浅草【ラーメン】つし馬

浅草駅近くにある、津軽ラーメンを看板にする「しつ馬」
津軽と言えば煮干しで出汁を取る醤油ラーメンが定番です。さらにこちらには毎日限定50食の「バリ煮干し」があります。

店頭にある券売機で売切になってなかったので速攻購入して入店です。

バリ煮干しラーメン800円

バリ煮干しラーメン800円

5分程でやって来たのがこちら。
油膜状になった灰色のスープが煮干しの旨味成分たっぷりスープでその下に醤油スープが隠れています。
麺はストレートな中太麺。

少しかき混ぜてスープから頂くと、うーん煮干しですなぁ~
以前、秋田で食べた煮干しラーメンに比べるとマイルドな感じで、その分万人向けかな。

チャーシューも柔らかく、イワシ味の箸休めに丁度良いです。

煮干しの味を充分に堪能出来ました。

そうそう「つし馬」は田中商店グループのお店なんですね。トイレにある張り紙で気が付きました。
今度は足立区の本店に行ってみようかな。
<MAP>

TEL:03-5828-3181
住所:台東区浅草1-1-8
営業時間:11:30~21:30 (日)11:00〜21:30
定休日:無休
HP:http://www.tanaka-shoten.net/
(訪問日2017/12/4)

【ドーミーインチェーン】夜鳴きそば

ビジネスホテルとシティホテルの中間を狙うホテルチェーン「ドーミーイン」ですが、サービスには定評があります。

そんなサービスの中でも、個人に気に入っているのが、温泉大浴場と夜の21時半から23時までの時間&数量限定で無料提供される「夜鳴きそば」は無料なのに力が入っているのです。

ドーミーインの夜鳴きそば

ドーミーインの夜鳴きそば


鶏ガラベースの醤油スープのにちぢれ麺、具はノリとシナチクに刻みネギとシンプル。
ただ麺は少なめで半玉程と小腹が空いた時には丁度よい量です。

無料サービスなので大した事ないだろうし、どうせチェーンホテルなので工場での一括製造だから思われているかも知れませんが、これがかなり本格的なのです。

まあ、ドーミーインが創成時に宿泊した時は確かに無料だからなぁと思いましたが、その後かなりレベルアップしており、最近の夜鳴きそばは、かなり美味しくなりスープにしろ麺にしても街のラーメン屋さんにも劣らないほどです。

これでもっと量や具が多かったら最高なのですが、あくまでも夕食後の補助食としてのサービスですから仕方ないですが・・・

このラーメンは宿泊者だけしか食べられないので、食べたさに旅行で宿探しの時はいつもドーミーインがあるか探してしまいます。(笑)

秋田・飯詰【ラーメン】にぼすけ本舗

「ELあきた」の撮影に行った際に友人と立ち寄ったラーメン屋です。名前のとおり「煮干し」スープを売りにするラーメン屋で大曲に本店があるそうで、その支店になります。

訪れたのは13時近くでしたが、駐車場に多くの車が止まっており繁盛しているようです。少し待った後にテーブル席に案内されメニューを眺めて、煮干し豚骨の「特製にぼすけラーメン」(880円)を注文。無料で大盛りに出来ますが・・・と言われると大盛りで注文するかありません(笑)

特製にぼすけラーメン

特製にぼすけラーメン

やって来た丼ぶりのスープはまさに煮干し。
まずはレンゲでスープから頂きます。
口の中に広がる片口イワシの群れ。豚骨はどこに行った?と言うほど煮干しが効いています。
これだけ濃いと煮干しのエグさでてもおかしく無いのですが、思った程エグく無かったのは煮干しの配分なのか下処理がちゃんとされているのか?
麺はお店で打っている自家製で中太ストレート麺でラーメンと言うより蕎麦に近いような感じでスープに合っています。

味玉に大きなチャーシューが3枚乗っており、東京だったら軽く1000円はするでしょう。
大盛りでしたが、難なく完食です。
スープも飲み干したいところですが、健康の為にやめときます(笑)

