浅草橋【ラーメン】麺屋のろし

浅草橋と秋葉原の中間地点にあるラーメン屋で前から気になっていたのですが、今回丁度時間的に小腹が空いたこともあり立ち寄ってみました。のぼりには「函館ラーメン」とあり函館発の様です。

16時過ぎで店内は空いており券売機で塩味玉ラーメン(850円)を購入すると、サービスで麺大盛りか半ライス付きますがとの事なので半ライスをお願いしました。

5分ほどでラーメン到着です。

函館味玉塩ラーメン(850円)

函館味玉塩ラーメン(850円)


透き通るスープが「塩」ですね。

まずは黄金色のスープから一口。
その瞬間、口の中から「北海道」が広がり、初めて北海道に行って「塩ラーメン」を食べたときの食感が蘇りました。
最近の「塩」は凝り過ぎて、こういうシンプルな塩を出すお店がなかなか少ないんですよね。

麺は細めの縮れ麺で味玉もしょっぱすぎず丁度良い塩分加減です。バラ肉のチャーシューも柔らかくてとろとろでした。

半ライスは茶碗に半分程で、このライスをスープに浸して雑炊のようにして食べるとこれまた美味です。

久しぶりに美味しい「塩」を堪能できました。

浅草橋界隈には結構、気になるラーメン屋が多いので、時間とお腹の様子を見ていろいろ探求してみたいところです。
<MAP>


TEL:03-5829-4822
住所:千代田区神田和泉町2-8
営業時間:11:00~21:30
定休日:無休
(訪問日:2017.2.24)

高尾【ラーメン】西海

撮影帰り高尾駅前でお昼にしようとJR側の駅前には、これと言ったお店が無く、駅をぐるっと回って京王側の駅前に行ってみますが、こちらもこれと言ったお店が無く、反対側にサイゼリアの看板が有ったのでそっちに行こうと思ったら丁度、開店で暖簾を掲げたラーメン屋「西海」に入ってみました。

アゴだしスープで麺も2種類あって選べると書いてあるメニューからなんか凄そうな「極み」(650円)とまかない丼(250円)を注文しました。開店ち同時に入店しましたが、続々とお客さんがやって来て結構な入りになりました。ラーメンが500円と言うのもこのご時世にしてはお得感があるので支持されているのでしょうか?。

注文して7,8分で「極み」到着です。

「極み」(650円)

「極み」(650円)


白濁した九州らしいトンコツスープです。アゴだしと言うのでスープから食すると、博多みたいなトンコツと言うより長崎のチャンポンに近い感じです。
なのでサッパリした感じでストレート麺と一緒にスルスル入っていきます。
ただ欲を言えばもう少し何かパンチが利いているといい感じもしたので、唐辛子入りの赤麺にすれば良かったかな(普通の麺と赤麺を選べます)

でもこのチャンポンの様なスープで頂くラーメンと言うのはなかなか他では無いし、コスパも良いので一度は試して自分の舌に合うか試すのも良いでしょうね。
個人的には良いと思いますよ

<MAP>

TEL:0426-67-3115
住所:八王子市初沢町1231-5
営業時間:11:00~22:00
定休日:無
訪問日:2017/1/21

寄居【ラーメン】うさぎや

駅前に何も無くスマホで検索して見つけたラーメン屋さんで、口コミもまずまずなので駅から歩いて出向いてみました。

ランチタイムの後だったので空いていました。
メニューの中から「焦がし醤油ラーメン 780円」の文字を見つけて注文。カウンター越しの厨房でラーメン丼ぶりをガスバーナーで焦がしてます。正に焦がし醤油ですなぁ。

焦がし醤油ラーメン 780円

焦がし醤油ラーメン 780円


目を引くのがラーメンの上に載っている醤油せんべいです。これはなかなか珍しいです。スープは鰹節ダシでしょうか醤油ダレを焦がして味が濃縮された感じでこのスープにせんべいを浸して食べると美味しい。
こんな食べ方もあるのかと感心してしまいます。
麺はストレート細麺で、醤油ラーメンには丁度良い感じです。味玉もいい感じにとろーりしています。

