コロナ詐欺電話が来た

今日の昼間、自宅にコロナ詐欺と思われる電話がありました。

自分は会社に居たのですが、普段は使わない家電に掛かってきて、留守電からなんか咳をしながら喋っている電話だったので嫁さんが出たら、「ゴフォゴフォ」と咳をしながら電話をしてきて名前は言わず、「今、保健所の人が来て・・・」と苦しそうな声で電話をしてきたのです。

自分の母親かと思ったので「お母さん大丈夫?」と言うと狙った年寄り?と違うと悟ったのか咳をさせながら聞き取れないような声を出しつつフェードアウトして切れたそうです。

多分、子供を装ってコロナに罹ったから入院のお金を振り込ませる詐欺でしょう。

でも嫁さんは実家と連絡が付くまで本当に罹ったかと思ったそうです。感染が拡大している状況ですから「もしかして」と信じてしまう人は多いでしょう。

コロナ以外にも注意しなければなりませんね

卒業旅行シーズンが仇となったか?

ついに2日連続しての100人超えでの増加傾向とかなり危険な状況になりつつあります。

3月中旬までは、中国から発射されたミサイルをなんとか迎撃してなんとか持ち堪えていましたが、欧州でのパンデミック拡大で大陸間弾道弾が日本に着弾して大きな被害となっているのが実情でしょう。

スイス南部のルガノも感染者が多い地域に

スイス南部のルガノも感染者が多い地域に

欧州での感染拡大は2月下旬から始まり3月上旬には拡大が止まらない状況になりました。
丁度この時期は、日本からの卒業旅行シーズンで、特にこの時期に欧州では気候が良いイタリアなどの南欧は人気のディストネーションです。

この時期に海外に行くとは何事だと言う論調が多いですが、2月の時点では欧州での感染者数は少なく、アジアよりは安全と思われていたのですから・・・
航空便も通常運航しており、キャンセルすると殆ど戻って来ないなら行ってしまえと考えてもおかしくありません。

ただ、学校から自粛要請が出ていたのですから踏みとどまれればよかったのですが、この時期の欧州だと旅費は1人20万近くなりますから・・・。

特に卒業旅行だと数人のグループで行く場合が多く、集団行動で一人が感染すると広がる恐れがあります。
ただ、現地で既に感染している現地の感染者と濃厚接触するような行為は少ないと思うので、接触感染なんだろうなぁと思うのですが、色々な場所でそういう危険がはらんでいたのでしょう。
レストランやカフェ、列車内や飛行機内などなど。

欧州から持ち帰ったウィルスが日本で飛散してこの事態になっている可能性が高く、経路が判らないのはそういう人が欧州で同じ様に人から人へと伝播しているんだろうなと。

つい先日までは夜の接待で感染が広がったなどと言われてましたが、20代、30代だとそういう場所には行かないだろうし、若者が集うサブカルあたりで広がっていそうな気もします。

残念ですが、今更過去を批判しても意味がありませんから、これからいかに感染を防ぐかを考えて行動しなければなりません。

なんとか欧州からの大陸間弾道弾で燃えた火を消さないと焼け野原になってしまいますから!

SWISS 関西線の就航を見合わせ

SWISS(スイス国際航空)は、新型コロナウィルス、COVID-19の感染症拡大に伴い、日本発着便の減便を4月20日のGW前まで予定してましたが、成田発5月4日まで延長することとなりました。
SWISS 運航計画
残念ながらこの航空需要激減がGWまでに回復することは無いということです。
それよりかこの運休が延長される可能性が高い状況です。

また関西発着のLX158/159便については、今年度の運航再開を取りやめ、2021年のサマースケジュールまで運休します。
関西便はオリンピック需要を目当てにしていたところがありますから、オリンピックが延期となったのも再就航を見合わせとなった要因かも知れません。

コロナレスキュー EC-KXN

EB/PLM/Wamos Air EB470 B747-400 EC-KXN

EB/PLM/Wamos Air EB470 B747-400 EC-KXN

2月21日に新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」のイギリス国籍乗客の救出の為に羽田空港にやってきたWamos AirのB747-400(EC-KXN)です。

