Category: 旅



世界一周記念日

今日3月6日は「世界一周記念日」なんだそうです。JALが1967年3月6日にJAL1便が世界一周路線として運航した日になります。

JAL1便はDC8で羽田から香港、バンコク、ニューデリー、テヘラン、カイロ、ローマ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ホノルルと経由で羽田に戻るルートでした。

当時はパンナムが世界一周路線を持っており、ナショナルフラッグキャリアとしてどうしても世界一周路線が欲しかったJALとしては念願の路線でした。

とは言え開設当時ままだ海外旅行が一般的では無かった時代ですから集客にはかなり苦労した様です。特に大西洋区間は空気輸送に近い日もあったとか。

メンツを掛けて路線維持をしていましたが、1972年に大西洋区間が運休となり撤退しましたが、栄光?のフライトナンバーJAL1便は2000年代始めまで世界一周便の流れをくむサンフランシスコ/成田/香港便で使われていましたね。

世界一周便は2000年代に入りUAが世界一周便を就航させた時期がありましたが、その後アライアンスによる共同運行が始まり、自社で世界をカバーする必要も無くなり、今では皆無になりました。

「ムーンライトながら」が無くても大丈夫

これから関西線の撮影に東京駅からJRハイウェイバスの「ドリームなごや」号で名古屋へ向かいます。
青春18切符が使える期間ですが、大垣行の「ムーンライトながら」の運転は3月16日からなので利用できません。まあ運転していても乗らないでしょうけどね。

だって、ドリーム号の方が便利で「ムーンライトながら」より【寝れる】から翌日、断然体が楽です。平日なら3900円で名古屋まで移動できますから小田原までの運賃と指定券代を考えると悪くは無い選択だと思うのです。
名古屋には「ムーンライトながら」よりは到着は遅いですが、さらに西に向かうなら大阪までのドリーム号もありますから

ただ、4列シートの青春ドリーム号は微妙ですが、それでも車内減光しない185系とどっこいどっこいカナ。

「ムーンライトながら」が廃止されると言う噂が絶えません。まあ全車指定席になったことで利用率が低下していますから185系のリタイアに合わせて廃止と言うことも考えられます。

まあ、夜行移動はバスの時代ですから「ムーンライトながら」が無くても大丈夫です。(笑)

遥かなる南極

先週、日テレ「世界の果てまでイッテQ!」でイモトの南極登山が放映されていました。
やっぱり、視聴率の良い番組はお金の使い方が違いますね。

プンタアレーナスからIL76TDで南極へ行くツアーって軽く500万超えですよ。一般的なのは船で向かうクルーズなら100万台なので手の届かない?範囲では無いですが、最低2週間は必要になります。

でもいつかは・・・出来れば死ぬまでには一回、南極には行ってみたいです。

この先1000kmで遥かなる南極がある。

この先1000kmで遥かなる南極がある。


もう20年前ですが、せめて「定期便」飛ぶ最南端まで行こう!と言うことでアルゼンチン最南端の街「ウシュアイア」まで行きました。ココまではブエノスアイレスから定期便が就航しており、当時は世界最南端の定期ジェット機が就航する空港でもありました。

ウシュアイアはビーグル水道に面した街で、水道を挟んで向かい側はチリ領になりますが目立った街は無く「村」で不定期のプロペラ機がプンタアレーナスから飛んるだけで当時は簡単に行け無かったです。
今では最南端の「村」として売り込んでおり定期便が飛ぶようなったとか。

ウシュアイアから南極までは1000km程。
ここからクルーズ船に乗り込めば3~4日で南極へ到達することが出来ます。

いつか行きたい・・・

と思っていたら、Amazonプライムビデオでこんなの見つけました。
宇宙よりも遠い場所
いやーいきなり出てきた場所を見て吹き出しました。
え、茂林寺駅、館林駅・・・南極に行く話じゃないの???あれってちょっと身近すぎてついつい見ちゃいました。

