだけにもしも東京がこういう被害にあったらどうも出来ないということになります。

自家発電設備があっても電気がなければタンクローリーに燃料を入れられないから、備蓄の燃料が無くなった時点で「終了~」となりますからね。

南房では停電の影響で亡くなられた方も出ており、早い復旧が望まれます。

青春18きっぷ決算

青春18きっぷ今年の夏は青春18きっぷを購入して5回分を使い切りました。
最近は、最後の1回とか2回を友人に売却していたりしたので、使い切りは久しぶりです。なので今回18きっぷを使わずに普通乗車券を買ったと想定して今回の決算をしてみました。

1回目
最寄駅ー上野ー(高崎線・上越線・信越線)ー新潟ー(白新線・羽越線)ー秋田

2回目
秋田ー天王ー男鹿ー追分ー東能代ー(五能線)ー川部ー弘前ー新青森

3日目
(新青森~盛岡:新幹線利用)盛岡ー仙台ー(常磐線)ー上野ー最寄駅

この3日間は通常に購入すれば一筆書き乗車券+区間外乗車券を組み合わせることで安くなるので
*[都区内]-上越新幹線-[新潟]-白新線-[新発田]-羽越線-[秋田]-奥羽線-[東能代]-五能線-[川部]-奥羽線-[新青森]-東北新幹線-[仙台]-常磐線-[上野] 16,850円 
*追分-天王 240円
*天王-男鹿 240円
*男鹿-追分 500円
*川部-弘前(往復)400円
合計18,230円となります。
但し、今回新青森から盛岡まで新幹線ワープを使ってますから、この区間のモバイルSuica特急券「モバトク」の乗車券分2960円は費用計上しないとなりませんね。

4回目
最寄駅ー東京ー新居町/弁天島ー島田/金谷ー東京ー最寄駅
*都区内~新居町(往復)9,500円
*金谷~島田190円
合計9,690円

5回目
最寄駅ー上野ー(東北本線・磐越西線)ー会津若松 往復
*都区内~会津若松(往復)10,160円

となり損益計算は
青春18きっぷ 11,850円 | 普通乗車券 38,080円
「モバトク」 2,960円 | 
当期純利益  23,270円 |
------------------------
       38,080円 |       38,080円

となりました。
乗車券相当分の比較なので、損益計算としは相応しくは無いのかも知れませんが、取り敢えず2万円ほどはトクした計算になりました。

ネパール航空が成田へチャーター便運航

8月29日から関空に就航するネパール航空(RA)ですが、9月と10月にカトマンズ/成田をチャーター便として運航する計画があります。

RA4331 KTM 2130 NRT730+1 A330-200 9/26.10/2
RA4332 NRT 930 KTM1400 A330-200 9/27.10/3

RAはA320型2機、A330-200型2機の4機を保有しており、成田へは関空と同じく2クラスA330-200で運航予定です。

今回のチャーターはヒンドゥー教の大祭に合わせて、在日のネパール人向けの旅行商品として販売され、今後は、関空発の需要動向を見ながら成田線の開設を模索していくことになりそうです。

On Groundへのカウントダウンか?

このところ、毎日のように日韓における諸問題(ついには日韓米まで波及しましたが)のニュースが流れているなか、韓国キャリアの直近の四半期決算がボロボロで全てのキャリアが営業利益がマイナスになりました。

大韓航空(KE)が9月から韓国と日本の地方空港を結ぶ路線の減便・運休を発表していますが、元ナショナルフラッグのKEが日本路線を減すと言うのはかなり厳しいと言うことでしょう。

先に減便を発表しているアシアナ航空は、その自身が既に身売り中での赤字ですから、将来を考えるとKEより厳しいのでは無いかと想像しています。

このまま韓国経済の不振が続けば、運航停止になるキャリアが出る可能性もあります。
国営でもない民間の航空会社が赤字続きだと、どこかの国で信用取引を断れ現金支払いを求めるような自体になれば、直ぐにThe Endになります。
そういう事例は沢山ありますから、次の四半期決算で今回より赤字幅が増える事になれば、カウントダウンが進むのは間違いないでしょうね。

なので、KEはセール中です。 

KE/KAL/大韓航空 B777-300ER HL8274

KEは欧州往復83000円のセール中

保安検査場通過は20分前までに

空港へは余裕持って・・・

JALは10/27から国内線の出発時における保安検査場通過を出発の20分前で締め切ることを発表しました。

ANAは既に羽田空港に限り20分前としていましたが同じく10/27から全空港に拡大します。

保安基準の強化と利用者増で、検査に掛かる時間が伸びており、さらに空港ターミナルの面積拡大により出発の15分では定時出発に影響が出ることが多くなったことが要因になっています。

確かに羽田では保安検査場が混雑して「**時発の**行の搭乗のお客様はいませんか」と地上係員が案内しているを良く見かけます。

とは言え、1日数便のローカル空港も同じにするのはどうかな?と思いますが、一律にしたほうが判りやすいから致し方ないところでしょうか?