友人が頼んだ煮干し中華そばのスープを少しいただきましたがが、醤油ベースの純正ラーメンと感じでさっぱり系でこれも美味しかったです。

うーん、恐るべし秋田のニボラー

<MAP>

TEL:0187-88-8435
住所:仙北郡美郷町字熊野133-3
営業時間:7:00~10:30、11:30~15:00、(金~日・祝のみ17:00~21:00)
定休日:火曜日
HP:http://profile.ameba.jp/nbsk88
訪問日:2017/6/25

秋葉原【ラーメン】田中そば店

今、秋葉原界隈を歩いていると結構、ラーメン屋が目につきます。学生時代は秋葉原にはこんなにラーメン屋は多く無かったよなぁと歩いていると時についつい看板に惹かれて券売機で食券を購入しましてしまいました。

場所的に秋葉原と言うより末広町駅にほど近い場所にある「田中そば店」です。
時間的に中途半端だったので空いていました。

注文したのは「中華そば」で、てっきり醤油ベースかと思っていましたが、やって来た丼ぶりのスープには透明。これは塩か!とちょっと嬉しい誤算でした。

中華そば(750円)

中華そば(750円)

これだけ透明感があると、塩っけが多いパターンが多かったりしますが、意外にもスープはあっさりしている割ににはコクがある。
鶏ガラかと思っていましたが、帰り道にホームページを見てみたら「スープは豚骨を濁らせないように炊き、塩だれで味を整える」とあり、なるほどあおのコクは豚骨だったのかと感心してしまいました。

麺はちぢれの平麺です。
バラ肉のチューシューも3枚となかなかのサービスです。
刻んだシナチクはちょっと濃い目の味付けで、さっぱりしたスープには合います。

あっと言う間に完食してしまいました(笑)
また買い物ついでに食べたくなりそうな「塩」でした。

<MAP>

TEL:03-3256-3556
住所:千代田区外神田3-8-3 第1針谷ビル1F
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休
(訪問日:2017/6/13)

今市【焼きチーズカレー担々麺】ユタの店

JR今市駅から歩いて3分ほどのところにある「ユタの店」は担々麺がウリのお店で、お昼の部が終わる少し前に入店しました。
時間帯によっては並ぶこともあるようなので待ち時間なしは嬉しいですね。

さてメニューを見て「担々麺」にするか「焼きチーズカレー担々麺」するかで悩んだのですが、折角なので他では?あまり見ない「焼きチーズカレー担々麺」を注文。
お腹も減っていたのでメニューにあったチャーシュー小丼も。

出来上がるまでメニューを眺めていたら、ランチタイムだと小ライスサービスと書いてありました。うーんちょっと失敗。
しばし待つと担々麺到着です。

焼きチーズカレー担々麺

焼きチーズカレー担々麺(880円)

担々麺の色でも無いしカレーと言う感じの色でも無いです。
まずはスープから。
ですがあまり辛さは感じなくて担々麺とは思えないクリーミーな味わいです。カレーが邪魔をしない程度でかつ存在感があるのはチーズのお陰なんでしょうか?
麺は平打麺っぽい感じです。
チーズ以外の具はオクラ、小松菜、揚げナスが乗っており、さらにワンタンが麺の中から出てきましたが、結構大きいサイズでした。
ひき肉は思っていた程は多くは無かったですね。
別皿でサービスされたおこげはスープにつけて食べると美味しかったです。

食後に杏仁豆腐のサービスまであるのは素晴らしい。
ランチタイムにまた訪問して次回はオリジナルな担々麺を試してみたいですね。

<MAP>


TEL:0288-22-6686
住所:日光市中央町10-6
営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00
定休日:火曜日
(訪問日:2017/5/27)

平井【油そば】ちどり

最近、オープンしたお店で「ちどり」と言うと、急行「ちどり」って言うのがあったよなぁ~と思いながらお店の外で並んでいる人の後につきました。

少し待っていると用意が出来たのでぞうぞと店内に通されて券売機で食券を購入します。
まずは「油そば」(700円)を試してみようと、食券を購入します。店内はオープンしたてで真新しさが目立ちます。カウンターだけで席数は8位と少なめです。どうやら店主のみでオペレーションしているようで忙しいそうで10分ほどで「油そば」到着です。