焦がし風味は良いのですが、焦がしたお陰?で塩分か強めになった感じがしますそれ以外は文句は無いレベルです。
次回は普通のラーメンを試してみたいですね。

<MAP>

TEL:048-586-1035
住所:寄居町寄居1536-3
営業時間:11:00~スープ終了まで
定休日:月曜日
訪問日:2016/11/18

春日部【ラーメン】金狼

先日、春日部まで用事がありその帰りに小腹が空いたなぁと~ググってみたら駅の近くに煮干しラーメンのお店があると言うので寄り道してきました。

お店は西口から歩いて5分掛からない場所にあります。
夜の部は18:10から営業と言うことでしたがお店に着いたのが丁度、開店時刻だったので1番で入店しました。
券売機で「煮干しラーメン」(720円)を購入して注文です。
麺の中盛が無料なのですが、「煮干しラーメン」は適用外なのが残念です。

5分程でラーメンが到着です。
スープは煮干しらしい黄灰色っぽいスープで、麺は細固麺。チャーシューがドンと乗っかり、その脇は長いシナチクが添えてありました。
それと煮干しのエグさを緩和する為か刻みタマネギが入っています。

煮干しラーメン

煮干しラーメン


どんぶりも特徴的な鋭角な器で、煮干しの香りを楽しめるようにかな?と言った感じです。
スープから飲むと、うーん煮干しだねぇ~

麺は煮干しスープに合うストレートで、するすると入って行きます。量が150gなのであっと言う間に完食してしまいました。
替玉もありますが流石に替玉も150gとなるようなのでちょっと多いかな。

久しぶりの煮干しラーメンを堪能しました。
<MAP>

TEL:なし
住所:春日部市中央1-53-18
営業時間:11:40〜14:45 18:10〜21:45
定休日:火曜日
訪問日:2016.9.15

新宿【つけ麺】やすべえ

新宿南口から甲州街道を西に7,8分歩いたところにある人気のつけ麺屋です。
お店はカウンターだけなので比較的回転が速いので長い行列が出来るほどではありませんが、いつも待ち人が数名と言う感じです。

券売機で食券を購入しますが、小~大盛まで同一金額なのは嬉しいですね。最近は小麦価格の高騰やらで並以外は別料金になるお店を少なくないです。

直ぐに順番が来て数分でつけ麺到着です。

つけ麺(並)780円

つけ麺(並)780円

麺が並で250gなので他店に比べると気持ち少な目な感じがします。

つけ汁は見た目さらっと感がありますが、しかっりとした魚介豚骨系の味わいがあり、どっろと系とちがったコクの深さがありました。
チャーシューは刻んであるので食べやすいのもGoodです。

そしてテーブルの上には刻みたまねぎと魚粉が置いてありお好みで入れられます。
まずは入れずにつけ汁のを味わい、途中で刻みたまねぎを投入します。するとタマネギのシャキシャキ感が太麺と絡んで変化を楽しませてくれます。

そして最後に魚粉投入で、魚介を引き立たせて麺を完食します。
で最後にスープ割りをお願いしますと大きなお猪口にスープを入れたのも持って来てくれて自分でつけ汁に投入。
健康には良くないと判りながら飲み干してごちそうさま。

<MAP>

TEL:03-3375-5911
住所:渋谷区代々木2-11-19 ハヤカワビル1階
営業時間:11:00~翌3:00(休日は21:00まで)
定休日:年始
訪問日:2016/7/13

会津坂下【ラーメン】とん吉

磐越西線でSL撮影をした帰り道、国道49号線で会津若松方面を走り途中でお腹が空いたので何か食べたいと思っていたのですが、西会津にはお店が無く、坂下の町に入って見つけた「ラーメン」の看板。

これで食事にありつけると思って入ったのが「とん吉」
看板に「豚骨」の文字。会津まで来てとんこつはないけど腹には代えられないと入店。
メニューを見ると土曜日限定「やますけ地鶏醤油ラーメン」(800円)があります。ならばと地鶏醤油ラーメンを注文しました。

なんでも「やますけ農園さんの地鶏は、平飼いでのびのび育った極上の鶏」だそうでそちらを使った醤油ラーメンと言うことで期待して5分程まつとやってきました。
とん吉 地鶏醤油ラーメン
会津らしい平打ち麺の醤油ラーメンです。
ですが、会津は煮干しだしが多いのですが、こちらは鳥だしなのでスープなので微妙に異なります。でもさすがに選ばれた鳥だけあって余分な脂分は少なく、さっぱりしてコクがあるスープになっています。