10/27からは、遅くても30分前に空港に着かないと駄目ですね。

只今、セール中の韓国LCC。組合せ次第で国内旅行にも使える?

韓国のLCCでは韓国発の需要低迷により日本路線の大幅ディスカウントフェアを発売中です。
コレ以外のキャリア(KEやOZも)や期間外でも空席状況によって安い運賃をファイルしていたりしますので要チェックですね。

エアーソウル
 販売期間 8月20日まで
 旅行期間 9月30日まで
 運賃 成田~インチョン 2000円 関空・福岡・米子・高松・広島・静岡~ 1000円

ティーウェイ航空(通常のセール期間を延長)
 販売期間 8月25日まで
 旅行期間 10月27日~2020年3月28日まで
 運賃 成田・関西~インチョン、済州 1500円 成田~大邸 1000円
    新千歳~インチョン 2500円 福岡~インチョン・大邸 1000円 那覇~インチョン2000円

運賃には別途燃料サーチャージや空港税が必要になりますが、使い方によっては韓国経由の那覇~新千歳や成田~福岡なんて言う旅もできそうです。
ただ、韓国で1泊必要になる場合がありますが、上手くキャリアや目的地を組み合わせれば同日着も可能ですので色々試してみると面白いです。ただ、

    乗継ぎの保証が無いので自己責任

でおねがいします。

TW/TWB/ティーウェイ航空 TW207 B737-800 HL8253

韓国キャリアを上手く使って格安旅行が出来る?

Big Boy Excursion train in CA

「Big Boy」と言われて、あー世界最大の蒸気機関車と回答が出来る人はどれ位いるでしょうか?

アメリカのユニオン・パシフィック鉄道(UP)、今では貨物輸送の鉄道オペレーション会社ですが、以前はアメリカ最大の鉄道輸送会社で広大なアメリカ西部の山脈地帯を超える強力な機関車として1941年に登場し、1959年に本線運転から引退したものの、8両が保存されて余生を送っていました。
その後何回か復活計画が持ち上がった様ですが実現しませんでしたが、今年、UPが開業150年を迎えるにあたりBig boyの中で一番保存状態が良かった4014号機を取得、復元して今年5月の式典に登場してその勇姿を見せました。

そのBig Boyによる特別列車が、同機を保管していていたカルフォルニアのRailGiants Train博物館の主催で10月に運転されるとのことで、行きたい!となったのですが・・・

運転日は、10/12(土)、10/13(日)で日本の鉄道記念日に当たる日です。(時差があり日本の10/14は現地では10/13になりますから)
ロサンゼルスに東側にあるColtonから、ロスとラスベカスの中間にあたるBarstow(バーストー)まで片道づつ運転するものので、UPが保有がするクラッシックカーを牽引します。
多分、補機としてDLが次位に連結されるとは思いますが、カルフォルニア山脈を駆け抜ける勇姿はみたいものです。

ただ、ツアー代金が片道乗車(出発地までバス送迎あり)で最低700USDとかなりのお値段です。
でも日本のクルーズトレインとかに乗るより価値はありますし、せめて勇姿だけでもみたいなぁと思ったのですが、12月にセントマーチン再訪を予定しており資金繰りが難しい状態です。

あー行きたい!

ポーランドのSL

海外の蒸気機関車は標準軌だし、日本とは違って迫力がありますからねー

帰省ラッシュの東海道本線

211系

3両編成の東海道本線が浜名湖を通過します。

昨日、10日に静岡まで18きっぷを使って行って来ましたが、丁度帰省ラッシュの初日に当たって普通列車も大混雑していました。

東京駅5:46発の東海道本線沼津行に乗車しましたが、列車入線前から乗車口には長い列が出来ていました。この時期に東海道本線で南下することは殆ど無かったので、こりゃ凄いと驚いてしまいます。
グリーン券を買っていたので4号車の乗車列に並び、無事に座席は確保できて東京駅を発車、新橋、品川でさらに乗車がありグリーン車は満席になる程の大盛況でした。

沼津から静岡行に接続しますが、満席の10両編成から5両編成になりますから、かなりの乗車率になります。階段が近かったお陰でなんとか座ることが出来きましたが、終点の静岡で豊橋行に乗換ますが、隣のホームに停車していた豊橋行はなんと3両。

静岡で下車する人より乗り継ぐ人が圧倒的なので、あっという間に豊橋行はラッシュ時並の大混雑に。
8時過ぎの下りなので普段ならさほど混まないでしょうが今日は、18きっぷで帰省する家族連れやら若者が大量に乗車しますし、大きな荷物を抱えていたりするので混雑に拍車を掛けます。
混雑を見越して増結すれば良いのにと思うのですが、車両数に余裕が無いのかな?