いいな南極。行きたい


懐かしシリーズ”サイパンへはANAのL-1011で”

ANAが悲願の国際線に進出したのが1986年の成田/グアム線でした。今でこそANAの国際線は当たり前ですが、1990年代はまだまだ路線数も少なく、海外での知名度は殆ど無くかなりインバウンド需要の営業はかなり苦しかったようです。
でも就航出来る場所には積極的に就航しており、リゾート路線のサイパンにもANAが就航していた時期がありました。

L-1011 サイパン空港

オープンスポットから搭乗しました。


サイパンへは、コンチネンタル・ミクロネシア航空(エアーマイク)がDC-10やB727で、JALがB747-200やDC-10でリゾート客を運んでいたところにANAがL-1011で(確か週3か5便)就航しました。

この写真は1990年9月9日にNH918便で帰路につく時に撮影しました。

当時のサイパンはまだまだ開発途上で供給座席数が増えたもののインフラが追いつかない状態でしたね。
停電も結構頻発してましたし、真水供給も完全では無かったし。

今では想像もつかないほど、リゾート地と言うよりローカルな島でした。

ファーストクラス

SwissのMD-11時代のファーストクラス

ネットでちょっとファーストクラスにまつわるちょっと痛い人の話題が持ち上がっていますね。
まあ日本人らしい痛い小市民だなぁと(笑)

ファーストクラスですが、MyFlightradar24に登録した搭乗記録を見ると29フライトありました。でも半数はNRT/SELだったりしますし、ビジネスクラスからマイルを使ったアップグレードだったりしますけどね。

1990年代はSEL発券を使ってましたからその往復にJLやKE,UA,NW、OZのファーストを使ったりしてました。
まあこの当時のファーストっていまのビジネスクラスより劣るかも知れませんけどね。

そうそう、この頃SELからSPKまでの運賃はMPMに関わらず、SEL-FUK/OSA/TYO-SPKって言うルート制を取っていました。東京でストップオーバー出来てファースト運賃だと国内線はスーパーシートを使えるのでSELの市庁前にあったJALオフィスで買ったものです。
これは当時美味しいチケットでした。

BKK発券でロイヤルブルネイ(BI)のB757でBKK-BWNをファーストで飛んだ事もありました。金ピカのトイレには感動?しました。
今ではエミレーツが豪華なんでしょうね。

そう言えば、SQのSIN-CHC、SIN-KIXでFCYの3クラス機材だったのですが、FをCとして運航する便に乗ったことをありました。
JALのB747-400が導入当時に習熟運航でNRT-SPNに充当していた時、FCYの3クラス機材をオールエコノミーで飛ばしてました。その時PEX運賃でエコノミーを購入してチェックイン時にファーストの座席を割り当ててもらって乗った事もありました。まあサービスは予約クラスのままでしたけどファーストの座席は楽でした。

最近はファーストに乗る機会は無いですね。
またLXのファーストに乗って欧州に行ってみたいなぁ~

草津温泉【バイキング】伊東園草津

最近の食事付きの宿泊施設で、食べ放題のバイキングを売りにする所が増えています。手間の掛かる部屋食はコストが掛かるし、宿泊者にとっても好きな物を好きなだけ食べられるので人気がありますからね。
最近では、調理している姿を見せ作りたてを提供する「ライブキッチン」にする所も多くなってきました。

今回宿泊した伊東園は低価格が売りなので、さすがにライブキッチンではありませんでしたが、飲み放題と言うこと今回初めて利用して来ました。

夕食は二部制で17:30~と19:00~開始の90分制です。今回チェックイン時にアサインされたのは17:30~の部で夕食時にはちょっと早い感じですが、既に19:00からは締切られてしまったのは残念です。

飲み放題のアルコールはビールはアサヒ(スーパードライ?)でサワーは4種類、日本酒が用意されています。ビールは自動ビールサーバで注ぎ、サワー類はドリンクバー方式で注ぐ方式になっています。
料理の方ですが・・・