この機材は1月下旬に新型コロナウイルスが蔓延した中国、武漢への救援機として使用された以降、欧州各国からの要請で救援機として活躍しています。
B747-400だけに機内スペースも広いし、世界中で運航されていた機材なので地上側も扱いに慣れているので救援機として丁度良いのかも知れません。

先日もスペイン政府がチャーターしてグアテマラ・エルサルバドルなど中米で立ち往生している自国民救出チャーター便として運航、その後マドリードからマイアミに向かい、救出後、直ぐにインドネシア・デンパーサルへ今日到着しており明日には救出便として戻る予定になっています。

欧州各国は世界中で立ち往生した自国民をチャーター機で救出を行っています。先日も書きましたが日本政府にはそういった動きはありません。

今日も日本は緊急事態宣言を出すの出さないので1日大騒ぎ?でしたが、緊急事態宣言をして自国が大変な中に救援機を飛ばす政府って凄いなと思いましたね。

まあ日本は自国にいる国民保護も出来ないのだから海外の日本人保護なんてできるわけないか。

SWISSチリへ救援機運航

SWISS(スイス国際航空)は南米チリで出国できなくなっていたスイスからの旅行やビジネス客などを救援する為、チリの首都サンティアゴ空港へスイス政府の要請で救援機を運航しました。

HB-JNJ

チリへ救援機として使用されたHB-JNJ

チューリッヒからフェリーされたB777-300ER(HB-JNJ)が折り返しLX8901としてサンティアゴからチューリッヒまでノンストップで運航し日本時間29日18時頃到着しました。

LX8901にはスイス国籍159人の他、同じくチリで立ち往生している他国籍者102名が搭乗しました。

スイスは既にリマ、カサブランカ、ダカール、コスタリカへ救援機を運航しており、この後もブエノスアイレス、リマ(2回目)の運航を予定しています。

ペルーでは日本からの旅行客など約250人が立ち往生しており、昨日台湾政府が派遣したチャーター機で一部が約30人が同乗して脱出しています。

この時期に海外旅行とは言う論調はあるでしょうが、こうやって自国民を素早く救護させると言うのは日本政府には真似できないですね。
ちなみにSWISSはサンティアゴへの乗り入れは11年前に取りやめていますが、問題なく往復できてます。乗入れしてないから日本のキャリアが救援機を南米へ派遣出来ないと言うのは一種の口実ですかね。

一方、SWISSでは運休している香港線について、貨物機として臨時便を飛ばしています。
船便も中国から荷積が少ない為運航回数がすくなっていることもあり物流確保の為、A340-300を使いカーゴスペースに貨物を搭載して運航しています。

SWISSは4月20日まで日本線を運休しています。
早く、日本でレッドクロスの尾翼を見たいものです。

明日からサマースケジュールですが・・・

もうそんな状況では無いですね。
「欠航」だらけの国際線で、既に国際線ターミナルなのに国際線発着が無くなっている空港も珍しくなく、中部空港でさえ一時的ですが国際線の発着が無く成るという事態になっています。

FR24

都心を飛んでるのはマスゴミのヘリばかり

明日から羽田空港は新しい離着陸ルートが運用されますが、そもそも新ルートを必要とする程の増便どころでは無いですが、明日は北風予報ですから都心通過の着陸ルートは運用されないでしょう。

それと、明日から共用が開始される第二ターミナルの国際線ターミナルも寂しい出発になりそうです。
ANAはサマースケジュールから大幅増便を計画していた矢先の事態で、打撃が大きくこの先、この状態が長く続けば、JALと同じ事態になる可能性をはらんでいます。

日本だけでく、IATAは世界的な航空事業損失が約12兆円になるとの試算を発表しており国有化と事態も増える可能性があります。

それにしてもこのコロナウィルス騒動ですが、対策のつまづきが多すぎます。
 発生時に中央強権制度による情報隠蔽
 国賓訪問やオリンピック開催を優先した検疫体制の遅れ
 欧米での対策遅れによる蔓延
まあぶっちゃけ、「人災」ですね。

それにしても欧米の拡大は心配です。アジアでは感染者が多いと言われている韓国でもココまで酷い状況では無いですし・・・もちろん人口差もありますが。
習慣の違いもあるでしょうが、DNA的に白人の方が感染しやすいとかあるのでしょうかね?