流石に着席は出来ないので立っていましたが、途中駅からの乗車もあり過密状態になり、冷房能力より人間の体温での温度上昇に追いつかず、壁の温度計は上昇しづけ車内温度は30℃を突破し汗ダラダラ。
こりゃ駄目だと掛川で下車して、15分後の浜松行を待つと今度は6両編成で立ち客も居ますが、運良く席に有りつけました。こちらはの車内温度は快適でしたね。
それにしても、さっきの豊橋行と編成を差し替えれ良いのに・・・

浜松で乗り換えた豊橋行はまたしても3両。まあ目的地まですぐだから立っていても問題は無いので良かったですけど、乗り通すならしんどかったでしょう。

なんせ殆どの乗客が名古屋とか大阪方面へ乗り通すようですから、この時期の東海道本線での移動は考えないと駄目ですね。

Swiss関西へ就航、成田はB777-300ERに

LXのB777-300ERビジネスクラス

LXのB777-300ERが成田線に投入されビジネスクラスの一新されます。

スイスインターナショナルエアラインズ(LX)は、2020年2月1日より、チューリッヒ/成田線にB777-300ERを投入と、2020年3月1日よりチューリッヒ/関西線週5便で開設することを発表しました。

成田線へのB777-300ER投入は、B777-300ERの追加購入によりようやく実現することになります。
日本発おける夏季シーズンのハイキング需要の高まりや、訪日客特に来年はオリンピック観戦需要などの高まりを受けて、A340-300より117席多いB777-300ERへのシップチェンジすることで座席提供量が増えると共に、エンジンも高主力となるので所要時間が短縮されます。
スケジュールは
LX160 ZRH13:00 NRT8:30+1 Daily B777-300ER (3/29からNRT7:40着)
LX161 NRT11:25 ZRH15:40 Daily B777-300ER (3/30からKIX10:25発、ZRH15:35着)

また、チューリッヒ/関西線の開設は、スイス航空が2001年10月にオン・グランドになった際、運航再開直後にチューリッヒから日本行の初便かつ関西発着の最終便となった1便が運航されたのを最後に途絶えていましたが、ようやく復活することになります。

使用機材は、成田のお古と言ったら語弊がありますが、A340-300での運航となりANAとのコードシェアも実施されます。
スケジュールは
LX162 ZRH13:00 KIX8:45+1 日月水金土 A340-300 (3/29からKIX7:50着)
LX163 KIX10:45 ZRH15:45 日月火木土 A340-300 (3/30からKIX10:05発)

Jetstarが庄内空港へ就航

庄内線を開設したジェットスター・ジャパン

今日、8/1からJetstarが成田/庄内線を開設しました。庄内地域は東京からの交通が距離の割に不便な地域で航空需要も旺盛でB767クラスを投入しています。

なにせ鉄道で行くとなると新潟まで新幹線に行き、特急に乗り換える必要があり4時間程掛かります。

一方で空路なら庄内空港から羽田空港まではブロックタイムで1時間で実際の飛行時間は40分ほどです。

Jetstarは成田空港発着になりますので羽田より都内までの所要時間が掛かりますが、それを加えても庄内地域からなら鉄道より早く到着することが出来ます。

ただ今回就航したのは日1往復の庄内ターンアラウンド便だけです。
 成田13:00⇒庄内14:05/14:50⇒成田15:55
個人的に羽越本線の撮影に行くには、ちょっと使いづらいダイヤなのが残念です。

庄内線の搭乗率が高ければ増便も期待できるので早くダブルデイリーになることを期待してます。

常磐線代行バス

先週末は青春18きっぷで東北へ出掛けて来ました、帰り道途中でYahooの経路検索をしてみたら東北本線経由で帰るより、仙台から常磐線経由(不通区間は代行バス)で帰った方が最寄り駅に5分早く着くと表示されました。

付け替えらた常磐線にも興味があったので仙台かあら原ノ町行に乗車します。昔、山下に親戚が済んでいた事があったので、仙台から旧客の普通列車で何回か行ったことがあります。