油そば(700円)

油そば(700円)

麺の上には刻みタマネギ、シナチクと生ハム状態のチャーシューにかいわれが載り綺麗な彩りです。
このまま食べたい感じですが、器の下に隠れているタレと麺を絡まる為に混ぜ混ぜします。

実は油そばはあまり食した経験が無いのですが、混ぜ混ぜした麺を食べて、これは「美味い!」と直感的に思いました。
油とタレのバランスが絶妙なのでしょう。油過ぎず、さっぱり過ぎずなのです。
麺もモチモチでうまくタレと絡みます。

油そばが流行るのも頷けます。

ただそのかわり味が単調になってしまうのは否めません。具のシナチクやハムも混ぜているので味が均一化してしまいます。
そこでそば一緒にサービスされる「スープ」が箸休めに丁度良く、上手く考えてるあぁと感心しながら完食です。

汁なし担々麺の場合、追い飯と呼ばえるライスサービスがあるようで、みなさんオーダーしています。
そっちも美味しそうなので次回はそちらを試してみたいです。

<MAP>

住所:江戸川区平井5-25-6
営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00 日曜日は11:00~16:00
定休日:水曜日
(訪問日:2017/4/21)

福岡・中洲【ラーメン】ラーメン福岡荘

時間は23時過ぎで中洲で飲んで遊んでホテルに向かう終電まで前に〆のラーメン。駅に近いあたりでと探していると「ラーメン福岡荘」の看板を発見して入店しました。

あまり時間もないので、メニューをさっと見て「青ネギラーメン750円」を注文します。
流石、博多のラーメン。5分も経たずに到着です。

青ネギラーメン750円

青ネギラーメン750円

青ネギが沢山載っていています。まずはスープから行きましょうとレンゲですくいます。

うう、なんてあっさりしたトンコツスープなんだろう。
今までのトンコツとは違います。
関東のトンコツはどうしても背脂とか組み合って脂っこかたりしますが、凄いさっぱりなんです。
なので硬めストレートの細麺とは相性がいい感じです。チャーシューもトロってしていて

こりゃ飲んだ後にはいいねーとあっという間に完食。替玉を頼もうかとと思ったのですが、寝る前のラーメンはほどほどにということで諦めました(笑)
ただ、空きっ腹にガッツンとラーメンと言う場合には物足りないのは必死です。でもサイドメニューが豊富なのでラーメンだけで無いのでご安心を

<MAP>

TEL:092-291-3818
住所:福岡市博多区中洲4-3-16
営業時間:11:00~3:00
定休日:無休

(訪問日:2017/3/24)

南越谷【つけめん】塩つけ麺 めいげんそ

武蔵野線から東武線の乗り換えで下車した南越谷でちょっと小腹が空いたので、駅チカでラーメンでもと思って探してみると直ぐの所に評判のお店があるようなので訪問。

店名に冠されてる「塩つけ麺」が売りのお店らしく。迷わず「塩つけ麺」を券売機でポッチと。17時過ぎですが店内は空いており7,8分でやって来ました。

塩つけ麺(並)800円

塩つけ麺(並)800円

塩らしく、スープは透き通っています。
麺は中太麺で、麺をつけ汁に浸けて食べてみます。

つけ汁は鶏ガラと魚貝系のスープの感じです。スープの中にアサリのむき身が入ってました。
うん、さっぱりしたこの感じは塩だね。

塩つけ麺なるものは初めて食べましたが、ラーメンの塩とちょっと違いさっぱり感が強いです。麺がキュッと〆たからかつけ汁に麺を浸す度につけ汁がぬるくなってきました。

柚子胡椒が添えられており少し入れてみると違った感じがして塩のさっぱり感だけだと飽きが来るのを防いでくれます。

美味しいのですが、さっぱり感が強く物足りなさがありますが、美味しく頂きました。
最後にスープ割りを頂くと。

うわーこれ美味しい!。スープはカツオ出汁なのでしょうか?さっぱりした塩に加えてコクが出た感じでこれにご飯を入れて雑炊風にしたらさぞ、さぞ美味いだろうなと思いながら飲み干してしまいました。