伊東園草津夕食

和洋中は揃っています

刺身やお寿司、天ぷら、グラタン、唐揚げなどなどと一応、和洋中と揃っています。
この時期のメインはズワイガニになっており、お皿に3足程盛られています。
上州名物のおっきりこみ鍋なんか用意されています。品数はそう多くはありませんが、料理が無くなるとちゃんと補充してくれます。

朝食は7:00~9:00で時間指定はありません。
まあ一般的な朝食バイキングです。

伊東園草津の朝食

伊東園草津の朝食

全体的に可もなく不可もなくといった感じです。

まあ、全体的に言えるのは味の方はお値段相応ですね。
でも考え方によっては、飲み放題でおつまみが食べ放題で、泊まれて名湯草津温泉に入れるのだから安いかな。

東京ゆめぐり号

上里SAで休憩する東京ゆめぐり号と上州ゆめぐり号

この週末は草津温泉へ出掛けて来ましたが往復とも東京駅を発着するJRバス関東が運行する東京ゆめぐり号を利用しました。

なんせ、車はノーマルタイヤですから積雪のある草津温泉まで行くのは難しいです。

列車で長野原草津口まで行きバスで草津温泉と言うルートになりますが吾妻線も211系ばかりで全区間ロングシートになる公算が高いので定時正にはかけますがバスの方が乗り換えも無いし安いので、バスを選択したのですが、2週間前に草津行きが決まったので、予約した際に往路が取れず復路だけ確保しました。

そのうちキャンセルが出るかもと言うことで時折、サイトを確認すると1週間前位に9:10発の1号に大量の空席が出たので予約すると2号車の割り当てで続行便が設定された様でした。(その後さらに3号車も設定されました)

バスなので要員が確保できれば増発も容易ですから満席でも諦めずにチェックしていれば取れるものですね。

さらに3日前には10:10発の3号にも空席が出て、時間的にこちらの方が、便利なので変更しました。

3号は増発便は無く1号車、本務便だけでUSB充電、Wi-Fi 装備車が充当されます。(続行便はこれらの装備が無い車が使われる)

東京発なので圏央道経由かと思ってましたが首都高5号・外環経由で大泉から関越道経由でした。

往路は首都高と外環で混雑していましたが関越道は順調で草津温泉バスターミナルには5分遅れてで到着でした。

復路は草津温泉15:30発の4号で、渋川伊香保ICまでは順調でしたが関越道、花園IC付近で発生した事故渋滞にはまり、東京駅には定刻19:07予定でしたが70分延の20:17でした。

まあ、帰りは渋滞ではまるから3~40分さ遅れるだろうと思ってましたがその倍になってしまいました。
こればかりは仕方ないかなと。

でも自分が運転する訳では無いから楽だし、スマホに落とした動画とか見てればいいので苦に成らないですからね。

捨てる人あれば拾う人あり

今日は家族で草津に来てます。先月、白根山が噴火して犠牲者が出る不幸な事故があった際に麓の草津温泉で多くの宿泊キャンセルが発生しました。

まあ、犠牲者が出ているので危険と思うのは仕方ないところでしょうが草津温泉まで被害が及ぶ事は無いだろしと、たまたま予約サイトを見てたら草津の伊東園が三連休の初日なのに空室ありになってました。

1部屋、2部屋なではなく団体客のキャンセルなのか結構な数の空きが出ていてました。

伊東園といえば売りに出ているホテルを買って、サービスを簡略化して低価格で提供するので有名です。休前日でも一泊8800円(税別)と安く(まあ値段相応らいしが)行って見るかと言うことでJR高速バスでやって来ました。

町中は思った程、雪もなく湯畑辺りも多くの観光客で賑わってました。

草津湯畑

噴火でキャンセルした人も多かったようでが予約した伊東園も予約した翌日には全て埋まったので捨てる人もあれば拾う人もいた訳です。

さて温泉に入ってこよう❗

オーストリア航空復活記念 再設定

以前、BLOGで紹介した「オーストリア航空復活記念プロモーション」運賃ですが、2/6から発売期間を3/3まで延長した形で再設定されました。
さらに、予約クラスが上位になる運賃も追加設定され、運賃結合も可能になっています。