常磐線の新線区間

浜吉田から新たに高架となった常磐線を通ります


震災であらたな街づくりにより山側へ移設された新線を通って、原ノ町で浪江行に乗り換えてみると4両編成の列車に結構な乗客がいました。

浪江から富岡間は今年度中の再開を目指して復旧工事中で、代行バスとなりますが駅まで待っていたのは地元バス会社の観光バスでした。
乗客が多いのを見越して?2台のバスに乗り込み発車して、国道6号線に入りますが、人の営みを感じさせない家屋が多く目に付きます。

常磐線代行バス

常磐線代行バスは観光バスタイプでした。


バスは途中帰宅困難区域を通過しますが、ロードサイドの店舗は閉鎖され、廃墟に近い状態だったり、国道から分岐する道はバリケードで入れないよう塞がれており異様な雰囲気でした。
そして廃炉作業が難航している福島第一原子力発電所を遠目に見ることも出来ます。

この辺の人たちは、あの事故で大きく人生が変わったことでしょう。
既に8年が経過して記憶が薄れて行く中まだ進行中の人たちも居ると思うと複雑な気分になります。

代行バスは浪江駅から富岡駅まで30分、ほぼ定刻に到着しました。
富岡駅で接続する、いわき行の普通列車は、旧「スーパーひたち」の651系でした。震災前に常磐線でこの辺りを通過したときは、仙台始発の651系「スーパーひたち」だったなぁ。
後で知りましたが、この区間の2往復だけが651系での運転になっているそうです。

まだあの事故はまだ収束していないことが良く判る代行バスでした。

651系普通いわき行

651系普通いわき行

久しぶりに18きっぷを購入

青春18きっぷ去年の今頃は「東日本&北海道パス」を使って千歳基地の基地祭へ行ったのですが、今年は「青春18きっぷ」を購入しました。

18きっぷを買ったのは3,4年ぶりかな?
今は赤い印刷した18きっぷも無いし、JR東日本管内はインクリボン式のMVが無くなったのが残念です。

感熱紙の券紙はスタンプのインクが乾きにくいので擦れて滲んじゃう事が多かったりするんですよね。
まあ、きっぷ収集家では無いので乗れればOKなので・・・

さて、今回は5回使用でどれくらいモトがとれるかな

LHグループ、秋から冬のプロモーション運賃(Update)

ルフトハンザグループ(ルフトハンザ、オーストリア、スイス)の11月から12月にかけてのプロモーション運賃がリリースされました。
この時期のヨーロッパはオフシーズンで運賃が安い時期でもありますが、エコノミーで75000円からの設定ともう一声欲しい運賃設定です。
ちなみにコードシェアとなるNH便も利用できます。
(2019/7/24 Update:ハイシーズンの設定期間が前倒し追加となりました)

詳細は以下のとおりです。
出発期間 ハイシーズン(H)2019/11/1 10/21~11/18
     ローシーズン(L)2019/11/19~12/26.12/30.31
発券期間 8/4
運賃 (H)85,000円 (L)75,000円 L**NNEP6
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス L
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
燃料サーチャージ 別途要

OS/AUA/オーストリア航空 OS51 B777-200ER OE-LPA

日本再乗入れのオーストリア航空も好調の様です。

埼玉・群馬・栃木の三県境

三県境

平地での三県境はココだけだそうです。


昨日、ドライブがてら埼玉・群馬・栃木の三県が接する三県境に行ってみました。

渡良瀬遊水地に面する「道の駅 きたかわべ」に車を止めて、南側の階段を降りるとそこは群馬県。道の駅は「埼玉県」で埼玉県の南側で群馬県って言うのもなんか変な感じです。
この辺りは県境が入り組んでいて、三県の他、渡良瀬川を挟んだ対岸が古河市でこれが茨城県と車で走っていると県が目まぐるしく変わりカーナビがうるさくなります(笑)

看板に従い歩いて5分程で写真の三県境に到着することが出来ます。さっきまで歩いて群馬県からいつの間に「栃木県」に入っていたようでホント入り組んでいます。

県境と言うと川や湖、山などの自然の区切りで変わるイメージがありますが、田んぼのところ、それも個人が保有する田んぼのあぜで県境だよ言われるとなんかピンと来ませんね。
見晴らしなら、道の駅から見る遊水地の方が見応えがあるし・・・

手作り感満載の看板などなど、B級グルメならぬB級観光地と言った感じです。でも日本では唯一の平地にある三県境という事なので話の種に訪れてみてはどうでしょう。