鳥肉チャーシューも柔らかくおいしく、付け合わせのほうれん草がいい感じでした。
ちょっと会津のラーメンとは違いますが、これはこれでおいしいラーメンでした。

でもほとんどのお客さんは豚骨ラーメンを注文しています。やはり会津では豚骨ラーメンを出すお店は少ないので、豚骨を食べるならということで結構繁盛していました。

なお、日曜日は「やますけ地鶏塩ラーメン」(700円)になり、やますけ農場のとりを堪能することが出来るのは週末だけになります。
<MAP>

TEL:0242-83-5210
住所:会津坂下町館ノ下23
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定

(訪問日:2016/6/4)

三郷【ラーメン】つけめん さなだ

三郷駅から歩いて10分程、早稲田公園裏手にあるラーメン店で、元六厘舎の初代店長がオープンしたお店として有名です。
ただ、駐車場がないので車だとちょっと面倒かも知れません。

11時の開店直後に入店。券売機で「味玉つけめん」(900円)を購入し空いていたカウンター席に案内されました。
「麺のゆでるので時間を頂きます」との事でしたが、カウンター越しに厨房が見えるので、調理の様子を見ながら待ちます。

開花楼特製の全粒粉入りのさなだ専用麺がゆで釜に入っていきます。太麺なのでゆで上げるまで結構な時間がかかりますが、その分回転が悪くなるのはこだわり故ですかね。

入店して20分。2回目のゆで上げ麺が上がったところで自分の番になりました。

味玉つけめん(900円)

味玉つけめん(900円)

まずはつけ汁を頂くと。思ったよりサラサラ感があります。
濃厚まではいかないもの、味わいは深く食べやすい感じです。ただ注意しないとサラサラなので麺に付けたつけ汁が口に届くまでに揺れると汁が飛びます(笑)

味玉も程よい半熟で黄身がとろーっと出てきます。つけ汁の中にチャーシューが隠れていて、チャーシューもおいしく次回はトッピングで追加したいなぁと

麺は250gとつけ麺では平均的な量です。でも太麺なので結構重く感じるので大盛の400gだとかなり多く感じるでしょうね。

おいしく全ての麺が無くなった後のお楽しみ、スープ割ですがだし汁を加えた後に生柚子か本鰹のどちらかを削って入れてくれるサービスがあります。
自身は本鰹をお願いすると、最近ではめっきり見かけることが無くなったカンナ状の鰹節けずりで削ってくれた鰹節が乗ってきました。これがスープに合って美味い!
スープ割りを飲み干して席を立ち、お店を出ると10人程並んでいました。時計を見ると11:40過ぎでしたから、結構待つかもしれませんね。でも並んでも美味いと思うお店だと思います。

<MAP>

TEL:048-957-2882
住所:三郷市早稲田4-8-1
営業時間:月・水~金11:00~14:30、17:30~21:00(月は昼間のみ)
    土・日・祝11:00~15:00、17:30~21:00
定休日:火曜と第三水曜
訪問日:2016/5/1

釧路【ラーメン】河むら

釧路で単身赴任中の友人を炉端焼きで夕食を共にした後、同行した友人がこの近所に美味しいラーメン屋があるそうですよ言うので行ってみました。

場所は釧路の繁華街、末広町で駅前通りから少し入った所にお店はありました。カウンター席に奥にテーブル席があり3人だった我々はテーブル席へ

メニューには北海道らしく、醤油・塩・味噌がありどれにするか迷ってしまいます。塩も捨てがたいけど飲んだ後だからやっぱり醤油かなと言うことで、全員一致で醤油ラーメン(700円)を注文します。

5分ほどで醤油ラーメン到着です。

醤油ラーメン(700円)

醤油ラーメン(700円)

見た感じはオーソドックスな醤油ラーメン。
なるととホーレンソウがいいアクセントになってます。

まずはスープから。鶏ガラスープのさっぱり系ですがスープの上に軽くラードの油膜がありこれがいいコクを出してます。
うーん、素直に美味しい。
麺は細めの縮れ麺でスープともいい感じです。昔ながらの醤油ラーメンです。