<MAP>

TEL:048-962-3575
住所:越谷市南越谷1-23-1
営業時間:11:30~15:30・17:00~23:00(土休は休憩なし)
定休日:無休
(訪問日:2017.3.11)

浅草橋【ラーメン】麺屋のろし

浅草橋と秋葉原の中間地点にあるラーメン屋で前から気になっていたのですが、今回丁度時間的に小腹が空いたこともあり立ち寄ってみました。のぼりには「函館ラーメン」とあり函館発の様です。

16時過ぎで店内は空いており券売機で塩味玉ラーメン(850円)を購入すると、サービスで麺大盛りか半ライス付きますがとの事なので半ライスをお願いしました。

5分ほどでラーメン到着です。

函館味玉塩ラーメン(850円)

函館味玉塩ラーメン(850円)


透き通るスープが「塩」ですね。

まずは黄金色のスープから一口。
その瞬間、口の中から「北海道」が広がり、初めて北海道に行って「塩ラーメン」を食べたときの食感が蘇りました。
最近の「塩」は凝り過ぎて、こういうシンプルな塩を出すお店がなかなか少ないんですよね。

麺は細めの縮れ麺で味玉もしょっぱすぎず丁度良い塩分加減です。バラ肉のチャーシューも柔らかくてとろとろでした。

半ライスは茶碗に半分程で、このライスをスープに浸して雑炊のようにして食べるとこれまた美味です。

久しぶりに美味しい「塩」を堪能できました。

浅草橋界隈には結構、気になるラーメン屋が多いので、時間とお腹の様子を見ていろいろ探求してみたいところです。
<MAP>


TEL:03-5829-4822
住所:千代田区神田和泉町2-8
営業時間:11:00~21:30
定休日:無休
(訪問日:2017.2.24)

高尾【ラーメン】西海

撮影帰り高尾駅前でお昼にしようとJR側の駅前には、これと言ったお店が無く、駅をぐるっと回って京王側の駅前に行ってみますが、こちらもこれと言ったお店が無く、反対側にサイゼリアの看板が有ったのでそっちに行こうと思ったら丁度、開店で暖簾を掲げたラーメン屋「西海」に入ってみました。

アゴだしスープで麺も2種類あって選べると書いてあるメニューからなんか凄そうな「極み」(650円)とまかない丼(250円)を注文しました。開店ち同時に入店しましたが、続々とお客さんがやって来て結構な入りになりました。ラーメンが500円と言うのもこのご時世にしてはお得感があるので支持されているのでしょうか?。

注文して7,8分で「極み」到着です。

「極み」(650円)

「極み」(650円)


白濁した九州らしいトンコツスープです。アゴだしと言うのでスープから食すると、博多みたいなトンコツと言うより長崎のチャンポンに近い感じです。
なのでサッパリした感じでストレート麺と一緒にスルスル入っていきます。
ただ欲を言えばもう少し何かパンチが利いているといい感じもしたので、唐辛子入りの赤麺にすれば良かったかな(普通の麺と赤麺を選べます)

でもこのチャンポンの様なスープで頂くラーメンと言うのはなかなか他では無いし、コスパも良いので一度は試して自分の舌に合うか試すのも良いでしょうね。
個人的には良いと思いますよ

<MAP>

TEL:0426-67-3115
住所:八王子市初沢町1231-5
営業時間:11:00~22:00
定休日:無
訪問日:2017/1/21

寄居【ラーメン】うさぎや

駅前に何も無くスマホで検索して見つけたラーメン屋さんで、口コミもまずまずなので駅から歩いて出向いてみました。

ランチタイムの後だったので空いていました。
メニューの中から「焦がし醤油ラーメン 780円」の文字を見つけて注文。カウンター越しの厨房でラーメン丼ぶりをガスバーナーで焦がしてます。正に焦がし醤油ですなぁ。