 旅行期間 5/4-5/15出発
 発売期間 1/12まで
 発地 TYO/NGO/KIX
 着地 ZRH/MUC/FRA
 旅行期間  K_NNEP6は翌日曜日以降の5日~14日間、S/V/W_RNEPは翌日曜日以降の3日~14日間
 運賃/予約クラス K_NNEP6(K)60,000円 S_RNEP(S)85,000円 W_RNEP(W)105,000円 V_RNEP6(V)137,000円
 ビジネスクラス P_NNEP6(P)380,000円
 運賃制限 K_NNEP6/P_NNEP6は払戻不可・変更不可 S/V/W_RNEPは変更不可(払戻は要手数料)

さすがに前回設定した時は販売期間が短すぎましたからね。
OS/AUA/オーストリア航空 A320 D-ABZJOSを利用するなら、先日紹介した、「DO & CO à la carte」を試してみたら如何でしょうか?

塩尻【駅弁】信州和風牛肉弁当

信州和風牛肉弁当980円

信州和風牛肉弁当980円

塩尻駅で新宿行の最終スーパーあずさに乗車する際に、改札口脇のNEWDAYSで購入。
早速、新型スーパーあずさの車内で食べようと蓋を開けて、まず「これはうまそう!」と思わず言葉になってしまいました。

すき焼き風の牛肉煮に生野菜、半分に切ったゆで卵、ポテトフライ、生野菜にデザートのゼリー。そして白米。
最近の駅弁には無い飾りっ気が無いシンプルな「ザ・弁当」です。
これで980円はかなりお得感があります。

信州和風牛肉弁当980円

派手は無いけどシンプルな「ザ・駅弁」な雰囲気


牛肉はさすがに「信州牛」では無いと思いますが、冷めているのに柔らかくて味付けもちょっと濃い目ですが美味しい。
嬉しいのは生野菜です。なかなかこういう駅弁は少ないです。和風ドレッシングなのも「和風」だから?

ご飯も駅弁にしてはボリュームがあります。
そしてデザートのワインゼリーが信州らしくてGoodです。塩尻はワインの街でも有名ですからね。

塩尻では以前に「とりめし」を購入していますが、この牛肉弁当もなかなかの逸品です。

KLMが選ぶスキーリゾートの1位は

昨年、A318に乗りたい為にAFでZRH/CDGを往復しましたが、その際にAFのWEBサイトで予約しました。その際にメンバー登録をしたので時折AFやKLMからDMやメルマガが届くようになり、時折見ています。(まあゴミ箱直行の事も多いですが)

今日、届いたKLMのメルマガも見てみたら「Top 5 Ski Resort」と言う記事があり見てみると
5位 カナディアン・ロッキー(カナダ)
4位 ケアンゴームズ(スコットランド)
3位 ツェルマット(スイス)
2位 ヴァレ・ネヴァド(チリ)

そして1位は

パウダースノーと温泉、日本食が楽しめる「ニセコ」

なんと北海道のニセコと言うのです。

うーむツェルマットを抜いて日本が1位とは・・・

ニセコがオーストラリアからのスキーヤーで賑わいだしたのが10年位前でしょうか?
20年前のスキーブームが去った後、リゾート開発がストップしてかつての賑わいが嘘のように静かになったニセコに海外からのスキーヤーが来るようになって、徐々に利用者が増えてきたと聞いてましたが・・・

確かに、ココ数年旺盛なインバウンド需要で冬季に新千歳に向かう外航機材が大型化されたりチャーター便が増えています。
ニセコは海外からの利用者を10年前から受け入れて、ハードやソフトを整備してきたからこそ、こういう評価になったのかも知れません。
多分、最初の頃は大変だったでしょうが、それが今に繋がったのだろうと