最後?のLX160がZRHを出発

LX160先程、日本時間の21時過ぎにチューリッヒを出発して成田へ向かいました。明日、成田から折返しLX161となってチューリッヒに向かう便が最終便となり、4月下旬まで全て運休となります。

ただこの状況ですから乗客は殆ど居ないようです。今日のLX160の乗務員は明日のLX161にデットヘッドとして折り返してくることでしょう。
成田界隈のホテルは、観光客が居なくなり、さらに航空各社のクルーまで居なくなってかなり厳しい状況の様です。

スイスでは4月19日まで、バー、レストラン、スポーツ施設と文化施設の営業停止令がでていますが生活必需品店舗や金融機関は営業を継続しています。
イタリアと接するスイス南部では感染者も増えてはいるもののイタリアの様な医療崩壊までには至ってないとのことで都市封鎖には至ってません。

それにしても、現地時刻では13時過ぎの真っ昼間なのに、飛んでいる飛行機は少ないです。
ホント異常事態です。

早く終息して欲しいです。

鉄道も運休拡大へ

世界中の航空各社が需要減による減便や運航停止などを実施していますが、JR各社でも計画運休が拡大し、ついにゴールデンウィークに予定していた臨時列車まで運休する事態になりました。

特に観光列車を多く擁するJR九州はかなり厳しい状況になりそうです。

NEXの運休は有り得るか?

今日、久しぶりにJRを利用しましたが、ちょうど並走した成田エクスプレスの車内を見たら、乗客は1両あたり3~4名程度。誰も乗車していない車両もありました。
今、海外旅行をする人はまず居ないでしょうし、そもそも殆どの国で入国制限を行われており行くこと自体出来ませんからね。

それでいて30分ごとに12両編成の特急を走らせるのには意味があるのでしょうかね。
スカイライナーと調整して運転本数を半減するとか検討しないのかな?

一方でJR東日本は4月4日と5日に「群馬デスティネーションキャンペーン」のオープニングで運転するイベント列車について予定通り運転することを発表しています。ただ駅での撮影は出来ないように入場制限を行うとの事ですが、「鉄」が多数集まるのは目に見えてますから、あまり良いとは思えないのですが・・・

春なんですけどね・・・

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパークはチューリップが見頃です。


都内の桜もかなり咲いて八分咲でしょうかね。
今週中頃には満開となりそうですが、はなやかな「春」の雰囲気では無いのが残念です。

中国での感染拡大がようやく一段落しようとしている最中に欧州で爆発したパンデミックは衰えを知らず、日本にも欧州からの旅行者が持ち帰ったコロナがじわじわ広がりを見せており、これまでの努力が無に帰する可能性が出てきてます。

既に欧州では戦時下です。
見えない敵と戦っており外出禁止令が出ている国も多くなってきてます。

日本は緩やかな自粛で頑張ってますが、このところの春の暖かさで気が緩んできている気がします。

国境

今、あちこちで「国境閉鎖」なんていう事態になっていますが、日本は海で囲まれて国境と言うのをあまり意識しないので国境閉鎖と言われてもなんか非現実的な感じがしてしまいます。

世界的に見ると国境は陸続きの場合が多く国境が生活の一部になっている場所も多くあります。
シンガポール・マレーシア国境
写真はシンガポールとマレーシアの国境「ジョホール・シンガポール・コーズウェイ」です。
撮影したのは1990年なので今から30年前になります。
シンガポールから170番バスでやってきてシンガポール側の出国をした後、歩いて橋を渡り、ココが国境か!と写真を撮ったものです。

今ではジョホールも近代的になりましたが、当時はシンガポールからマレーシアに入るといきなり田舎に放り込まれた様な感覚になりましたね。

陸続き(正確には橋ですが)シンガポールとマレーシアの行き来がこうやって出来て人と物流があっての経済と言うことになります。(まあ格差は置いといて)