飲んで食べた後ですがスルスルと麺が入り、スープも飲み干す勢いで完食。美味しかったです。
これならホテルのサービス「夜鳴きそば」より断然美味しいや

飲んだ後の〆のラーメンには最適です。
多分、逆にお腹空いている時にラーメンだけ食べるとちょっと物足りなさがあるかも知れません。まあそういう時はチャーシュー麺にした方が無難かな。

河むらさんは釧路でも長いこと営業しているお店だけに味の方はしっかりしていますよ

北海道では札幌、釧路、函館とご当地ラーメンがありますが、釧路も釧路ラーメンなるジャンルがあるそうですが釧路がメジャーになる日は来るのか?

<MAP>

TEL:0154-24-5334
住所:釧路市末広町5-2
営業時間:11:00~15:00、18:00~1:00(日曜は昼のみ)
定休日:不定休

訪問日:2016.2.19

青森【ラーメン】長尾中華そば青森駅前店

「朝ラー」これは青森では朝からラーメンを食べる文化?があるようで、津軽ラーメンで有名な青森の長尾中華そばの青森駅前店は朝7時から営業しています。

朝、夜行列車で青森に到着したあと「まちなか温泉」で一風呂浴びた後、駅に戻ると営業しており、朝ラーに挑戦?です。

入口にある券売機で食券を購入しますが、あっさり、あっこく、こく煮干のどれにするかで20秒程悩んだ末、朝なので「あっさり」(550円)を購入しました。
店内は10名入れかどうかなコンパクトなお店です。麺が手打ち麺、中太麺、細麺、ちぢれ麺から選べるのですが、スープに絡みそうなちぢれ麺でお願いしました。

あっさり(550円)

あっさり(550円)

おおーこれぞ「The 醤油ラーメン」という感じなラーメンが到着です。
チャーシューにシナチクが載って550円です。安いなぁ~東京なら750円はとられるよと思いつつ、まずはスープを一口。

さっぱり醤油と思わせて煮干しの出汁が効いてます。その辺の醤油ラーメンと一緒にしないでよと言う位の煮干しが効いてます。
正直、最初に見た時は「あっこく」にすれば良かったかなと煮干しさが無いかと思ったのです。
いやいやしっかり煮干しです。津軽ラーメンです。

あっさりしている分、逆に煮干しが際立つのかな?と思いながら縮れ麺をすすります。
チャーシューもいい感じで味がしみており美味しい。
朝飯替りのラーメンがすすみます。

あっという間に完食。
しまったセルフサービスの無料ライスを忘れていました。
いやー美味しかった。
「朝ラー」やみつきなりそうです(笑)

<MAP>

住所:青森市新町1丁目3-33
TEL:017-773-3715
営業時間:7:00~15:00 17:00~20:00(夜は夏場のみ)
定休日:月曜日

(訪問日)2016.2.19

旭川【ラーメン】梅光軒 本店

旭川駅から歩いて5分程、買物公園通りに面したビル地下1階にあります。

訪問したのは平日の13時半過ぎで列ばすに入れましたが、来客者は多く続々とやってたので帰る頃には待つ人ができてました。

メニューからオーソドックスに醤油ラーメンとライス(お腹が減っていたので)を注文します。
先にライスとタクワンが来てからラーメン到着。

醤油ラーメン

醤油ラーメン(730円)


旭川ラーメン特有の豚骨と魚介系のスープで、上部には薄い油膜があってスープが冷めにくくしててあります。
醤油と魚介系の相性は良いのは当然ですがこれに豚骨が加わり更に旨味を引き立ててくれます。

麺もいい感じでちぢれておりスープを離さず口まで運んでくれ、チャーシューも大ぶりなのが嬉しいです。
シナチクも結構な大きさで食べ応えがあります。

ラーメンのスープにご飯を浸して雑炊風にしたらこれまたウマい!
旭川ラーメンをしっかり堪能する事が出来ました。
<MAP>

住所:旭川市2条8丁目 買物公園ピアザビルBF
TEL:0166-24-4575
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30、日祝は20:00)
定休日:不定休