まあ、ひねくれた考えをすれば、KLMは欧州のキャリアですから、長距離線を売りたいと言う事もあって2位にチリ、1位が日本と言う事見方も出来ますが往々にして旅行需要を盛り上げる方法としては良くあるので、選んでくれたと言う事実には変わりないです。

新型スーパーあずさ

今日は中央西線の撮影で南木曽へ行って来ました。

新宿7時発の「スーパーあずさ」1号で塩尻まで乗車し、帰りは塩尻20:08発の36号で帰ってきましたが往復とも昨年12月から営業運転が始まった新型のE353系でした。

新型だけあって車内も明るく各座席に枕とコンセントが装備されているのは嬉しいですね。

中央線はトンネルが多いでWi-Fiも装備してくれれば良かったのですが

乗り心地は車端部だったせいか、今一つ揺れが多い感じがしました。まあ、先代の「スーパーあずさ」E351系もそうですが、時短を優先したからでしょうか

中央線の特急は中央道ハイウェイバスと競争してます。さすがに値段では勝ち目がないので速さで勝負しないと房総特急の二の舞いになってしまいます。それに将来は中央リニア新幹線との勝負もあります。(今回、中津川駅前でJR東海のリニア工事事務所を見かけけ、工事が進んでいるのを実感しましたし)

3月のダイヤ改正で全てのスーパーあずさが新型に置き換えとなりE351系は引退となります。置き換えに必要な編成を急ピッチで配備を進めているようで塩尻では落成したばかりのE353系の試運転に遭遇しました。

183、189系のあずさが置き換わったのがちょっと前な気もするのですが、もう次世代になるとは早いものです。さすがに183,189系の「あずさ」が引退の時は市松の寂しさがありましたが、E351系ではあまり寂しいと思わないのは年のせいでしょうかね(笑)

早朝は第三ターミナル直行のLCAP

成田空港のLCCターミナル、第三ターミナルは第2空港ビル駅から遠く不便な場所。特に朝早い便を利用する時は駅からの移動時間を考えておかないと搭乗時間にシビアなLCCは待ってくれませんからね。

早朝便を利用するなら東京駅から出ている格安空港バス(Low Cost Airport Bus)なら第三ターミナル経由なので便利です。
京成バスなら5時台出発までは空港内では最初に第三ターミナルに停車しますので東京駅から1時間程で到着します。(JRバスは1時台と4時台のみが第三ターミナル経由)

昼行便だと第三ターミナルへは、第二と第一に停車した後なので15分程余計に掛かりますが駅から10分程歩くことを考えると時間的にほぼ互角ですが、荷物があるならバスの方が便利です。

LCAPは東京駅から首都高・京葉道路・東関東道を経由しますが、昼間なら渋滞する可能性がありますが、早朝なら渋滞することはよほどな事なければ無いのでそうそう遅れる事は無いです。
とは言え時刻表の時間に10分位は余裕持っておいた方が良いでしょう。

LCAPは京成バスが八重洲口北口から、平和交通/JRバスは八重洲口南口駅前から運行しています。
京成バスは八重洲口からちょっと離れた場所からの出発なので気持ち不便ですが、その分事前購入なら900円。楽天トラベルからも予約が可能なので楽天ポイントも使えるので少しはお得感があるので個人的には京成バスをオススメします。

オーストリア航空の「DO & CO à la carte」

今年の5月からウィーン~成田線に復活するオーストリア航空(OS)ですが、ビジネスクラスでは「フライング・シェフ」と呼ばれるシェフがミールサービスをすることで有名で、機内食の評判は悪くは無いもののエコノミークラスでは機内食の量が少ないと言う声もあります。

OSのケータリング会社「DO & CO」では、OSが運航する殆どの路線で有償で通常の機内食とは別に特製の機内食をエコノミークラスでもリクエスト出来る「DO & CO à la carte」サービスがあり、ウィーン発の成田線でもこのサービス提供されます。(成田発は無し)