これが今回、世界中で滞る事に成るわけです。
中国の隠蔽体質が世界を混乱に陥れたのは紛れもない事実であり、中国から韓国、日本と感染が拡大していたのを対岸の火事と楽観視していた感じがある欧米に飛び火して、今更の国境閉鎖ですからね。

そりゃ経済がおかしくなるわけです。
まだまだ感染拡大が続きそうな感じで、ホントこの先が見えないです、

サマースケジュールまで2週間ですが

NH/ANA/全日空 NH929 A320Neo JA215A

ウラジオストックへはA320Neoで就航したANA

3月29日から航空ダイヤはサマースケジュールになります。
北半球が夏を迎えるこの時期は、人の移動も多くなり航空各社は増便や新規就航などを行う時期でもありますが、今年はそれどころでは無い状況です。

サマースケジュールに先駆けてANAが今日、3月16日から成田/ウラジオストック線を週2往復で開設しましたが、初便のA320に搭乗したのは40人と定員の3割弱と散々な幕開けとなりました。
大抵、初便はメディア関係の取材が入り満席で飛び立つことが多いのですが、この状況では海外へ行く人はよっぽどの事で無いと行く気になりませんからね。

サマースジュールに合わせて開業する羽田空港の第二ターミナル国際線ビルもオープン後から制限区画では閑散するかも知れません。
国内線も欠航が多くなり、運航している便でも搭乗率は散々。

なにせ欧州があの惨状。
米国は早々と店じまいして交通遮断に走り欧米間の航空需要が激減し、まるでスーパーウィンタースケジュールの様相になりそうです。

それにしても、これほど欧米での感染が急速に広がるとは思ってもみませんでしたね。
中国からウィルスが持ち込まれたとしても春節は1月下旬ですから潜伏期間を考えると今、発症しているのは無症状の2次感染者から3次感染、4次感染と伝播していくうちに強毒性を帯びたのか?

日本で爆発的感染が起きて無いのは、春節で2次感染した無症状者が予防の為にマスクや手洗い消毒をしていた結果、飛沫感染を抑えたのでは?と思えます。
ただ、ここで気を緩めると感染が拡大する恐れがあるので、しばらくは我慢をするしか無いでしょう。

新駅開業で駅に大勢の人が集まるなんて言語道断ですな。

まるでストライキの様な日韓航空路

新型コロナウィルスの拡大により9日から韓国や中国から入国する場合、14日間の検疫が行われ行動が制限されることになります。
実質的な入国制限となり、日韓の行き来が中断される事態となり、空港も関空と成田に限定されることから多くの航空便が9日から運休することになりました。

JALとANAは羽田/金浦線を運休しますが、成田/仁川線で臨時便を運航して移動手段を確保する計画になっています。

韓国側のアシアナ航空(OZ)は日本路線をすべて運休、大韓航空(KE)も成田経由のホノルル行のみ継続し、その他の路線を運休する事態となり、日韓航空路はまるでストライキで運休するような状況となります。
韓国は感染急増で世界中から入国制限を受けており、日本路線以外にも運航が出来ない地域がありLCCを含め壊滅的な状況になりつつあります。

OZ/AAR/アシアナ航空 OZ349 A321 HL8039

インチョンには飛べないアシアナ航空機が並んでいるのでしょうか?

一方で、中国路線ではJALとANA、CAやMUの羽田/北京・上海線については9日以降も運航をする計画で、人の行き来が制限されるものの、航空便が確保されることで中国との物流が途切れる事が無いのは幸いです。

特に日本は中国からモノが来ないと経済が回らなくなりますから、この辺が中国と韓国の扱いが違うところなのかも知れませんね。

それにしても毎日こういうニューズばかりなのが悲しくなります。

国内線大幅減便へ

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA346J

先週末は新千歳空港の利用者が大幅減となりました。

国内線を運航する航空会社は新型コロナウイルスの感染が広がる中、航空需要が著しく減少しており3月6日から各社減便を行う事を発表しています。

JALとANA合わせると週500便を超えており、稀にない大幅減便です。

2月は中国向けの国際線が中心でしたが、3月に入り終息どころか拡大の様相をみせており、北海道は知事による不要不急の外出の自粛を住民に要請しており、先週末は北海道の各空港を発着する便には空席だらけだったそうです。