新小岩【ラーメン】つけ麺一燈

新小岩の有名ラーメン店、「一燈」の新店舗が本店からほど近い場所に開店しました。以前は別のラーメン店でしたが閉店して一燈グループの店になりました。

週末の昼間は本店程ではありませんが待ち客が並んでますが、土曜日の夜、22時半頃に訪れた際には店内には空席がある程でした。
券売機で食券を購入するのですが、この日は寒く「つけ麺」にするか「らーめん」にするかで券売機前で悩んでしまい、次に入店者が来たので「背脂煮干しらーめん」(730円)を購入。
ちょっと小腹も空いていたので小ライス(50円)も購入して着席です。

店内はカウンターだけで10席程。一人あたりの間隔にも余裕があるのは嬉しい配慮ですね。
隣の人はつけ麺を食しており、やっぱりつけ麺の方が良かったかなと思っているとラーメン到着です。

つけ麺一燈「背脂煮干しらーめん」730円

つけ麺一燈「背脂煮干しらーめん」730円


背脂と謳っているので脂ギトギトかとおもいきや、背脂は少なめかな。でもスープに薄っすら油膜ができています。これは冬の寒い日にはいいですねー。
チャーシュー、三つ葉、ノリ、岩のりそしてギザミ玉ねぎが乗っています。
油膜の中からスープから頂くと、煮干しのスープが広がります。
エグみが無くまろやかな感じです。

麺は細麺で黄色く無い低加水麺と言う奴です。煮干し系のラーメンでは良く有る組み合わせです。
らーめんの麺は130gと気持ち少なめな感じですが、麺の中盛は+50円となりますのでそれなら小ライスが良いかなとチョイスしたのですが、ライスに煮干しスープを入れて食べるとなかなか美味い!
だからかライスの水分が少なめな炊き方になっているのか。うんこれは通らしい食べ方だ(笑)

あっと言う間に完食。
5971レ撮影で冷えきった体に温かいらーめんで生き返った感じです。
次回はつけ麺にチャレンジしようかな。

<MAP>


住所:葛飾区東新小岩1-3-7
TEL:03-6657-7763
営業時間:11:00~15:00/18:00~23:00
定休日:木曜日

秋葉原【ラーメン】青島食堂

秋葉原と浅草橋の中間地点にある公園脇にあるラーメン店で、入り口以外はシャッターが閉まったままなので見落としてしまいそうなお店です。

カウンターが10席程度のお店で昼からの通し営業しているのですが、いつ行っても待ち人が居ます。

こちらは新潟長岡に本店がある長岡ラーメンのお店になります。そう言えば前回紹介した亀戸の「ラーメン処・潤」も新潟・燕三条のラーメンでした。

入口のタッチ式券売機で食券(チャーシュー麺820円)を購入し待ちますが、その間に厨房から「食券みせてくださーう」と声が掛かり食券を見せるとオーダーを通す運用のようです。
10分程で空いたカウンター席に着席すると目の前が麺の茹で釜で、麺さばきを見ているとラーメンが到着。

チャーシュー麺(820円)

チャーシュー麺(820円)


チャーシューにシナチク、のり、ナルトそして茹でほうれん草と、なんか懐かしい感じの醤油ラーメンです。
スープから味わうと長岡ラーメンの特徴である生姜の味がします。生姜は癖があるので入れ過ぎると香りが強く味も変わってしまいますが、主張せず隠れても無いと言う程良い感じです。

チャーシューはバラ肉を使っているようで薄切りになったチャーシューが結構入っていました。
これで普通のラーメンと100円しか違わないならお得ですね。トッピング扱いでさらにチャーシューを増量することも出来るようです。

麺は中太縮れ麺で醤油ベースのスープに絡んでおいしく頂けました。気持ち量が少なめな感じもしましたがその分チャーシューでお腹いっぱいになりました。

<MAP>



住所:千代田区神田佐久間町3-20-1
TEL:03-5820-0037
営業時間:11:00~18:00(スープ切れ次第)
定休日:火曜日

宮古【ラーメン】福

宮古駅から歩いて5分程にあるラーメン店で、表通りから入ったところなので見落としそうないなります。

お店に入ると煮干しの香りがしてきます。テーブル席とカウンター席を合わせても20席に満たない小さなお店ですが、こちらのオススメはワンタン麺とのことなので「チャーシューワンタン」をお願いしました。