焦がし醤油ラーメン 780円

焦がし醤油ラーメン 780円


目を引くのがラーメンの上に載っている醤油せんべいです。これはなかなか珍しいです。スープは鰹節ダシでしょうか醤油ダレを焦がして味が濃縮された感じでこのスープにせんべいを浸して食べると美味しい。
こんな食べ方もあるのかと感心してしまいます。
麺はストレート細麺で、醤油ラーメンには丁度良い感じです。味玉もいい感じにとろーりしています。

焦がし風味は良いのですが、焦がしたお陰?で塩分か強めになった感じがしますそれ以外は文句は無いレベルです。
次回は普通のラーメンを試してみたいですね。

<MAP>

TEL:048-586-1035
住所:寄居町寄居1536-3
営業時間:11:00~スープ終了まで
定休日:月曜日
訪問日:2016/11/18

春日部【ラーメン】金狼

先日、春日部まで用事がありその帰りに小腹が空いたなぁと~ググってみたら駅の近くに煮干しラーメンのお店があると言うので寄り道してきました。

お店は西口から歩いて5分掛からない場所にあります。
夜の部は18:10から営業と言うことでしたがお店に着いたのが丁度、開店時刻だったので1番で入店しました。
券売機で「煮干しラーメン」(720円)を購入して注文です。
麺の中盛が無料なのですが、「煮干しラーメン」は適用外なのが残念です。

5分程でラーメンが到着です。
スープは煮干しらしい黄灰色っぽいスープで、麺は細固麺。チャーシューがドンと乗っかり、その脇は長いシナチクが添えてありました。
それと煮干しのエグさを緩和する為か刻みタマネギが入っています。

煮干しラーメン

煮干しラーメン


どんぶりも特徴的な鋭角な器で、煮干しの香りを楽しめるようにかな?と言った感じです。
スープから飲むと、うーん煮干しだねぇ~

麺は煮干しスープに合うストレートで、するすると入って行きます。量が150gなのであっと言う間に完食してしまいました。
替玉もありますが流石に替玉も150gとなるようなのでちょっと多いかな。

久しぶりの煮干しラーメンを堪能しました。
<MAP>

TEL:なし
住所:春日部市中央1-53-18
営業時間:11:40〜14:45 18:10〜21:45
定休日:火曜日
訪問日:2016.9.15

新宿【つけ麺】やすべえ

新宿南口から甲州街道を西に7,8分歩いたところにある人気のつけ麺屋です。
お店はカウンターだけなので比較的回転が速いので長い行列が出来るほどではありませんが、いつも待ち人が数名と言う感じです。

券売機で食券を購入しますが、小~大盛まで同一金額なのは嬉しいですね。最近は小麦価格の高騰やらで並以外は別料金になるお店を少なくないです。

直ぐに順番が来て数分でつけ麺到着です。

つけ麺(並)780円

つけ麺(並)780円

麺が並で250gなので他店に比べると気持ち少な目な感じがします。

つけ汁は見た目さらっと感がありますが、しかっりとした魚介豚骨系の味わいがあり、どっろと系とちがったコクの深さがありました。
チャーシューは刻んであるので食べやすいのもGoodです。

そしてテーブルの上には刻みたまねぎと魚粉が置いてありお好みで入れられます。
まずは入れずにつけ汁のを味わい、途中で刻みたまねぎを投入します。するとタマネギのシャキシャキ感が太麺と絡んで変化を楽しませてくれます。

そして最後に魚粉投入で、魚介を引き立たせて麺を完食します。
で最後にスープ割りをお願いしますと大きなお猪口にスープを入れたのも持って来てくれて自分でつけ汁に投入。
健康には良くないと判りながら飲み干してごちそうさま。

<MAP>

TEL:03-3375-5911
住所:渋谷区代々木2-11-19 ハヤカワビル1階
営業時間:11:00~翌3:00(休日は21:00まで)
定休日:年始
訪問日:2016/7/13