また企業の出張禁止令によりビジネス需要が大きい路線でも予約キャンセルが目立っており、観光・ビジネスの両面からの需要減となり3月期決算に影響がでそうな感じです。

LCCも近距離国際線が多く、まさに影響の渦中な地域に路線が多いこともありかなり影響が受けてます。

ライバルの新幹線も2月の輸送人員は前年比8~10%減となっており3月はさらに減少が想定されています。
新幹線は臨時の700系ラストランが運休(これはおバカな鉄が集まって感染を広がることを恐れた為ですが)となりましたが、概ねダイヤ通りの本数を確保してますが、今後はどうなるか?

今回の運休は需要減ということもありますが、乗務員への感染予防という側面もあります。特に乗務員が居なければ飛行機自体が飛ばなくなりますからね。

この騒動は長引きそうな情勢ですから、航空業界だけでなく世界経済に大きく影を落とすことになりそうなのが残念です。

一強は亡国の入口

はぁ、今更何いってんだ?
それにまたしも国民に丸投げ。
学校が休みみなったら子供の受け皿はどうするんだよとなりますわな。特に低学年の子供がいる家庭は大変なことになります。

最低2週間分のGNPを失う覚悟で取り組まないと駄目な時期なのに小手先の対策で乗り切ろうとしているし・・・乗り切れると思っているのか、国民の生命よりGNPの方が大切っていう事なんでしょうかね。

企業活動は最低限の維持保安要員を除いて停止させる位の措置をしないと拡大は防げないと思うんですよね。
あ、もしかしてパニックになるのを防ごうと計画停電のように日曜日の夕方にそういうお触れを電撃的に発表するつもりなのかな?と

今日の夕方に出されたお触れも聞いての感想です。

やっぱり一強って言うのは、全てを狂わす元凶だと思います。まあ歴史が証明しているのですが、それに気づかない人が多いこととそれにすがる人々。

これが中国のような有る種の独裁国家ならいざしらず、一応民主主義を名乗る国での事柄になるとそういう指導者を選んだ国民にも責任がありますが、いまはそんな議論をしている状況じゃないですけどね。

いろいろなイベントが中止、延期となってます。全世界的に広がっており、イタリアでの拡大で陸続きの欧州は爆発的に増加する可能性があります。
このまま拡大するのなら、予定通りのオリンピック開催は無理だと思います。

大原の港朝市が中止になって、オリンピックが中止にならないわけが無いと・・・

イギリス政府チャーター機到着

今日は川崎で間もなく廃止される石炭輸送貨物列車の撮影に出かけたら、マドリードからイギリス政府がチャーターしたWamos Air(EB)のB747-400が羽田に向かっているとの情報をキャッチ。

これが、BAのB777とかだったり日本でもお馴染みな機体ならいざしらず、ジャンボですよ。こりゃ撮らなアカンという事でFR24を見るとハバロフスク辺りを飛んでおり、石炭貨物を撮影してから羽田に向かえば時間的にギリギリ間に合いそうなので撮影後、急遽羽田に移動しました。

12時少し前に羽田空港の展望デッキに到着した時には佐渡島付近でしたので、12時半頃の到着だろうとFR24を見ながら待っていると予想通り12時半過ぎにやってきました。

EB / PLM/Wamos Air EB470 B747-400 EC-KXN

EB/PLM/Wamos Air EB470 B747-400 EC-KXN

今日はエアバンドを持参していなかったのでコールサインが判りませんでしたが、Wamos AirのB747-400が日本にやって来るのは珍しいですからね。

FR24で運航履歴を見ると1月末と2月上旬にやはりイギリス政府がチャーターし救援機として武漢に飛んでいます。
武漢離陸後はイギリス空軍のブライズ・ノートン基地に向かっていますから今回も羽田から離陸後はブライズ・ノートン基地に向かうと思われます。

それにしても今回の新型肺炎は収束が見えない状況で航空業界にもかなりの影響が出ています。早く収束して欲しいものです。