5分程でやってきたラーメンを見て、これは!と思いました。

チャーシューワンタンメン750円

チャーシューワンタンメン750円

醤油ラーメンと言うより塩ラーメンって言う程の透明感をもっています。

煮干し出汁ですが、青森ラーメン程きつくなく優しい感じです。かなりあっさりしており細麺に合います。
チャーシューも柔らかくさっぱりしたスープにチャーシューの脂分が上手くマッチする程良い感じでした。

ワンタンの分、ちょっと麺が少なめかも。

お腹も減っていたのであっと言う間に完食。スープも飲み干してしまいました。
ホント飲み干せる程のあっさりしており、やみつきになりそうな程です。

(訪問日)2015.7.5
<MAP>

住所:宮古市保久田2-17
TEL:090-3129-3516
営業時間:11:30~19:00
定休日:不定休

京都河原町【ラーメン】龍旗信 京都店

京都の繁華街四条・河原町にあるラーメン店
繁華街からすこし入った通りにあるシックな店構えで、最初ココがラーメン店と思ってしまいました。
大阪堺が本店なお店で京都では塩ラーメンの名店として名が通っています。11時半からの営業開始と入店、券売機で食券を購入すると1番乗りでした。

その後は続々と入店しラーメンが到着する時にはほぼ満席となりました。
カウンター越しから厨房の様子を眺めながら5分ほどでラーメンが到着です。

鶏塩ラーメン900円

鶏塩ラーメン900円

うん、正統「塩」ラーメンです。

龍旗信の拘りはHPによると
伊勢湾天然ムール貝からとった濃厚な塩ダレを、鶏ガラ・丸鶏・7種の混野菜でとった澄んだスープと合わせる。味の決め手は具材の臭みやアクを抜き独特の風味を出す自家製干しごぼうとスープに深みを出す天然岩塩。

「塩を生かすと考えたら透明感のあるスープが欲しかったんですね。透明感を持ちつつコクがあるのは…貝やと。ムール貝に行きついたのは、フレンチを意識したんじゃなく、貝の中で一番クセがあったから。鶏と豚のスープで割るから、ある程度個性がないと消えちゃいますからね」。
だそうです。
確かに普通の塩とひと味違うスープ感は、京都らしい?上品な感じがします。
麺は細めのストレート麺で塩に合います。
鶏肉チャーシューもさっぱりしているので、少量の焦がし葱油がスープにアクセントを加えてさっぱり感だけないよと主張している感じでした。

久しぶり「塩」らしいラーメンを頂きました。
(訪問日)2015.6.13
<MAP>


住所:京都市中京区蛸薬師通麩屋町東入蛸屋町157-11
TEL:075-256-2279
営業時間:11:30~15:00、17:30~0:00(土・日・祝は11:30~0:00)
定休日:月曜

冷やしを温めると不味かった・・・

今年の冬に、某コンビニのレンジで温めるとゼリー状のスープが温まってラーメンになるチルドのラーメンなるモノにハマって?何回か購入していました。

今日、飲んだ帰りにやっぱり飲んだ後はラーメンだよね~とコンビニに「牛骨ラーメン」と書いてあるのを見つけ、まえの魚介ダシのは無くなったのかなぁと他の買い物をしてレジへ行き、「お箸はつけますか?」と聞かれたものの「温めますか?」とは聞かれなかったのですが、この時間だから家でチンするのは判っているのか?位にしか思わず、精算して帰宅。

いざ家で食べようとすると、容器の中に液体スープが付いているじゃ有りませんか。
???
一瞬、何がなんだか判らず、嫁さんが「それ冷やしなんじゃない」と

ぎょえー「スープを麺に掛けてほぐして」と書いてあります。
俺は温かいラーメンが食べたかっただよぉ~

開き直って、冷やしのスープを鍋で温めて、ラーメンの麺を軽く湯がいてラーメン丼ぶりに入れて合わせて具を入れて温かいラーメンにしました。

さあ食べるぞと口に入れたのですが、まずい!
麺がまるで、こんにゃくの様です。スープもなんか違うし・・・

ああ、冷やしを温めると美味しく無いんだ。
2/3食べて残りは捨てました。

これならカップ麺の方が良かった・・・