メニューはホットミール・コールドミール合わせて9種類用意されており、日本食も用意されていて料金は15ユーロ均一です。

昨年、OSに搭乗した際に、このサービスを利用してみました。

朝食用にリクエストした朝食(ホット)

朝食用にリクエストした朝食(ホット)

アテネ発が朝7時と早く、ホテルで朝食を取る時間が無かったので、温かい朝食をリクエストしておきました。
温かいスクランブルエッグとベーコンとトマト、ポテトのメインにミールにヨーグルトとフルールに紙袋に入った温かいパン各種とボリュームもあり朝食としては充分でした。

欧州域内線では機内食と言うよりスナックのサービスだけなので、しっかり食べたいと言う時(例えば朝早い出発で朝食と取る時間が無いとか)には15ユーロ払っても悪く無いと思います。

ウィーンから香港まではディナータイムだったので「チキンレッドペッパー」をリクエスト

ちょっとビジネスクラスっぽい機内食

ちょっとビジネスクラスっぽい機内食


機内食のサービスが始まると一番先に配膳してくれるのでなんか優越感?があります。

エコノミークラスだと席によっては希望する機内食が品切れになったりすることもありますから、食べたいものが確実に食べれるのは嬉しいですね。

それと「有償」なのでビジネスクラスまではいかないもののそれに準じたクオリティなので悪くは無いと思います。
まあ、機内食が無料なレガシィキャリアなので、機内食にお金を払うのに抵抗がある方には向かいないかも知れませんが・・・

この様な有償機内食をサービスキャリアが増えてきています。
次はLXの有償機内食を食べてみたいですね。

久々のLCC搭乗

先週、日帰りで福岡往復をJetstarで行ってきました。
去年の秋に片道1990円セールで購入したチケットで、成田7:10発のGK503で出発して福岡20:35発のGK514で帰ってくる行程です。

LCCが並ぶ第三ターミナル

LCCが並ぶ第三ターミナル


今回、初めて成田空港の第三ターミナルを使いましたがいやー不便ですね。
行きは東京駅からのバスで直接、第三ターミナルに横付けでしたが、帰りは空港第2ビル駅まで歩きましたが、遠かったです。

Jetstarには4年ぶりの搭乗でした。
今回は、事前に座席指定をしなかったのでWEBチェックインの際に割り当てられたのは、三人がけの真ん中、行きが4Eで帰りが12Bでした。
でも12BはExitRowなので、事前に座席予約すると高い指定料金が掛かりますが、自動割当ですからダタだったのは良かったかな

行きはほぼ8割方、帰りは満席と週中の平日にしては搭乗率は良かったですね。LCCですからこれくらいは乗って無いと厳しいでしょうし。

行きは搭乗口で機内持ち込み手荷物の重量チェックがあり、結構厳密に測っていました。この日はカメラバックだけでしたが、Lレンズも入っていたので6kg近くあって、制限7kgのギリギリでした。
でも復路は重量チェックが無かったので、成田発だけなのかな?

GK503はJA02JJで復路はJA09JJで、往路は偏西風が強く定時に出発したものの18分遅れで到着となりました。
逆に復路は10分程遅れて出発でしましたが、成田は定時到着でした。

ちなみに復路では、時間が無くて夕食を取れないかもと思って、機内食のチキンカツ(900円)をオーダーしておきました。

チキンカツカレー

チキンカツカレーとホットドリンクで900円

水平飛行になると温めたミールを持って来てくれましたが、トレーも無いので熱くて持ちづらいですね。

流石に有料ミールとあって、味の方は悪く無いです。と言うか機内食としたら良い方では無いでしょうか?
ただ、レガシィキャリアの機内食ならメインの他にサラダやパン、デザートが付くのですが、カレーだけではちょっと物足りないです。
まあ、軽食と割り切ればいいのですけど・・・

久々に乗ってみて、やはりLCCは「バス」に乗る感覚で「飛行機」に乗る感覚が薄れますね。
価格は魅力ですが、やっぱりJALやANAの方が乗って楽しいかも・・・