会津坂下【ラーメン】とん吉

磐越西線でSL撮影をした帰り道、国道49号線で会津若松方面を走り途中でお腹が空いたので何か食べたいと思っていたのですが、西会津にはお店が無く、坂下の町に入って見つけた「ラーメン」の看板。

これで食事にありつけると思って入ったのが「とん吉」
看板に「豚骨」の文字。会津まで来てとんこつはないけど腹には代えられないと入店。
メニューを見ると土曜日限定「やますけ地鶏醤油ラーメン」(800円)があります。ならばと地鶏醤油ラーメンを注文しました。

なんでも「やますけ農園さんの地鶏は、平飼いでのびのび育った極上の鶏」だそうでそちらを使った醤油ラーメンと言うことで期待して5分程まつとやってきました。
とん吉 地鶏醤油ラーメン
会津らしい平打ち麺の醤油ラーメンです。
ですが、会津は煮干しだしが多いのですが、こちらは鳥だしなのでスープなので微妙に異なります。でもさすがに選ばれた鳥だけあって余分な脂分は少なく、さっぱりしてコクがあるスープになっています。

鳥肉チャーシューも柔らかくおいしく、付け合わせのほうれん草がいい感じでした。
ちょっと会津のラーメンとは違いますが、これはこれでおいしいラーメンでした。

でもほとんどのお客さんは豚骨ラーメンを注文しています。やはり会津では豚骨ラーメンを出すお店は少ないので、豚骨を食べるならということで結構繁盛していました。

なお、日曜日は「やますけ地鶏塩ラーメン」(700円)になり、やますけ農場のとりを堪能することが出来るのは週末だけになります。
<MAP>

TEL:0242-83-5210
住所:会津坂下町館ノ下23
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定

(訪問日:2016/6/4)

三郷【ラーメン】つけめん さなだ

三郷駅から歩いて10分程、早稲田公園裏手にあるラーメン店で、元六厘舎の初代店長がオープンしたお店として有名です。
ただ、駐車場がないので車だとちょっと面倒かも知れません。

11時の開店直後に入店。券売機で「味玉つけめん」(900円)を購入し空いていたカウンター席に案内されました。
「麺のゆでるので時間を頂きます」との事でしたが、カウンター越しに厨房が見えるので、調理の様子を見ながら待ちます。

開花楼特製の全粒粉入りのさなだ専用麺がゆで釜に入っていきます。太麺なのでゆで上げるまで結構な時間がかかりますが、その分回転が悪くなるのはこだわり故ですかね。

入店して20分。2回目のゆで上げ麺が上がったところで自分の番になりました。

味玉つけめん(900円)

味玉つけめん(900円)

まずはつけ汁を頂くと。思ったよりサラサラ感があります。
濃厚まではいかないもの、味わいは深く食べやすい感じです。ただ注意しないとサラサラなので麺に付けたつけ汁が口に届くまでに揺れると汁が飛びます(笑)

味玉も程よい半熟で黄身がとろーっと出てきます。つけ汁の中にチャーシューが隠れていて、チャーシューもおいしく次回はトッピングで追加したいなぁと

麺は250gとつけ麺では平均的な量です。でも太麺なので結構重く感じるので大盛の400gだとかなり多く感じるでしょうね。

おいしく全ての麺が無くなった後のお楽しみ、スープ割ですがだし汁を加えた後に生柚子か本鰹のどちらかを削って入れてくれるサービスがあります。
自身は本鰹をお願いすると、最近ではめっきり見かけることが無くなったカンナ状の鰹節けずりで削ってくれた鰹節が乗ってきました。これがスープに合って美味い!
スープ割りを飲み干して席を立ち、お店を出ると10人程並んでいました。時計を見ると11:40過ぎでしたから、結構待つかもしれませんね。でも並んでも美味いと思うお店だと思います。

<MAP>

TEL:048-957-2882
住所:三郷市早稲田4-8-1
営業時間:月・水~金11:00~14:30、17:30~21:00(月は昼間のみ)
    土・日・祝11:00~15:00、17:30~21:00
定休日:火曜と第三水曜
訪問日:2016/5/1